2013年06月05日

昨日と今日


昨日は、あたし、羽根が生えてて飛んでた。

前日、カミングアウト有り、反抗期あり。

そのおかげか、こころは自由で、好きな事をして好きなものばかり見た。

好きなものを手に入れた。



今日、意外な「不自由のもと」がまいこんできた。

想定外。

それでもあたしは、もう、まえほど不自由じゃないみたい。

世間一般でいうと、ものすごく、重大な、一刻を争う事。

そんな事が起こってるのに。


できごとの振り幅が、すごいな。

昨日と今日の。


posted by 辰多みか at 23:03 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

微積がやってる事


微積ってさ、


いかに皮ギリギリまでメロンを食べるか、に、似ている。
posted by 辰多みか at 23:02 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

微分積分がぜんぜんわからない


なんで微分積分がさっぱりわからないか。

それは、微積が、近似値 だからです。


「真理」の近似値 だからです。

近似値って事は、「真理」では無い。
posted by 辰多みか at 23:01 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

四次元=真理(あっ四次元って四次元空間の方ね)


『オカルト板の「四次元を見つけてしまった」をまとめました』
http://d.hatena.ne.jp/yojikai/20241001

というのを、今はじめて読んだよ。2005年のなんだね。

なぜ、そこに行きついたかというと、娘が、あたしの「四次元を見る鏡」

(25mmヘマタイト球)を、綺麗いいな欲しいと手にとって、

「これなんだっけ(含笑)」とわざと言ってくるから、

「四次元を見る鏡だよ〜(←いつもの答え)」と答えて、

ふたりで、ふふふと笑ってたから。

あたしは超本気だし、娘もあたしがそう答えるとわかってるから、

別に、四次元とか言っちゃっても家では大丈夫なのだ。

あたしはヤバい親ではないのだ。子ども公認だから。


それで、あたし以外にも、四次元を見る鏡を持ってる人はいるかしら、と思って

ちょこっと、「四次元を」 って検索したら、一番上に出てきた…


スレを立てた、「1」さん…

一読で、ひとめみてわかったけど、「悟っちゃった」んだね。

「1」さんは、あたしがいう「神様」またの名を「真理」、


またの名「本当の自分」を、


四次元って、感じたんだね。

あたしも、感じたから、わかるよ。


そして、「1」さんの、説明できない感、ものすごく共感する。

あたしも、どうにか説明したいと思って、かれこれ一年近くがんばってるけど、

今だに、文字で説明できないのだ!!


そのうえ、この世って、四次元だけじゃないんだ!

お釈迦さまは、感覚ですっかりわかっちゃってたかもしれないけど、

あたしたちには到底到達できない感覚なんだ。


んー、お釈迦様の感覚だと、9次元くらい有る?

仏教勉強してないからわかんない…ごめんなさい。


あ、なんどもいうけど、あたしが言いたい四次元って、三次元+時間 じゃないからね。

それは、四次元時空といって、今、まさに、あたしたちが住んでる三次元の事、なんだからね

四次元時空は。三次元+時間=四次元時空=今あたしたちが住んでるところ。

厳密にいうと、三次元+時間 ではなくて、三次元×時間 なんじゃないかと思うの…

相対性理論は、どうなってるかな。

もしも+t だったら、+時間か…

相対性理論も不勉強だから、今、わからないわ。50才になるまでには極めたいわ。(微積も)



あたしが言いたいのは、四次元空間なの、ユークリッド空間なの。

三次元+他の3本の軸と同じ成分の軸=四次元空間=今あたしたちが住んでるところのひとつ上の次元。


心の世界はね、「自分」はね、四次元以上なんだよ。

なぜかというと、目の前に見えている事象が、「自分」を映した鏡だから。

鏡は、映る前のものから、ひとつ次元が落ちているよ。

「次元が落ちる」というのがイメージできない人は、鏡を横から見てご覧。

ほら映像の、厚さはゼロだよ。


三次元が、目の前に見えている事象だから、

その元は、四次元空間 なの。

posted by 辰多みか at 23:00 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。