2013年07月11日

悟り後の修行


あたしは、気づきがあって、悟って、

人生終わるまでに到達すべき、ゴールを、見てしまった。

うん、神様に見せてもらった。

別のたとえでいうと、

宿題の答えを、全部見てしまった。


富士登山でいうと、霧が晴れて、山頂が見えたのに、あたしは3合目にいることが

わかってしまった。


そう、ゴールは見えたけど、そこまでが、遠く果てしない。

宿題の答えは見たけど、その宿題の山が、うず高く積みあがっている。


それが、悟った時の、あたしだったんだ。

至高・至福感は無かった。

ただ、気づいた時、心にとても大きな穴があいてる事がわかって、

悟りのレベルだと、一番下だということがわかって、

そして、「答えはわかるのに、どうやったらいいかわからない。

頭ではわかるのに、心がついていかない。」状態だったの。

それが5年前なの。



そうだ、あたしは、ズタズタだったんだ。

誰かにやられたワケではなく、自分自身の手にかかって、ズタズタだったんだ。

それが、わかるんだけど、

あたしは、どうしても気がすまなかった。

"周り"に。


ちゃんと自分の心に向き合う、という課題が、

何度も、何度も、何度も、目の前に出される。

"周り"が、自分の心の中の投影だと、身にしみてわかったのに、

どちらが幻想だったのかわからなくなってくる。



そののち、いろんな覚者の書いている事を見て、

「言ってもいい」ということは、わかった。

それが「自分を大切にする」ということのひとつだと。


「やめてほしい」

「やってほしい」

「やりたい」

「やりたくない」

でもまだあたしは、それを「言ってもいい」が信じられなくて、

「言う事が出来る」と交換できるチケットを探しているの。

「言う事が出来る」権利を探しているの。

それを探している自分に気が付くたび、「あっ」と思って、

思いなおすのだけど。


「言ってもいい」のは、

"自分の素直な思い"で、

それを相手にやってもらうって事ではないの。

"相手の思い"は、そこに在っていいんだよ。

つまり両方存在できるの。


だけど、あたしはそれが信じられない。

仕組みとしては、たしかにそうだと頭ではわかっているけど、

足がつかないプールで浮輪を手放す時のように、

"保障がない"

信じられる体感がない。

だってあたしはカースト制の一番下にいるの。

これは卑下で言ってることではないよ。

まずこの制度からくずさないといけないんだから(と思ってしまう)。


そうもしあなたが、

新入社員で。

相手が、

部長の時。


そんな感じ。


すこしずつ進んでいるんだ。

最近、進みますように、と意識してないから、進まないのかもしれない。

ブレーキをかけている自分が、見える。



悟り後の修行という時期だと思うの、今。

言いたい事がいっぱい出てきてたまらない時期は済んだ。

今、あまり"怒り"が起きない毎日なの。

それはそれでいいんだけど、まだまだ先があるとわかってるの。


修行…いつまでしようか。

人生、もうあんまりたくさんはない年ごろだからね。

はやくしないとね。

うーん? 人生は死ぬまで修行なのかしら。

でも"あたし"は悟ったあの時いっかい死んだわ。


posted by 辰多みか at 23:02 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

かぐや姫の難題 今昔物語


今昔物語にも、かぐや姫のお話が載っていて、

その物語の中では、難題は、3つだったそうよ。


ポータブル雷

うどんげの花

自動演奏つづみ


だよ。

この中の、優曇華の花 は、竹取物語の、蓬莱の玉の枝 と同じものだと思うよ。


ポータブル雷は、あれだ。

みんなのうちにも、きっと有る。

そう、マイナスイオンを発生させるドライヤー。

コロナ放電を起こして、"マイナスイオン"を作り出している(メーカー説明)という、その

コロナ放電は、雷が発生する際に起こる放電だよ。



自動演奏つづみもね、みんなのうちに、有るよ。

打たぬのに鳴る鼓 とは。


スピーカーの箱。

iPOD

携帯電話の音楽プレーヤー。

ラジカセ。

だよね〜〜

形からいうと、CDウォークマン だね。(今売ってるかな?)

ローランドの、デジタルパーカッションなんか

もろ、コレだよね。




優曇華の花は、

フサナリイチジクかインドボダイジュ だよね。



よし、これで3つの宝は揃った!


あたしたちすごい時代に生きてるわ〜。
posted by 辰多みか at 23:01 | かぐや姫考 | 更新情報をチェックする

かぐや姫の難題 残り4つ


仏の御石の鉢

火鼠の裘(ひねずみのかわごろも)

龍の首の珠

燕の産んだ子安貝


・仏の御石の鉢

ペルシャにあったらしいの。オパール化した化石が元材料らしいよ。

樹木か骨か…。かぐや姫の時代のいいつたえによると青黒い光る鉢だったらしい。

オパールとするとケイ素だから、この鉢は、石というよりガラスや陶器に近いということなのね。

見た目は、天目茶碗 に似てるのかな〜とも思うよ。

もしも焼き物だったら、ラスター彩かも。

それか、光るのが紫外線由来の蛍光だったら、ウランを釉薬に使った焼き物なのかもね。

うーん、お釈迦様はそんなハデな、織田信長が好きそうなお茶碗を使ってたのかな。



・火鼠の裘

コレには現在、答えが出ていて、石綿(アスベスト)といわれているよ。


・龍の首の珠

正倉院の宝の中に、ホンモノがあるんだって。

ホンモノと言っても「龍」ではなく、ナウマンゾウの化石らしい。ナウマンゾウの歯ね。

昔の人は、巨大なゾウの化石を掘り当てた時、「龍」と思ったんだろうな。

そのものずばり「恐竜」の時もあっただろうけど。


歯の化石はね、五色の色が目視できるの。五色の色の由来は、歯の構造物の違いかもしれないし、

オパール化した化石の事だったかもね。


・燕の産んだ子安貝

子安貝 というものは、あたしの想像では、当時、もうポピュラーなものだったと思う。

ハチジョウダカラという、黒地にべっこう色模様のタカラガイで、お産の時に、両手に握るんだって。

タカラガイは、かぐや姫の時代のもっと古代から、貨幣としてなどで身近にあったと思うの。

隼人と呼ばれる古代日本の民族は、ポリネシア系だというし。


西洋のいいつたえでは、スワローストーン(つばめいし 燕石 えんせき)というのがあるんだって。

それは、スピリファーという海の生き物の化石なんだって。

ツバメの親がヒナの眼病を治すために海から拾ってくるという。

コレは、酢の中に入れるとくるくる回って占いができるらしいのよ。

あたしは、かぐや姫が、「ツバメの」と強調して言ってるのは、この事だと思うんだ。

普通の子安貝じゃないのよ? ツバメの子安貝なのよ? と言ってたと思うの。

これは南方熊楠サンの説だったかな。




こうやって見ると、案外、あたしたち、5つの宝を手に入れることができるかもよ。

イエスがもらった宝も簡単に手に入るし。

かぐや姫のは化石系が多いなぁ。

5個集めても、かぐや姫だけは、手に入らないけどね。
posted by 辰多みか at 23:00 | かぐや姫考 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。