2013年07月15日

スピノザの神と神話の神

アインシュタインがね、

スピノザの神だったら信じる、と言ったという。


スピノザという名前の神様ではなくて、

スピノザさんが感じた、神さま の事ね。

そしてスピノザさんは「エチカ」という本を書いたの。

本を読んでないから、憶測なんだけど、

(内容はwikiで調べたの…)

この神様は、おおいなるひとつの神様、

この宇宙の法則、だと思うの。



数を扱う者は、数の世界のむこうに、神を見る。

それは昔から今も、同じ体験で、

みんな感じるのは、同じ、ひとつ神。


今の宗教(キリスト教・仏教・イスラム教)が言ってる 神様 と、もともとは、同じなんだけど!

宗教はね、なぜ「本当(の神様)」が伝わってないように感じるかというと、

宗教を伝える人、聞きにくる人の、受け手の準備が整ってなかったと思うの。

「受け手の準備」とは、ハッキリ言って、「悟る」という事なんだけど。


悟った内容は、悟った人に対してしか、正しく伝えられないの。

それって無理だよね〜。

神様を知りたいのに、救ってほしいのに、だから宗教をやるのに、

それが本当に正しく伝わってるかどうかは、

「伝わった後の状態」に、「伝わる前に自発的に」ならないと、わからない仕組みなんだもん。

だから、伝える伝えない、教える教えないは、ハッキリ言っちゃうと、全く無力なんだよ。

「悟らない」からわからない、「悟った」からわかる、ただ、それだけ。

うん、いくら聖書で、神とはこういう方です、と書いても、それをいくらみんなで伝えあったとしても、

一度、神を体感しなければ、「神」は絶対わからない。


あら、脱線したわ…


そう、スピノザの神とは、おおいなるひとつの神。

数を扱ってる人たちが感じる神様感と同じで、今ワンネスと呼ばれてるものと

同じもの。

同じなのに、ワンネスとどう違うかというと、数の世界の風景の果てで出会えるところ。

(数の世界の神様には、とりあえず悟ってなくても出会えるんだよ。そこが違うの。)


スピノザさんは、真に悟ってるから、

内面を探っていった神様とおおいなるひとつの神は同じものと言ってると思うよ。




で、あたしが、人間ひとりひとりが神様、と感じたのは、

日本神話の神様とか、ギリシャ神話の神さまとかね。

(実際問題、神話の神様って、ホントの神ではない気がするけど)

万物に神宿る、みたいな、ソレ。

それが、みんなが対話する、「おおいなる自己」「ハイヤーセルフ」

「天使」「インナーチャイルド」「本性」と呼ばれるものだと思うの。

"そういうふうに呼ばれるもの"は、ワンネスと違って、

肉体を持っているよ。それは自分自身って事なんだけど。


「悟った人」「真理を知っている人」が、神話の神様 のモデルだったと思うの。

(おはなしとして伝わって来るうちに、どんどん変形していっちゃった感じはするけど)




でね、神話ではなくて宗教の神さまは、もともとは、スピノザが感じた神様とか、

あたしたちが内面を探っていって出会える神様と、まったく、まったく、同じものだった

はずなんだけど、さっき書いたみたいに、悟った人どおしでないと伝わらないから、

悟ってない大多数が「神様に名前をつけ、」「神様の片面だけしか言葉で表さないから

(もともと神様は言葉では「片面」しか表せない仕組み)、」

いつのまにかひとりの「神様」という、人格ができてしまって、

それがひとり歩きしている状態なの。ヤハウェとかエホバとかね。

スピノザは、その「人格を持った神さまを信じてる悟ってない人々」に、いっぱい批判されてたと思うよ。


あたしも、アインシュタインと同じく、今の宗教が言っている神ではなくて、

スピノザの神だったら信じるなぁ。

というか、スピノザの神って、「ホンモノ」だと思います。


posted by 辰多みか at 23:57 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

自問自答・天野聖子さん

わー!!

今、本屋に行ってきたんだ。

娘が買いたい本があるから、あたしはつきそいで。(兼運転手)

あたしはいつも、スピリチュアルコーナーとか、

自己啓発コーナーに、行くの。


そして、背表紙の題名や、平置きされてる本の題名や帯を見るの。

だいたいね、書かれている内容は、中を見ないでも、わかるよ。

(超能力があるとかいう意味ではなくて、"悟れば"わかる事が書いてあるはずだから)

だから、ほぼ手に取る事は無い。


特に、心屋さんの本の題名は、うっかり手に取ってしまうと、

もしもね、そこに"悟った仲間"がいたとすると、

「あー、あの人、早く悟ればいいのに」と思われちゃうような、

ヒッカケ問題みたいな題名が付いてるのがいっぱいなので(笑)

そうそう、

「あの人、自分の身の回りに起きてる事は、他の誰かのせいだと思ってるんだろうな」とか、

そう思われちゃいそうなのがいっぱいなので(笑)、

ぐっとこらえて、手に取らない(けどアマゾンで、一冊買おうかと思ってるの)。


今まで自己啓発系で買ったのは、斎藤一人さんの二冊と「神との対話」三冊 だけだよ。

しかも、神との対話は、第1刊の1/3までしか読めてない。

厚すぎるとくじけてしまうのだろうか。あと10倍くらいページがあるのに。

というか、頭の中で自分の考えが浮かびに浮かんでしまって、ぼーっとしてしまうから

読み進められない。


今度、心屋さんと阿部さんの本を買ってみようと思ってる、というか、

アマゾンに注文したけど、品切れでまだ手元に来ないの(待ち遠しくてワクワクするよ)。


そしてね、さっき、いつものように本屋のそのコーナーをさまよっていたら、

一冊の本に目がとまった。

長くて良く覚えきれなかったので、一部分だけ、「自問自答法 天野聖子」さん、

だけ覚えた。

あたしは、最近、実践法を探しているので、これはいいかもと思って手にとって、

最初を読んでみると…

まず瞑想みたいに自分に問いかけ…答えてくれたのが

"ハイヤーセルフ"だったんだって。

それを見て、あたしは、

あたしが"やおよろずの神"と思ったのは、"ハイヤーセルフ"の事だ。と思ったの。



読んだのはちょっとだけだけど、天野さんは"本物だ!"と確信したよ。


そして、本は買わずに(!)うちに帰って、すぐググったの。

YOUTUBEとかすぐに出たよ。

うん、本物の表情! YOUTUBEを見ていて、びっくり…

人間は…円で書くと、4層の円になっていて、

一番表面が肉体、次が心、次が魂、次が霊。そして、それを縦に書くと、霊の次は、

大宇宙大自然の叡智…


そう、あたしは、この「霊」を「やおよろずの神」と感じ、

「大宇宙大自然の叡智」を、「ただひとつの神様」、と感じている。

天野さんは、「宗教じゃないから「神」と書きたくないけど、

本当は神様」とはっきりおっしゃっている。

そう、「霊」が人間の中にいる神で、

「大宇宙大自然の叡智」が、宇宙創造主としての神様。


そう、そう、そう!

「霊」はあたしは「やおよろずの神」と思い、

「魂」はあたしは「本性」と「本当の自分」と思い、

「心」はあたしは「表の顔」と「本音」と思い、

自分で意識してコントロールできるのは、「肉体」→「表の顔」→「本音」まで、

死んだ時に無くなるのも、「本音」まで。

「本性」は完全に無意識だから、コントロールはできないけれど、

無いものとしてフタをして生きるか、フタをしすぎて苦しくなって、

覚悟をしてフタを開けて、見るか。

(その時、「本性」はただ、在る、と、みずから言うの。そして自分は悟るんだよ。)


そう、そう。

言葉の定義の違いなだけ。

そうなんだ。

こうやって図形で見ると、ホントそうだわ〜、と思う。



いろんなスピリチュアル・宗教で、みんな好き好きによんでいる、アレ のこと、

うん、一回、誰か統一してくれないかな〜(他力本願…)。


そう、それでね、天野さんは「心」と「魂」は陰と陽で"相対"性があって、

「霊」は"絶対"性があるとおっしゃってるけど、

それはあたしは、

「神(霊)」は、まえも書いたけど、

白であって黒。

上であって下。

中であって外。

わたしであってあなた。

わたしであってわたし以外のすべて。

だからだと、思うよ。


うん、いつも本屋で見てるはずなのに、目に入ってこなかったなー。

もう10年くらい前からセミナーとかされてるみたいなのに。


やっぱり、人間って、自分が関心のない、というか、

必要ないと思ってる事って、目に入らないように、できているのね。

今は、目に入るタイミングなの。
posted by 辰多みか at 22:45 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。