2013年05月01日

透明な球体は神様で、ひびが入ってるのが人間。


さっきの日記の、


ありのままの自分は、神様なの。

つまり、自分=神様なの。


神様は、透明でつるつるの球体なの。

それが本当に、本当の事なんだけど、


人間は人間でいる以上、いつでもつるつるではいられないの。

球体の一番上から、表の顔の層、裏の顔の層…と、層になってると仮定したらば、

表面にぼこぼこに穴があいているように見えるのが、人間なの。

"見える"という所がキモで、本当は、穴なんてあいてないんだけど、

生きてく上の錯覚で、穴に見えるの。

それは、球体の中心を守るための、特別な仕様なんだよ。


本当は、中心なんて守らなくても傷つかないのにね。

みんな、それを忘れて生まれてきちゃうんだよな〜。

本当は、傷ひとつないつるつるなのに…


だから、自分が神様だって忘れてる間は、

人間の球体は、ボコボコに穴があいてるか、

ひびがいっぱい入っているの。


そこに光が当たるとね、


プリズム効果で、いろんな色が出てくるんだよ。

虹色の。





ひとりひとり、違う色、違う模様なの。


あの色は嫌い、あの模様は許せない、

みんな他人の球体を見て、そう思うんだよ。


それがあたしたち人間なんだよな。


posted by 辰多みか at 23:02 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

ありのままの自分を知る。


ありのまま。

そのまんま。

そんな自分を鏡に映してみたら、どんな自分が映ってると思う?


笑ってるかな?

怒ってるかな?


いいえ。


そこに映っているのは、

ただの、大きな、白い、


白い、というか、色の無い、透明な、


つるつるの球体なんだよ。




だって、自分は、すべて「在る」んだから。
posted by 辰多みか at 23:01 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

本当に探しているのは青い鳥なんかじゃない。


綺麗な青い鳥じゃなくて。

汚くて、本当に見たくもないもの。


それをあたしたちは、

一生をかけて探しているんだ。


いや、正確にいうと、

あたしたちは、それを見ないように生きている。

だけど、本当の自分の人生を生きるためには、

それを見なきゃいけない。


自分の人生とは、汚い、見たくないものを、

探していた人生だってことに、気がつく事。
posted by 辰多みか at 23:00 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。