2013年03月29日

磯鵯


今日、ジャンボエンチョーへ行ったら、

看板の上で、綺麗な青い鳥がさえずっていた。

青い鳥だよ。

おなかは赤茶色で。

思わず足を止めて、見入ってしまった。

とても綺麗な声。

綺麗な青い色。


ヘルメットをかぶった店の人(男性)も、

いっしょに見上げた。ちょっと嬉しそうに「ここしばらくずっと居るんですよ〜」と言った。

あたしはとっさに、「餌付けすればいいんじゃないですか」と答えてしまった。だってずっと居てほしい。

餌付けがいいいのか悪いのかわからないけど。

他のお客さんも、見上げていた。


一度とびたって、売り物の小屋の屋根にとまった。

その飛ぶ姿も留まる姿も素敵だ。


「かみさま来た」と思った。

いや、鳥がかみさまということじゃないよ。

あたしの中に来た。ということ。


あたしが、光に一歩近づくたびに、やって来る、「しるし」なんだきっと、と思った。

2か月くらい前に、やっぱりあたしの中に「かみさま来た」と思えた瞬間に、

ベランダに、鳥がやってきた。いつもは来ないのにだよ?

その時はなにをしてたかというと、あの「悟り体験」をまた思い出したくて、検索してた。

そしたら、至高至福体験談とそれが長く続かないという話のブログにいきあたった。

そうだったんだ〜と思った時に、鳥がやってきた。


今回は、あたし、いやな事は、ちゃんとその時、いやな事をしてきたその相手に言おう、

言っても良いんだ、と思って、実践している最中だったんだ。

それがいやな事だと反応する源は、自分の中にある傷だとわかってはいるけれど。

でも、そうしないと、次に進めないんだ。

自分をまるごと愛するという、次のステップに、進めないんだ。

あたしは、自分をまるごと愛するために、

アサーティブに相手に伝える。

実際に起こった事と、それに対するあたしの感情を。

伝えてる最中は、ぜんぜんドキドキしない。

相手を否定している気もしない。

だから、大丈夫だと、思う。(確信する)


伝わる、と確信してる。


あたしは、ちょっと自分が闇にかたむいてるなと思う時(相手を悪く思う時)、

どこかぶつけたり、階段から落ちたりする。

その時、なぜか相手のマイナスな気を感じる。


あたしは、自分が大丈夫、愛にもとづいて行動してる、と思う時、

不思議なできごと・偶然にしてはタイミングがよすぎる事が起きる。

実家の父母に愛されてると感じること。

電話してきてくれたり会いにきてくれたりすること。

だから、大丈夫だと、思う。

子供のころは、ほしくてもほしくても、得られないものだったのにね。


今日の青い鳥も、その「しるし」だと思うんだ。

だけど、「幸せになるために」愛を使ったりしないよ。

間違った使い方を、しないよ。


とても、誤解されがちな考え方なんだけど。


「幸せになるために、」というのは、今、幸せじゃないんです、って宣言してると同じことなんだ。

だから、愛を使う時は、もうすでにしあわせなんだよ。

だから、かみさまの使いの鳥が来てくれるの。

あたしは、そう思うんだ。

あ、磯鵯は いそひよどり と読むの。


posted by 辰多みか at 00:01 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

マクドナルドを好きな理由


あたしは、マックが好きだ。

味とかじゃなくて。
味だったら断然モスバーガー。(あ、ハンバーガーショップ中という意味でね)

同じ理由で、ディズニーランドが(シーも)好きだ。
あたしは、別に乗り物が好きなわけじゃない。他の「遊園地」は、どうでも良い。

日本の自動車会社だったら、断然一位は、トヨタだ。

それは、あたし好みの車があるからじゃなくて、
会社の体質。なにかの評価を読んだとかじゃなくて、
実際、日本のいろいろな自動車会社に触れて、感じた、
内面からにじみ出てくるモノ。

それらに共通するモノは、

「気」が巡っているかどうか。

一般的な言葉でいうと、「活気がある」って感じだけど、
人で賑わっているという意味の「活気がある」ではない。


店がわの、「気」。


新鮮な空気。新鮮なおもてなし。空気が流れて(風を感じるわけではない。エネルギーの流れを感じる。)

水が流れて(これも物質的な水ではなくてエネルギー。)

人の考えが、流れて。(これもエネルギー)

エネルギーが流れて、というより、動いて、かな。


エネルギーを動かして、相手の中にはいり、また出て、違う相手に行く、

それが良い循環で、動く。巡る。

それを感じる。


だから、マックが好き。

ポテトがあつあつだから。

ポテトをあつあつで提供しよう、という心構えが、エネルギーになって動いてるから。

(これはポテトひとつのお話だけど、店全体のことにも言えるよ)

そういう場所が、好きなんだ。


posted by 辰多みか at 00:00 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

フラクタルって綺麗?気持ち悪い?


あたしは、気持ち悪いなー。

つぶつぶを見た時の恐ろしさにも似てる。

ロマネスコっていう、ブロッコリーみたいなカリフラワーがあって、

外見がフラクタル構造なんだけど、

気持ち悪いよなー、ぞぞ〜ってする。


うちは野菜を作ってるんで、ミニトマトやセロリくらいしか買わないんだけど、

(だからカリフラワーは買わない)この間、みんなで手料理を持ち寄ってのお食事会があって、

そこで、はじめて、ロマネスコを食べたー。

味は、おいしかった。小麦粉をはたいて、バターで焼いてあって。ほくほく。


粉でフラクタル構造も見づらかったから、良かったわ。


数学的な美は、数式で見ると、とても綺麗だけど、

可視化すると、どうだろう。

フラクタルを気持ち悪いと感じるのと、同様な感じを受けるんじゃないかと思うの。


だから、数学の美を絵で表すのは、ちょっと工夫が要るね。


ゆうべ、イタリアの番組をやってて、

驚愕の3D天井画を見たのよ。そんなの有るの知らなかった。

アンドレア・ポッツォという人が描いたんですって。

すごいな。

これこそ、数学的美だと思ったな。

感覚で描いているんだろうな、とは思うんだけど、

数式で表したら、たぶん、パスカルの定理とか、使うんだろうな。

現代のトリックアートは、興味ないけど、

あたしも美を美として描けるようにがんばる。
posted by 辰多みか at 00:00 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

あたしのなりたいもの


あたしは、

数学者になりたい。

思想家になりたい。

哲学者になりたい。

それで、それを視覚化するために、芸術家になりたい。

数学は「美しい」から。


ああ、生活の糧を得るための職業とは、別ね。



もうね、人生半分すぎたっぽいけど、

あたしのなりたい、夢なの。

ついでに(ついでといったら自分の体に失礼だけど)

自分の「美しさ」も、磨いて出すの。



それでね、どうすればいいかっていうと、

今すぐなっちゃえばいいの。

今すぐ、幸せになっちゃえばいいの。(これはひとりさんの受け売り)


て、頭ではじゅぶんわかっているんだけど、

なかなかできないんだよなぁ〜

できないように、自分で自分を抑えこんでるとさえ感じるんだよな〜。


あたしの人生の分岐点は、まあいっぱいあったんだけど、

ここへ引っ越してきたのは、大きい、それは大きな影響があった事だったね。


そこから、あたしは動けないでいる。

もう8年も経つのに。

少しずつ、前進しているのは、ハッキリ感じるけど、

解決しないで先延ばしした「宿題」が、なんどもあたしの目の前にやってくる。


だから、やっぱりその「宿題」は、解決しないと、なくならないんだな。

ここのところ、良い「自己主張」ができて、

アサーティブを学べる機会(シミュレーションじゃなくて、実践で!!)が

いっぱいあたしの元に来て、

前進、前進、してるな、と思う。


すこしずつ、動けるようになってきてるなと思う。

とりあえず、今度の水曜日は、ひとりカラオケに行くんだ〜〜。

昨日、とってもいい所を見つけた。もう、通う勢い。


数学の美を視覚化する芸術は、

美術だけじゃなくて、歌・音楽もだよ。

あたしが唯一(?)自信がないのは、文字(の汚さ)なんだけど、

歌と絵は自信があるよ!!

だからそれで表現するの。


できるといいな〜


というか、する。



天にむかって宣言する。するって。

posted by 辰多みか at 00:00 | 自分 | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

彗星がみれなかった


パンスターズ彗星を見たいんだよ〜

近日点の日、雨だった。

次の日、曇ってた。

そのあとやってきた晴れた日、チャンスと思って見たけど、

三日月がじゃまだった。明るくて見えない〜。

目安になるうお座が見えない〜。

(あたしは牡羊座生まれのくせに、牡羊座がどれか、いまいちよくわからない。

うお座も興味ない)

アンドロメダとかペガサスは、秋の夜空でよく見る(注視して見るという意味)けど

秋がすぎると、断然おうし座に目が行き、次にオリオン座ばっか見ちゃうので、

おひつじ座とうお座は、見ない・・・

だから、いまいち、それらがどこにあるかわからない・・・


くう〜でも、ぜったい見てやる!!


あたしは、中学の時、理科の先生も見れなかった彗星を、見たよ。(自慢自慢)

おおぐま座の近くにあって、ぼや〜っとしてたんだよ。

彗星をみるコツは、そこを注視しないで、わざと目をそらす事。

それが本当に本当のコツ。

そうすると、視界にぼや〜っとしたのが入って来るよ。

じっと見ちゃうと、見れないのだ。


ヘールボップ彗星は、、見たと思うんだけど、はっきり記憶が無い。

あまりに毎日見たので印象が薄れたのか? 子育てで記憶のキャパがいっぱいだったのか?

だってその頃流行ってた音楽は、ぽっかり記憶から抜け落ちてる。


ハレー彗星は、あたしが19才の時、海を目の前にした砂丘で、見たよ。

やっぱりわざと目をそらすやり方で見つけたの。


ああパンスターズ彗星見たいよ〜
posted by 辰多みか at 00:00 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

三温糖のウソとホント


昔、違う市に住んでいたころ、

ひんぱんに、もちなげ(上棟式)があった。

大安か友引の日の朝、窓からまわりを見渡すと、クレーンが立っているんだよ。

あ、その日が何か瞬間で見極めるために、こよみが書いてあるカレンダーを

掛けておくのが必須だったな〜。


で、もちなげだと判断したら、すぐに情報収集。

ママ友情報は早くて正確なので、みんなで情報交換する。

あっというまにもちなげの時間がわかるから、夕方スーパーの袋を持って、行ったわ〜。

ほんとうに良く行ったわ。


そこに、毎回来てる、かつらのおばあさんが居た。

(毎回来てると判断してるこちらも、実は毎回来てる…)


ママ連絡網の他に、おばあさん連絡網というのもあったが、そのかつらのおばあさんは、

自転車で、遠くから来てるらしい。だからその人独自の調査網があるらしい。

(クレーンを見てるだけかもしれないけど)


そのおばあさんは、とにかくうるさかった。


もちが飛んでこないと、すかさずヤジを飛ばした。

みんな楽しんでもちを拾ってるのに、そのヤジでテンションがさがった。


そんなこんなで(息子の)スクールライフを送っていた日々、学校でバザーがあった。


そのおばあさんは、やっぱり、来ていた。

「タダ」や「安価」がおばあさんを呼びよせるのかな?

どこから情報を得るのだろうか?


あたしのバザーのいつもの狙い目は、「お茶」と「白砂糖」だった。

ドアが開くと同時に「白砂糖(上白糖)」めざして飛んでいくあたし。


すると、おばあさんも砂糖めざして飛んでいく。

でも、白い砂糖は手に取らない。

おばあさんの目当ては、茶色い「三温糖」


そして、白い砂糖に手を伸ばすあたしたちに聞こえるように、大きな声でひとりごと?を言うのだ。

「白い砂糖は血を汚すよ〜。茶色いのがいいんだよ〜茶色だよ〜」

そう言って、ひとり、三温糖を握りしめるのだ。

(でも誰もおばあさんの話を聞かない)


でも、あたしは、知ってるのだ。

おばあさんが手にしている「三温糖」は、まがいものだという事を。

その茶色い砂糖も、血を汚すといってる砂糖と、なんら変わらないという事を。




それは、その数年前に、自治会の婦人部の展示で知った事。

昔ながらの「三温糖」は、ミネラルを完全に精製してしまわないで残っているが

(だから茶色い)、今、スーパーの砂糖売り場で白砂糖と並んで売っている「三温糖」は、

白砂糖に、カラメル(白砂糖を焦がしたもの)で、色を付けているだけなのだ。

廃棄処分される糖分(茶色い)も入っているのだ。


むしろ焦げた砂糖や廃棄糖が入ってる分、白砂糖より危ない(?)って事。


あたしはその事実を知った時、背筋がゾ〜っとした。

あの時婦人会の展示に出会わなければ…と、その偶然に今でも感謝してる。


かつらのおばあさんは、昔ながらの知識でもって生活しているんだろうけど、

とりまく環境が変わってしまった。

それも、消費者に気付かれないように、そうっと…。


そう思うと、あたしたちもおばあさんも、被害者(おおげさ?)だよね。

おばあさんのうるささは、別として…。



やっぱり、そういった決めごとは、本当に、ちゃんとしてほしいよ、政府。

あたしたちが気がつかなければ良いって事じゃ、ないでしょうよ!!

posted by 辰多みか at 00:01 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

100%果汁ジュースのからくりとクエン酸純度99.5%以上の意味


100%ジュースって、場合によったら、しぼったそのままという

意味の100%ではないんだよ。

昔からある、濃縮還元て書いてある100%ジュースは、

しぼった果汁の水分を抜いて、体積を減らした、濃縮果汁を、

また水で薄めて「もともとの100%の濃度」に戻したもの。

これって、とっても誤解を招く表現だよね〜。

水だけじゃなくて、砂糖や香料も入れるんだよ。

100%の定義って、一体なんなんだ!?


まあ、濃縮還元て書いてあるから、みんなうすうすわかってる事だとは思うんだけど。

100%ジュース(ストレート)と書いてあるのは、濃縮還元じゃなくて

ホントのストレートみたいだけど。

こういう所、規約を決める所は、しっかりしてほしいなぁ。あ、決める所って、JASか。



で、最近、酒石酸を買ったんだけど、

99.5%以上含有 って書いてあるの。100%じゃないの。


クエン酸も、同じ事が書いてあるんだよ。たぶん他の薬品とかも同じだと思う。


この場合の99.5%とは、先の100%ジュースの(いんちきくさい)定義とは全く違って、

「およそ3σ(さんしぐま)」の事なんじゃないかと、あたしは思うの。



いくら製造段階で、不純物を取り除いたとしても、やっぱり、どうしても、なにか残る。

それは、神様にしかわからない、偶然に起こった外れ点で、

1000のうち、3 は、ダメなものが存在するんだよ。

この場合、99.5%だったら、1000のうち 5 だね。


ていうか、検査のフルイの目を3σに設定するのは人間だから、

製造会社が、1000のうち5は大目に見ましょうや〜、と言ってるという事だね。

いくら100%までがんばってみても、どうしてもはずれた点が出るんだよ〜、確率・統計の不思議だよ。

そこまでがんばってるので、これでOKにしてください、と言ってるのが、

99.5%以上含有 という表示だと思うの。


ジュースの100%とは、あきらかに違うの。

というか、ジュースの表示は、あれじゃダメだと思うな〜
posted by 辰多みか at 00:00 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

燃えた三か月


わぁ〜、かれこれ一か月近くも何も書いてなかったわ。


あたしの人生で、あとにも先にも、もうたぶんこれっきりってイベントがあって、

仕事も、1月中旬からやめて、それ一本で(あ、大学のこともあったか)、

なんか、思った以上に忙しすぎて、ほかの事がなにも考えられなかったわ〜。

あたし、ひとつのことしかできない(笑)
posted by 辰多みか at 00:00 | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。