2012年10月25日

五行思想







うーん、この中で 木 が、仲間はずれな気がする

水 水素 酸素
火 酸素 炭素 無機質とも反応するし、有機質とも反応する
土 窒素 炭素 無機質も有機質も全部込みだよ
金 鉄とか金属 無機質
木 酸素 炭素 窒素 有機質 動かないわたしたち(生物)

それとも、金=無機質 に対する 木=有機質 ってことか?


posted by 辰多みか at 00:00 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

青色ライトの恐怖

おととしだったかな??
ライトアップで超有名な 「なばなの里」へ行ったんだ。
ライトアップは それはもう綺麗で
人も めちゃくちゃたくさんいて
大満足だったんだけど

一カ所だけ、いや〜な場所があったんだ。


それは 青い色一色の 光のトンネル

なばなの里には 有名な光のトンネルがあるんだけど、
その有名な方は、白いライトですごく長い。
綺麗〜って キョロキョロしたり 写真を撮ったり。


青いライトのトンネルは、順路の最後の方に設置してあって 規模が小さい。
その青いトンネルに入った時、



「目にしみる〜」
って思った。

「これなんか出てるよね、紫外線かなんか 絶対出てるよね」

そう、あれだ、温泉においてあるブラシを殺菌するのだとか、
お医者さんの入り口にある、スリッパを殺菌するのだとか、
10分カットの床屋さんの、吸引ブラシを殺菌するのだとか、

アレ と同じニオイ いや、ニオイじゃなくて 光がする。
紫外線だから? 見えないけど。


蛍光の白い服地とか スニーカーの ラインの部分とか
おぼろげに 発光してるのだ 恐ろしい。


まわりのみんなも、目を開けていられないみたいだ。

うつむいて、薄目で、足早に、そう早くこのトンネルから出ないと〜〜!!


なんか 目だけじゃなくて 生物的に 命の危険を感じた。

あれは ヤバイ。



いい意味じゃなくて 本来の意味で ヤバイ。

もう、さすがにやってないんだろうな、
もしまだ青いトンネルをやってたら、、怖いよ。
posted by 辰多みか at 00:00 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

朝起きた時の気分が大事

今朝 起きたら

気が ずーんと重かったんだ。


なにか心配事があるわけではないよ。


それか、ずーっと心の奥底にある


重い なにか 重いものを

感じてるんだろうか。
posted by 辰多みか at 00:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

メイク(お化粧)の変遷

今の時代のメイクって


まつげバサバサ
まゆげはぼんやりで
頬紅くるくる


で、ほぼツヤだけのくちびるをぷっくりと


あたしが好きなのは 80〜90年代の

赤い唇
太い眉毛

なんだけどな〜

そういう時代じゃないから 今は、赤い口紅は しない。


家で仕事して 外出も週に二回くらいしかしないけど、
メイクは毎日する。

それは ず〜〜っと変わらない。18才から 変わらない。

観光地で、いかにも、ふだん化粧してなくて、何カ月ぶりかにしました、
みたいなご年配の方がいるけど 時代にも合ってないし顔色にもあってない。
(それいつ買った化粧品だよ と思う)
そういう風になりたくなくて、化粧は毎日する。好きだし。


時代時代の流れに合わせて、メイクのポイントを変えていく。


今、あたしは、ほとんど、いわゆる「口紅」というのを塗らないよ。
ふちどり用のリップペンシルでふちをとって
中は唇用美容エッセンスジェルを塗る

まつげは ビューラーとマスカラで長カールにして

ほおべに こいめに、 酔っぱらってるのってくらいに。


何年か前から 化粧品業界とか 雑誌とか
赤い口紅を流行らせようとしてるのか 目につくように出してくるけど、
世の中が ついてこないよね〜

あたしもしばらくは 美容リップでいくよ。
posted by 辰多みか at 00:00 | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

物理学体系は 全て「近似」で成り立っているんだって

やっぱそうだったんだー

ゼロが来ちゃうと、風船がパンと割れるみたいに、
答えが破滅(破裂?破綻?)しちゃうもん。


ゼロの殻をやぶらないように、内側を、全部、綺麗にくりぬくための数式を
つくらないと、計算できないんだもん。


それが 近似 なんだよ。
posted by 辰多みか at 00:06 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

「ダメなあたし」には良いも悪いもない

ああ、こんなふうに、

頭では 理解しているのに
心がついてこないなぁ。

「こんなふうに」っていうのは

祈りは「世界平和だけ」祈れば良いという事とかを。


ああ、…だけ祈れば「良い」と 書いてしまうから
本当の意味から 離れていってしまうんだなぁ。

昔の人たちが


この題目さえ唱えれば良い って言われたと、「思い込んで」、
いろいろな宗教に入信していった事と同じなんだよなぁ。


「心がついてこない、ダメなあたし」だと言う点を、

その点を、 認めろ という事なんだろうなぁ。


ダメなあたしだから「ダメ」じゃないんだよ、ただ あたしは、
「ダメなところがあるあたし」それだけで いいんだ。

いいんだ、というのも、良い悪い じゃないんだよ。
良い・悪い は、考えないんだよ。ていうか良し悪しは存在しない。

存在してるのは「ダメなところがあるあたし」だけなんだ。

その点を、心はまだ 受け入れきれてないんだよなぁ。


・・・うまく書けないなぁ。
posted by 辰多みか at 00:05 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

初詣のお祈り

あたしねぇ

内緒なんだけど


はつもうでで いつも祈る事は、

ここ4年くらいは、

「世界が平和でありますように」

だけなんだよ。

何をおいのりしたの? と家族に聞かれるから
「世界平和だよ」
とニヤニヤして さも冗談そうに言うけど

本当なんだよ。

それは、あたし自身のことも含めて
すべての祈りが入っているの。

あ、七夕でたんざくに書くのもそうなの。
あと一枚、家族みんなが健康ですごせますように とも書くけど
それは カモフラージュなの。

その願いも本当の事なんだけど、

その願いまで、実は入っちゃってるの。


うーん、なんていったらいいんだろう、

世界が平和でないと、自分のしたい事がかなわないから、というわけではなくて
もうもう、全部の願いをかなえる祈りなの。

そう思った経緯も、書くね。

posted by 辰多みか at 00:04 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

馬が通る道

こどもの頃のことで思い出したけど。


小学生のころ 日曜日だったか 木曜日だったか
毎週決まった曜日に

馬に乗ったおじさんがやってきた。

時は昭和50年代(1970年代)。所は、現・政令都市浜松市。


必ず、南の方から来て、

うちの横の畑ぞいの道を パカパカ歩いて、

北に向かっていく。
鳥打ちの鉄砲おじさんが出てきた方へ。

まだ当時 道は 舗装されてなかったなぁ。


馬が行く方は 工場地帯だったんだけど。


どっから来て どこへ行ったのか。


あまりにも 日常な光景だったから、
あんまり気にしてなかった。
posted by 辰多みか at 00:03 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

おいしいセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウって 


食べられるんですってよ、奥さん!



春の新芽を、てんぷらにするそう。
タラノメなんか目じゃないとか。


ちなみに、花粉がアレルギーの元になるのは
姿が似てるブタクサの事で、

セイタカアワダチソウは、アレルギーをおこさないんですってよ!

そういえば、アレルギーのパッチテストの一覧に、

ブタクサはあるけどセイタカアワダチソウって無いな。
間違えられたのか。

セイタカアワダチソウは とんだ災難だったね〜



つぼみがついた茎を刈り取って、
少し干して、

お風呂にいれると(布袋かなんかに入れて)

アトピーにもいいんですってよ!

体の毒出しをするとか。

わ〜
さっそくやってみよう。


まったく関係ないんだけど セイタカアワダチソウの 昔の記憶をたぐっていくと

秋枯れの野原から、知らないおじさんが 鉄砲を持って飛び出してきた事を思い出すの。
そのころ、セイタカアワダチソウなんてあったかなー って思うんだけど。

ススキのやぶの中から、いきなりてっぽうを持ったおじさんが。
鳥打ちの格好をしてたけど。

小学生だったあたしは 腰が抜けるほど驚いた。
家から数十メートルだったから 走って帰った。あとどうなったかは記憶にない。

posted by 辰多みか at 00:02 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする

電子が見えるA個人用オゾン発生装置

胸からさげるタイプの、オゾン発生器を持ってるんだ。


ほしくて買ったんじゃなくて、たまたま 家にあった。


杉花粉が飛ぶ時期、花粉を吸着して? 浄化するとかなんとか・・・
ウィルスにも効果があるとか・・


花粉症がひどいころ、使ってみたよ。


オゾンの発生法は、雷と同じ原理で、

電子をプラズマ放電させて、酸素をオゾンにかえる仕組みなの。



胸元に、小さい カミナリを 常に携帯してる状態。

持ち運べるゼウス神か。



いかすー。


パーソナルゼウスって名前つけたら どうかな・・・


だけど あたしは オゾンがくさいので 
花粉に対する効果がわからないまま 使わなくなったけど。
posted by 辰多みか at 00:01 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

電子が見える@グロー球は紫で綺麗

台所にある ひも引き形の 短い棒状の蛍光灯を付けると

まず 小さい丸いのが ぶぶぶ って感じで

紫色に光って

それから 棒状の蛍光灯がつくの。


小さい丸いのは グロー球とか 点灯管 とかいって、

それがないと 蛍光灯は つかないの。

ぶぶぶ っていってるのは 電子が とびだしてる状態なんだって。


紫色なのは アルゴンガスがはいってるからなんだって。
ふう〜ん。


蛍光灯がどうしてもつかないっ てなったら、
グロー球(または電子点灯管)を替えればいいんだよ。
安いし。
posted by 辰多みか at 00:00 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

チックもどうでもいいや〜

突然 家庭で あたしのチックの話になり。


あたしは チック持ち って 自分でうすうす ってか 確信で
わかってたけど

今はもう あんまり 出てないな〜と思ってた
というか チック自体を気にしてなかった はずだったのに。
あたしのチックとは、たまに「小さい咳払いが出る」こと。
目も、石原都知事ばりに、しばしばするけど、あたしドライアイだから。

5〜6年前はそうだったね あれは チックだったね

と言われた。まさか言われるとは ゆめゆめ思わなかった。
気付いてるとも思ってなかった。
それよりも 「チック」て言葉を知ってること自体が 驚きだった。

(だって 言った本人も チック気味 、 病気アピール持ち だから)

ちょっと 恥ずかしくなった

なんか わかってくれてて(??) (わかってた本人は迷惑だったのかもしれないけど)
ちょっと いやで ちょっと 安心して ちょっと ?? うれしい??? 感情がよくわからない。
話の最中 あたしは ドキドキ した。


「気」が 上がっていくの。

おなかの 丹田にあるはず っていうか、丹田にあれば 冷静な状態の「気」が、

ぐおーっと 上がっていくの。自分で止められない。

鼻水出ちゃったりする 喉にたまって 痰みたいになる。
皮膚の表面に出れば、かゆい。

中学生のころ、自分がやっちゃった、顔をしかめるような(恥ずかしい)事を思い出した時、
眉間から何か出る感じがして、爪で一文字を切ってた時もある。

あれは なんだったんだろうな。

たぶん 「チック」 って

「気」が
上がってきて もしくは 下がっていって

というか 体のなかで膨張して?

出口がないから?
出口がせまいから?

ちょっとずつ 出す。

ぽぽぽぽぽ〜 みたいに 

小型の蒸気船が 煙を吐いて行くみたいな

そんな感じだと思う あたし


ためといて ドカーンと みんなに迷惑かからない所で 出せる人になれば 良いのかな?
そもそも 気が上がっていっちゃ いけないのか。
うーん。

「気」って 空気みたいなの と思うんだけど
外に出る時は 「液体」なんだよね。涙とか汗とか鼻水とか痰とか。不思議

見える人は 外から入ってくる「気」は 銀色のつぶつぶ とか言う。

なんだそれ〜 見てみたい。


家族が気が付いてた って わかったら

隠せない事なんだな、と思った。「ストレス」は。「嫌な思い」は。

だから、もう どうでもいいや〜 と

さっき思ったのです。


あしたもまた、


どうでもいいや〜 と
思っていられるかな。


6回くりかえせば、それは 自分の身につくんだよ。

どうでもいいや〜て


明日から一日一回、6日間 思ってみる。
posted by 辰多みか at 00:01 | 自分 | 更新情報をチェックする

宇宙の最初の言葉

どこかで聞きかじっていた、かすかな記憶で
宇宙の最初の言葉は 


あぁぁーーーーうんーーー

と思っていたけど

まあ、それって、


オーーーーム


ということだったのね。

それで、あたしが唯一神と思ってるのは


ブラフマン 
なのね


それで 自分自身は
アートマン

なのね

ブラフマン = (イコール) アートマン
を知るのが

今の人生に生まれてきた 意味なのね。

いま、サンスクリット語 一覧表を見て知った。
というか、どこかで読んだ 記憶がよみがえった。

posted by 辰多みか at 00:00 | 宇宙のはじまり | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。