2013年06月11日

フリーメイソン 定規とデバイダ そのB


中国の伝説の

伏羲と女か(じょか)

定規とコンパスを持ってるわ。


posted by 辰多みか at 23:03 | 機械工学・道具 | 更新情報をチェックする

治る病気と治らない病気


人の病気は治せない。

だけど病気を引き寄せてる事を指摘する事はできる。

それで相手が気付くかどうかは別問題だけど。

引き寄せてない病気は治せない。

少なくともあたしは。

無力だな。
posted by 辰多みか at 23:02 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

はやく真理を知りたい


ああ、


イライラする。


仕事をやってられない。

今、最初から、日記を読み返しちゃった。

全部は読み切れなかった。

仕事しなきゃいけないし。


「かみさま」のこと

「本当の自分」のこと

「真理」のこと



はやくはやく全部知りたい。

「かみさま」って書くと、超誤解されそうで、語弊があるから、

知りたいのは、

法則。


この宇宙の、法則 が知りたいの。と書きなおすよ。

知る というのも語弊があって、

知識として知るのではなく、


体感したい。

納得したい。

腑に落としたい。



自分の中からの、湧き出る納得がほしい。



物欲を満たすためではなくて

真に、真のあたしのため。


時間が足りないな。



時間が足りない という思いになるから、

イライラするのか。
posted by 辰多みか at 23:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

茉夭刺那粒子


マヨラナ粒子

マヨラナフェルミオン




あたしは、てっきり、マジョラムのつぼみの形の素粒子かと思っちゃったわ。

マヨラナは… 人の名字か…


きのうね、素粒子の事を検索していたら、

「マヨラナフェルミオン」というのが出てきたもんだから…


マヨラナ(茉夭刺那)はね、マジョラム(マージョラム)というハーブの和名だよ。

素粒子の名前の元になったのは、ハーブの方ではなくて「マヨラナさん」の方なんだね。



あたしは、中学生の頃、読んでいた雑誌「なかよし」に

載っていた「ポプリ」にすっかり夢中になってしまい、

通販でハーブや精油が買える「原宿・生活の木」にめちゃくちゃ憧れ、

それから大人になった今でも、ハーブを育てたりポプリを作ったりしてるよ。

電車で東京に行ける身になってからは、原宿の生活の木に必ず寄っていたなぁ。

今はね、車で30分のモールに、「生活の木」があるから、

そこに行くたび、幸せを噛みしめているの。

本当に、幸せだなぁ と感じるよ。




マジョラムは、ミント等と比べて知名度が低いし、地味な印象だけど、

あたしは、葉物ハーブの中で、一番好き!


精油の事はよく知らないけど、ぜひ! 生のマジョラムの香りをかいでほしい。

とてもさわやかであまくておだやかで、緑の風の香水みたいだよ。

ミントと違う所は、香りが食品には合わない所かな。

食べられるんだけどね。

それで知名度が低いんだろうね。


シャンプーとか洗濯洗剤とか、「マジョラム使ってるなー」と感じるものが

身近にはいっぱいあるのだけど。


マヨラナ粒子は、人の名前だったかー。

それでマジョラムの知名度が上がるといいのにねー。

魔女ラム みたいにちょっと萌え系かも、と思う時もある。

(なんかこんな事を言う自分気持ち悪いわ)

posted by 辰多みか at 23:00 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。