2012年09月27日

蘭とフジバカマと浦島太郎

庭のフジバカマが咲いたよ。


「藤袴」は 大昔、 中国で 「蘭」 と言われていたんだよ。

現在の、大きくて、ピンクとか白とか 豪華な花の「蘭」は本当は「蘭花」といわれていて、

「フジバカマ=蘭」と、「ラン=蘭花」とは、似ても似つかない、別物なんだよ。

フジバカマの花は、ホコリ取りブラシみたいな、くすんだピンクの地味〜な花をしてるよ。






他にも、「れんげ」 と 「れんげ草」 が、本当は別物なんだけど、


「しょうぶ」と「花しょうぶ」が別物なんだけど。




みんな、ごっちゃになってても、あんまり気にしてないよね?!

(正直、どうでもいい と思ってるよね?)



あたしは気になる〜



ていうか、こんな名前付けた人が、ダメだと思う〜

(あ、ハッキリ言っちゃった)




「れんげ」は 蓮華、「ハスの花」のことで、

「れんげ草」は、春に、田んぼに咲く、かわいいピンクのお花。色と花の感じがハスに似てるからだよ。

 だから、ラーメン食べる時についてくる、レンゲは、ハスの花びらみたいなスプーン の事なんだよ。

「しょうぶ」は、五月に「しょうぶ湯」に入れる、ガマの穂みたいな花が咲く はっぱのことで、

「花しょうぶ」は、花がアヤメに似て、葉っぱが しょうぶに似た、 他にも色々ものすごくまぎらわしい 花の事で。

 だから、五月に、お風呂に、「花しょうぶ」を入れたら、大間違いなんだよ。だめだよ。




本当の「蘭の香り」は 桜餅 みたいな香りなんだ。フジバカマを、半乾きにすると、におってくるの。

あたしは、花が咲くころ、今の頃の フジバカマを刈り取って、半乾きにして塩漬けにして、ふたの無いビンにいれて、

いつも、風の通る窓辺に置いておくの。癒される香りだよ。一年は軽く香りが持つよ。

今年もまた 作らなくちゃ。





昔 むかしの 浦島太郎が、玉手箱をあけたとき、


「蘭のようにかんばしい体は 風にふきとび」

みたいな(意訳) 一節があるんだけど、






その時の うらしまたろうの体は、フジバカマみたいな匂い だったって事だね。


ちょっとワイルドな香りだよ。嗅げばわかるけど。



今、「ワキガ」 っていわれて、嫌がられてる、アポクリン汗腺 って、


昔は、フェロモン として 活躍していたんじゃないかなぁ〜 って、思うんだ。


posted by 辰多みか at 00:04 | 浦島太郎考 | 更新情報をチェックする

お金にまつわるトラウマ

あたしには トラウマがたくさんある。


人間関係とか いろいろあるんだけど、

絶対、すごい トラウマなんだろうな〜と 

あんまり考えなくても自分自身わかるのが

お金に対するトラウマ。



はっきり言う。




お金が嫌いだ。




嫌悪感・いやらしい・口に出すのは恥ずかしい事・人の縁を一発で切っちゃう物。



もし、お金が好き〜♪ って言ってる人がいたら、もしくは、会話のはしばしに、それが

見てとれる人がいたら、(いたらって仮定してるんだけど、仮定ではなく、本当に「いる」)



上記のような人なんだろうな、とすぐ頭に浮かぶ。

実際そうじゃなくても。ていうか実際そうじゃないんだろう。

該当者の人はごめんなさい。そうじゃないとは思う。でもあたしは、そんなあなたが嫌いだ。

これじゃあ、あたしはお金持ちにはなれないって、そういう人に出会って、はじめてわかった事でもあったんだけど。

やっぱり嫌いは嫌いだ。





最近、ものいりで、家族で、お金にまつわる会議をした。





あたしは、途中から おかしくなった。


なんと、インナーチャイルドが、出てきた。呼んでもないのに。


彼女は言った。「お金が無い、お金が無い、働いても働いても、お金が無いんだよおぉぉ」

言った というか うめいた。それで、泣きじゃくった。




前に聞いた、地の底から響くような声だった。


実際、お金が、ないという事ではない。

貯金してある。計画的に十分に。その貯蓄をどう使うか、そういった話しだったのに。



家族は、すぐに言った。「(精神)病院に行った方がいい」

当然だ。さぞびっくりしただろう。


なきじゃくっていた(はずの)あたしは、



「(精神)病院は行かない」 きっぱり言った。泣いてたはずなのに、声も震えず、冷静だった。涙が出てなかった。

「あたしはこれから自分が(精神的に)どうすればいいかはわかっている。

  頭はわかっているけど、なかなか心がついてこない。

  これはあたしが乗り越えることだから。乗り越え方は わかっているから。

  もうじき 乗り越えるから。」



なんとか話し合いは、無事すんで、あたしは寝ることにした。

寝る直前、またさっきの お金に対する インナーチャイルドが出てきた。

声は出ず、頭の中、想像の中だけだった。





彼女は こう言いながら 出てきた。



「こわい、こわい、こわい、こわい・・・・・」




あたしは お金が嫌いだけど、(そのトラウマの理由も充分わかっているけど)

「怖い」だなんて 思ってもなかった・・・・



それで、もっとちゃんと、インナーチャイルドの癒しワークを、やろうと思ったの。

本当のあたしの声を 聞こうと思ったの。
posted by 辰多みか at 00:03 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

酸素のニオイ

酸素 って くさいよね。

生臭い。


オゾンの事だけど。



O3 パソコンで書けない。

オーツーじゃなくて オースリー



あたしがふだん使ってるのは レーザープリンターなんだ。

仕事柄、何百枚も 一度に印刷するんだけど、



まわり、オゾン臭い。

そのかわり、まわりの空気が殺菌されてるかもだけど。





酸素って どんな味だろうな。

甘い?



液体酸素の色は 「青色」なんだって。


その点は、 かっこいいよね。




空が青いのは 海が青いのは


酸素の色じゃないかな〜




そんな学説ないけど、


どうかな〜?

posted by 辰多みか at 00:02 | 酸化・酸性と酸素・水素 | 更新情報をチェックする

「酸素が酸の元だと思ったんですよ」と思っちゃった最初の人

「ラヴォアジエ」



ぐぐったら出てきた〜!!


やっぱりそうじゃん。

ラヴォアジェのバカァ〜!!



リンク→アントワーヌ・ラヴォアジエ

あたしは40才すぎて なんか変だなと思って気が付いたんだけど、
今の中学生とか ちゃんと学校で教えてもらってるのかしら。
さすがに先生は知ってるよね。
あたしは、高校の時、地学専攻だったから、それで知らないのか〜!?



酸 って 「陽子」 の味なのか〜!!


めちゃくちゃ プラス志向!!(本来とは別の意味で)  プラス嗜好?!




なんか 軽く衝撃。


じゃあ 「電子」の味は?
posted by 辰多みか at 00:01 | 酸化・酸性と酸素・水素 | 更新情報をチェックする

酸性と酸化と 酸素と水素

あたしは 理科 が好きだったんだけど。

なんでか 40才過ぎるまで 「酸性」 と 「酸化」は 同じものだと思っていたんだ。
 

なぜだろう?



授業で 習わなかったのかな???


そのへんは テストでもできてたと思うんだけどな。
テストで「できない」と、あたしは わかるまで追求したはずだからねぇ。



イオン化して ふたつに分かれたうちのひとつが 酸性。これは、すっぱいんだよね。

酸素がいろいろな物質に結びつく。 つまり、激しい反応だったら「燃える」 激しくない反応だったら 「さびる」
それが 酸化。



そう、わかってたのに。

なぜか 「酸性」と「酸化」は同じだと思っていたんだよね。
「イオン化」を考えるのが、苦手だったからだろうか。

両方とも、「酸素がくっついている」と思いこんでいたからだろうか。

ただ単に、酸性の定義を、あたしは忘れちゃってただけなんだろうか。




気がついたのは、ある時。

ハーブで 色水を作っていた時。



「ブルーマロー」という ハーブがあるんだよ。

お湯や水に浸すと、とても綺麗な 青い水ができる。

味や香りがないから、おいしく飲める方法を研究していた。


一般的なのは、「青い水」状態に、レモン汁をたらして、一瞬で「ピンクの水」になる、

「夜明けのお茶(よあけのティザーヌ)」という飲み方。

とてもロマンチック。



カルピスを入れてもいい、一瞬で乳白色ピンクになる。


どちらも、「酸っぱいもの」で、青を赤に変えているんだ。

リトマス試験紙の反応と 同じだ。


ちなみに、リトマス試験紙のテスト対策は、「青い梅が、すっぱい梅干しになる時には 赤くなる」 と覚えたよ。

アルカリ性は、その逆だ。だから酸性だけ覚えれば良い。



ブルーマローの青い色は 不安定で、すぐに薄くなったり、
少しでも酸性のものに当たると、色が変わってしまう。


だから、青い色を保つために、「アルカリ性」を探したんだ。

昔のアサガオを使った色遊びでは、「灰」を溶かした水の、上澄み液を使う、と書いてあった。

でも、灰は無いし、そもそも灰って食用??

食用のものを探した。「重曹」だ。



「重炭酸ナトリウム」



炭酸水素ナトリウム ともいうんだって。

こっちの呼び方の方が、中身がなにかわかっていいみたい。


「CHNaO3」


これが化学式だよ。

これはアルカリ性の素なの。

炭素1 水素1 ナトリウム1 酸素3 でできているの。

アルカリ性の素なのに、酸素が一番多いの。





そして、酸性の定義 とは。


「水素イオン濃度が高い状態」を酸性 というんだよ。




なんで、酸性なのに、水素イオン???





それが、あたしの 気付いた時 だった。

ちなみに、アルカリ性は 「水酸化イオン」だよ。こっちには「酸素」があるよ。





酸性と酸化は違う。

もっというと、酸性になるもとは、酸素のイオンではないらしい。



「混ぜるな危険」て書いてある、塩素系漂白剤に混ぜたら危険なのは、「酸性」の物。

「酸素系」のものは、混ぜても大丈夫だよ〜って、洗剤の入れ物に書いてある。




あたしも主婦だけど、他の主婦のみなさん方は、わかっているんだろうか。

命にかかわる事なのに。

あたしは、その時にはじめて「酸性洗剤」と「酸素系洗剤」が違うという事を知った。






そのときに思ったのは、




どうやら、酸っぱいもとになっているのは、「酸」素ではなくて、「水素」だ。


そうしたら、もともとの、「水」の元になっているのは、「酸素」ではないか?




だから、酸素が本当の「水」の元で、水素が本当の「酸」の元。


最初に、科学者が名前を付ける時に、もっと良く研究しないで、付けてしまった名前ではないか。



そう思った。






だって、イオン化の時にやった実験で、電極の間を、見えないけど、なんかが通じてる〜て発見して、

電気を見つけて、プラスからマイナスに流れてる〜 て思ったんだよね、最初の科学者は。

それって、マイナス電極に、なにか、物質がくっついて成長してきたから(めっき だね)、そう思ったんでしょう。




でも、実際には、電気は、マイナスからプラスに流れてるんだよね。



だから、よく研究しないで、早急にいろいろ定義するのは、よくなかったな、と思うの。

少なくとも あたしは 混乱したの ていうか 今も混乱してるの。





化学と、全然関係ないけど、工学で、


機械の刃物の先にできる、


「構成刃先」てのがあるんだけど、



それもおっちょこちょいで 直訳で 付けた名前だと思うの。


工学をやってる人が、必ずしも、英語に堪能だとは 限らないの。



「built-up edge」ていうんだよ。本当は、

「積み重なって、なんか先っぽにできちゃったモノ」 て感じかな。




おっちょこちょいだっていうのは、工学部の大学の教授が言ったんだよ。

(あたしじゃないから)

posted by 辰多みか at 00:00 | DQNネームを笑えない | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。