2013年06月13日

山梨県民の玄関には紫水晶が


あたしの生まれ故郷は 山梨県

あたしの勝手なイメージで

山梨県民は、玄関に、紫水晶の原石を置いている。

うん、イメージだけど、

あたしが行った玄関ではほとんどが置いてあった

イメージ。


あと、水晶やメノウで描かれた鳥とかの額絵も、有る

イメージ。


ふつうの民家(それも借家)で、一軒だけだったけど、

庭石に、紫水晶がばらまいてあった。

これはイメージじゃなくて、ホントに有った。


昇仙峡の河原に、水晶の原石が(丸い玉状で中に水晶の塊が入っている)

ふつうに、落ちていた。



宝石大国 山梨

イメージ。


posted by 辰多みか at 23:02 | 自分 | 更新情報をチェックする

白が黒で黒が白


「白い恋人」



まぎらわしいよ!




なんで包み紙の色が、逆なんだよ!



正確には、白が青緑で黒が白 だけどさ。

ホワイトチョコの包み紙が青緑で

ブラックチョコの包み紙が白


まぎらわしい…



面白い恋人だってこれほどはまぎらわしくなかっただろうよ…

(一回なんばグランド花月で買ったよ)



白い恋人おいしいけどね。
posted by 辰多みか at 23:01 | 日記 | 更新情報をチェックする

噛む犬・噛まれるあたし


小さい頃の思い出で、

"近所の飼い犬におしりを噛まれた"記憶がある。


そんなマンガみたいな、と自分でも実際有った出来事なのか

ちょっと信じられないけど、

それ以来、(うーんと、たぶん5才位でそれ以来)

犬が大の苦手だった。


全部の犬が苦手なのではなくて、

おじいちゃんちの優しい犬とか、

自分のうちで飼った犬とか

それは、まあ大丈夫なんだけど、

とにかく、自分ちの犬も含めて、犬に全く関心が無かった。

よそのうちの犬なんて、かわいいと思った事もなかった。


その反面、猫は大好きで、

道端を歩いているどこかの猫でさえ、光輝くかわいい生物に見えて

自分の中から溢れる愛しさで、狂わんばかりだった。


猫は犬の100倍かわいい、と真剣に思っていた。


結婚してこの家に来て、

この家の人全員が大の猫ぎらいだという事を知った。

親戚も含め。

一軒家に住んだら猫を飼いたいともくろんでいたあたしは、

すっかりあてがはずれてしまった。



十数年、何も飼わずにきたけど、娘が犬を飼いたいといいだした。

この家の人たちは、"犬ならOKだけど面倒はみない"方針なのだ。

娘が面倒をみれるような年頃になってきた時、なんの偶然か、

犬をもらってくる事になった。



あたしは、

「おかあさんは犬が嫌いだから面倒はみないよ」とくぎを刺しておいて、

犬ファミリーのところへ子犬をもらいに、家族みんなで行った。

ただね、猫が飼えないんだから、きっと、あたしは、

「子犬が来たら、猫かわいがりするかもしれない、いや、

かもしれないじゃなくて、きっとする、してしまう」

と、なにか愛が溢れる予感がしていた。

だからもらうのに賛成したのもあるけど。


子犬は…

超かわいかった…

6匹がころんころんとびまわっていた。



今までよそのうちの犬をかわいいと思った事ないのに。

もうもらう気でいたからだろうか。

6ぴきのうち、もらう子はビビビと来たのか、あっという間にきまって、

うちの家族の仲間入りを果たした。



毎日、触った。

さわれるだけさわった。だってさー、さわらずにいられない。

それ以来、成犬になった今でも

毎日触る。おなかをさする。

愛しさが全く変わらない。



柴が入った、背面が黒い雑種犬。

そして、うちのワンコは、

噛み噛み犬だった。



もう、噛む噛む。

でもね、子犬を飼ってはじめて知った事。

(以前うちで飼ってた2匹のワンコは

成犬でうちに来て、噛まなかったから)


噛むのは愛情表現だった。

ボクの方に来て。

ボクを見て。

ボクのおなかをさすって。


手が無いから、

手のかわりに、口でひっぱる。

それが犬の、"噛む"

甘噛み。


あたしは、毎日噛まれるけど、

愛しさがあふれて止まらない。

腕とかアザだらけだけど(血が出るほどは噛まないからキズは無いよ)

かわいくてかわいくてしょうがない。


あの5才のあたしは、なんだったんだろう。

こうして思い出すと、たぶんね、噛まれたのは、本当だ。

記憶の中では、

放し飼いの、白っぽい柴っぽい雑種で、

寄ってきたからあわてて逃げようとしたあたしに

"とびかかって""ガブリとおしりを噛んだ"


でもね、痛さを思い出すと、そうではないんだ。

けがをしなかったから。

実際は、

"ぴょんぴょんとびはねて""おしりを、ちみっと噛んだ"

なの。たぶんね。



それでね、犬はね、あたしに、


「遊んで。触って。もっとこっちに来て。」って、言ってたんだよ。

「大好きだからいっしょに遊ぼう」って、言ってたんだよ。



小さい頃、おしりを噛まれて犬嫌いになったあたしが、

まさか、

毎日、

噛まれるようになるとは、

夢にも思わなかったわ。



うふふ。
posted by 辰多みか at 23:00 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

酸素・酸化・酸性


過去の日記で、

酸素と酸化と酸性は、

名前が似てるけど、お互い、"まったく無関係"な関係にある

というような内容の事を書いた。


この中で、一番仲間はずれは、「酸性」だよね。

(酸性は、水素イオンだもんね)

昔、ラヴォアジエさんが、カン違いしたっきり、

そのままになっちゃってるんだからね。

(電気がプラスから流れてる、と思っちゃったカン違いと同類)



ということはね、

体の中の活性酸素を除去!

酸化した細胞を還元!

酸性に傾いた体液をアルカリ性に!



という健康グッズの、キャッチフレーズは、

信ずるに及ばず、という事だ。

(難しく書いちゃったけど、盲信しちゃダメよ、ということだよ)


もしも、酸素と酸化と酸性を、3つ全部、キャッチフレーズに入れちゃってるモノは、

そうとうアヤシイ。ヤバいやつ。



水素水、というのが最近あるよ。

どういう仕組みで水素を溶かしているかは、詳しくは知らないけど、

もしも、もしも、も・し・も 万一、

「水素イオン」と書いてあったら、その製品は疑った方が良い、とあたしは思う。

まあ、あたしが見たところ、書いてあるのはなかったけど。


「水素イオン」がたっぷり含まれている水は、酸性水 だからね。

"体に良い"とか言われている(ここもいまいち疑問)アルカリ性水と、真逆だからね。


もしも、この世に「マイナス水素イオン」という物質が本当に存在するのならば、それは

定義から言って、酸性の逆だからアルカリ性かもしれないんだけど、

どうやったらそんな物質ができるのだろう。

加速器で、国家研究規模で作るの?

そもそも「水素イオン」って、「陽子そのもの」の事なんだよ。

そうしたら、「マイナスの陽子」って、反物質のことか!?





みんな、もっと敏感になろうよ。
posted by 辰多みか at 23:01 | 酸化・酸性と酸素・水素 | 更新情報をチェックする

光の干渉縞・ニュートン環


前に100均で買ってきた、ガラスの置物があるのよ。

直径が5センチくらいで、ダイヤモンドみたいにカットされているの。

なにに使うのかなって、たぶん、インテリア用か、メモやお札が風で

飛ばないためのおもりかな。



同じものがふたつあるんだけど、なぜか急に思い立って、

ふたつを、平面で重ね合わせて、手のひらに持ってみた。



そうしたら、不思議な事が起こった。


重なっている部分の中心に、動く黒い点、

あるいは見る角度によって白くなる、点が現れた。


点のまわりは、同心円状に、しまもようが。


不思議不思議 おもしろい。


というか、不思議でもなんでもなくて当然の現象なんだけどね。


オプティカルフラットと同じ原理だ。

点が小さくて、ひとつしかないって事は、この面は、

わずかに凸レンズみたいになっているという事だ。


この模様は、光が干渉するためにできる模様で、

名前は、ニュートン環・ニュートンリング というの。


光が、波である証拠を、目で見れるのよ。

たった200円で! あ、210円で。

おもしろいなあ。
posted by 辰多みか at 23:00 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

フリーメイソン 定規とデバイダ そのB


中国の伝説の

伏羲と女か(じょか)

定規とコンパスを持ってるわ。
posted by 辰多みか at 23:03 | 機械工学・道具 | 更新情報をチェックする

治る病気と治らない病気


人の病気は治せない。

だけど病気を引き寄せてる事を指摘する事はできる。

それで相手が気付くかどうかは別問題だけど。

引き寄せてない病気は治せない。

少なくともあたしは。

無力だな。
posted by 辰多みか at 23:02 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

はやく真理を知りたい


ああ、


イライラする。


仕事をやってられない。

今、最初から、日記を読み返しちゃった。

全部は読み切れなかった。

仕事しなきゃいけないし。


「かみさま」のこと

「本当の自分」のこと

「真理」のこと



はやくはやく全部知りたい。

「かみさま」って書くと、超誤解されそうで、語弊があるから、

知りたいのは、

法則。


この宇宙の、法則 が知りたいの。と書きなおすよ。

知る というのも語弊があって、

知識として知るのではなく、


体感したい。

納得したい。

腑に落としたい。



自分の中からの、湧き出る納得がほしい。



物欲を満たすためではなくて

真に、真のあたしのため。


時間が足りないな。



時間が足りない という思いになるから、

イライラするのか。
posted by 辰多みか at 23:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

茉夭刺那粒子


マヨラナ粒子

マヨラナフェルミオン




あたしは、てっきり、マジョラムのつぼみの形の素粒子かと思っちゃったわ。

マヨラナは… 人の名字か…


きのうね、素粒子の事を検索していたら、

「マヨラナフェルミオン」というのが出てきたもんだから…


マヨラナ(茉夭刺那)はね、マジョラム(マージョラム)というハーブの和名だよ。

素粒子の名前の元になったのは、ハーブの方ではなくて「マヨラナさん」の方なんだね。



あたしは、中学生の頃、読んでいた雑誌「なかよし」に

載っていた「ポプリ」にすっかり夢中になってしまい、

通販でハーブや精油が買える「原宿・生活の木」にめちゃくちゃ憧れ、

それから大人になった今でも、ハーブを育てたりポプリを作ったりしてるよ。

電車で東京に行ける身になってからは、原宿の生活の木に必ず寄っていたなぁ。

今はね、車で30分のモールに、「生活の木」があるから、

そこに行くたび、幸せを噛みしめているの。

本当に、幸せだなぁ と感じるよ。




マジョラムは、ミント等と比べて知名度が低いし、地味な印象だけど、

あたしは、葉物ハーブの中で、一番好き!


精油の事はよく知らないけど、ぜひ! 生のマジョラムの香りをかいでほしい。

とてもさわやかであまくておだやかで、緑の風の香水みたいだよ。

ミントと違う所は、香りが食品には合わない所かな。

食べられるんだけどね。

それで知名度が低いんだろうね。


シャンプーとか洗濯洗剤とか、「マジョラム使ってるなー」と感じるものが

身近にはいっぱいあるのだけど。


マヨラナ粒子は、人の名前だったかー。

それでマジョラムの知名度が上がるといいのにねー。

魔女ラム みたいにちょっと萌え系かも、と思う時もある。

(なんかこんな事を言う自分気持ち悪いわ)

posted by 辰多みか at 23:00 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

ホトトギスとウグイスの関係


ここ数年、ホトトギスが鳴くようになって、

ウグイスがいなくなったな〜と思ってた。


今、ぐぐったところ、衝撃の事実!

ホトトギスは、ウグイスに托卵するズルいヤツだった〜

カッコウの仲間だったのか、おまえは!!

ずるい、許せん! 卑怯者!!


と、文面で大荒れしておこう。

いやホント、ズル!!


(なぜぐぐったかというと、ホトトギスの英語名が知りたかったからで。
ちなみに英名は レッサークックー だったわ。レッサーパンダと同じレッサー)
posted by 辰多みか at 23:01 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

リーマン球面


あたしが四次元を見るために買ってきた、

"四次元を見る鏡"25mmヘマタイト球 は、


そうだー、実は、リーマン球面を"見る"ためだったなーと、

いま、検索結果にでた「リーマン球面」の説明を見て思いだしたわ。

うん、無限遠点を見るためだったわ。


やっぱり、もっとちゃんと数学を勉強したいな。

やりたいことがいっぱい。


難しい言葉や数式じゃなくて、

感覚的に、数学をとらえたい。

文字にしたい。
posted by 辰多みか at 23:00 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

自立は、"自分がふたり"で支えあって立つ事


(だけども憶測では本当は三人で立ってる気がする。)



依存

自立



依存している人は、常に目が外を向いている。

一見、被害にあってるように見える人。

一見、犠牲になってるように見える人。

それが、「依存する人」。



もちろん、正真正銘、被害にあっている人もいるけど、

それとは別に、みずから立候補して被害にあっている人は、

(被害にあう状況を作り出している人は)、

言動に、不自然な所があるから、自他共に、なんとなくわかる。

とくに第三者からから見ると、よくわかると思う。



嫌だ嫌だと言ってばかりで、アドバイスを実行しない人。

まるで嫌だといいたくていろんな事に苦労しているのではないかと感じてしまう。


自分にとって不利益な道ばかりをなぜか選んでしまう人。

そしてそれを、うすうす感じている人。

もろに、あたしがそうだったから。


少し前、

あたしは、自分が率先して被害者になり

相手を加害者にしている現状に対して、

相手が悪い・加害者 だから、自分が被害を受けていると

思いこんで、その思い込みを捨て切れなかった。

捨てるというか、思い込みであることを認めたくなかった。

率先してなっているなんて、全く自覚がなかった。


ところが、自分から率先して被害者になっていた事に気が付いてしまった。

はじめて自覚が芽生えた。

なぜ自覚したかというと、「不幸の状態」から抜け出す気がまったく無いという

ことに気付いたからだ。


あたしが加害者と思いこんでいた相手の名を仮に「響子さん」としよう。

たしかに、響子さんは、含みのあるいい回しをしたり、嫌味と取れるスレスレの

発言をしたりして、相手の気をそぐような事をする。

いつもいつも一日に何度も。だから、

回数で、まず、こちらはやられてしまった。

なぜそんな言い方しかできないかというと、響子さんはそれ以外の言い方を

するのが怖いからだけれども。



その状況に、あたしは、限界を感じ「もう許さない」、と認定したらしかった。

らしかった、というのは、自分に全く自覚がないから。

そしてあたしは自ら被害者になった。

ところが、上記のように、ある日、あるきっかけで、その"認定"が

思い込みであり幻であることに気付いた。

その時、響子さんに対して、「嫌われてもいいや。どうでもいい」と心から思えた。


自分が率先して被害者面をしていた時は、

響子さんに対して不満をたくさんかかえながらも、

「どうでもいい」とはとうてい思えなかった。


響子さんのせいで不幸なんだから、自分は幸せになってはいけないと、無意識で思いこんでいた。

幸せになってしまったら、響子さんが悪いと証明できなくなってしまう。

響子さんから離れることができなかった。物理的にも心理的にも。

それが「依存」だったの。

あの、「嫌われてもいいや」と思えた時、

なんと、自分が自分に重なったの。

それまで ジッ ジッ と音を立てながら左右に揺れるあたしがいて、

(まるでその音は、殺虫灯に飛び込む虫みたいだった)

重なった瞬間、ジッ という音がしなくて、自分に「カチ」とはまったの。


その前段階で、認めることができていた「自分自身」に、"自分"がカチとはまったの。

「自分自身」とは「隠していた自分」「認めなかった自分」「いない事にしていた自分」

「見たくなかった自分」だよ。

インナーチャイルドという人もいるよ。あたしは、「本性」と思うよ。

うん、自我とも思うけど、今は本性と書くね。

うん、はまっても、きっかけがあればすぐにブレてしまうけれどね。



あたしは、しっかり自分の本性を見ていたから、

前ほど、いろんな刺激に対して、本性がざわつく事がなくなっていた。

全くないわけじゃないけど、前ほどはね。

その「本性」は、あたしが響子さんへの依存を手放した時に、

あたしをしっかり受け止めてくれた。


自分が自分によりそって立つ。

これが本当の自立だと思った。

自分は自分の完全なる味方だったの。

「いない事にしていた」のにね。


響子さんを支えにしてたあたしから

自分を支えにして立つあたしに変わる事ができた。

できたよ。



でね、ここから先は、ハッキリと自覚してないから、憶測なんだけどね、


安定して立つには、二本足ではだめなのよ。

足が三本無いと。

四本足でもだめなんだよ。四本足だと、どれか一本は、きちんと着地しないから。

ガタガタ、グラグラの元が四本足なの。教室の机で、そういう経験なかった?

これは機械工学の基本なんだよ。


三位一体、三つ巴っていうのは、このことなのかな、と思ったの。

父と子と聖霊



子 と 聖霊 は、「意識できる自分」と「隠してた自分」

すなわち、

「意識できる自分」と「自我」

「意識できる自分」と「本性」

「意識できる自分」と「インナーチャイルド」



だから、もうひとつの足は、父 だね。

父 は説明いらないけど、神様 だね。



三つ巴は、神様と自分と本性 かなと思うの。


本当の自分(神)と 意識できる自分と 無意識の自分 なの。


無意識の自分に気が付き、本当の自分(神)に気がついた時、

その三本足で、人間は、ようやく、本当に

自立できるんじゃないかと思うの。



その憶測が本当だったら、

神様と自分と本性の位相はね、



120゚ ずつ 離れているよ。

複素平面上に。

(あっ、これじゃ3次元の機械工学は関係ないか)
posted by 辰多みか at 23:01 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

"数「1」"って"濃度「100%」"の事だわ。


あたしが、再三書いている、この世にある数は、「1」だけ。

(あと、「1」であるために必要な「ゼロ」)

とは、


数「1」では、正確ではなくて、


濃度「100%」の方が、正しいな。

濃度 でもいいし、割合 でもいい。

濃度100%という意味の、「1」


昨日の日記を読み返してみて、

あっ、そうだわ〜と思ったよ。


だから、「1」である神様に「0.99999…のアキレス」と「0.99999…の亀」が

溶けても、「1」っていう、イメージだったんだよね。(イメージ、あくまでイメージね)

「1」=「0.99999…」+「0.99999…」 って、数式的におかしいからね。

濃度でいうと、アキレスと亀は、それぞれ、99.999999999999…%と99.999999999999…%だよ。

…のところは、9 が無限に続くという意味だよ。


濃度(割合)が100%ということは、円でいうと、πr^2 という意味 だよ。

円周率を使った、円の面積そのものね。


濃度(割合)がたとえば、99.999999999999…%とすると、その意味は、

πr^2 に対して、占める面積が 99.999999999999…% という意味だよ。

うーん、伝わるかなぁ。


いいかえると、円に内接する多角形が、どのくらいの角の数を持ってるか、ということだよ。

角の数が多いほど、円に近くなるよね。だけど、辺を直線で表すかぎり、絶対に、

πr^2 と同一の面積にはならないの。

"極限"の話しなんだけど。

また以前のを書くと、「いかにメロンを皮ギリギリまで食べるか」だよ。

皮まで食べちゃえばいいんだけど、皮はたべられないからね。

堅くてまずくて味がなくて、だいなし! になっちゃうからね。

せっかくうまく(美味く)計算できそうだったのに、皮(ゼロ)を入れたとたんに、

破綻してしまうからね。味が。




あー、πr^2とか、そういう一見難しそうな説明をしたくないんだ。

もっと、誰もが、イメージでわかる、そういう説明をしたいの。

それがあたしがこの日記を書いてる目的のひとつでもあるんだ。


でも、「1」が「濃度100%」 だと、書けてよかったわ。

posted by 辰多みか at 23:00 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

4つの力と唯一の力


この世には、4つの力しか、無いの。

というのが、今の物理学でわかってることなの。

4つしか無いって…、


多いじゃんー!! 4つ!? 4つも!?


というのが、今の物理学者さんたちの心の叫びなの。

「ひとつにしようよ、ねぇ?」

というのが、みんなのテーマらしいの。


4つの力とは、


重力

電磁気力

弱い力

強い力


だよ…。何度書いても、力が抜ける…弱い強いて…



あたし、昨日の日記を書いて、

「神様をはじめて見た時のこと」、

読み返してみて、


------引用---

その時感じたのは、

自分以外の人を、動かすことができる唯一の力。

それは愛。


「隣人を愛しなさい」というキリストの言葉が、その時本当に理解できたの。


その、愛を発している本体、これ→  ← は、なんだろう。

世界のすべて だ。

本当の、あたし。

名前が付けられない。

一言で言い表せない。

言葉にしたとたん、これ→  ←は自由を失う。

(どんな名前でもいいという自由を)

----引用----


うん、これ、量子だわ、と思った。

お釈迦様も、そう考えてたと思うよ。すごいなブッダ、2000年以上前に。



言葉にしたとたん、自由を失う、モノ。

なにかひとつを決めると、他がなりたたなくなる、モノ。

「不確定性原理」だ。


位置を測定すると運動量が測定できない。

運動量を測定すると位置が測定できない。

つまり、位置と運動量を同時に測定できない。


うん、4年前に統計学と確率を勉強してる時に、行きついた所。


やっぱり、これ、神様だよねー(笑)


だから、数学(物理学・科学)と哲学の神様は、同じモノなんだ、って、感じたんだよな、あの時。

統計学をやってる時。



ということはね、4つの力は、ひとつに統一できるの。

その、ひとつの力は、

「愛」


だよねー。


だれか計算してください…


posted by 辰多みか at 23:02 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

杭を抜く方法


ドラキュラはさ、くいを打たれると、死ぬじゃん。

朝日をあびても、死ぬじゃん。


"それ"だと思うんだよな。方法は。


"杭"は悪くないんだよな。

打たれてる方が、悪い。だからドラキュラが消えてしまえばいいの。

まあ、「悪い」も語弊があるのだけど…


ちなみに、「杭」は「悔い」だとか思わない。

言葉遊びはあたしは嫌い。

言葉遊びをするかどうかは、個人の自由だけど、

きちんと事実に基づいた漢字の由来を調べてからにしてほしい。

(だから、間違った名前が世界に氾濫してると思うよ。

今朝も、「ハナショウブ園で、"ショウブ祭り"を開催します」、

とテレビで紹介していて、げんなりした。

テレビが勝手に言ってるのではなくて、園側から、"ショウブ"と

ハッキリ提示されているのだけど。

ちなみに、過去も書いたけど、「ハナショウブ」と「ショウブ」は、まったく

違う植物だよ。

どのくらい違うかというと、「アヤメ」と「サトイモ」くらい違う。

そう、「アヤメ園で"サトイモ祭り"を開催します」と言ってるのと同じ。)



杭を抜く方法は、

抜くのではなく、


打たれている対象物に、光を当てる。

すると、対象物が、消えてしまう…

「消えて」と願って当ててはいけない。そう願ってると消えない。


光を当てる理由は、よ〜〜く、見たいから。

よ〜〜く、見るんだよ。目をそらさないで。

そうするとね、あたしはできないんだけど、

「ありがとう」って言葉しか浮かんでこないんだって。

それがあの日神様に教えてもらった答え。



あなたは、自分を襲おうとしているドラキュラに「ありがとう」って言えるか?

うーん、あたしは、まだできない。

この溜まってるのを発散しなければ。

ということは、今、発散する時期か。


たぶんね、ドラキュラに見えてるのは、やっぱり自分の錯覚で、

それに重なって、「本当に自分が見たくないモノ」が

隠れてると思うんだよな。


むーん。

道が長い。



あたしは言葉遊びは嫌いだけど、

本来の意味でなら、言ってもいいと思う。


「ありがとう」

「有難う」

「ありがたい」

「有り難い」

「有り難き」

 ・・・

「コレなかなか無いよね!」てことだね。

「あるの? ウッソー! ラッキー」くらいの意味だね。(昭和…?)

間違っても、「こんなの有るわけないじゃん」の「有り難い」ではないよね。


日の元にさらされて、「居るの? ウッソー! 俺ラッキー!」

と言われたら、言われたドラキュラのほうが「ありがとう…ボクをちゃんと見てくれて」

と、

言うのだと思うよ。


あははー、

でもあたしは、まだ全然できないー。

許す前にやる事があるー。
posted by 辰多みか at 23:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする


今朝、起きたら、まだ「できないあたし」がいた。


羽根が生えて軽くなったと思ったのに、

そうだ、そういえば、別件がまだあったわ。


いつも、あばらの、上から二本目くらいのところに、

なにか黒いのとか重いのとかが有るかどうか、朝、確認するんだけど、

今朝は、重いのは無かったけど、大きい杭がささってたわ。



そうそう、「できないあたし」

仕事をしなくてはならないのに、一日中、この日記に書きたい事が

頭に浮かんできて、全然仕事にならない。

だって、頭を使う仕事だから。頭はいっこの事しか考えられない。

しかたがないから頭がいっぱいになったら、書く。

だけど、書くの、時間かかるよね〜。30分から一時間はゆうにかかるわ。

楽しいんだけどね。


だけど、こんなことで良いのだろうか、とふと思う。

ず〜っと、こんなんじゃん。

「やりたい事」を延々と書いているだけで、やっていないじゃん。

できる時間はあるのに、「やりたい」と書くだけの時間になっちゃってるじゃん。


そう、今朝、思った。

まあ、今朝だけではないんだけど。


ということは、あたしは「やる」ことに恐れがあるんだよな。

百も承知だけど、やっぱりか。


胸のところに、おおきい杭があった。

そうか、これがブロックか〜。はじめて目で(心の目)で見たわ。

大きさは、500mlのペットボトルくらいあるわ。もっと円錐形をしてるけど。

色は、肌色に近い、ベージュグレーだ。



なぜこれがささってるのかも、わかる。

7年くらい前の事。

忘れもしないし、許さない。


うん、許さない。



うーん、どうしようかなー。

答えはわかっているのに、ほら、宿題が終わらないでしょう、あたし(笑)

答えはね、「許す」って事なのね。

あの日、神様から見せてもらった答え。


うーん、先が長いなー。
posted by 辰多みか at 23:00 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

神様をはじめて見た時のこと


あたしは過去に何度も何度も書いている。

「神様を見た」と。

「自分自身が神様だった」と。

「わたしもあなたも神様で、すべてが神様だった」と。



その、はじめての時の事を、ちょっと詳しく書こうかと思います。

といっても、一点だけね。

どうして、その状態になったかは、何度も書いているから、そっちを見て。


あたしは、あの、うーん、たしか2007年ごろ、

車の後部座席で、絶望の淵にいて、目は過ぎてく浜名湖の景色を見ていて、

自分の中に、中に、どんどん降りて行ったら

自分が自分の中に隠していた自分に気付いてしまって、

その時突然、世界がひっくり返った。

出口も無い八方塞がりだと思っていた自分の心の中は、

たとえようもないほど広大な外に繋がっていた。


その時感じたのは、

自分以外の人を、動かすことができる唯一の力。

それは愛。


「隣人を愛しなさい」というキリストの言葉が、その時本当に理解できたの。


その、愛を発している本体、これ→  ← は、なんだろう。

世界のすべて だ。

本当の、あたし。

名前が付けられない。

一言で言い表せない。

言葉にしたとたん、これ→  ←は自由を失う。

(どんな名前でもいいという自由を)


白であり黒である(あたしは悪くないと思っていたのに悪かった)。

上であり下である(下に降りて行った先が天国だった)。

中であり外である(あたしは中に入って行ったのに、外にでた)。

そして ただ在る だけ

100% 存在 だけ。

これは体験したもの同士でしか、理解し合えない。

どう説明しても片手落ちになってしまう。


そうだ、これ→  ←が、昔の人が伝えたかった、「神様」なんだ。

今現在のあたしも、そして他の人も、想像している「神様」と、

全然違うけど、でも、確信を持って言える。

これ→  ←が、「神様」か!


だいぶ、最初と意味が違ってきちゃってるね。神様。

神様は怒らないのにね。怒って洪水をおこすなんて事しないのにね。

「神様」を体験したことが無い人が伝えると、こうなってしまうのか。

それならば今の宗教はどれもこれも、形だけしか、無い。


それが、最初に神様を見た時の事。



そのあと、もう一度、数の世界であたしは「神様」を見るんだよ。

数の世界の神様は、逆光に浮かび上がるシルエットなの。

数式が(この世の法則が)、神様の輪郭を形づくるの。


数式は、ひとつではなくて、色々な数式が、神様の一部を表しているよ。

全部つなぎ合わせると神様の全身が見えるけど、いっぺんに全部見る事はできないの。


それが二度目に神様を見た時。

その時、完璧に、世界は、神様は、たったひとつなんだ、と確信した。
posted by 辰多みか at 23:03 | 悟った時のこと | 更新情報をチェックする

べっこう と こはく


恥ずかしい!

あたしは、べっこうとこはくが同じ物だと思っていた〜

いや〜ん。

一生の不覚。


あんなに鉱物が好きで、天体が好きで、

理科の選択は、地学にしたくらいなのに。

(高校生の時は数学と物理が大嫌いだったのさ)


なぜ、べっこうが、

鼈甲が、



カメ だと



気付かなかったのだろう…

漢字見ればわかるじゃん、亀 じゃん…


琥珀は樹脂で、

今でいうと、プラスチックで、

プラスチックだからこそ、こすると静電気が起きる。

だから、名前が エレクトロン。


というか、コハクがもともとエレクトロンという名前だったから、

電気を見つけた時エレクトロンという名前にしたんだよ。


それは知ってたのに〜。



べっこう飴のべっこうが、亀とは知らなかった…

鼈甲… カメのこうら じゃん…字…


あー、みんなにいいふらさなくて良かった(笑)
posted by 辰多みか at 23:02 | たからもの | 更新情報をチェックする

神様の中にゼロは有るのかな


あたしはねー。

思う事は。



「神様」が、「1」だと仮定すると、

「1の神様」の中には、ゼロは無いと思う。

神さまは、完璧のはずで、なんでもありのはずだけど、

中に、ゼロは、無いと思う。

ただ、ただ、感じるのは、神様が「1」とすると、

「1」を形づくるために、「ゼロ」が、ふちに必要 なの。


だから、「1」と「ゼロ」は、セットなの。

中にはゼロは無くて、ふちがゼロなの。


神様が「1」だとして、

その神様の世界の中で、アキレスと亀が競争すると、

アキレスは、絶対に絶対に、絶対に、亀に追いつかない。


だって、なぜかというと、アキレスと亀は、神の中に、他者とのへただりなく存在するから。

アキレスと亀は、同じ濃度で同じように神の中に溶けているから。

この状態が、昔の人が悩んだパラドックスの、初期設定だよ。

うーん、過去も同じ事を何度も書いているけど、みんなに伝わっているのかしら。



おおきな「1」の中にアキレスと亀が存在してると仮定すると、

その時、アキレスと亀は お互い、0.9999999999…と 0.9999999999… なの。

足して「1」にならないんだけど、そこは、イメージしてね。


神の中に同時に存在できるって事は、体が無く魂だけか、魂がなく体(遺体)だけか、の

どちらか一方の状態だから、この場合は、体が無く魂だけなの。

この場合、ていうのは、「競争してる」という場合の事ね。

だって遺体は競争できないし。


わかるかなー。

うーん、伝わるかなー。

イメージしてほしいんだ。

あたしがイメージしているように。


だからね、人ひとりひとり、亀いっぴきいっぴきは、個々として存在するならば、

神様の中で、

ゼロをまとって、

個々の「1」になる必要があるんだよ。


神様の中で、ゼロをまとってアワみたいに分裂すると、

そのひとつひとつが、神様、になるの。

だって中にゼロが無いから。


イコール 人は神様 亀も神様

神様は無限にたくさん出来て、そしてその数に応じて無限に小さくなれる。

小さくなれる、というか、逆に、意識を向けて見つめると、その部分が拡大してくるから、

全体が同時に大きくなって(同じ拡大スケールで)、神様が沸き出てくるような感覚なのよ。

そう、0と1の間に存在する、1/素数 の果てを考える時と同じ感覚で。

(1/素数 に、果て は無いんだけどね。絶対ゼロにならないからね。)

うん、これは、あたしが一番最初に感じた、「やおよろずの神」なんだよなー。




あ、このひとつひとつがやおよろずの神だから、

「大いなるひとつの神」とは、

すべてのアワの集合体、つまり、

ゼロをも内包する、ホントの、すべて だ!

あ〜、たぶんそうだわ。

数の世界の神様はこっちだわ。

うわー、これはあとでじっくり書こう。




ちなみに、アキレスと亀が個々に「1」と「1」だったら、

アキレスは亀に追いつきます。

抜くこともできます。


計算してみてね。

(そしてあたしにコッソリ教えて)

posted by 辰多みか at 23:01 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

ゼロ除算


数をゼロで割るよ。


そうすると、


と ん で も な い こ と が お こ る

らしい。



ゼロは、多くのパラドックスを引き起こす。

わー、すごいパワー秘めてる(笑)

あたしはね、

なんども、なんども書くけど、



「1」を「ゼロ」で割ると、


「生命が誕生する」と、真剣に思ってるのだ。

だって、とんでもないことが起こるのでしょう。

それくらいのインパクトがなくっちゃ。

ゼロには。


うん、「割る」というか、「ゼロで区切る・ゼロで他と分ける」、ね。

まあ、何度も書いてるね。

これからも、何度も書くよ。
posted by 辰多みか at 23:00 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

マーキュリー


水銀って

不思議だよねー。


古代の人が不思議がったのわかるわ。


銀色で

液体で

コロコロたまになったり

水みたいになったり、



赤くなったり

白くなったり

毒だったり

薬だったり



水星って、

マーキュリーっていうけど、

それだったら

水銀星 じゃないの?

どうなの?


うーん。


でもやっぱ「水星」には『「水」星』 でいてほしいわ。

(だから名前をつける時はちゃんと考えようよ…)
posted by 辰多みか at 23:05 | DQNネームを笑えない | 更新情報をチェックする

正義という名の武器を振りかざして


モラルハラスメントをする人は、

「悪い事してる」って、思ってない。

正当防衛だと、思ってる。


だから、たぶん、最初は、

はじめて会った時は、

とてもいい人。


モラルハラスメントをする人は、

(長いから、モラハラーに略すよ!)

たぶん、最初のうちは、絶対悪口とか言わない。

あ、たぶん、モラハラーになっても、「悪口」は、きっと言わない。


モラハラーってね、「悪口は絶対言ってはいけない」と強く思っているよ。

モラハラの被害者は、そんな事信じられないだろうけど。


モラハラをするには、相手が必要なワケで、

その相手を、「モラハラ被害者」としておこう。

ただの「被害者」だと、誤解を招くから。

なぜかというと、モラハラーも、心理的には「自分は被害者だ」と思っているからだ。


信じられないでしょう?

実は、モラルハラスメントの場面には、「被害者」と「被害者」しかいないのだ。

そんなバカな、て思っちゃうけど、ホントなの。


だってあたしがモラハラーだったから。

あ、大カミングアウトしちゃったわ。

て、前も書いたか。


実際は、モラハラ気味だったというか、

心理がモラハラーだったというか。


もしも、あたしが男だったら、か ん ぺ き に、

正真正銘のモラハラーになってただろうね。

おぉ、始末が悪い(笑)←笑ってる場合じゃねーッ

男じゃなくてよかった。

男だったら奥さんに逃げられてたわ。

そしてなぜ逃げられたのかも、さっぱりわからずに一生過ごしたかもよ。


モラハラーは、品行方正に、まわりを注意深く観察しながら、息を潜めてすごす。

そして、無意識に、「自分が傷つけられた」回数を、カウントしていく。

相手ひとりひとりに対して、カウンターがひとつずつ有るんだよ。


ある程度までは、保険の免責みたいに、カウントしても、なにも起こらないが

ある回数を超えると、一瞬で「スイッチ」がはいる。

そう、モラハラスイッチ。(いやだそんなスイッチ)

「聖☆おにいさん」風にいうと、「仏の顔カウントダウン」


そうなったら、もう、止められない。

だって、モラハラーは、傷ついているんだもの。

「相手のせいで」、傷ついているんだもの。

怒ったり不機嫌になったり、

それは、すべて「相手のせい」なんだもの。

やだー、モラハラ。



あたしは全然気付いていなかった。

あたしは、意識的にはただ、「相手のせいで嫌な気持ちになる」としか、認識していなかった。


あたしが自分で気付いていない上に、相手にしていた事は、

・「相手が悪いからあたしは正々堂々と相手を攻撃して良い」と思っていた事。

・最初は、こちらから相手を一切攻撃しない。しないかわりに、もしもされたら、それは完璧に相手が悪いと"思いたい"という事。

・相手があたしを傷つけてくるのを、実は、じっと待っていた事。

・「相手が悪い」のを証明するために、あたしはわざと不幸になっていた事。

・おなじく「相手が悪い」のを証明するために、あたしはわざと不自由になっていた事。

・どんな物事を見ても、「相手が悪い」の証拠探しと、「あたしは悪くない」の証拠探しをしていた事。

・「相手が悪い」と思い込むのは、「実は、悪いかもしれない自分」を見たくないからである事。

・相手からの攻撃をあびているように思っているが、実は「自分の本性」から逃げるのに必死である事。


そして、あたしは常に「あたしは悪くない」と心から思っていた。



いろいろうまくいかなくて苦しかった。

なぜ不自由なのか、さっぱりわからなかった。

そして、ある時、突然気付いた。

あの、浜名湖の競艇の横で。

「あれ…? あたしのやろうとしている事は、モラルハラスメントだ…」


「あたしは悪くない」と心の底から叫んでいたのに、

使った手段は、「悪い事」だった。

モラルハラスメントは、「悪い事」だよね、疑いなく。


あれ?、あたし「悪い」じゃん…


正論で、正義で、清く正しく「悪くない」と訴えていた手段が、

「相手にとったら悪い事」だった…


その時、世界がひっくり返ったの。

自分の中に中に中に、どんどん中に降りていったら、

出た先は、広大な、外だったの。



あ、あたし神様だったわ と 思い出した。

あ、そうか、みんな同じ、神様だったわ

やおよろずの神って、この事だわ。


憎しみでは、相手を動かす事はできないわ。

愛でしか、できないわ。

でも、愛は、相手を変える事も望んでいないわ。

ただそのままでいい と 言っている。



それが、すとーーーん、と腑に落ちた。

腑って、ちょっと堅かった。

生のゾウモツじゃなくて、ゆでたゾウモツくらいの堅さだった。


その時、心の中で言った言葉は、

「あぁ… 」だけなんだけどね。



それが、あの日、感じたことなんだよな。

でも、それでびっくりしすぎちゃって、

「至福」までには至らなかったな。

まだ、あたしが解消しなければいけない宿題が多すぎて、

答えをいっぺんで全部見ちゃったのに、やるのに、心がついてこなかったという。

今、ようやく、少しずつできるようになったの。



世界のモラハラー、

はやく、気付いて。


そうあたしは祈るよ、今夜は。


posted by 辰多みか at 23:04 | 悟った時のこと | 更新情報をチェックする

微積で表せるモノ


生きてる猫

死んでる猫



微分積分の数式では、

死んでる猫(の遺体)しか 表せない。
posted by 辰多みか at 23:03 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

ハートル=ホーキングの境界条件


ハートル=ホーキングの無境界仮説とか

無境界境界条件とかいうみたい。



あたしが感じてる、この世は、

これ かな〜。



前にも、ニュースかなにかで、見たな。

ホーキング博士が、こう、考えているということ。

そして、その時、ホーキング博士は「神はいない」と確かに言った。



うーん、あたしも、悟っていない「皆」が「神」と思ってる者は、

確かにいない、と断言できるけど、

ホーキング博士は、悟ってるのかな〜。



「ハートル=ホーキングの境界条件」からすると、この宇宙のはじまりは、

ビッグバンではなくて、



そう、「この宇宙」は、永遠に、永久に、最初から最後まで、在って、

出現したり消滅したりするように見えるのは、

実数時間空間と虚数時間空間を行ったり来たりするからであって、

それは、オイラーの等式と同じ現象だよ、たぶん。


ぐるぐる螺旋を描いているだけなのだ。
posted by 辰多みか at 23:02 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

水銀の表面張力その2


いや〜、ついつい、書きたいと思ってた事と違った方向へ行ってしまったわ。

この前で書いた事は、全部過去日記に書いてた事じゃんね。



水銀の表面張力と、人の心(自我)との関係のたとえは、

この前で書いたとおりなんだけど、


書きたかった事はね、


あたしは、この世が、丸い形をしているとしたら(これもたとえね)

その表面張力は、



自然対数の底かな〜と思ったんだ。

まあ、これも過去に書いたことなんだけどね。


うーん?

違うのかしら


それも考えたいよぅ。じっくり。
posted by 辰多みか at 23:01 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

水銀の表面張力


水銀のねぇ、

体温計あるじゃん。

あれ、割れた時、水銀がコロコロ出るでしょう。

もう今は、水銀計もあんまり使わないかな。


そう、水銀は、

表面張力が強力で、

液体なんだけど、つぶつぶにもなれる。

あの感覚。


水銀を寄せ集めると、すぐにひとつにまとまる。

でも、ちょんって、分けるように指で触ると、

水滴みたいに、こんもりした、水銀滴(?)になる。


あれ、あれ、あの感覚なの。

水銀は毒だけど、手に浸透はしないから、触ってみてよ。

(吸ったり飲んだりしたらダメだよ)



ひとつになる事が、スピリチュアルでいう、ワンネスで、

あたしはその事を「神様」と呼んでいて、

それが「本当の自分」で「真理」なの。


でもなぜか、人は人として生まれると、

ワンネスを忘れてしまうの。


うーん、忘れるように、もともと約束してある、というか?

それが、その約束が、法則 というか?


水銀が水銀滴になる時、表面張力でちんまり丸くなるけど、

それが、人、ひとりひとりなんだよね。

数もそうなんだよ。

数っていうか、ハッキリ言っちゃうと、「1」だ。「1」がそうなの。


「1」がいっぱいあつまって、大きな「1」になるの!

なんだそれ、だよね(笑)


そのね、水銀滴に、心があるとするとね、

水銀滴は、大きなひとつに"なりたくない"から、

他の水銀滴との、物理的接触を避けるの。

だって、触れたら、くっついちゃうもんね。

「くっついちゃう」というのは、自分が無くなる、という事を意味するよ。

だから、「心」というのは、他と自分を隔てるために必要な(と自分は思ってる)ものなの。

ここで「心」と書くと、誤解を招くから、「心」は「自我」と書き変えるよ。


「自我」は他と自分を隔てるもの。

それは「ゼロ」だよ。数字でいうと。

「ゼロ」というのは、「他とつながっていない」・「つながりがゼロ」という意味なんだよ。

あたしは、「存在意志」が「ゼロ」だと思うんだ。

だから、たぶん、「存在したい水銀滴」は、他の水銀滴から、逃げ回るのだ!!

「自我」があると「動けるようになる」んだねぇ。

いや、これはあくまでもたとえだから、水銀滴が本当に動くわけじゃないよ。


でね、なにかのきっかけで、存在したくなくなると、表面張力が無くなっちゃうの。

今、水銀滴にしぼって話しをしてるから、物理的にヘンな表現でアレだけど、

まあ、表面張力がなくなっちゃうという感じなの。イメージして。


そうすると、ほかの水銀とくっついてしまうよ。

その時、もともとのひとつぶの水銀滴は「1」から「0.99999999999999999999…」に、なるのだ。

存在意志が無くなると、まわりを隔てる「ゼロ」が無くなって、「1」は「0.999999999999…」になるのだ。



あたしは、数と生命の秘密は、そこに、

「1」と「ゼロ」生
「0.999999…」死

に、


あるんじゃないかと、思ってるの。


それを代入して、素数の謎がとけたらいいな〜と思ってるの。

ABC予想とか。

リーマン予想とか。

素数の謎がとけたら、素粒子(量子)の、とびとびの謎もきっとわかるよ。


でも、あたしは面倒臭いから、数式を解く前で、立ち止まってるの。

だから、ずっと数の事を考えていたい、とか

願っちゃうんだよな〜。



一生考えてろ>自分



あはは。



昨日の日記で、気にいった表現が出たから、

もう一度書いちゃう。


『微積ってさ、

 いかに皮ギリギリまでメロンを食べるか、に、似ている』


うふふ。

「綺麗にくりぬいたよね〜」って感じ。




数の世界でいうと、「皮」は、「ゼロ」だから、

数式で扱えないのです。

「皮」に一瞬でも触れると、破裂してしまう。

数式が破裂してしまう。

破綻してしまう。

発散してしまう。

特異点なの。




だから、微分積分で、近似値をとることしかできない。

ほんとうのほんとうは、「皮」まで、認識する事なのにね。

その「皮」まで扱った数式で素数を探れば、

生命の秘密がわかると思うんだよ。



うん、数ってね、

さくらんぼもちみたいに一個一個、隣とくっかないように、表面がサラッとしてるのよ。

べたべたしてないの。


posted by 辰多みか at 23:00 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

昨日と今日


昨日は、あたし、羽根が生えてて飛んでた。

前日、カミングアウト有り、反抗期あり。

そのおかげか、こころは自由で、好きな事をして好きなものばかり見た。

好きなものを手に入れた。



今日、意外な「不自由のもと」がまいこんできた。

想定外。

それでもあたしは、もう、まえほど不自由じゃないみたい。

世間一般でいうと、ものすごく、重大な、一刻を争う事。

そんな事が起こってるのに。


できごとの振り幅が、すごいな。

昨日と今日の。
posted by 辰多みか at 23:03 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

微積がやってる事


微積ってさ、


いかに皮ギリギリまでメロンを食べるか、に、似ている。
posted by 辰多みか at 23:02 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

微分積分がぜんぜんわからない


なんで微分積分がさっぱりわからないか。

それは、微積が、近似値 だからです。


「真理」の近似値 だからです。

近似値って事は、「真理」では無い。
posted by 辰多みか at 23:01 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

四次元=真理(あっ四次元って四次元空間の方ね)


『オカルト板の「四次元を見つけてしまった」をまとめました』
http://d.hatena.ne.jp/yojikai/20241001

というのを、今はじめて読んだよ。2005年のなんだね。

なぜ、そこに行きついたかというと、娘が、あたしの「四次元を見る鏡」

(25mmヘマタイト球)を、綺麗いいな欲しいと手にとって、

「これなんだっけ(含笑)」とわざと言ってくるから、

「四次元を見る鏡だよ〜(←いつもの答え)」と答えて、

ふたりで、ふふふと笑ってたから。

あたしは超本気だし、娘もあたしがそう答えるとわかってるから、

別に、四次元とか言っちゃっても家では大丈夫なのだ。

あたしはヤバい親ではないのだ。子ども公認だから。


それで、あたし以外にも、四次元を見る鏡を持ってる人はいるかしら、と思って

ちょこっと、「四次元を」 って検索したら、一番上に出てきた…


スレを立てた、「1」さん…

一読で、ひとめみてわかったけど、「悟っちゃった」んだね。

「1」さんは、あたしがいう「神様」またの名を「真理」、


またの名「本当の自分」を、


四次元って、感じたんだね。

あたしも、感じたから、わかるよ。


そして、「1」さんの、説明できない感、ものすごく共感する。

あたしも、どうにか説明したいと思って、かれこれ一年近くがんばってるけど、

今だに、文字で説明できないのだ!!


そのうえ、この世って、四次元だけじゃないんだ!

お釈迦さまは、感覚ですっかりわかっちゃってたかもしれないけど、

あたしたちには到底到達できない感覚なんだ。


んー、お釈迦様の感覚だと、9次元くらい有る?

仏教勉強してないからわかんない…ごめんなさい。


あ、なんどもいうけど、あたしが言いたい四次元って、三次元+時間 じゃないからね。

それは、四次元時空といって、今、まさに、あたしたちが住んでる三次元の事、なんだからね

四次元時空は。三次元+時間=四次元時空=今あたしたちが住んでるところ。

厳密にいうと、三次元+時間 ではなくて、三次元×時間 なんじゃないかと思うの…

相対性理論は、どうなってるかな。

もしも+t だったら、+時間か…

相対性理論も不勉強だから、今、わからないわ。50才になるまでには極めたいわ。(微積も)



あたしが言いたいのは、四次元空間なの、ユークリッド空間なの。

三次元+他の3本の軸と同じ成分の軸=四次元空間=今あたしたちが住んでるところのひとつ上の次元。


心の世界はね、「自分」はね、四次元以上なんだよ。

なぜかというと、目の前に見えている事象が、「自分」を映した鏡だから。

鏡は、映る前のものから、ひとつ次元が落ちているよ。

「次元が落ちる」というのがイメージできない人は、鏡を横から見てご覧。

ほら映像の、厚さはゼロだよ。


三次元が、目の前に見えている事象だから、

その元は、四次元空間 なの。

posted by 辰多みか at 23:00 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。