2013年06月15日

黄金・乳香・没薬


イエスが生まれた時にね、

東方から3人の博士がやってきて、イエスに贈り物をしたんだって。

それは当時の宝物だったみたいよ。


3つの宝物


黄金

乳香

没薬


黄金は、お金をたくさん出さなければ、今もなかなか手に入らないけど、

乳香と没薬はね、

300円くらいで買えるんだよ。

あたしは、中学生の頃、原宿の「生活の木」の通販で、買ったわ。

とっても、と っ て も ワクワクした。


今はそれこそ、どこででも買えるね。

生活の木商品は、amazonで買えるし。

いい時代だな〜



みんなも自分の誕生日に、黄金と乳香と没薬を買ってみたらどうかな?


posted by 辰多みか at 23:03 | たからもの | 更新情報をチェックする

クエン酸は梅味酒石酸はブドウ味アスコルビン酸はレモン味


そのとおりなの。

特に、酒石酸が、ブドウ味、ブドウ風味なの。

ブドウの香りがするわけではないけど、

たしかにブドウ味なの。


アスコルビン酸は、一般的には「ビタミンC」といわれていて、

さわやかでおいしいレモン味なの。湿ると黄色くなるし。


クエン酸は、それと比べると、酸味がキツい感じで、梅干し風味だよ。



この中で、酒石酸が、一番おいしいんだよなー。

昔、子どもの頃食べた、シュワーとするアメみたいな、

水で溶くと炭酸飲料になる粉みたいな、

クッピーラムネとかの、ラムネ菓子みたいな

懐かしい記憶が呼び覚まされる味だよ。

みんな、「これは…!」てなるよ。きっと。


だけど、味は値段に比例するのか、

酒石酸は高くて、なかなか買えないの。

まあ、ドラッグストアーで頼めば、取り寄せてくれるんだけどね。

あんまり注文する人もいないんだって。


クエン酸 C6H8O7 炭素6水素8酸素7
酒石酸 C4H6O6 炭素4水素6酸素6
アスコルビン酸 C6H8O6 炭素6水素8酸素6

クエン酸とアスコルビン酸はとっても近いみたい。
posted by 辰多みか at 23:02 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする

茉夭刺那がすぐあたしの元にやってきたわ


この間、マジョラムの事を書いたら、

その次の日、開けた食器用洗剤から、マジョラムが

ぶわ〜っと香ってきたわ。


あたしは、一瞬、 「???」。

だって、その、「キュキュットクエン酸効果 フレッシュハーブの香り」の、

パッケージ絵は、ペパーミントとローズマリーだったから。


てっきりペパーミントと思っていたのに、香ってきたのは、

マジョラム香と、あとなんか菊みたいなにおい。生のヨモギみたいな。


気になったから、キュキュットの特設サイトを見てみたけど、

そこのハーブ写真は、ローズマリーと、アップルミント…

あれペパーミントどこ?

でも、よく見ると(CM動画を)、なんかかすかにマジョラム映ってる気がする…?


あたしは香りのイメージを端的に示しているのは、

パッケージ絵ではなくてCM背景の方だと思うな。


でも、とてもいい匂いだから、洗いもののたびに癒されるよ。

ちょっとトイレ(の洗剤)くさくてヤ、と思ってる人いるかもだけど。
posted by 辰多みか at 23:01 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

抵抗が"ほぼゼロではない"前提だと電流が流れる量は有限


で、電圧に比例するのね。

I=E/R だから。

電圧に比例する、というのは、電圧が大きくなると、電流も

大きくなる、という意味だよ。


電圧というのは、電気の、圧力 みたいなものだよ。

イメージで考えると、高い所から落ちる水、みたいな。

高ければ高いほど、その、"圧力"は大きいよね。


だから、抵抗が無限に小さい(ほぼゼロ)の時は、

電流はたぶん無限に流れるけど、

ちょっとでも無限から離れて有限側に来れば、

電流の大きさは、電圧の大きさに従って、変わるの。


だから、やっぱり供給元のパワーが、大きい方が、

小さいよりかは、いいよね。



そうそう、娘に聞いたら、学校の理科の先生に、

乾電池のプラスとマイナスを直接線でつなぐと、

「あっ!というまに電気が無くなっちゃうから、絶対やらないでね?」

という注意をされたそうです。


そうなんだー。

あっという間に、なくなっちゃうんだ。
posted by 辰多みか at 23:00 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。