2012年12月17日

1円玉で理系と文系・神様の領域と人間の領域

いちえんだまを見た時。



アルミニウムだな と思うのは、神様の領域で、

これは一円の価値だな と思うのは、人間の領域なの。


人間の領域は、人間の思惑によっていくらでも変更可能なので、
お金の価値も、あいまいなものなんだよ。
それを書き記したものが、歴史なんだよ。




神様の領域を未来に向けて追求するのが、理科・数学の、理系 で、


人間の領域を過去に向けて追及するのが、社会の 文系 なの。

人間が過去に決めた言葉を追求する国語も、そうだね。



(もちろん、社会科・国語は、大事な学問だよ)



だから、あたしは、社会科が嫌いだったんだな〜。

高校時代は文系だったんだけど。


posted by 辰多みか at 00:00 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。