2013年04月23日

神様の名前・かみさまは体感できる


かみさま は。


名前を付けたとたん、


真のかみさま ではなくなってしまうのだ。



なんでかというと、

その名前に、縛られてしまうから。


あたしの理屈でいうと、名前が付いた事で、神様の自由度がひとつ減ってしまうから。


(だってかみさまなんだから、どんな名前だっていいじゃん!!

どんな名前もつけられなきゃ、神さまじゃ、ないでしょ)

だから、じつは、「かみさま」という"名前"も、ほんとうはダメなんだ〜〜!



具体的にいうと、


かみさまは、水 みたいな状態だとする。あくまで、たとえね。

かみさまは、H2O(エッチツーオー) だとする。


すると、かみさまに、「水」って名前をつけた場合、

かみさまを体感(いわゆる「悟り」)できた人は、わかるけど、

まだ体感できてない人は、「水」以外は、かみさまじゃないって思っちゃう。

「お湯」はかみさまじゃない、と思うし、

「水蒸気」もかみさまじゃない、と思っちゃう。

「氷」も。



かみさまを体感できた人は、かみさまは「水」って名前だけど、

実体は、「エッチツーオー」なんだな、と、わかるよ。

だから「お湯」も「水蒸気」も「氷」も、神様。



今度はたとえば、かみさまは、「つめたい水」という名前だとする。

この場合、神様を体感した人は、実際に、かみさまはつめたい水の状態だけである、と感じたということ。

神様って、目に見えるんじゃなくて、体感(感じる)ものだから、

感覚の方がより近い感じもする。



この場合は、さっきとは違って、「つめたい水」が神様なんだから、

「お湯」と「氷」は神様じゃないよ。

まぎらわしいけど、あくまで、たとえね。


つめたい水に手を入れて、どこまでつめたいと思うかは、人それぞれだよね。

同じ水をさわっていても、つめたいと思うか、ぬるいと思うか、

生まれ育った環境でも違うよね。


だから、かみさまを体感してない人には、どれが「つめたい水」の温度か、わからない。

一度でもかみさまを体感(悟り)していれば、「つめたい水」の温度は、体が覚えているんだよ。

それで、悟った人は、神様が、どんな名前でよばれてても、

全部同じことをいってるんだな、とわかるけれど、そうでない人は、

わからない、という状況がでてきてしまうの。


わからない人たちが無理して理解しようとした「つめたい水」がひとり歩きしてしまうの。

みんながみんなの解釈をしてしまうんだよ。

真理(ほんとうの温度)は、ひとつなのにね。

それは、キリスト教とイスラム教のかみさまが、実はおなじものなんだ、とわかるようになるか、

一生わからないでいて、お互いの神さまは別物で自分の方が優れていると主張して、

宗教対立するかどちらか、という事と同じこと。



たしか聖書だったか、かみさまには名前がなかったんじゃないかな??



かみさまは、なまえがないのが本当だけど、あえて名乗ろうとすれば、


「在る」


「私は、『在る』」


だったでしょ。


あたしは、それが、本当に正解だと思うんだ〜。「在る」という意味も含めて。


posted by 辰多みか at 23:02 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

「あなたはそのままで十分素晴らしい」と呼びかける事の弊害


スピリチュアルブログとかで、かな?

「あなたはそのままで十分素晴らしい」という呼びかけがある。

これは、本当に、真理なんだけど、

本当に真理で、なにひとつ間違ってないんだけど、

人によっては、違った意味にとってしまう、ある意味とても怖い言葉。



そう、聞く側の、心の気づき度の深さ(レベル)的に、

腑に落とせるレベルの人と、そうでない人がいる。

「そうでない人」は、腑に落とすのではなく、頭で納得してしまう。

(納得しようと無理する)


腑に落とせるレベルとは、前記事の、3.に気づいている人で、

「そうでない人」は、3.に気づいていない人だ。


そういう初心者レベル(言い方が悪いかな)の人がこれを聞いた場合、

人によっては、モラルハラスメントに走ってしまう場合があるよ!

「あなたはそのままで十分素晴らしい」から、

相手を恨みに思ってるままでも充分素晴らしいから、


恨みのある相手を相手取って、正当防衛をしてしまうのだ。

それがモラルハラスメントだ。


それも本人は、「恨み」とは思っていない。

「相手」からやられた言われたすべてを我慢した、かわいそうな自分と思ってる。


その心理状態を、先の、3. だって気がつけばいいんだけど、

なかなか、なかなか、なかなか〜〜気がつかない!!

なかなか気がつかないのにも、ちゃんとした理由(カラクリ)があって、

その理由とは、生存の危機を回避するため だ。

つまり、死なないため だ。

何が「死なないため」かというと、生命体としての自分ではなく、

積み重ねてきた自分の過去の経験・記憶 だ。

よくきく言葉でいうと、「インナーチャイルド」。

ほかの言葉では、「エゴちゃん」

「自我」「マインドステージ」などかな? 詳しく覚えてないから、

記憶ちがいになりそう・・・それはまずいから、間違っていたらあとで

直しておこう・・・




その初心者レベルの人は、実は、あたし でした。

これから、数日(数か月?)かけて、その記録をつづっていこうと思う。


この日記の一番最初に書いたけれど、一度「悟り」があったんだけど、

そのあとすぐ、その感覚を忘れてしまった。

その感覚をもう一度思い出すために、あたしは、この日記を書き始めた。

それでね、最近いろいろな事があって、ようやく思いだしてきた。

「悟り」の段階のレベルまで思いだしてきた。

そう、3. を思い出した。


だから、ようやく、この日記の、目的が果たせる時がきたんだよ。
posted by 辰多みか at 23:01 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

ないものねだり

人って、自分に無いものがほしいよね。

自分が持ってないから、欲しいんだよね。

モノじゃなくて、心の話なんだけど。


自分が持ってない?

自分に、無い?



いいえ。

いいえ。



本当は、有るんだよ。

だれでもみんな、同じものを同じだけ持っているんだよ。

ただ、持ってないと思いこんでるだけだ。

そう思いこむのには、自分にとっては(←ここが大事!) 正当な理由があるんだけど、


ないよ〜無いよ〜と、自分が言うから、

「無いと思われてる感情」は、「有るよ!在るよ!なんで気付かないの!」と怒るわけ。

それが心のカラクリなんだよなぁ。



これが起こるのは、


1.表の顔(いちばん表面・他人が物質の目で目視できる部分)

2.裏の顔(その下・自分で自覚してる部分・いわゆる、タテマエを言う時の心理状態・本音の部分)

3.その下の、自分が気付かない部分

4.その下に、本当の自分

5.その下に、神様。


の、3.あたりで起こってることだと思うんだよなぁ〜。


この、3.あたりに気がついた時に、あたしは「悟り」があったんだよなぁ。

で、一気に、5.まで行った。



ついでにいうと、1.〜3.までは、人間関係で、傷ついたりするけど、

4.と5.は、傷つかない。

全体が、球体だとすると、

1.〜3.までの層の部分は、ボコボコにへこんでみえていたり(本当はへこんでいない)するんだけど、

4.はつるつるの完全な球体。

そして、5.神様は… 

自分の中では一番下(奥)の層にあるように見えるんだけど、

本当は、ぐる〜んと、一番外になるんだよ〜。

一番中なのに実は出口、みたいな。

クラインのつぼ みたいなんだ〜。

ブラックホールにも似てるかも。


(だから、やっぱり心は、三次元で表せない。

四次元的な、なりたちなんだよ、きっと。)



あ、注意してもらいたいのは、「ほしい」という感情は、

「自分にとって正当な理由」の働きによって

「ほしいと思っていない」という感情に、みせかけられているんだよ。


まず、そこに気がつくのが先決だ。


そしてそれ「ほしい」という感情は、自分が一番見たくない感情なんだよ。

その見たくない感情を見つめるのが、「苦行」なんじゃないかと思うんだ。
posted by 辰多みか at 23:00 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。