2012年10月03日

物理学体系は 全て「近似」で成り立っているんだって

やっぱそうだったんだー

ゼロが来ちゃうと、風船がパンと割れるみたいに、
答えが破滅(破裂?破綻?)しちゃうもん。


ゼロの殻をやぶらないように、内側を、全部、綺麗にくりぬくための数式を
つくらないと、計算できないんだもん。


それが 近似 なんだよ。


posted by 辰多みか at 00:06 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

「ダメなあたし」には良いも悪いもない

ああ、こんなふうに、

頭では 理解しているのに
心がついてこないなぁ。

「こんなふうに」っていうのは

祈りは「世界平和だけ」祈れば良いという事とかを。


ああ、…だけ祈れば「良い」と 書いてしまうから
本当の意味から 離れていってしまうんだなぁ。

昔の人たちが


この題目さえ唱えれば良い って言われたと、「思い込んで」、
いろいろな宗教に入信していった事と同じなんだよなぁ。


「心がついてこない、ダメなあたし」だと言う点を、

その点を、 認めろ という事なんだろうなぁ。


ダメなあたしだから「ダメ」じゃないんだよ、ただ あたしは、
「ダメなところがあるあたし」それだけで いいんだ。

いいんだ、というのも、良い悪い じゃないんだよ。
良い・悪い は、考えないんだよ。ていうか良し悪しは存在しない。

存在してるのは「ダメなところがあるあたし」だけなんだ。

その点を、心はまだ 受け入れきれてないんだよなぁ。


・・・うまく書けないなぁ。
posted by 辰多みか at 00:05 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

初詣のお祈り

あたしねぇ

内緒なんだけど


はつもうでで いつも祈る事は、

ここ4年くらいは、

「世界が平和でありますように」

だけなんだよ。

何をおいのりしたの? と家族に聞かれるから
「世界平和だよ」
とニヤニヤして さも冗談そうに言うけど

本当なんだよ。

それは、あたし自身のことも含めて
すべての祈りが入っているの。

あ、七夕でたんざくに書くのもそうなの。
あと一枚、家族みんなが健康ですごせますように とも書くけど
それは カモフラージュなの。

その願いも本当の事なんだけど、

その願いまで、実は入っちゃってるの。


うーん、なんていったらいいんだろう、

世界が平和でないと、自分のしたい事がかなわないから、というわけではなくて
もうもう、全部の願いをかなえる祈りなの。

そう思った経緯も、書くね。

posted by 辰多みか at 00:04 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

馬が通る道

こどもの頃のことで思い出したけど。


小学生のころ 日曜日だったか 木曜日だったか
毎週決まった曜日に

馬に乗ったおじさんがやってきた。

時は昭和50年代(1970年代)。所は、現・政令都市浜松市。


必ず、南の方から来て、

うちの横の畑ぞいの道を パカパカ歩いて、

北に向かっていく。
鳥打ちの鉄砲おじさんが出てきた方へ。

まだ当時 道は 舗装されてなかったなぁ。


馬が行く方は 工場地帯だったんだけど。


どっから来て どこへ行ったのか。


あまりにも 日常な光景だったから、
あんまり気にしてなかった。
posted by 辰多みか at 00:03 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

おいしいセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウって 


食べられるんですってよ、奥さん!



春の新芽を、てんぷらにするそう。
タラノメなんか目じゃないとか。


ちなみに、花粉がアレルギーの元になるのは
姿が似てるブタクサの事で、

セイタカアワダチソウは、アレルギーをおこさないんですってよ!

そういえば、アレルギーのパッチテストの一覧に、

ブタクサはあるけどセイタカアワダチソウって無いな。
間違えられたのか。

セイタカアワダチソウは とんだ災難だったね〜



つぼみがついた茎を刈り取って、
少し干して、

お風呂にいれると(布袋かなんかに入れて)

アトピーにもいいんですってよ!

体の毒出しをするとか。

わ〜
さっそくやってみよう。


まったく関係ないんだけど セイタカアワダチソウの 昔の記憶をたぐっていくと

秋枯れの野原から、知らないおじさんが 鉄砲を持って飛び出してきた事を思い出すの。
そのころ、セイタカアワダチソウなんてあったかなー って思うんだけど。

ススキのやぶの中から、いきなりてっぽうを持ったおじさんが。
鳥打ちの格好をしてたけど。

小学生だったあたしは 腰が抜けるほど驚いた。
家から数十メートルだったから 走って帰った。あとどうなったかは記憶にない。

posted by 辰多みか at 00:02 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする

電子が見えるA個人用オゾン発生装置

胸からさげるタイプの、オゾン発生器を持ってるんだ。


ほしくて買ったんじゃなくて、たまたま 家にあった。


杉花粉が飛ぶ時期、花粉を吸着して? 浄化するとかなんとか・・・
ウィルスにも効果があるとか・・


花粉症がひどいころ、使ってみたよ。


オゾンの発生法は、雷と同じ原理で、

電子をプラズマ放電させて、酸素をオゾンにかえる仕組みなの。



胸元に、小さい カミナリを 常に携帯してる状態。

持ち運べるゼウス神か。



いかすー。


パーソナルゼウスって名前つけたら どうかな・・・


だけど あたしは オゾンがくさいので 
花粉に対する効果がわからないまま 使わなくなったけど。
posted by 辰多みか at 00:01 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

電子が見える@グロー球は紫で綺麗

台所にある ひも引き形の 短い棒状の蛍光灯を付けると

まず 小さい丸いのが ぶぶぶ って感じで

紫色に光って

それから 棒状の蛍光灯がつくの。


小さい丸いのは グロー球とか 点灯管 とかいって、

それがないと 蛍光灯は つかないの。

ぶぶぶ っていってるのは 電子が とびだしてる状態なんだって。


紫色なのは アルゴンガスがはいってるからなんだって。
ふう〜ん。


蛍光灯がどうしてもつかないっ てなったら、
グロー球(または電子点灯管)を替えればいいんだよ。
安いし。
posted by 辰多みか at 00:00 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。