2012年12月01日

エクセル勝手に大文字小文字変換するなこらぁ

EXCELで表作ってる時。

φ20H7 て打つと、Φ20h7 に勝手に変換されるのよ。

キーボードのCapsLockキー(大文字キー)も、勝手に無効にされるのよ。



いつもは、「そうなる仕様」と思って書いてるから、エンターキー押す時、

ものすごく気を付けて、そうなっちゃったら、なんとか直すけど、

気付かずにそのまま行ったら大変だよ。

大文字と小文字では、全く正反対の意味になっちゃう。




その変な仕様、どうにかしろよこらぁ!!



といつも心の中で思いながら仕事してる。


posted by 辰多みか at 00:02 | 機械工学・道具 | 更新情報をチェックする

生命力20%OFF

なぜゲームでは、生命力ぽい事を、HP というのだろう・・・

HPって「ヒットポイント」 なのに・・・


ていうか、ゲームやんないから、よく知らないんだけど。




あたしの、リアル生命力が、100%から80%まで低下した時の感じを今でも覚えている。


20%が、無くなったわけなんだけど、その原因は病気ではない。



妊娠・出産した事だ。



それも、二人目の時だ。




ひとりめ、つわりがひどかった。体重は、すれすれ40Kg。もうちょっとで30キロ代、まで落ちた。

仕事はしてたけど、つらかった。逆子で帝王切開だった。良く泣き、手のかかる子だった。


が、その時のあたしは、生命力バッチリ、100%以上あったのだと思う。

自分の体はなんともなかった。




そして、ふたりめ、またつわりがひどく、今度はひとりめの後太ったので、

最低体重になっても、45Kgだった。専業主婦で仕事はなく、最初の帝王切開の影響で、

逆子ではなかったけど、帝王切開だった。泣くには泣いたが、手がかからない。

ふたりめの育児って、余裕だ〜と思った。

実際、育児の大変さは、ひとりめの40%くらいだと思った。



けれども、けれど・・・

2か月経ったある日。



体が疲れてるように思えないのに、目のまわりは、ものもらいでいっぱいで、

さらに、視野が狭くなってくる。80%くらいしか見えてないような気がした。

4つ目のものもらいができた時、赤ちゃんをだっこして、目医者さんに行った。

視界が狭い事も告げた。



そうしたら、女医さんはおっしゃった。



「・・・あなたは疲れているのよ」


あたしは、疲れている自覚は、全く無いのに・・・?



そのあと、友達の家に寄る予定になっていた。

友達の家について、ひといきついた時。

むしょうに寝転びたくなって、「ごめんね、寝転ぶね」そう言って、あかちゃんと一緒に

寝転んだまま、あたしは、動けなくなってしまった。



なんだこれ〜

自分が疲れているのがわからない(麻痺してる)ほど、疲れていたんだ。



そのあと、しばらく、家でゆっくり寝たり起きたりの生活をしていた。

目医者に行く前は、ガーデニングとかもしていたのにね。(生後1〜2カ月で)

ゆっくり疲れは回復してきたけど、


「生命力」そのものが足りないみたいだ。そして、それは、休息をとっても

復活してこない事に気がついた。





「生命力が足りない感じ」は、


そのあともずっと続いた。




「20% 足りないな。」


ずっと、そう感じていた。


その20%は、こどもに、そのまま、移行したんだ。




たぶん、ひとりめの時は、


あたしの生命力は、140%くらいあって、


そのうち、30%が、こどもに移行したんだと思う。


それで、110%でふたりめを出産したあたしは、


ひとりめと同じ 30%をこどもに与えて、


それで、80%になったのだと思う。


思うっていうか、そう感じる。




だから、さんにんめ欲しいな、て思ってたけど、


80%-30%だから、


たぶんあたしの生命力は、50%になるから、



どうしよう〜



て、その後ずっと考えていたんだ。




そんな事で悩むなんて、信じられないかもしれないけど、

ほんとうにそう感じるんだから、しかたがない。



「生命力」て何かな、と思うけど、


あたしはそれは、

目に見える所では、「血液」で、

100%以上に蓄えられるって所は、「肝臓」で、

まあ、ぶっちゃけ、「鉄分」かな、と思うんだけど。


「鉄分」だけではないような気もする。
posted by 辰多みか at 00:01 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

業界での読み方・「まる」と「ぱい」編

「φ」 の事なんだけど。



まあ、まずさ、


φ はもともと ふぁい て読むんだけど、「業界」ではソレ全く無視だ。


で、まる と読むのは若者で、 ぱい と読むのは、昭和のおっちゃんだ。


「ぱい」が、本当は、π の読み方だって事も、「業界」のみんなは知ってるが、

やっぱり全く無視だ。



読み方の例をあげとくね。

読み方@〜は、よく読まれる読み方から順番に、@、A… だよ。




 直径2センチ=直径20ミリ

書き方  φ20 
読み方@ まるにじゅう
読み方A にじっぱい
読み方B ちょっけいにじゅうみり


 直径2.1センチ=直径21ミリ

書き方  φ21 
読み方@ まるにじゅういち
読み方A にじゅういっぱい
読み方B ちょっけいにじゅういちみり


 直径1センチ=直径10ミリ

書き方  φ10 
読み方@ まるじゅう
読み方A じゅっぱい 又は じっぱい
読み方B ちょっけいじゅうみり


 直径10センチ=直径100ミリ

書き方  φ100 
読み方@ まるひゃく
読み方A ひゃっぱい
読み方B ちょっけいひゃくみり


そのた

 10センチ=100ミリ

書き方  100 
読み方@ ひゃく
読み方A ひゃくみり


 1センチ=10ミリ

書き方  10 
読み方@ じゅう
読み方A じゅうみり


 0.1センチ=1ミリ

書き方  1 
読み方@ いち
読み方A いちみり


 0.01センチ=0.1ミリ

書き方  0.1 
読み方@ こんまいち
読み方A こんまいちみり
読み方B れーてんいち
読み方C じゅうぶんのいち


 0.001センチ=0.01ミリ

書き方  0.01 
読み方@ ひゃくぶんのいち
読み方A れーてん れいいち (「れー」と「れいいち」の所を強く高く発音する)
読み方B れーてん れいいちみり (「れー」と「れいいちみり」の所を強く高く発音する) 
読み方C こんま れいいち (「れいいち」の所を強く高く発音する)
読み方D じゅうみくろん(←念押しの確認の時以外あんまり使わない)
読み方E しょうすうてんいかにいでいち(←稀)


 0.0001センチ=0.001ミリ

書き方  0.001 
読み方@ せんぶんのいち
読み方A れーてん れーれーいち (「れーれーいち」をわざとらしく発音する)
読み方B れーてん れーれーいちみり (「れーれーいちみり」をわざとらしく発音する)
読み方C こんま れーれーいち (「れーれーいち」をわざとらしく発音する)
読み方D いちみくろん(←あんまり使わない)
読み方E しょうすうてんいかさんいでいち(←稀)


 0.011センチ=0.11ミリ

書き方  0.11 
読み方@ れーてん いちいち
読み方A こんま いちいち


 0.0110センチ=0.110ミリ

書き方  0.110 
読み方@ れーてん いちいちぜろ (「ぜろ」の所を強く高く発音する)
読み方A こんま いちいちぜろ (「ぜろ」の所を強く高く発音する)
読み方B ひゃくじゅうみくろん(←稀)


0.11と0.110は、数値的には全く同じに思えるけど、「業界」的には、

違う意味を持った数字なんだ!! (最後にゼロがあるかないかで)



 ±0.25ミリ

書き方  ±0.25
読み方@ ぷらまい れーてんにーごー
読み方A ぷらまい こんまにーごー



 +0.2/-0.1ミリ

書き方  パソコンで書けません (上下に並べて書く)
読み方@ ぷらすこんまに まいなすこんまいち
読み方A ぷらすれーてんに まいなすれーてんいち



 +0.018/0 ミリ

書き方  パソコンで書けません (上下に並べて書く)
読み方@ ぷらすれーてんれーいちはち、ぜろ
読み方A えっちなな 又は えっちはち (状況による)



 0/-0.018 ミリ

書き方  パソコンで書けません (上下に並べて書く)
読み方@ ぜろ、まいなすれーてんれーいちはち
読み方A えっちなな 又は えっちはち (状況による)



 φ12.6325センチ=φ126.325ミリ

書き方  φ126.325
読み方@ まるひゃくにじゅうろくてんさんにーご
読み方A まるいちにーろくてんさんにーご
読み方B ひゃくにじゅうろくてんさんにーごーぱい
読み方C いちにーろくてんさんにーごーぱい


 12.6325センチ=126.325ミリ

書き方  126.325
読み方@ ひゃくにじゅうろくてんさんにーご
読み方A いちにーろくてんさんにーご(あまり使わない)


 2.6325センチ=26.325ミリ

書き方  26.325
読み方  にじゅうろくてんさんにーご


 2.0325センチ=20.325ミリ

書き方  20.325
読み方  にじってんさんにーご
posted by 辰多みか at 00:00 | 機械工学・道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。