2013年05月30日

さようならカスピ海・こんにちはカスピ海

家森教授が、カスピ海沿岸から持ち帰ったといわれる、

カスピ海ヨーグルトを、延々と、

10年以上作り続けてきたんだ。

金魚とか、メダカとかの

生き物を育ててる感覚だったよ。


隣の家から種ヨーグルトをわけてもらった当時は、

まだ、世間一般には、全然知られていなくて、

「種菌」というものをもらえると思っていたら、

おとなりのおじさんは、「新しい牛乳があったら、口を開いておいて」

と言うなり、1リットルの牛乳パックを持ってやってきた。


そして、うむをいわさず、うちの新しい牛乳に、

おじさんちの牛乳パック内のヨーグルトを投入。

おじさんは、一枚のA4コピーを、「読んでね」と置いて行った。


そこには、

京都大学の「大森」教授がカスピ海沿岸で… のような

ワープロの説明文が書いてあった。

お隣さんは、名古屋に親戚がいるから、たぶん、そちらから

やってきたんだろうな。



ヨーグルトの名前もわからず。

そのまま放置してみたら。

あっと言う間に簡単にできて、おいしい。


そのころ、インターネットをはじめたばかりで、

「ヨーグルト カスピ海」で検索してみた。

少しだけ情報があって、

どうやら、ヨーグルト菌の名前はわからないけど、

「大森」ではなくて「家森」教授が正しいのだということはわかった。


その後、A4コピーの、大を家に直して、たくさんコピーして、

ヨーグルトは小瓶に入れて、幼稚園ママにたくさん配った。

あの里子に出たヨーグルトちゃんたちは、今でも元気でいるかしら。


そのヨーグルトは、一年くらいしたら、全国で爆発的ブームになって、

テレビや週刊誌を賑わした。「カスピ海ヨーグルト」と堂々とした名前がついた。

家森教授も、テレビに雑誌にひっぱりだこで、初めて雑誌でお顔を拝見した時は、

なんだかネット友にリアルで会った時のような感覚になった。

(実在する人物だったんだーという感動。)


うちも、延々と作り続けて、途中、一回、途切れそうになって、

あわてて親戚からもらったりして、最近まで作っていたけれど、

とうとう、今年になって、ダメになってしまった。

何回か、再起をはかったけど、ダメだった。

安全を考えて、2カ所の冷蔵庫で作っていたのにね。


再起をはかっている時、何回か、市販の「カスピ海ヨーグルト」を見て、

これでできるかしら…と思っていたのだけど、

とうとうダメになったので、ダメでもともとと思って、

うまれてはじめて、「カスピ海ヨーグルト」をお金を出して買ってみたよ。

フジッコの。

種菌じゃない方のやつ。

(そのまま食べるやつ)



結論をいうと。

市販ので、もとの通りに、作れる。

ノープロブレム。


箱の側面には「おすすめできない」旨が書いてあって、

作るのをためらうけど、まったく、ノープロブレム。


同じ味! 同じ食感!


しかも、成功と失敗を両方体験してるから、

フジッコので作り続けて、もし失敗しても、すぐわかるから、

そこでやめれば良いし、

「種菌」は、スーパーでいつでも手に入る状態だから、

ダメになったら、市販を買って、それで新しく作り直せば良い。

素敵〜。


安心して、カスピ海ヨーグルトを楽しめるね。


作る時のコツは、牛乳パックのままで作ること。

他の容器に移したりしないこと。

種ヨーグルトを注ぐ時も、中の、良い状態のヨーグルトが出てくるまで、

上の方はうわずみを含めて食べる用に出してしまって、その下の方のを

種として使う事。

スプーンなどを使わない事。

これに限ると思うよ。



posted by 辰多みか at 23:05 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする

あたしとちょっと同じ事かんがえてる人がいる


橋本さんのプログ
http://blogs.yahoo.co.jp/up5ch6/61718708.html

なんと!


ほかのページは読んでないけど…


プログ…


今、他のページを少し読んでみたけど、

今のところ他のページには共感を感じる所は無いわ。
posted by 辰多みか at 23:04 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

絞りと素数


絞り染めってあるじゃん。


染物が趣味の人はわかると思うけど。


あの、絞り工程。染め上がったものの模様。

その中に、あたしには素数の規則性のナゾが隠れてるように思えるの。

まぁ、素数は回転運動(螺旋)で表せるんだし、ナゾでもなんでもないか…



絞ってる途中は、見た目がまるでイキモノ…(グロいよ)

立体フラクタルだよ(キャー)



ということは、素数の並びで空間を絞ると、

なにか生き物っぽいのが出現するということだね。
posted by 辰多みか at 23:03 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

信玄大好きっぷり


山梨県民は、武田信玄に、誇りを感じてるのだ。

もう、信玄だいすきなの。


その好きっぷりったら、宴会で必ず歌う歌は、

「武田節」だし、

好きな言葉は「風林火山」だし、

自分ちの祖先が、武田軍の侍だったなんていったら、

憧れだったよね。


いまあたしが住んでるここは、

徳川家康推しなんだけど、

みんな今いち、そういうDNAが無いっていうか、

地元のゆるキャラ 家康くんも、かわいいとは思うけど、

まあ、その程度の認識だよね。


山梨の周囲を山で閉鎖された空間と、静岡のさえぎるものが

なにもない空間の、違いなのか。

お城にちょっと居ただけの家康さんに、

それほど思い入れがないっていうか。

なんかタヌキっぽいって思ってるのか。
posted by 辰多みか at 23:02 | 日記 | 更新情報をチェックする

ハチミツ林檎の思い出


あたしは山梨県生まれで、隣は長野県で、

だけどね、山梨県民って、長野県に対して、特に

関心があるようには思えなかったな。


間に高い山があるからなのかな。


長野県っていうと、あのアルプスの向こうに住む人たち〜って感じかな。

同様に、隣の、静岡県と神奈川県にも関心が無かったみたいだな。

だけど、唯一、隣が東京都だって事には、そうとうこだわってたみたいだよ。

電車一本、一時間半で新宿、って、もう、山梨は首都圏の一部と、

あたしたちは思ってたからね。


うどんのつゆとかお雑煮とか、ことごとく関東風だったしね。



そんなあたしは、大人になってから、はじめて長野県を訪れた。

まずね、言葉が、山梨とほぼ同じだ。

これはちょっと衝撃的だった。だって、山で隔たれてて、交流がないと(勝手に)

思ってたし。

あたしが思い込みで見てただけで、県境の人たちは、交流してたんだね。


長野県の人たちは、長野県で十分満足してる〜って感じがした。

なんだろ。

あたしの感じた感覚。

隣が東京だからさぁ〜、という山梨県とは、違った感覚。


そして、気候が、まったく違うというのには驚いた。

だって、山梨と長野は、横に隣どおしですよ?

なのに、気候が全然違う。


山梨は、モモとブドウばかりだったのに、

長野は、リンゴとアンズばかりだ。(いや、ほかにもあるかもしれないけど

あたしの第一印象で)


長野は雪が多い!

山梨県は、雪が降るように見えるかもしれないけど、

一年に、4回くらいしか積もらないよ。


だけど、いいところだよな〜、と思って、

スキーも好きだったから、毎年、夏も冬も、長野に行った。

特に冬は毎週長野県。


ある時、宿じゃなくて、知り合いの親戚の家に泊まらせてもらった事があった。

みんなあたたかい人たちで、大勢の客を嫌な顔せず泊まらせてくれた。

その時、だしてもらったのが、ハチミツ林檎なの。


皮をむいて八つ切りにしたリンゴに、ハチミツがかけてあるの。

ものすごくおいしかった。

長野県の人たちは、ふだんから、ふんだんに林檎を食べているであろう、

そして、一番おいしい林檎を知っているであろう、

そんな人たちが食べているのが、ハチミツ林檎なんだ〜と、

ほんのり甘いリンゴを食べながら、なぜか「煮桃」を思い出していた。


「蜜入り林檎」じゃないよ。

ハチミツかけ林檎だよ。


自分で作ってみても、あのおいしさが再現できないの。

やっぱり"場"というのもあるのかな。

posted by 辰多みか at 23:01 | 日記 | 更新情報をチェックする

煮桃の思い出


あたしの生まれ故郷の特産物は、桃と葡萄なんだよ。

見渡す限り、桃と葡萄畑という中で育って、

一年中身近に感じてたわけだけど、

一番の思い出は、煮桃かな、と思う。

煮桃という名前でみんなが呼んでるかどうかは知らないけど…


記憶の中。

気温が上がってくる朝

学校は休み

日曜日か夏休みかな。


まだ寝ていたいけど、桃を煮る匂いで、目が覚めるんだよ。


煮桃が特に好きだったわけじゃないが…


おかあさんが、朝から桃を砂糖で煮てるんだ。

なんで煮るかというと、大量に桃を買うから食べきれなくて、

腐らす前に、煮てしまうの。

ジャムとは違うな。

今でいう、コンポートだね。


大量に買う、んでもなくて、売ってる一単位の量が多いってことなんだよね。

なんてったって特産地だからさ。


朝、桃を煮る匂いで起きて、朝ごはんには、あつあつの桃を食べるんだ。

ホントは、冷蔵庫で冷やして食べるとおいしいんだけどね。

熱くてもおいしいよ。


こっちに引っ越してきてから、桃は高級品でなかなか買えないし、

「いい桃」に当たる確率もよくないので、あんまり買わない。

やっぱ、農協で、どーんと箱で買いたいじゃんね。

あたしは、桃とブドウにはうるさいよ。


イチゴを煮たり、ビワを煮たりするたびに、煮桃の事を思い出す。

posted by 辰多みか at 23:00 | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。