2013年04月08日

37を好きな人がいる


娘のクラス。

自己紹介で、「好きな数字は37です」といった生徒がいたんだって。


ああ、まあなんとなくわかるよ。素数だし。なんか特別な素数なんでしょう。


その生徒が言うには、37は111を割りきれるんだって。


222〜999までも割り切れるんだって。


ああ、それはあたりまえだろ。111を割り切れるんなら。



あたしは、特に37は好きじゃないな〜。

なんでだろう。


特別視するより、あたしは、

なんか図形で考えたい気がする。

テトリスみたいなブロックで。

あと、37進数とか。





特別な素数なのかな〜。

あたしは、なんかあんまり好きな感じじゃないな。

特別とも思わないな〜。


この黄色い感じと、きみどりな感じが落ち着かない。

37って、「菜の花」を見てる感じがする。


111は、まっしろだよ。

222はピンクだ。



posted by 辰多みか at 00:03 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

また世界平和をいのってきた


昨日、京都(大阪も)行ってきたんだ〜


新選組ゆかりの地を巡る旅。

(念のため言っておくけどあたしは腐女子ではない。乙女ゲーとか全く興味ない)


そこで、壬生寺で、いのった。

「世界平和」を。

それって、イコール、自分を愛するってことだけど。

世界中のみんなが、自分を愛すれば、世界はOKってことなんだけど。

まあ、今生で、そこまで目覚めないことを選んで生まれて来てる人も

いると思うんで、どうなのかな〜とは思うんだけど、

やっぱり祈る機会があれば祈っておこうかと思って。

新選組ぜんぜん関係なくて新選組の人たちには悪い?んだけど。


まあ、やっぱりいのれる時には祈っておくわ。
posted by 辰多みか at 00:02 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

この世の形


前も書いたかしら?


書いた覚えがないから、もしかしたら書いたかもしれないけどまた書いちゃう。


この世はね、

うーん、この世界というか、数の世界。


頂点がくっついた円錐型で、

頂点の所は、見かけ上のゼロで、

円錐のすそのは、無限に続いているの。上と下に。


そうそう、豊橋市のマークみたいなんだよ〜。



「ある事象」は、


円錐と交差する、平面で、


交差する角度は、任意に決める事ができて、

その平面が円錐を切る切り口は、円だったり、

楕円だったり、放物線だったりするんだよ。


これは、本に書いてあった事だなぁ。

でもあたしも本を読む前からちょっと感じてた事なんだよ。

posted by 辰多みか at 00:01 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

反対言葉は反対にならない。


昔から不思議だなと思ってたこと。

反対言葉をとなえても、全然反対にならない。


たとえば、こう。


あたしはあなたが嫌い。


反対言葉は、


あなたはあたしが好き。


どうだ?

「あたしの気持ち」は反対になってるかな?
なってないね〜。
なってないねというか、どうなのか、さっぱりわからない。


たとえば、こう。


このアイスクリームは冷たいです。


反対言葉は、


あのホット脱脂乳は温かいです。


やっぱり反対にならない。

どうなってるかっていうと、鏡にうつしたむこうがわっていうか、

対極してる何か というか、

なんかそんな感じ。


それがね、それが、この世のすべて(?)だと、

うーん、なんていうか…この世の理(ことわり)だと、

あたしは思うんだ。


そうだね、かみさまがふたつにわかれたのも、

こんな感じなんじゃないかなと思うんだ。


posted by 辰多みか at 00:00 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。