2012年09月29日

ムカデ

ムカデって 飛ぶんだよ。


暗闇の中、洗濯機の前に行ったら、

なにかが、足の親指の上に 飛び乗ったんだよ、ピチョンて、カエルみたいに・・・

冷たくて、しっとりしてて、わりと柔らかい・・何か・・・・




もうもうびっくりして足を振り払って、


あわてて電気をつけたら、



5センチくらいのムカデだった。



きゃ〜〜



かまれなくて良かった。


暗いから あたしの足先を 獲物と勘違いしたんだ〜〜たぶん。





そういえば、何年か前、



ポケモン映画を見に行った時に、


何の前知識もなしに 見たんだけど、




敵(?)ポケモンが どうみても ムカデで、




いちいち ムカデを思い出して、


すごく気分が悪くなった事がある。


いや、あの伝説の、ポケモンショックとは違うんだけど。

ムカデムカデしてて、やだったな〜





ちなみに、ポケモンショックの ポリゴンの回は



リアルタイムで見てたよ。


親子とも大丈夫だったよ。



あ、ムカデは飛ぶ、というか、正確には、はねる、んじゃないかな、たぶん。


posted by 辰多みか at 00:01 | ※閲覧注意※昆虫 | 更新情報をチェックする

コオロギ※閲覧注意※

コオロギって 肉食なんだよ。



だって、ゴキブリを食べてたもん。

うぇ〜〜
posted by 辰多みか at 00:00 | ※閲覧注意※昆虫 | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

お金持ちになる方法 @



あたしは この人生で 色々な人に出会い、

「お金持ちになる方法」を、まさに、目の当たりにした事がある。

それ(ら)を見た時、
ああ、これでは、あたしは、あたしの育った家庭は、

生涯、お金がたまる事はないな、と確信した。

方法を教わったわけではない。

インターネットで調べたわけでもない。(そもそもあたしはお金が嫌いだから調べない)


ただ、見ただけだ。「それ」が普通に日常生活な人の、その日常をかいま見ただけなんだ。

でもそれは、あたしが 今まで 想像もできなかった事だったんだ。(だから貧乏だったんだ)


まず、どんな事をすれば良いっていう実践編ではなくて、この目で見た事柄を、
とても抽象的に、箇条書きに書くけれど、

・お金は とても 風 が好き。 風に当たると喜んで、増える。風っていうか、空気かな。
 実物のお金だけじゃなくて 通帳の残高ページも 同じだよ。
 でも飛ばないように ちゃんと手で持ってね。
 同じような意味で、太陽も好き。太陽に当たると喜ぶ。
けど、風ほどは、あんまり長い間は当たりたくないみたい。
 手は離しちゃだめだよ。離すとすぐ飛んでいくよ。
 紙幣は、水の事は嫌い ていうか 怖いみたい。湿気も、火も怖いね。
 硬貨は、綺麗に拭いてくれるんだったら、ちょっと水に入るのは 平気だよ。

・お金は 「移す」事、「移動する」事、場所を変える事で、増えたり減ったりする。
 たとえば、本当に 「たとえば」 だけど、左から右へ移すと増えるけど、逆では減る。
 それは、お金のもともとの性質ではなくて、人間が作ったルール。 
 ルールは少しずつ、毎年変わる。それもルール。
 だから、お金をもっと増やしたければ、人間が作ったルールを、最新のものまで
 熟知して、たくさん理解・記憶しないといけない。
 めんどくさいのはわかるけど、会計士なんか雇ったら・・・だめだよ。
(「なんか」って・・会計士さんごめんなさい) 
 もちろん、お金は 増える方向に 移動させなきゃだめだ。

・お金は 自分を好きな人の事が、大好き。その人に寄っていっちゃうし、離れない。
・お金は いつも自分を見ていてほしいな〜と、みんなにテレパシーを送っている。
見てくれた人だけに優しくする。
・お金の事を、いやらしいとか恥ずかしいとかいう人は、大嫌い。絶対そばに寄らないし、
近くに行ってもすぐに出ていく。
・音を立てると、お金は逃げていく。だから物音をたてるときは、静かに。
・ほっとくと、いじけるよ。

そんな感じです。
本当です。

ひとつ 断わっておくけれど、
これは、「お金持ち」になる方法です。

「自由になんでも買える、自由や時間さえお金で買えるようになる、お金に一生困らないという事」、ではないよ。
そこは、頭に留めといていただきたい。

あたし自身は いまだにお金のトラウマが手放せなくてお金が嫌いで まだ 貧乏だけど
お金がどんなものか この目で見れたのは ラッキーなこと 本当に幸運な事 だったと思う。

で、あたしは、この目にした「お金持ち」の人を、すごくいやらしい人だと感じる。
だから、あたしにはお金が寄ってこないんだね。
posted by 辰多みか at 00:05 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

インナーチャイルドってボケたら出てくるの?

実際、そういった場面に会ったことは無い。


隣のうちの人の場合も、話を聞いただけ。



でも、ボケてしまって(痴呆になって)、


年齢が退行して、すっかり子どもの頃に戻ってしまったお年寄りって、



インナーチャイルドそのもの ではないかと思う。






そうなる前に、大人になった「自分」に、癒されて、共に歩いていければよかったのに・・・
posted by 辰多みか at 00:04 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

フジバカマ〜蘭草・香水蘭〜藤袴

いいにおい〜 ふぅ〜

(長雨の後、庭でちょい立ち腐りぎみになってるのも、強く香っていいんだよ〜)





今、今年のが、半乾きで、机の上にあるの。


桜餅 に似てるけど、 あんなに くどくないの。

もっと さっぱり、 草の匂いだよ。

で、やっぱり、フェロモンだ、コレは。




乙姫さまが、浦島太郎を 帰したくなかったのも

わかる気がする☆ (ここはあえて星で・・・)



だって、ずっと かいでいたい におい〜
posted by 辰多みか at 00:03 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

人の「気」を奪う人たち その@

人から「気」をもらって、いきいき 生きてる人たちがいる。


人から気をもらえないと、しおしおのぱー みたいになって

文字通り、元気がなくなって、まず目から死んでいって、

なんか 病気になっちゃったり 大変になって、

しおれた植物 みたいになっていっちゃう。





人からもらう「気」って、




ありがとう とかの 感謝の気持ちだったり、


すごいね とかの 称賛の言葉だったり、


ごめんなさい って謝らせたり、


いろいろあるんだけど、





それをもらうために、卑怯なてだてを使う人たちがいるんだ。


そういう卑怯な人たちを「人から気を奪う人たち」という。いや、一般的に

どう言うかは知らないけど、あたしが、いう。



ひきょうじゃなければ、「奪う」とは言わない。

誰でもやっている、気の交流、気のキャッチボールだ。





「卑怯な手立て」、あたしが 今まで 目にしたのは、こんな場面だよ。


あたしは、とある絵画教室に通ってた。



そこの生徒は、ほとんどが、50才以上で、みんな、おじいちゃんおばあちゃん。


20代は、あたしと友人以外、ほぼ皆無だった。

まあ、そんなとこに入ったわけだけど。



何年も通ってるのか、10人ほどの生徒は、だいたい顔見知りらしかった。




その中で、ひときわ上手な おじいさんが居た。


みんな、教室に入ってすぐ、その人がスケッチブックを開くと、後ろに見に行った。




おじいさんも心得ていて、


良く見えるようにしてくれた。そう、みんなに見せているんだ。



みんな口ぐちに 「上手ね」、「この色づかいいいね」「ここが素敵」、それは、心からの称賛の声だった。

だって、本当に上手なんだもの。



おじいさんは、ニコニコしていた。いつも、ニコニコしていた。そして誇らしそうだった。

上手な絵と、嬉しそうなおじいさんを見るのは、楽しかった。





もう一人、





スケッチブックを、みんなに向けて開く人がいた。



その人も、年配の、おばあさん。たぶん、あのおじいさんと、

どっちが上かっていうくらいの、教室一、二の年配者だと思う。






どちらも、かなり長い間、通っているのではないかと思う。

たぶん、どちらも 古参の 教室の主(ぬし)だ。







そのおばあさんは、



教室に入ってくるなり、






スケッチブックを、




教室の前の、黒板のところに、開いて、置くんだ。






みんな、(あのおじいさんも)、


スケッチブックを置くのは、自分の目の前に立てた、イーゼルの上だっていうのに。




おばあさんは、



とても味のある絵を描く人だ。


写実的、とかではなくて、本当に絵が好きで、


いつも、いつまでも描いてる、そんな感じの絵なんだ。

そう、決して「上手」ではない。でも、絵が好きだってことは、伝わってくる。


だって、課題を一週間でこなしてきて、またさらに違う絵を描いてくるんだから。





みんなも、それはよくわかってて、

黒板に、全員から見えるように置かれた絵を見て、言う。



「上手ね」、「この色づかいいいね」、「ここが素敵」


そう言って、褒めるんだ。

うわっつらで言ってるわけではない。味のある絵を褒めてるんだ。






そのおばあさんは、ひととおり褒められたあと、いつも、こう言う。


「そんなことないよ」


「もう、ぜんぜん・・・」


笑いもせず、卑下する。いや、褒められてる事に、うっすら、口元が笑うのを隠しきれない時がある。


褒めてる途中でも、

「いやっ、いやいやそんな・・・」と言葉をさえぎって言う時もある。





そう言われた、褒めた生徒は、

その人たちは、いつも決まってて、50代くらいのちょっと強気っぽい主婦二人なんだけど、


「そんなことないわよ〜、本当にじょうずぅ」


褒めのダメ押しをする。








なんだ?

先生でもないのに、黒板に絵って?

毎回毎回なんだけど。

あたしはこの光景がはじまると、なんか むしずが走った。

ゾ〜ッ とした。






黒板に絵を置かれて、見ない人はいないでしょう〜。

みんなそっち向いて座ってるわけだし。

しかも、「ハイッ」て言って、置くわけだし。





そうしたら、やっぱ、褒めるよね、褒める場面だよね?


ここでほめないと、無視?  いじめ?だよね なんか。


で、ほめたら、




「そんなことはない」と(キッパリ)。




ニヤニヤ笑いが隠しきれないくせに・・・・








主婦二人に、「見せて〜」って言われてるわけじゃないよ。そんなこと一度も聞いてないよ。

そして、おばあさんが「ありがとう」とか言うのは、聞いたことが無い。

主婦さんは、他の、あたしの所とかも、ぐるっと回って、みんなを褒めるんだけれど。






本当に、この黒板のやりとりが、毎回 嫌だった。




この教室をやめたのは、たぶん、これも原因のひとつだ。




こういう人が、人から「気」を奪う人だ。





たぶん、褒めてくれる強気の主婦たちさん (ありがとう、あたしはとても助かった。

だって、あたしや他の人が褒めなくても良かったんだから。)

が、いっぱい、気をまわせる人で、需要と供給が合ってる、奇跡の教室だったんだろうけど。






もし、おばあさんが、あたしに向かって、直球、

「も・っ・と・ほ・め・て・・・・・」オーラを出してきたら、



あたし、一発で たぶんノックダウンだよ。





人にあげる「気」なんか、じゅうぶん持ってないよ。

一回ほめて、あとのやりとりで、疲れ果てて教室やめちゃうよ。


それはかろうじて無かったから、半年、期限まで通って、そこはやめた。






そのあとどうなったんだろうな。

年も年だったから、もう、、、居ないかな?? 居ないよね?



あのおばあさんは、ほめられなくなったら、確実に、しおれる、と思う。


だって、人の「気」で生きてたんだから。





あたしはそんなふうに なりたくない。


年をとれば、大人になれるわけじゃ・・・ないみたいだ。
posted by 辰多みか at 00:02 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

DQNネームを笑えない 4つの力

この世界には


「力」は



「4つの力」しかないんだって。




そのちからとは





・重力 (じゅうりょく)



・電磁気力 (でんじきりょく)


そして









・弱い力 (よわいちから)


・強い力 (つよいちから)










以上です。





本当です。 ぐぐって→

http://kids.kek.jp/class/particle/class01-07.html




・・・もっと名前を付ける時はちゃんととあれほど・・・・

posted by 辰多みか at 00:01 | DQNネームを笑えない | 更新情報をチェックする

完璧

完璧 て 漢字。




なにも見ないで書けますか?




あたし、書けるよ〜そのくらい って思ってたよ。

 ま さ に か ん ぺ き




そして、璧 を 壁 って書いてたよ。






あぁぁぁ〜、違うんだぁ、かべ、壁 じゃなかったんだぁぁ


 璧 って かべ じゃないんだぁ

 土じゃなくて 玉 なんだぁ



最近、初めて知った。衝撃の事実。

それか、下が玉だって、忘れてしまっていたのか。




 璧 って 宝物の事だったの。


 宝石 を削って出来た、 ひらべったくて丸くて 中心に穴が空いている、

 昔の シングルレコードみたいな大きさと形の、

そんな 宝物なの。お金 の元になってる形でもあるんだって。




知らなかったなぁ。 完璧 っていうのは、そんな丸い宝物を、どこも欠けさせる事なく

持ってこれた事 なんだって。 戦国の、昔の、中国の世では 難しい事だったろうね。





あたし、昔の宝物って 銅でできた 鏡 だと思っていたよ。



だって 三種の神器 って 鏡と剣と勾玉でしょう。



あっ、三種の神器は、宗教儀式に使うものだから、宝物 ではないのか。

posted by 辰多みか at 00:00 | たからもの | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

蘭とフジバカマと浦島太郎

庭のフジバカマが咲いたよ。


「藤袴」は 大昔、 中国で 「蘭」 と言われていたんだよ。

現在の、大きくて、ピンクとか白とか 豪華な花の「蘭」は本当は「蘭花」といわれていて、

「フジバカマ=蘭」と、「ラン=蘭花」とは、似ても似つかない、別物なんだよ。

フジバカマの花は、ホコリ取りブラシみたいな、くすんだピンクの地味〜な花をしてるよ。






他にも、「れんげ」 と 「れんげ草」 が、本当は別物なんだけど、


「しょうぶ」と「花しょうぶ」が別物なんだけど。




みんな、ごっちゃになってても、あんまり気にしてないよね?!

(正直、どうでもいい と思ってるよね?)



あたしは気になる〜



ていうか、こんな名前付けた人が、ダメだと思う〜

(あ、ハッキリ言っちゃった)




「れんげ」は 蓮華、「ハスの花」のことで、

「れんげ草」は、春に、田んぼに咲く、かわいいピンクのお花。色と花の感じがハスに似てるからだよ。

 だから、ラーメン食べる時についてくる、レンゲは、ハスの花びらみたいなスプーン の事なんだよ。

「しょうぶ」は、五月に「しょうぶ湯」に入れる、ガマの穂みたいな花が咲く はっぱのことで、

「花しょうぶ」は、花がアヤメに似て、葉っぱが しょうぶに似た、 他にも色々ものすごくまぎらわしい 花の事で。

 だから、五月に、お風呂に、「花しょうぶ」を入れたら、大間違いなんだよ。だめだよ。




本当の「蘭の香り」は 桜餅 みたいな香りなんだ。フジバカマを、半乾きにすると、におってくるの。

あたしは、花が咲くころ、今の頃の フジバカマを刈り取って、半乾きにして塩漬けにして、ふたの無いビンにいれて、

いつも、風の通る窓辺に置いておくの。癒される香りだよ。一年は軽く香りが持つよ。

今年もまた 作らなくちゃ。





昔 むかしの 浦島太郎が、玉手箱をあけたとき、


「蘭のようにかんばしい体は 風にふきとび」

みたいな(意訳) 一節があるんだけど、






その時の うらしまたろうの体は、フジバカマみたいな匂い だったって事だね。


ちょっとワイルドな香りだよ。嗅げばわかるけど。



今、「ワキガ」 っていわれて、嫌がられてる、アポクリン汗腺 って、


昔は、フェロモン として 活躍していたんじゃないかなぁ〜 って、思うんだ。
posted by 辰多みか at 00:04 | 浦島太郎考 | 更新情報をチェックする

お金にまつわるトラウマ

あたしには トラウマがたくさんある。


人間関係とか いろいろあるんだけど、

絶対、すごい トラウマなんだろうな〜と 

あんまり考えなくても自分自身わかるのが

お金に対するトラウマ。



はっきり言う。




お金が嫌いだ。




嫌悪感・いやらしい・口に出すのは恥ずかしい事・人の縁を一発で切っちゃう物。



もし、お金が好き〜♪ って言ってる人がいたら、もしくは、会話のはしばしに、それが

見てとれる人がいたら、(いたらって仮定してるんだけど、仮定ではなく、本当に「いる」)



上記のような人なんだろうな、とすぐ頭に浮かぶ。

実際そうじゃなくても。ていうか実際そうじゃないんだろう。

該当者の人はごめんなさい。そうじゃないとは思う。でもあたしは、そんなあなたが嫌いだ。

これじゃあ、あたしはお金持ちにはなれないって、そういう人に出会って、はじめてわかった事でもあったんだけど。

やっぱり嫌いは嫌いだ。





最近、ものいりで、家族で、お金にまつわる会議をした。





あたしは、途中から おかしくなった。


なんと、インナーチャイルドが、出てきた。呼んでもないのに。


彼女は言った。「お金が無い、お金が無い、働いても働いても、お金が無いんだよおぉぉ」

言った というか うめいた。それで、泣きじゃくった。




前に聞いた、地の底から響くような声だった。


実際、お金が、ないという事ではない。

貯金してある。計画的に十分に。その貯蓄をどう使うか、そういった話しだったのに。



家族は、すぐに言った。「(精神)病院に行った方がいい」

当然だ。さぞびっくりしただろう。


なきじゃくっていた(はずの)あたしは、



「(精神)病院は行かない」 きっぱり言った。泣いてたはずなのに、声も震えず、冷静だった。涙が出てなかった。

「あたしはこれから自分が(精神的に)どうすればいいかはわかっている。

  頭はわかっているけど、なかなか心がついてこない。

  これはあたしが乗り越えることだから。乗り越え方は わかっているから。

  もうじき 乗り越えるから。」



なんとか話し合いは、無事すんで、あたしは寝ることにした。

寝る直前、またさっきの お金に対する インナーチャイルドが出てきた。

声は出ず、頭の中、想像の中だけだった。





彼女は こう言いながら 出てきた。



「こわい、こわい、こわい、こわい・・・・・」




あたしは お金が嫌いだけど、(そのトラウマの理由も充分わかっているけど)

「怖い」だなんて 思ってもなかった・・・・



それで、もっとちゃんと、インナーチャイルドの癒しワークを、やろうと思ったの。

本当のあたしの声を 聞こうと思ったの。
posted by 辰多みか at 00:03 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

酸素のニオイ

酸素 って くさいよね。

生臭い。


オゾンの事だけど。



O3 パソコンで書けない。

オーツーじゃなくて オースリー



あたしがふだん使ってるのは レーザープリンターなんだ。

仕事柄、何百枚も 一度に印刷するんだけど、



まわり、オゾン臭い。

そのかわり、まわりの空気が殺菌されてるかもだけど。





酸素って どんな味だろうな。

甘い?



液体酸素の色は 「青色」なんだって。


その点は、 かっこいいよね。




空が青いのは 海が青いのは


酸素の色じゃないかな〜




そんな学説ないけど、


どうかな〜?

posted by 辰多みか at 00:02 | 酸化・酸性と酸素・水素 | 更新情報をチェックする

「酸素が酸の元だと思ったんですよ」と思っちゃった最初の人

「ラヴォアジエ」



ぐぐったら出てきた〜!!


やっぱりそうじゃん。

ラヴォアジェのバカァ〜!!



リンク→アントワーヌ・ラヴォアジエ

あたしは40才すぎて なんか変だなと思って気が付いたんだけど、
今の中学生とか ちゃんと学校で教えてもらってるのかしら。
さすがに先生は知ってるよね。
あたしは、高校の時、地学専攻だったから、それで知らないのか〜!?



酸 って 「陽子」 の味なのか〜!!


めちゃくちゃ プラス志向!!(本来とは別の意味で)  プラス嗜好?!




なんか 軽く衝撃。


じゃあ 「電子」の味は?
posted by 辰多みか at 00:01 | 酸化・酸性と酸素・水素 | 更新情報をチェックする

酸性と酸化と 酸素と水素

あたしは 理科 が好きだったんだけど。

なんでか 40才過ぎるまで 「酸性」 と 「酸化」は 同じものだと思っていたんだ。
 

なぜだろう?



授業で 習わなかったのかな???


そのへんは テストでもできてたと思うんだけどな。
テストで「できない」と、あたしは わかるまで追求したはずだからねぇ。



イオン化して ふたつに分かれたうちのひとつが 酸性。これは、すっぱいんだよね。

酸素がいろいろな物質に結びつく。 つまり、激しい反応だったら「燃える」 激しくない反応だったら 「さびる」
それが 酸化。



そう、わかってたのに。

なぜか 「酸性」と「酸化」は同じだと思っていたんだよね。
「イオン化」を考えるのが、苦手だったからだろうか。

両方とも、「酸素がくっついている」と思いこんでいたからだろうか。

ただ単に、酸性の定義を、あたしは忘れちゃってただけなんだろうか。




気がついたのは、ある時。

ハーブで 色水を作っていた時。



「ブルーマロー」という ハーブがあるんだよ。

お湯や水に浸すと、とても綺麗な 青い水ができる。

味や香りがないから、おいしく飲める方法を研究していた。


一般的なのは、「青い水」状態に、レモン汁をたらして、一瞬で「ピンクの水」になる、

「夜明けのお茶(よあけのティザーヌ)」という飲み方。

とてもロマンチック。



カルピスを入れてもいい、一瞬で乳白色ピンクになる。


どちらも、「酸っぱいもの」で、青を赤に変えているんだ。

リトマス試験紙の反応と 同じだ。


ちなみに、リトマス試験紙のテスト対策は、「青い梅が、すっぱい梅干しになる時には 赤くなる」 と覚えたよ。

アルカリ性は、その逆だ。だから酸性だけ覚えれば良い。



ブルーマローの青い色は 不安定で、すぐに薄くなったり、
少しでも酸性のものに当たると、色が変わってしまう。


だから、青い色を保つために、「アルカリ性」を探したんだ。

昔のアサガオを使った色遊びでは、「灰」を溶かした水の、上澄み液を使う、と書いてあった。

でも、灰は無いし、そもそも灰って食用??

食用のものを探した。「重曹」だ。



「重炭酸ナトリウム」



炭酸水素ナトリウム ともいうんだって。

こっちの呼び方の方が、中身がなにかわかっていいみたい。


「CHNaO3」


これが化学式だよ。

これはアルカリ性の素なの。

炭素1 水素1 ナトリウム1 酸素3 でできているの。

アルカリ性の素なのに、酸素が一番多いの。





そして、酸性の定義 とは。


「水素イオン濃度が高い状態」を酸性 というんだよ。




なんで、酸性なのに、水素イオン???





それが、あたしの 気付いた時 だった。

ちなみに、アルカリ性は 「水酸化イオン」だよ。こっちには「酸素」があるよ。





酸性と酸化は違う。

もっというと、酸性になるもとは、酸素のイオンではないらしい。



「混ぜるな危険」て書いてある、塩素系漂白剤に混ぜたら危険なのは、「酸性」の物。

「酸素系」のものは、混ぜても大丈夫だよ〜って、洗剤の入れ物に書いてある。




あたしも主婦だけど、他の主婦のみなさん方は、わかっているんだろうか。

命にかかわる事なのに。

あたしは、その時にはじめて「酸性洗剤」と「酸素系洗剤」が違うという事を知った。






そのときに思ったのは、




どうやら、酸っぱいもとになっているのは、「酸」素ではなくて、「水素」だ。


そうしたら、もともとの、「水」の元になっているのは、「酸素」ではないか?




だから、酸素が本当の「水」の元で、水素が本当の「酸」の元。


最初に、科学者が名前を付ける時に、もっと良く研究しないで、付けてしまった名前ではないか。



そう思った。






だって、イオン化の時にやった実験で、電極の間を、見えないけど、なんかが通じてる〜て発見して、

電気を見つけて、プラスからマイナスに流れてる〜 て思ったんだよね、最初の科学者は。

それって、マイナス電極に、なにか、物質がくっついて成長してきたから(めっき だね)、そう思ったんでしょう。




でも、実際には、電気は、マイナスからプラスに流れてるんだよね。



だから、よく研究しないで、早急にいろいろ定義するのは、よくなかったな、と思うの。

少なくとも あたしは 混乱したの ていうか 今も混乱してるの。





化学と、全然関係ないけど、工学で、


機械の刃物の先にできる、


「構成刃先」てのがあるんだけど、



それもおっちょこちょいで 直訳で 付けた名前だと思うの。


工学をやってる人が、必ずしも、英語に堪能だとは 限らないの。



「built-up edge」ていうんだよ。本当は、

「積み重なって、なんか先っぽにできちゃったモノ」 て感じかな。




おっちょこちょいだっていうのは、工学部の大学の教授が言ったんだよ。

(あたしじゃないから)

posted by 辰多みか at 00:00 | DQNネームを笑えない | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

脳内3D

あたしのやってる仕事は、 脳内で、物体を 3Dで動かして見ることなの。


もう10代からやってる仕事だけど、


3D-CADとか設備投資してないから、

ちょっと角度が二方向についてたりすると、




頭が疲れる。




年かな。





で、そんな仕事を何十年もやってても、四次元球を脳内で見ることはできないの。

だめじゃん。
posted by 辰多みか at 00:01 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

四次元を見るための鏡

三次元を映す鏡って 平べったいよね。

三次元て、 今 自分が目で見てる世界だよ。


だから、四次元を映すのは、球体の鏡なんじゃないかな と、

単純に 思ったんだ。



もしかして、水晶玉 って









そういうことなのかも
posted by 辰多みか at 00:00 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

影響

影響 って言葉


文字だけ見ると


いいえてみょう だ。



かげ が ひびく 

あなたは わたしの かげ だから。

かげが わたしに ひびいてくるから。


あなたとわたしの境界を、何かが

量子トンネル効果で

すりぬけてくるってことだよね。


波が、波動が、 超えられない(と思ってる)壁を 超えてくることだよ。

(あたしは 電子そのもの自体がすりぬけた とは思ってないけどね)



これは 精神論とかじゃなくて、科学なんだよ。


なんだかこうやって 文字で書くと 「トンデモ」みたい。


「量子トンネル効果」でぐぐってみて。→ google 検索結果
posted by 辰多みか at 00:00 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

神秘主義

なんで 数字の世界に深く潜っていくだけなのに、

数の世界がわかるようになるだけじゃなくて、

追求した人たちはみんな、神秘主義になっちゃうんだろう。

あたしもそうだから。



どうしてそうなったか 過程を絶対思い出して

ここに時系列に書く。
posted by 辰多みか at 00:01 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

ぐぐってみた

うわ、あたしが思ってる 感じてることって



神秘主義 っていうのだわ。たぶん。


ことばで定義すると。

でもあたしは不思議な体験はしてないな。
posted by 辰多みか at 00:00 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

超球

そうそう


超球 って


絵に描けないんだよ。

「超球理論」というのがあるんだけど、

この場合、超球理論 の 超球 に限って言う「球」のことじゃなくて



三次元以上の次元に存在する 球 の事。

この場合、相対論でいう次元じゃないからね。時間軸は関係ないからね。



四次元多面体は なんとなく イメージできるんだけど、


四次元球は イメージ できないの。おてあげなの。



まず、一次元の話ね。


一次元は 線 しかないよ。 

ちなみに 線は 両極の点の間が つながってしまったものだと思うよ。




次、二次元ね。二次元にある 「球」の仲間は 「円」だよ。

円は 線 が くる〜っと曲がってきて、線の最初と最後がくっついちゃったもの だと思うよ。



「いっこ次元がさがった場合でいう 最初と最後」が無くなったものなんだ。

それで、線の内側は、みんなつながってしまって、「わたしは円だよ」って自覚する。それが円。


あ、あと大事なのは、円のふちは、中心から、どこも同じ距離だよ。





次、三次元ね。

球は 円のふちが、 上か下か、(どっちでもいいんだけど)、


どちらかにぐ〜っと、(とりあえず上にしておこう)、


もち上がってきて、で、ふち全部が ひとつの点に集まって、それで くっついちゃったもの だと思うよ。



「いっこ次元が下がった場合でいう ふち」 が無くなったものだね。



球の中身はどうなっているのかな?

空洞なのかな? 外側と同じものがつまっているのかな?


あたしは 空洞じゃないと思うよ。

で、球の表面は中心から、どこも同じ距離だよ。




で、次 四次元ね。

時間軸の四次元じゃなくて、ユークリッド空間だからね。


四次元の球は


球のふち すべてが


ひとつの点で くっつくことだ。






想像できない。



これを想像できる人がいるんだろうか。


まえ読んだ話では、生まれながらの盲目の人で、できる人がいるという。すごいな。





四次元球の、「影」だったら、三次元のあたしたちがいる空間で見れるよ。



それは、大きさがゼロ(存在がゼロ)から、四次元球の直径までの、いろんな大きさをした 「球」 の形をしているよ。







あとね、今気が付いたんだけど、

「最初と最後がなくなる」「ふちがなくなる」って、次元が上がる事で、おのおの、なにかひとつ、なくなってるよね。
 
 
 「-1」 だよ。



何がなくなるんだろう。


それは、「自由度」なんじゃないかなぁ。


だって、円や球は 中心から「絶対」同じ距離じゃなきゃダメッ て もう、決められてるんだもの。

自由に形が作れないんだもの。






あたしは、円のふちには 境界として ゼロがあると思ってるから、


ゼロがひとつ 減ることでもあるのかなぁ。




ゼロって 数えられるのね。

「有」を認識するために「ゼロ」があるとしたら、

「有」と同じ数だけ「ゼロ」があると思うな。
posted by 辰多みか at 00:00 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

前世でのあたしの最期

前世の話って、あれかな。

いやな人 いるかな、いるよね。

うちでも ちょっと話したら、やだっ て言われた。

まあ、普通の反応だ、あたしだってやだ。


でも、でもね、



うち、仏教でしょ。お墓はお寺でしょ。

まあ、教えを信じてなくて、ただお墓があるだけだって言われたら、

まあ、そうだけど、いちおう仏教徒?でしょ。

仏教では 前世があって あたりまえ なんだよ。

もう、じぶんちで、 お金はらって、関係もってる 宗教に対して、少しは理解してほしいな。

まあ、それは、いいや・・・



あたしも ほんとうは、前世については あんまり 考えてない。

考えても、どうしようもないかな、とか思ってるし。今が一番大事だしと思ってるし。




でも、どうしても、腑に落ちないことがあるんだ。



それは、MRI が 異様に怖いということ。





ある場面が、頭をよぎる。

あたしは、木の箱に入っている。箱っていうか、ぶっちゃけ ひつぎだ。



目を覚まさなければよかったのに、目を開けてしまったんだ。


目の前、ほとんど鼻先すれすれが、天井なんだ。

そう、あたしは、あおむけに棺に入って、ふたを閉められて、

そして、もう、土の中に埋まっているんだ。

叫んだよ。もがいてももがいても、出られないよ。

でも誰も、掘り出してくれない。


うわぁだめだ。書いてても、今、気が狂いそう。





それが、あたしの今現在の恐怖の元凶のひとつなんだ。


なんでこんな場面が頭の中に出てくるのだろう。


母も同じなんだ。だから、あたしと母は同じころ、同じような目にあっていたんじゃないかとさえ思う。


夜、ふとんに入って、まっくらな中で、この場面を思い出すと、

どきどきして息苦しくなって、寝転んでいられない。


ふとんをはねのけて、起き上がってしまう。



チリの岩盤事故なんて・・・考えただけで、どうかなってしまいそう・・・




そのあと、あたしがどうなったか、場面は全然でてこないんだけど、

たぶん気が狂ってわからなくなっちゃったんだろうね、と思う。

それが人間に備わった、恐怖に対する対処法なんだよな、たぶん。
posted by 辰多みか at 00:03 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

特異点

一次関数があります。


y=x です。



もし y が 5なら

y=x の場合は x=5 だよね。



順番に 小さくなる方にむけて、やっていくよ。



y=4 のとき x=4
y=3 のとき x=3
y=2 のとき x=2
y=1 のとき x=1
y=0 のとき x=0
y=-1 のとき x=-1
y=-2 のとき x=-2

これをグラフにかくと、

yとxの目盛はおのおの、おなじ長さにしておいて、

ゼロを中心にした座標で、グラフの線は、 ゼロ地点を通って、45度の傾きの直線だよ。

直線の果ては、本当は無いんだけど、紙の都合で途中までしかかけないの。


それは、中学の時に習ったよね?


そこまでは OK。




y=x だから

y/x=1 だよね。 同じ数字だから。

でも、yとxがゼロの時だけは 違う。



y/x=0/0= 答えは?

答えが いち では無いのは明白だけど なんなのかは 「わからない」



グラフのここだけが  おかしな点なんだ。



本当は 直線は この点を超えられないんだ。

絵では書けるけど この直線は ゼロより向こうは存在しないんだ。


一本の線に見えるけど たぶん 横(線の進行方向側)からみたら 

線の中心軸がずれてる、二本の線なんだ。


で、そのずれは、かたいっぽうの線だけが三次元側に ずれてるんだ。たぶん。
posted by 辰多みか at 00:02 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

宇宙のはじまり

宇宙のはじまりは ビックバン だと言われてるよね。



無のゆらぎ 量子論的なゆらぎ から生まれた といわれてるみたい。


ビックバン理論では、ほとんど「無」から生まれた といってもいいみたい。




あたしは ここにも 納得できないよ。


ほとんど「無」じゃなくて ちょっとでも何かあるなら、それは「有」だ。


ゼロかいちかだったら、「ほとんど無」はゼロじゃなくて いち だ。



もう、なんで そこ ちゃんとしないの。





だから、『宇宙は「無」(この場合「本当になにもない無」)から生まれたのではない』と、

あたしは 思う。強くつよく思う。



宇宙のはじまりは プラズマ論ていうのがあるんだよね。


あたしは そっちの方が まだ納得するかな。





ゼロ地点が 鏡 だとして


その鏡をすりぬけて 影響してくるものは なんだ?




あたしは この宇宙は ゼロから向こうには 無い と思ってるから、

この宇宙は いち だけの世界と思ってるから、





三次元のこの宇宙に影響できるのは、


三次元のこの宇宙を映しだす もと になっているのは、



ゼロから向こうにある 四次元 だ。


四次元 て、 この宇宙に、心 精神 がプラスされた世界なの。


誰の精神なのかな。




やっぱり宇宙の最初を考えると


科学じゃなくて 哲学になっちゃうよね。
posted by 辰多みか at 00:01 | 宇宙のはじまり | 更新情報をチェックする

セロトニン

家族に 「片頭痛」持ちがいるんだ。

「緊張性頭痛」持ちもいるんだ。



あたしは 頭痛はあんまりしないけど、

乗り物酔いが酷いんだ。



それで、そんな身近な人たちを見てきて、

自分自身も気持ち悪くなったり頭痛くなったりしてきて、



わかったのは、


というか 感じるのは、




脳と腸は 他の臓器よりも、密接に関係してるってこと。


それで、密接なくせに、お互い関係なくバラバラに働くこともあるということ。



その「感じ」が、確信に変わった瞬間を今でも覚えてるよ。
ていうか、ここ1年以内のことだから、記憶は鮮明だけどね。



娘が片頭痛で定期的に脳外科に通っているんだ。


とても良い先生だから、病院は遠いけど、通ってるんだ。




そこの脳外科の先生が、おっしゃった。



「頭痛が起きた時、下痢や腹痛が起きたりしない?

片頭痛の子は、消化器系の不調もいっしょにおこる事が多いよ。」


娘は それは無い。ものすごく吐くけど、下痢はない。




けど、実は、「あたし」にあったんだ。


だから、先生のその言葉をきいた時、思い当たることがあって、ハッとしたんだ。



あたしの「乗り物酔い」は じつは 「片頭痛」の一種なんだよ、たぶん。






だって、乗り物に乗ってない時でも「乗り物酔い」するんだもん。

どういう時かというと、歩き疲れて、特に坂道や階段をのぼって、肩からうなじまで、どきどきしてきた時と、

人ごみを歩いて、目が疲れて焦点があわなくなってきた時。




気持ちが悪くなってきて、トイレに行きたくなってくる。

トイレに行っても、治らない事も、うすうすわかってる。

汚い話、吐いたり、下痢したりするんだけど、

それで少しは良くなるんだけど、完全に治すには、

休息をとらなきゃだめなんだ。具体的には、「寝る」ことだ。



それが、一瞬で治った時があった。


あたしは、大好きなアーティストがいて、よくライブに行くんだ。

いつもその「乗り物酔い」になるのは、そのライブに行く途中なんだ。

その日あたしは、なんとか会場までたどりついて、開演まで イスに座って

座ったまま寝てたんだ。



30分近く寝たけど、治らなかったよ。

ライブは始まってしまった。


気持ち悪いし、なまあくびまで出るし、焦点があわないし、どうしよう て思ってた。

幸い、スタンディングじゃないので、ずっと座っていれた。

40分くらい我慢してただろうか、その日は、特別ゲストが来る日だった。

もうだめかと思ったとき、特別ゲストが呼ばれて、ステージに現れた。

とたんに、会場が色めきたった。興奮の渦。



あたしの目は、いっぺんに覚めて、

なんか、後頭部からアドレナリンか何かが、ぶわぁっと出る感じがして、

気持ち悪いのが、本当に、一瞬で、ふきとんでいった。

なんかいろんな意味で、うわー、すげぇ って思った。




よし、ようやくライブが楽しめるっ、て思った瞬間、



頭が、ガンガンしてきたんだ。


気持ち悪いのとひきかえに、頭痛がやってきたんだ。


幸い、あたしの頭痛は、経験則からいって、そんなにひどくはならない。


だけど、たぶん、これが「片頭痛」なんだろうなと思った。程度の違いで、あたしは通院が必要ないレベルってだけで。




その時に 脳と腸は すごく関係がある と思ったんだよ。

で、ネットで調べたら、

片頭痛の原因になる セロトニン が、

実は、腸にものすごくたくさん存在してるって、書いてあったんだよ。

そして 腸は第二の脳 って書いてあったよ。





セロトニンつながりで、

あたしは、

腸は 第二の脳 だって思うんだ。



脳は蝶形骨が支えていて、

腸は骨盤(仙骨)が支えているんだよね。

それらをつなぐ迷走神経、ここに秘密があると思うよ。


あ、ライブはそのあと、ばっちり楽しんだよ。頭痛はそんなにひどくならないから。
posted by 辰多みか at 00:00 | 脳と腸 | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

第一の脳と第二の脳

腸は第二の脳と言われてるんだって。


頭の中にある 脳 は、 「考える脳」で

おなかの中にある 腸は、


「感じる脳」


だと思うよ。



「そのとおりだよ」って、あたしの腸が感じてる。
posted by 辰多みか at 00:00 | 脳と腸 | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

宇宙

この宇宙ができたのは


失敗 



したからだと思うよ。







失敗 してなくて

完璧 で



満たされてて なにも心配ない 世界だったら


それ以上変化しなくていいからね。




まあそういう風に思っちゃうのは、

あたしが無意識で 「あたしのどこかが欠如してる」


って 思ってる事の 投影だと思うけどね。
posted by 辰多みか at 00:00 | 宇宙のはじまり | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。