2012年12月27日

素数のさざなみ

素数は、波でできている、というか、

波で出来た、結果が、素数。


波は、上下運動に見えるけど、

あたしたちが感知できない部分(上下波の水平線を、

水平線が点に見えるように、進む方向から見る)では、きっと円運動なんだよ。

そう、コイルみたいなの。コイルみたいなんだけど閉じてるの。

その円って、もしかしたら四次元球の影なのかもしれない。

だから、球なのかもしれないけど、


円だから、輪郭にゼロがあって、他の空間とは、連続してないの。



そんないろんな波、不連続な円が、干渉しあって、

ひとつの波になって、波の上下運動が、ゼロの横線(水平線)を

横切ってる部分が、素数。


それで、素数が現れる頻度には、確率もかかわってるんだよ、きっと。


ヒストグラムの、ハズレの点まで、考慮しなければいけないんだよ。

神様が決めた バラツキ 、それこそが、素数


なんじゃないの?



よくわかんないー


posted by 辰多みか at 00:02 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

この世の形。この世の原点はゼロではない?

あたしはずっと、ゼロが原点だと思ってたんだけどさー。



どうも、違うんじゃないかな、と思うようになってきた。

そんなこと言ってる人、誰もいないんだけど。

いるかな? (ネットで調べても出ないよ)


たぶん、1が原点で、

その原点は、直径が 1 の 円 で、

1の中心は、0.5ではなくて、あくまでも、1 で、

座標 0から1の間では、

0.5が一番大きな 数で、

座標 1から右へ向かう方向では、

2が一番小さな 数


1から、左の、0.5と、右の 2では、

見た目の距離が違うんだけど、本当は、同じ距離で、

0.5と2は、どちらも、素数 なんだよ。


0.5は、1/2 なの。だから素数(の逆数)。

原点の1 は、1/1 という 意味なの。


0.5と2が同じ距離になるような数式が入ったメガネで見てみると、

1を中心にした、ほぼ半径 1 (近似値で1、積分して1 数値でいうと、

0.999999999999999999999999999999999999999999999999999999…永遠に続く)の円ができて、

円の殻とか、膜にあたる部分が、ゼロ なの。


右側の、無限大に発散するように現実では見える所は、


そのメガネで見ると、収束して、閉じた空間になるの。


ずう〜っと、ひとまわり、ゼロで囲まれてるの。



座標のゼロから、1を中心に、時計回りに回ると、

上に行った部分は、虚数空間で、虚数空間は本当の現実世界では、上ではなくて「あっち側」ね。

(ああ、あっち側というのは、天国とか霊の世界とかいう意味ではないよ。)

それで水平線あたりは、現実世界で、水平線をとおりすぎて、今度は下に向かう部分も、虚数空間ね。




それが、この世なの。


だから、この世は、 ただ有る だけ、

1 だけ


なんじゃないかなー。
posted by 辰多みか at 00:01 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

メジャーのゴロー

なぜか娘が

アニメのメジャーの、吾郎の、新しい方の姓は何か、あたしにきいてきた。

吾郎の旧姓は、本田だよ。

あたしの頭にうかんだのは、


「し ま だ」



あたしはほとんど見てないから、この程度の知識だ。


しまだ ではない、ということで、

ふたりで一生懸命考えたけど、

やっぱり、最初の文字は、「し」しか思いつかない。


この色、この手触り、やっぱり 「し」だよな。


で、いろいろ、「茂」という漢字を娘が思いだして、

茂森? 茂木? とかでたけど、しっくりこなくて、

最終的にネットで調べたら、「しげの」だったんだけど、


色と感触で覚えてるということは、あたしは、たぶん、

漢字を目にしたことがなくて、アニメの音声でしか

その名前を認識してないんだ。

やっぱり音声での記憶は、文字は色になっちゃうな、と

再認識した場面だった。感触もついてくるけどね。


(ちなみに、「し」の色は、白で、

感触は、細かい波が規則的にならんでて、ざらざらした感じだよ)
posted by 辰多みか at 00:00 | 自分 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。