2012年07月31日

素数って メントス

昔 ある天才がいたらしい。
名前を全然覚えてない。調べれば、、わかる。あとで調べよう、あたし。


彼には、素数が 河原の石ころのように感じていたんだって。

そう、あたしが、素数がメントスに見えるみたいに。
あたしが感じる素数は、 すべすべしているの。
大きさは メントスくらいなの。
空間に込み入って並んでる時は、大きさは変わらずメントス大で、
空間の方がひろがるの。
ミントの香りや味はしないの。




なにかで、彼の事を知って、wikiかなんかでさらに調べて、たぶん、同じ感覚だぁ〜と
思ったのが、4年くらい前。そう、数のことばっかり考えてた頃。



かといって、同じような感覚を持ってるあたしが天才かというとたぶんそうでもない。
テストの点数は良かったけど、たぶん天才ラインの上には居ると思うんだけど
大天才ではない。凡人に近いポジション。

ぶっちゃけ言っちゃうと あたしは たぶん 自閉症スペクトラムのライン上に居る。
"アスペルガー"ていう言葉を知ったのが、5、6年くらい前だ。



共感覚とかいうんだって



あたしは、文字に色が付いて見えるよ。
「あ」は紺色で
「い」は赤 それも レンガ色とかそんな感じで
「う」はグレー
「え」は茶色
「お」は「あ」よりももっと黒に近い 紺色だ。ほとんど黒だ。


そんな感じで 文字全部に色が付いている。




人の名前を覚えるのに、 色で覚える時もある。

たとえば「まさみ」だと


ピンク・黄緑・紫 だ。それを顔のイメージと一緒に覚える。
組合わせによって「み」がピンクになる時もあるよ。


覚えにくい色の組み合わせの時は どうやっても覚えられないので
映像で覚えたり、いろいろ工夫して覚える。

名札の映像ごと覚えたりする。この時は名札の色が記憶に入ってきちゃって
文字の色イメージとけんかするけど、まあ、しかたがない。



最近の教科書とか参考書とか

ご丁寧にページに色がいっぱい使ってあって、とても便利そうにみえるけど

あたしには、おおきなお世話だ。


自分の色イメージとページの色を、
なんか頭の中で変換する作業だけで疲れちゃう。

いちばんいやだったのが


確定申告の説明書だった。


ものすごく わかりづらい


「色別になってわかりやすくなりました」とか書いてあったけど
いや、あたし、その色別要らないから。
まあ、マイノリティー意見なので
あたしががまんすればいいか。

でも、そういう風に感じてる 学生とかいるんじゃないかな。
進学校に行ってる子たちは特に、共感覚とか多そうだし。
だから、別のやり方で勉強してるかもしれないね。


ああ、すごく脱線したね。


あたしには、数はメントスなんだ。

それで、文字に色が付いてるんだけど、
これは良く考えると、昔見てた 「あいうえお表」とか
「積み木かるた」とか 
そんな後付けの記憶が すりこまれてるんじゃないかな〜と
思う時もあるよ。

現物がもう無いので確認できないのが惜しいんだけど。


で、あたしは 音には 色を感じないよ。

これができたら、絶対音感とかあったかもしれないね〜


posted by 辰多みか at 00:04 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

素数と 1/素数

素数に 果てはあるのかな?

もし 果てがあるのだったら その果ての数で1を割ったものが
一番ゼロに近い数字だよね。



あたしの予想=果ては無い

そう、はてしない 数の世界




まあ、その果てしない数を表すために、無限大 ∞ という記号があると思うんだけど。



1/∞ を数と仮定すると
1/∞が 一番 ゼロに近い数字だ。
無限大で1を割った数。
無限大の逆数。
でもゼロじゃない。
数が「有る」から。





あたしはいつも素数を考える時
それはね、素数の果てを考えるんじゃなくて、ゼロに近づく素数を考える時の事なんだけど
うん、1とゼロとの間に詰まった 素数(素数の逆数)を考える時の事なんだけど、


真っ暗な宇宙空間に、 白い 丸い 碁石みたいな

自分のイメージで一番近いものをいうと、 ミント味の「メントス」みたいな



それが、一列に、xy座標の ゼロ点に向かってならんでいるの。

メントスのひとつひとつが素数なの。

数が詰まってる場所のイメージは なんか 放物線のグラフみたいなんだけど。




で、ゼロに近くなるにつれて、ゼロとの間隔が無くなっていくように見えるんだけど
ゼロとくっついてるみたいにみえる素数の間を拡大してみると、
やっぱりそこにまだ素数があるの。
どんどん拡大してくとやっぱりあるの。

フラクタルなのかな?


フラクタルって 4年前くらいに 初めて知った言葉だよ。
4年くらい前って 統計学とか独学してた頃。
4次元とか複素数とかで頭がいっぱいになってた頃。


でね、その素数の続きは、絶対 ゼロには 届かないんだよ。
だって そういう 約束なんだもの。
posted by 辰多みか at 00:03 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

内面を見る鏡と外を見る眼鏡

石屋さんが 素敵
モールに入っている ストーンマーケット

きらきら きれい。 女子ならきっとみんなわかる。


そこで 「四次元を見る鏡」を買おうかと思って行った。



どんなのかっていうと、イメージは直径3センチ超えのパチンコ玉
大きければ大きいほど、たぶん良い。
で、表面は、なにも柄がなくて、つるつるじゃなきゃだめ。


で、あたりまえだけど、 無かった。



あたりまえなんだけど・・・無かった。




昔、ベアリングメーカーに 知り合いがいたので
どうしよう、今からその知人に相談してベアリングの玉を
一個売ってもらおうかと変な思考までしてしまった。

ああ、ステンレスの鋼球でもいいかなぁ。


というか、誰かくれるなら、今からでも欲しいです。




という事で、手に入らなかった。



クリスマスの飾りでもいいかもしれないんだけど
たぶん表面のひずみが大きくて よく映らない。うん、四次元が。



しかたがないので、



一番目に入った きらきらのものを手に取った。



キュービックジルコニアのでっかいのだった。
ブリリアントカットされて虹色に輝いてる。


昔、石屋さんには置いてなかったものだ。

だって、あまりにも、ダイヤモンドに似てる。


他の、半奇石とは、あまりにも、輝きが違う。



でも、すごくほしくなっちゃったので、20%OFFセールだったし、一個買った。
17mm径で、1500円くらいだったかな??

そしたら、隣にあった 正二十面体の 水晶と 目があった。

「私も連れてって」と言った。


あたしは、正二十面体水晶を、
「自分の外を見る眼鏡」だと感じて、買って帰る事にした。


キュービックジルコニアは
「自分の内面を見る鏡」かな、と思った。


自分の中にある 「愛」を映して、周囲に反射して輝かせて
キュービックジルコニアみたいに きらきら綺麗になりたいと思った。
今も、いつも思っている。できてるかな、むずかしいな。

机の上の良く見える所に置いて、いつも手にとって見ている。


正二十面体水晶は、ちょっと やきもちやき みたいなんだ。

こうやって書くと あとあとまで残っちゃうけど・・・
ごめんね、そんなこと書いて。


あんまり、眼鏡にして、外を見ないからかな、
でもたまに、ぎゅっと てのひらに 握ってるよ。
どっちもかわいい 鏡 たち。
posted by 辰多みか at 00:02 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

普通の人

あたしは

普通



なりたかった。





すごく すごく 切望していた。


でも

望んでも

なれるもんじゃなかった。




バカ



装ってみた事もあった。




それは、高校生の頃


2年生のある時から


あたしは


優等生スタイルをやめて



適当に生きてみようと 思い立った事があった。






それは、

とても

周囲に評判が良かった。


みんな

「変ったねーっ」

「明るくなったね」

「こっちのほうがいいじゃん」



友達がいっぱいできた。


すごく すごく 楽しかった。


ちょっと バカを装ってみただけなんだけど。

「それわかんなぁ〜い」がその頃のあたしのくちぐせだった。


まあ、ほんとに わかんなかったんだけどね。



実際にはバカを装ったんじゃなくて

自分を素直に出して、

さらにそれを強調したのかな?

自分はバカっぽくしたけど

周りのみんなを バカにした事はないよ。

あたしがバカを装ってるのが見抜けないんだ・・・とか

一度たりとも思ったことないよ。

だから みんな すごく優しかった。




今でも


高校生活は


輝いていて

思い出すたび


楽しかったなぁ〜 って思う。




そのあと


社会人になってからも

楽しかった。

高校生活よりもっと充実してた。

適当に生きてた。

本当に楽しかった。







結婚するまで。




ああ、結婚したのを後悔しているんじゃないよ。


結婚して、ほんとうに、ほんとうに良かった。


でもね

結婚したら





たくさんの人と ひろく 浅く つきあう のではなくて



少人数の人と 



特に 家族と


狭く 深く つきあうんだ。


適当に ごまかして 装って 生きていけない。






そこであたしは、もう一度 自分と 深く 向き合わざるをえなくなった。




普通になりたかったあたしは



何年たっても



やっぱり 普通 には なれてなかった。






そこから、自分の心の旅がはじまったの。






人生 3回目 くらいの

心の旅がはじまったの。



 
でもね、この旅は、

割と長かったけど

実は終着点が見えたんだよ。



結論を先に言うと

普通 に ならなくてもいいんだよ。






あとは、見えた 筋道どおりに 進んでいくだけだ。


キュービックジルコニアみたいに
輝いていけばいいの。
まあ、ダイヤモンドが理想なのかもだけど。
キュービックジルコニアも綺麗だよ。

数学も量子論も学ぶべき学問だったの。
出会う運命だったの。



それは のちのち ゆっくり書いていくね。
posted by 辰多みか at 00:01 | 自分 | 更新情報をチェックする

書くの

あたしが どうやって、心の旅の終着点までたどり着けたのか


神様が見えるようになったのか


今の宗教って ただの 綺麗な入れ物だけだって思うようになったのか


心の世界は 四次元 だって思うようになったのか


そういうのを、自分がたどってきた 道順どおりに


ここに書いて


これを読んだ


みんなに


おんなじように


感じとってほしい。


そう思って


書くの。




あたしの


エゴなの。


posted by 辰多みか at 00:00 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。