2013年08月31日

瞑想する目的A

横道にそれてしまって、@は目的まで行かなかったわ・・・
ヴィパッサナー瞑想のこと。
あたしは今、悟り後の修行中で、生き返って肥大してしまった「自我」に
ほとほと手を焼いていた。
(それの説明を書こうと思ったら、横道にそれて長々時間を取ってしまった・・・)

終着点も、登山の頂上も、人生の宿題の答えも、
全部見ちゃったのに、そこまで、た  ど  り  つ  け  な  い 。

主人と、夫婦喧嘩っぽくなった時、あたしの口からは決まっていつもこの言葉が出た。
「どうすればいいかはわかってるのに、心がついていかない。
今努力している途中だから、もう少し待っててほしい。」

どうすればいいか・・・それは、ゆるす 事。
相手を ゆるす 事。
響子さんを ゆるす 事。
そして 自分自身を ゆるす 事。
これは知識としてhow to で知った事ではなくて、
あの時、悟った時、瞬間で理解した事。
でもでもでもでも、で  き  な  い。
なにかが引っ掛かっているんだ。
そうだ、あたしは、ずっと逃げてきた。
相手と向き合う事、自分と向き合う事。
(自分と向き合う事は、一回だけできたの、自発的に。その時、悟ったの)
まず、相手としっかり向き合わなくてはいけない。

あたしは、ずっと「ノー」と言えずにいた。
そのほうが、あたし自身にとって、得だったから。
でもそんな心の状態で言う「No」って、ホントの「No」じゃないんだよね。
取引してるんだから。
取引してるから、ホントに見間違うほどホントに見える、ホントではない「ノー」を
いっぱい言ってきた。
いうたび、苦しかった。
結局、ぐるぐる回って、逃げまわっても、「ノー」というしか道が無かった。
それが、「宿題」なんだもん。
神様は、「ほらほら♪」と、楽しげに、目の前に宿題を出してくださる。
まあ、神様って、自分自身なんだけどね。
フタをして仕舞っている自分自身に、地獄の叫びを上げさせる、センサーのボタン。
そのフタの中から、あたし自身を救い出さなきゃ。

そう思って、
この日記を書き始めた。
たしか悟りがあったのは2008年だから、(よく覚えていない、
リーマンショックの前で、2006年以前では無い事だけは確実)
4年くらいもんもんとしてたわけだ。
ずっともんもんとしてたわけではなくて、
2009年から、統計学経由で、数の世界に入り込んでしまって、
そのあまりに素晴らしい、美しい世界に引き込まれて、
一年くらい、数の世界に入り浸っていたかしら。(主にネットで)
あたし、高校時代は数学が大嫌いで、文系だったのにね。
数式が映し出す恍惚の風景。
そして、虚数空間で出会った、たったひとりの神様。
ワンネスって、この神様の事だよ。
あたしは説明がヘタだから、誰かうまくこの神様の事を説明してくれないかな。
一言でいうと、「人間原理」が一番近いかな。
「人間原理」って、トンデモではなくて、立派な物理学の論理だよ。

あら、また、瞑想の目的まで行けなかったわ・・・
昨日と同じ事を、違う言葉で書いてるだけだ・・・


posted by 辰多みか at 22:33 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

葡萄の名前

あたしは、ぶどうとももの産地で生まれ育ったから、
ちょっぴりぶどうとももは詳しいよ。

品種の名前とかね、
母(親戚の人も、みんな)が、こだわりを持って「これは○○だよ」、と教えてくれたから。

今、スーパーで売っているブドウ。
「デラウェア」
どこのスーパーに行っても、「デラウェア」として値札が付けてある。
これを、あたしたちは、「たねなしデラ」というのよ。
昔は、デラウェアは、種があるのがあたりまえだったから。
種が有るのが「デラウェア」、無いのが「種なしデラ」。
種有りは種の周りがすっぱいから、あんまり好きじゃなかったな。
ちなみに、「デラウェア」って書くけど、声に出して読むのは、「デラウエア」だね。
(エ ってちゃんと言う)

緑色のブドウといえば、誰でも知ってる、「マスカット」。
本当の名前は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」というの。
長い名前だよね〜。
あたしの故郷では、あまり(全然?)作って無かったと思うよ。
だから、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」って、
葡萄の産地生まれのあたしなのに、あまりなじみがない。
百科事典の中でしか、見た事無かったな。

あたしが子供の頃、よく食べたのは、「ネオマス」なんだ。
「ネオ・マスカット」という品種。
緑色で、おいしかったけど、庶民のブドウなのかな。
なんといってもネオ(新)だからね(笑)。

実は、「マスカット」っていうのは、みどりいろのブドウの事だけじゃ、ないんだよ。

「マスカット」には、紫色のもあるのだ。
紫(黒)色のマスカットは、「マスカット・ベリーA」
呼ぶ時は、「ベリーA(べりーえー)」って言ってたよ。
ここしばらくお目にかかってないわ。

子供の頃の高級ブドウといえば、なんてったって巨峰だったよ。
種有りだったけどね。
あたしたち産地の人は、皮はむかずにそのまま口に入れ、もぐもぐしてから
種と皮を出すのよ。
指でいちいちむかないの。

最近食べたのでは、「ナガノパープル」が、種無しで皮ごと食べられて、
食べやすくてすごくおいしかった。
まるでミニトマトを食べているかのような、食べやすさ。

高級ブドウという事で、地元長野の人たち(道の駅でちょっとお話したトウモロコシ
売りのおじさん)も、「高級すぎて2つぶも食べれればいいほうだよ!」と
笑ってたので、地元でも相当高級扱いなのだろう。
でもそこの道の駅では、ひとふさ480円という破格値で売ってたから速攻買ったわ。
また食べたいな〜。ブドウ産地生まれがおすすめする、ホントのオススメ!
(うちの産地産ではないんだけどね 笑)
posted by 辰多みか at 17:08 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

瞑想する目的@

あたしは、今、悟り後の修行中だと思う。
一度"死んだ"自我は、すぐ蘇って、
あたしは、宇宙との一体感も、至福・至高も、体験せずだった。
ワンネスも、今ここも。
体験していない。
体感していない。

それではあたしは、"あの時"、何を体感したかというと、

自分が神様だった!(自分の想像を遥かに超え、奇想天外すぎてびっくり)
みんなが神様だった!
目に見えるものすべてが神様だった!(これが古来、八百万の神といわれてるモノだ)
愛でしか人の心を動かせない!
なぜかって、あたしはみんな、みんなはあたしだから。

ここまで一瞬で理解したのに、ワンネスっぽい所まで理解したのに、
「ワンネス」を実際に体感するのは、しばらく経ったあとの事。
「数の世界」に入って行った時の事だから。

数の世界にいた神様は、たったひとりだった。
ホントに、たったひとりだった。
でもそれは、厳密にいうと、体感 ではなくて、
目で見た、だったの。
「ワンネス」を理解したのは「体感」ではなくて、
「目で見た」なの。
この違い、わかるかな?

どういう事かというと、
数式(○○の公式などと云われているもの)を目で見て、
その計算結果を、頭の中で、図形化したの。

神様は、ひとつの数式では、表せない。
神様を表すたったひとつの数式って、たぶん無い。
なぜかというと、見る方向・角度・気分によって、形が変わるから。
そして次元も超えるし、たぶん、ゼロも超える。
次元を超える、というのは、多次元 ということで、
ゼロを超える、というのは、多元 ということ。

逆にいうと、今わかっている多くの数式の解を、座標上で光らせてやれば、
そこに、神様のシルエットが浮かび上がる。
一部分だけれども。
たくさん数式があればあるほど、見えてくるんだよ。
そう、アタック25のパネルみたいに。(古すぎて伝わらないかな)

あら、瞑想の事を書きたかったのに、横道にそれてしまったわ。
毎度毎度、同じ内容の話でごめんなさい。
ヴィパッサナー瞑想について書きたかったのにな。
posted by 辰多みか at 16:15 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

帯状疱疹のひきがねは、ストレス

今朝、NHKの番組「あさイチ」で、帯状疱疹の事をやっていたの。
夏の終わりに発症しやすいんだって、
そして年々発症者が増えているんだって。

あたしは家事の途中でテレビを見ていたから、詳しく内容は見てなかったけど、
そう、あたしが去年、帯状疱疹になったのも、夏が終わった後だわ。

原因(というか発症のひきがね)は、テレビでも言っていた、「ストレス」。
大元の原因というか、大前提は、「過去に水ぼうそうになった事がある」なんだけどね。
雅子さまもかかった帯状疱疹。
どんだけのストレスが有ればなるのか、体感を覚えてるから、あたしはわかるよ。

どのくらいかというと、朝起きた時に、胸のあたりに、
具体的には、のどの下のくぼみとみぞおちの中間点くらいの所、に、
黒い重いかたまりが、ずーんと、乗っかっているの。

身体的には、その頃あたしは、毎日畑の草取りをしていて、
さらに鍬で耕して、白菜やキャベツの苗植えで毎日筋肉痛だったの。
(畑は自分の意志でやっていたわけではない。趣味ではなく義務)

帯状疱疹が出たのは、右脚の、膝の裏側のあたり。
あたしはその数年前に腰のヘルニアをやっていて、右脚が
坐骨神経痛ぎみだったから、一番体の中で、弱ってた部分なんだよね。

その頃のストレスの中身は、まえまえから不満に思ってた事があって、
それを口に出せない、という二重の不満があり、その上に、
その頃だけ起こった経済的問題。まえまえからの不満と体の疲れに、
経済的問題が、とどめを刺した感じかな。

精神から、肉体からの、サインだ。
帯状疱疹は。

何を訴えているんだろう。
もっと休め?
もっと自分に正直になれ?

あたしは、一度、目覚め(覚醒・悟り)があったのに、
その、完璧なる心の終着点が見えてしまったのに、
悟って、同時にわかったのは、その終着点までが遥かに遠くて、
針山があったり沼があったり、そこまで到達するのが至難の業だって事だった。

心の仕組み、体の仕組み、宇宙の仕組みが、わかってしまった上での、帯状疱疹。
痛かったよ。
炎であぶられているみたいだった。
なんでこんな灼熱地獄を味わうの?
何か意味があるの?
それとも、なにも無い。

幸い、投薬が早くて、ほっておけば、20センチ角くらいに拡がった可能性があったけど、
一番酷いぐちゅぐちゅは、5センチ角くらいで済んでしまった。

夏の終わりに、既婚女性は、なる人が多いだろうな〜と、思うよ。
こどもがいる夏休みは、通常と違うストレスがかかるだろうな、と想像はたやすいし、
夫の実家とかさ、気を回しすぎて、体の中で、気のコントロールが難しかっただろうしね。

主婦のみなさま方、お疲れさま。あたしにも、お疲れ様。
夏休み、終わるから、こっそり秋休みで、体をいたわってね。


posted by 辰多みか at 11:48 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

「風立ちぬ」アキレスとカメ

風立ちぬを見たから、感想を書いたのだけど、
そういえば、「アキレスと亀」に、超反応したあたしだったのに
昨日の感想に書くのを忘れたわ。

映画中では、日本の技術が外国(ヨーロッパ)に、遠く遅れをとっているから
追いつこう、というたとえ話に、「アキレスとカメ」を使っていた。

カメが外国、アキレスは、日本。
20年も遅れている我々アキレスは、歩みを速くして、外国である亀に追いつこう、と。
「アキレスとカメ」は、いわずとしれた、「数学のパラドックス」で、
いまさら説明もいらないかもしれないし、あたしもそう思ってたから、
この日記には、最初からさんざんアキレスとカメを出してきたけど、→コレとか →コレ 説明してこなかったな(笑)。

いまさら説明すると、こんなパラドックス。
ゼノンのパラドックス というの。

アキレスとカメが競争するのだ。どっちが勝つか、という問い。
カメが歩き出す。速度はなんでもいい。
アキレスは、当然カメより足が速いから、ハンデをつけて、カメが少し時間的に先に出発する。
アキレスがカメが歩き出した地点まで到達すると、
カメはアキレスが移動にかかった同じ時間分、アキレスより先へ行っている。
その先同じように、カメが通過した地点まで、アキレスが到達すると、
カメは同じ時間分、先へ進んでいて、決してアキレスは
カメに追いつけれない、追い越せない、というもの。

それを観客としてあたしたちが見てみると、
最初は、アキレスはとっても早く進むのだけど、カメに追いつかないように、
どんどん速度が落ちてしまう事になる。
そして、絶対に追いつけないの。

現実世界ではありえないわ(笑)。

これはどういうことかというと、
わかりやすく、カメとアキレスの速度の違いを 2倍 として、
アキレスのスタート時間においての、アキレスとカメの距離を 1 とすると。
(この 1 は、1メートル という意味ではなくて 単位は無いの。
別に、1メートルとしても問題はないのだけど。)

アキレスは、スタートした次の瞬間には、1/2の距離まで到達した事になる。
カメは当然先に進むのだけど、その進んだ分は、計算上はアキレス側の1/2にくりこまれる事になる。
だから、実際はカメは動いているのだけど、計算上は、ゼロ地点にいて動いていないと思って良いよ。
次の瞬間、アキレスは、その残りの距離の1/2まで移動できる。
そう、その次も、その次も。
残りの距離の、1/2まで。
ということは、絶対に、ぜ っ た い に 、ゼロ地点までは、行けないのだ。
アキレスは、カメに追いつけないのだ。

これは、極限 の問題なの。
微分積分で、極限をどう扱うか、なの。
もしも、1=0.99999999999999・・・という、微積の定義に従うと、
なんと、アキレスはカメに追いついちゃうの。

とまあ、アキレスがカメに追いつく、というパラドックス回避法は
今は横に置いておいて、ゼノンの言いたかった事は、「アキレスはカメに追いつかない」。

その、パラドックスを、映画のセリフで主人公にしゃべらす事に、
ものすごい違和感を覚えた。

だって、「アキレスはカメに追いつかない」んだよ?
日本がいくらがんばったって、その前提だったら、外国に追いつくわけないじゃん。
冗談で言ってるならともかく。
(主人公とその友人は、大真面目っぽかったわ)
数学者ではなくて設計者とはいえ、数字を扱う者として、「言ってはいけない事」だと思うよー。
しかも、カメのほかに、「アヒル」とか言い出して、ぎょっとしたわ。
(ホントに知ってれば、そんなコト言わない)
あるまじき行為だ。

現実世界で、アキレスはカメに追いつくばかりか追い越して、はるか先にまで行けちゃうのは、
それはね、
「アキレス」と「カメ」が、完全に別人だからなんだよ。
パラドックスの中身は、「1」の中で「1/2」「1/2」・・・、と切り取るから、起こる事なの。
「アキレス」と「カメ」が別人という事は、お互い、「1」どおしだから、
ゼロの極限が回避できるんだよ。
あたしは、その事について、4年くらい前からず〜っと考察してるんだ。
posted by 辰多みか at 16:44 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

壮大な夢物語。〜「風立ちぬ」〜絵空事。

「風立ちぬ」を見に行ってきましたよ。
あたしとしては、映画館で見る初ジブリ。
(トトロなど他の作品は、ビデオ(古っ)やテレビ放送で見たよ)

感想は・・・
うーん。
ひとことで言うと。

夢。
絵空事。

かな(笑)
(うまい事言った!と思ってる。自分的に)

あたしはまがりなりにもエンジニアのはしくれなので、
そっち(どっち?)ばっか見ちゃって、
うん、かなりバイアスかかった意見になっちゃうので、
その方面の意見は後で書こう。
(ちなみにバイアスは統計用語だよ)

物語としては、よくできていたと思うよ(わ〜、あたし偉そう)。
ジブリとして見るとかそういうのを省けば。
もうちょっと泣かせに来ても良かったかな。

主人公、一生懸命仕事をしました。ロマンチックな結婚もしました。
夢がかなって、悲しい事もありました。
うん。
そうだね。
人生の縮図だ。

ジブリとして見ると、
あたしは、これは、「ジブリのエッセンス」だと思うよ。
ジブリそのもの、宮崎駿さんそのものだと思うよ。
どの作品にも流れている風、風をはらんで飛ぶ。
あたしはあんまり好きじゃないけど。(←わー)
こういう、ひとクセが、人を惹き付けるんじゃないかな、と思うのよ。
風をはらむシーンは、どの作品を見ても素晴らしい。
ちゃんと重さ(重力)が、画面から伝わって来る。
すごいよね。
予告編で流れた、キャプテンハーロックの、CGの、「重さ」の表現がまあ、できてない事・・・
見るに堪えなかったモノに比べるまでもなく。(松本零児は大好きです。CG業界全般がまだ途上なの。計算式が足りないの。)

あとね、「自分のお母さんが嫌い」「母性を憎んでいる」、
それが駿さんの持ち味なんだと思うよ。
今回は、ソレは薄めて来たけど。
ロリコンというのは、元を辿れば、「母が憎い」なんだよ。
(↑わー)
駿さん、今回はがんばりました。けど、その"がんばり"が、ますますソレを裏付ける。
ジブリヒロインとして、言ってはいけない事を言わせた。
みんな「がんばったな!」と感じたと思うよ。でしょ?

テレビで見る限りしか、感じとれないけど、
あと、駿さんより、鈴木さんの方に、より強く感じるのだけど、
この方たちは、まだ人生「悟ってない」。
(悟ってるから偉いとか、そういうのでは無いよ)
表現者なら、発信者なら、自分の芯をしっかりつかんで、その上でメッセージを送ってほしいの。
そういう監督は、多くはないと思うし、まあ、稀なのかもしれないけど。
そこで、その境地に突き抜けられれば、発信者としては百人力だよね。

あたしは、早く、駿さんにそういう境地になってほしいのだ。
(わー、あたし何様。笑)
「おかあさん、ごめんなさい。」と、自分の言葉で、言って欲しいの。
逃げてるよな、いつまで逃げるのかな。
だから、映画のメッセージも、「自分の人生の言い訳」に聞こえちゃうんだよな。
「創造的人生の持ち時間は10年」?
「ああ、もう、みんなの期待に答えられる作品は作れないよ。もう10年とっくに過ぎたし」っていう駿さんの本心の言い訳なの?
そういう穿った聞き方をしてしまう。
「生きねば」?
ポスターにはそう書いてあるけれど、作品のどこから立ち上ってくるのだろう、それは。
感じ取れない。
「一生懸命仕事をしました。男は仕事で愛も表現する。だから家族には今までもしかしたら寂しい思いをさせてきたかもしれないけど、まあ、そういうコトだから。」
ってコト?
すべてのメッセージに、今は共感できないんだよな、あたしは。
駿さんの作品には、そういうのが、チラチラ、チラチラ、見える。
それが逆に、そういうココロを持ってる人を惹きつけるのかもしれない。
変なものの方が、受けがいい、みたいに。
(あー、だから、駿さんは悟ったらいけないのかも。悟ったら、たぶん、やりたい事がなくなっちゃう。)

なんて、何様な事を書いたけど、映画見ながら実際思った事なので、あたしのブログだし、書きます。

工学的な所はね、うん、あたしはあの時代生きてないから、あんなものかしら、とは思ったのだけど、
だけど、やっぱり計算する時は、図面も見なきゃ計算できないよね。
あるべき図面が無いんだよな。しかもあっても図面に寸法線が無いんだよな。
構造的な設計をしているかと思いきや、出てくるセリフは、フタの形状、皿小ネジ、沈頭鋲。
えっ、そこに重きを置くの?とあたしはちょっと引いてしまった。
うーん、航空力学的には重要だったんだろうか。風の抵抗は減るけど。あたしにはわからないな。
もっと派手な設計箇所のセリフが欲しかったな。
なんの計算をしてるかわかんないんだけど、0.75等書いてあるから、馬力別に計算してるのかなとか、
2ぶんの、√0^2 るーと ぜろ にじょう って書いててびっくり とか。
(ゼロじゃなくてシータなのか とか オー なのか とか、
平方根をとるなら二乗しなくてもいいじゃん とか、
二乗平均平方根を書いてる途中なのか とか、いろいろ思った)

トヨタのね、豊田喜一郎さん(と佐吉さん)のね、映画があるんだよ。
「遥かなる走路」というの。1980年の作品だよ。
主演は、当時の市川染五朗、現・松本幸四郎。
DVDが出たから、あたしは、長久手のトヨタ博物館で買ったよ。(たまたま
用事があって近くに行ったから。池袋のアムラックス・トヨタでは、売ってなかった)

その「遥かなる走路」と、この「風立ちぬ」は、そっくりだなーと思ったよ。
まあ、車か飛行機かの違いで、やってる事は、ものづくり だから、
似てて当然なんだけど、ホントにそっくり(笑)。
結核の人は出てこないけど・・・
トヨタの方はね、工学的な場面は、まあいっぱいあるけど、
シリンダーブロックを、試行錯誤で鋳造して失敗続きで、
「油中子(あぶらなかご)」でようやく成功して万歳、みたいに
派手な演出で見ごたえがあったわ。熱そうだったし(笑)

うん、そんな感想でした。
posted by 辰多みか at 23:00 | 機械工学・道具 | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

おまえの言いなりになりたくない

このあいだ、
あたし宣言したよね。
「部屋を片付ける」

今、どうかというと。
全然片付いていない。
(笑)

逃避していた。
逃避している。
今も。
逃げている。

きのう、おととい、
自分の声を聞いてみた。
「あたしは悪くない。「あなた」が悪い」
「「響子さん」が悪い」
頭のなかに、自分の声が響く中、家事をした。畑をした。
畑が終わってへとへとで「なんであたしが畑をやらなきゃいけないの」
怒ったまま、響子さんと、対面した。
・・・ぜんぜん 反応なし。
"あたし"の、反応、なし。
本人を目の前にしたら、まったく怒りがわいてこない。
優しい気持ちに、なるだけ。
「???」
疑問符が、頭に、うかぶだけ。

きのう、
片付かない荷物の山を横目に、
じっと、心の中を、見ていた。
「言いなりになりたくないんだよ」
頭の中に大きい声がした。
「おまえのいうなりに、なりたくないんだよ!」
「おまえって、響子さん?」あたしは自分に聞いてみた。
「そう。」あたしの中の自分は答えた。

これを片づけたら、
響子さんの言うことに、従ったことになる。
「負け」になる。
「そうか・・・そうだったか」あたしは、自分の答えに、
今まで聞いたことのなかったその答えに、ちょっと意表を突かれて、
ちょっと納得して、
そして、車で用事に出た。
「あたしは悪くない」以外に、「言いなりになりたくない」と、思ってたのか。
「負けたくない」と、思ってたのか。
意識できるところでも、それにはうっすら気が付いてたけど。

車で、幹線道路に出るなり、
のどの奥から、
「いいなりになりたくないんだよ!」
前に夜中に聞いた、自分の中から出る 地獄の底から響くような声が出てきた。
「い゛い゛な゛り゛に゛な゛り゛た゛く゛な゛い゛」
「な り た く な い」
「や  り  た  く   な  い」
車で走ってるからね、
対向車に見られないように、口をあんまり開けずに、
腹話術みたいに、
しゃべってるの。
あたし、
自動的に。
ものすごい大きい声で。
のどがつぶれるくらいの、
すごい圧力で。

一週間くらい前にね、
阿部敏郎さんの本についてる瞑想CDを聞いたの。
そのうちのひとつの、やり方と、「コレ」は、同じなの。
あたしは車に乗って瞑想をやろうとしてはなかったけど、
自動的にそうなっちゃった。
だから、自然にまかせたの。
すぐ目的地に着いちゃったから、瞑想まで行かずにそこで終わったわ。
終わってのどのあたりはちょっとすっきりしたけど、
心の中までは、まだ。

また今日も、
「いいなりになりたくない」
「いいなりになりたくない」
あたしの頭の中に声が響いている。
あたしは自分に、「そう思ってるの?」って聞いてみた。
「そう」って、自分は言った。

片付けの山を見て、
やりかけの、予定の付箋を見て、
「やりたいなら、やればいいじゃん」
あたしは自分に向かって言う。
「やりたくないなら、やらなきゃいいじゃん」
もっともっと自分に言う。
心屋仁之介さんがブログで言う、「損してもいい。 じゃん」
斎藤一人さんが言う、「今すぐなっちゃえばいい。じゃん」
心の奥の声に、隠したい恥ずかしい本心に、
あたしは気付いているのに、なぜできないの?

またまた、心の奥底に行ってみたら、
(その時、あたしはコーヒーを淹れていたよ。)
「いいなりになりたくない おまえに」あたしの中の自分は、また言う。
「お ま え の いいなりになりたくない」

なんですって!?

「おまえ」って、「あたし」かーーー!!

「あたし」が「あたし」に、言ってるーーーー!!!


これが、ブロックだーー!

今までも自分自身に色々びっくりしてきたけど、またびっくりしたわ。
それで、速攻、片づけをしようと思ったら、
「先に日記にコレを記録して」って、別の自分が言ったから、
こうやって書いてる。

ああ、びっくりしたわ。
このこたちと、仲良く、していくのが、あたしの、今後なんだわ。
どこまでもどこまでも根が深い。
そして、あたしは、たぶん 真っ黒 だ(笑)
真ん中に白い自分が居るのはホントだけど、
そのまわりは、真っ黒だ。
「自我」は、すぐ生き返るのね。
そして、なんだか、どんどん大きくなってる気がするよ。
何が栄養なんだろう?

キラキラしたスピリチュアルの甘い言葉を聞いていると、
ダメだな自分ってすぐ思っちゃう。
それが栄養なんだろうか。
あたしの願望は、みんなのダメな経験を知りたい。
ダメから立ち直った経験を知りたい。
目からウロコをはがす方法を知りたい。
スピリチュアルのキラキラは、今はもう結構です。満腹です。
posted by 辰多みか at 13:26 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

手放したい手放したくない

怒りの感情をね、
手放せば、楽になるのはわかっている。
そう、あの、世の中の仕組みを見た日から。

でも、過去の怒りの感情が、とてもとても
山のように積もっていて、
動かそうにもどうしようもない という事も
あの、仕組みを見た日に、わかってしまった。

最後の最後の一歩、
「手放すと相手に報復することなく相手を許すことになってしまう」というのが
手放しができない大きな うん、強力な 接着剤。

相手の気持ちもわかる。
自分の気持ちもわかる。
根本は同じだということが。
愛を送れば良い結果しか生まないということも。
そう、あの日悟ったから。

だけどだけどできない。
同じことをこの日記に何度も何度も書いている。
今、目の前にいる響子さんに対してだけ、できない。
過去、何人も入れ替わり立ち替わりしてくれていた響子さんたちを思い出しても、怒りは湧かないのに。
(当時はとても手放せない怒りで狂わんばかりだったのに)

頭で考えてても、だめなんだよな。
体を使わなきゃだめなんだよな。

しゃべったり

書いたり

それを抑えちゃってるんだよな、あたしは。
どうにか、そこを通らなくても良いように。
だって言いたくない、書きたくない。
目にしたくないんだもの。
ひとりじゃ無理、って本当だよな。
そのためにカウンセラーとかセラピストが居るんだよね。

と り あ え ず
どうしたら良いか。
しゃべったり書いたりは、ぼちぼちやってるから、
あたしは、今から
家中の片づけに入ろうと思う。
宣言。

あのね、片づけに関しては、そんなの、とっくにやればいいじゃん、て
普通は思う所で、あたしもそう思うんだけど、ウチの場合は、特殊なのだ。
まず、響子さんから言いつけられている(と、あたしが罪悪感を持って
受け取っている)事は、「よぶんなものは買わない」
「買いに行く時は、家中、親戚中の在庫を調べてから」
「ぜ っ た い に 捨てない」
「どうしても捨てる場合は、一度再利用してから」(←お土産の箱・包装紙も)
もしもそういう事態になった場合は、ぜんぶ「あたし」が悪い。
(禁止されてる事を守らないので)

だから、気に入らないもの(響子さんが親戚中から集めてきたリサイクル品を
あたしに回してきたもの)が、す て ら れ な い。
ものすごい ストレス。
わかる?この感じ。
あたしは、貧乏生まれなので、「そうならないために」がんばって働いてきた。
いつでも新品を、気がねなく買える生活を、幼い頃からのぞんできた。
そのために苦労したしそれに見合った自分になれたと思ってた。

洋服を買ってくるから出掛ける、と言えば、
一度止められ、親戚から集めた古着の在庫を出してくる。
または、在庫を確認してという意味の含みのあるたとえ話をする。
(響子さんはハッキリ言えない人)
響子さんが回してくるものは、
長袖か半袖か、
長さの違いだけで、あとはみな同じと思ってるらしい。
「もう家にあるから」買うな、という意味。
長袖か半袖か。
ああ〜 書いていても 脱力するわ。

何度もあたしも抵抗したよ。
でも価値観の違いだから、一生相容れない。
もうあきらめた。
あきらめて、もう、ぜったいもらわない。

だから、今まで我慢してもらってきた、モノたちを全部捨てるの。
それ、ものすごい勇気がいるの。
だから、やるんだ、
といいつつ、何年もできない。何年も、ちょっとずつしか捨てれない。
本人に返してもきたけど、まだ山のようにある。
うん、だから、今からやるの。
へとへとになってやるの。
頭をからっぽにしてやるの。
からっぽになるか、わかんないけど。
とにかく、できることをやるの。
あたしと響子さんのために。
あ、きれいにまとめちゃったけど、
まだちょっと怒ってるよ(笑)
posted by 辰多みか at 11:41 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

私たちの実体

私たちの実体は

神経 を 通る イオン

 電荷



宇宙のすべての循環の力の源は

ゼロに限りなく近づく、

しかし絶対にゼロにはならない

1/素数を


見つめ続ける神さまの 視線
posted by 辰多みか at 10:20 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

シュレディンガーのお誕生日

Googleのロゴがシュレディンガーの猫になってたよ。
今日がおたんじょうびなの?
おめでとう。
posted by 辰多みか at 15:11 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

アミグダリン アーモンド 扁桃腺

扁桃腺は、なんでそんな名前かというと、
扁桃 つまり アーモンド の形をしているから なんだよ。
アーモンドって、 桃 の仲間なの。

春になると、近くの植物園で、
アーモンドの花が咲く。
あたしは、桃の産地で生まれ育ったから、桃については他県の人よりちょっとだけ詳しいよ(笑)。
ほんとうに、アーモンドの樹形・花の形・色 は、 桃 そのものだ。
サクラに似ているという人もいるけど、あれは、桃だよ。
いやいややっぱり桜に似ているよ、という人がいるかもしれないけど、葉っぱを見てほしい。
細長い垂れ下がる感じの葉っぱは、桃の特徴なんだよ。

扁桃 という名の通り、ひらべったい桃 がなるの。
そして、パカーっと実が割れて、種がまるだしになるんだよ。
見た目はアケビみたいだね。
果肉は食べる所がないんだって。だから種を割って中身を食べたんだね。

昨日書いた、所ジョージさんの番組の「本物の杏仁豆腐」は、
ほんとうの本物は、アンズの種の核「杏仁」で作られているという話で、
今は、杏仁の取扱いが難しいから、アーモンドの粉 で代用されているという話なんだけれど、なぜ取り扱いが難しいかというと、それは杏仁の「薬効成分」、いいかえると、「毒」(毒と薬は表裏一体だよ)の、さじ加減が難しいって事だね。
その「毒」の事をアミグダリンというよ。(昨日も書いたね)
アミグダリン は アーモンド の語源になった言葉なの。
アミグダリンは、摂取すると、体の中で、青酸(シアン化水素)になるの。
だから、ものすごくたくさんは食べない方がいいと思うよ。(食用アーモンドは、まあ大丈夫だと思うよ)
よく、青酸カリで倒れた人は、吐息が「アーモンド臭」がする、と、サスペンスもので有名みたいだけど、まさにこのアーモンドの香りという事だね。
(ナッツのアーモンドの香りとはちょっと違うみたいだけど。そして倒れた人の吐息を吸うと、自分が青酸ガス中毒になるから危ない)
アーモンドも、太古の人にしてみたら、魅力的・神秘的な植物だったんだろうね。
posted by 辰多みか at 17:17 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

所さんの番組の杏仁豆腐

ゆうべたまたま、所さんのテレビ番組を見ていたら、
本物の杏仁豆腐を探せ、というのをやっていた。
番組名は「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」だよ。

あたしは以前、家でたくさん採れるビワを有効利用できないかと思って、
いろいろ調べたり作ってみたりしたことがあったんだ。ていうか現在進行形で今年も、来年も、する。
ビワはうちの庭に何本も生えていて、果実は生で食べたり、
かたい実は砂糖煮(シロップ漬け)にして、ヨーグルトに入れたり、
パイの中身にしたりそれはそれはいろいろやってみたけど、
種も何かできないかな、と思って、ぐぐっていろんなサイトを見ていたの。
その時、わかった事は、ビワの種には、アミグダリン という成分が入っていて、
大量に摂取すると、体内で青酸(シアン化水素)になり、青酸中毒になって、
重い場合は死んじゃうという事。そう、俗にいう、「青梅を食べると死ぬ」と同じ状態になるという事。
それは、青梅も、ビワも、そう、杏仁豆腐の「杏仁」つまりアンズの種の核 でも、同じなの。

でもね、その当時(昔も今もか)あたしは、毒を制す みたいなのに魅力を感じていて、
どうすれば毒にやられる事なく利用できるか、という方法をいろいろ探していたんだ。


そしてわかったのは、「たくさん食べなければ良い」

な〜んだ、という答えだけど、そのとおり、「たくさん食べなければ良い」


ビワも、梅も、桃も、杏も、

そうそう さくらんぼも、

そうそうそう、アーモンドも、


みんな同じバラ科の仲間でね、
種の核(仁)や未熟な実には、アミグダリンが含まれているのよ。
種類によって、アミグダリンの含有量が違うだけで、含んでいるというのは、同じなの。

どうして青梅を食べたら死ぬ(と云われている)のに、梅干や梅酒にしたら死なないのか、とか、
塩漬けや加熱すれば無毒化される、とか、云われているけれど本当なのか、とか、
本当に実験して確認とれてるのか、とか、
思っちゃうけど、
実際はね、

ちょっとしか食べない(飲まない)から、あまり体に影響がない が答えだと思うよ。

つまり、塩 や 醤油 と似たような感覚だと思うよ。


うん、

塩をたとえば、おおさじ一杯を、粉薬みたいに、口に入れて一気に水で流しこんだり、
醤油を、コップにそそいで、コーラみたいに一気に飲んだり すると、


どうなるか、だいたい 想像 つくよね? (日本人なら)
うん、 死ぬ よね、きっと。それはわかるよね。

それとだいたい同じ感じじゃないかと思うんだ〜。

だから、熟成させて無毒化とか砂糖で無毒化とか、実際は、そっちじゃなくて、
ただ単に、体に取り入れる量が少ないから、毒の影響を受けない、が本当だと思うの。
だって、梅干しを10個も20個も一気に食べる人って居ないし(塩分も心配だ)、
梅酒を何リットルも飲まないだろうし(・・・ん?もしかして居る?)
梅種の梅を何十個も食べないだろうしね。


それでね、テレビを見ていて思った事は、
どうやっても、アンズの種には毒(アミグダリン)が有るから、
ひとり種2個まで、とか、ちゃんと注意書きしないと危ないんじゃないか、と思ったの。

アンズの種を杏仁豆腐に入れる理由は、昔はアミグダリン由来の咳止めとかの薬効を期待して
薬膳としてだったと思うんだけど、今は、香り付け のためだよね。
だから、たくさんは要らないんだよ。
あのテレビでは、レシピも作り方も詳しく出てなかったみたいだから、
長野でお土産でアンズを買った人が、作ってみようかと思って、
何十個もアンズ種の核を入れやしないかと心配になってしまった。
ぐぐって調べたら、20個以上のアンズ種の核をひとりで食べて重症になったらしいよ。
青梅は、100個以上実(種ではない)を食べると重症になるらしい。
まあ、アミグダリンがいっぱいなのは、苦くて食べられたものじゃないと思うから、
心配するまでもないかもしれないけど・・・

ビワの種も、抗ガンの民間療法で、種を食べるというのがあるけど、
ひとり2〜3個が一日の限度量じゃないかと思うんだ。
ちなみに、ビワの種も、「杏仁」の香りがするから、ミキサーですりつぶして
杏仁ならぬ「ビワニン豆腐」として使うレシピもあるよ。
(この時も、量は少なく入れてね。そしてしっかり加熱してね)
あたしはおととし、ビワの種だけ焼酎につけて、杏仁の香りのお酒を作って、
牛乳ゼリーに入れて杏仁豆腐もどきをよく作ったけど、今年はもう焼酎漬けはやらない。
焼酎漬けの種も食べてたけど、もう食べなくなっちゃった。

身近なもので、いっぱい食べたら危ないって知られてないものに、「ギンナン」が有るよ。
ギンナンは、いっぺんに10個以上食べたら、危ないの。
以外とみんな知らないよね。(あたしも30代の頃は知らなかったよ)

テレビでみんなが知らない事を教えてくれるのはいいけれど、
もうちょっと、注意事項とか、ちゃんとしてほしかったな。
「医薬品に認定されているから調理できない」のではなくて、
「毒がある」 と ちゃんと言ってほしかったな。
posted by 辰多みか at 11:15 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

昭和天皇と雅子さまとあたし

2004年にね、浜名湖で花博があったんだよね。
あたしは、家族分、パスポートを買ったから、それはもう、
行ったわ、行ったわ。
元はとったわ。
もう目つぶっててもどこに何があるかわかるくらい(笑)。

その花博にね、昭和天皇のパビリオンがあったのよ。
博覧会で天皇?て思うかもしれないけど、あったのよ。
いつもすご〜〜い混んでて、あたしは結局一回しか入らなかった。
(他のパビリオンは結構何回も入ったよ。恐竜の首がぬっと出てるのとか。)

あたしは特に天皇家について思う事はなかったし、
写真の額を飾るような家でもなかったから、
パビリオンには、花博が終わるまでに一度は入れればいいかな、程度の
思いでいたんだ。そして、ある日、入ってみようという事になった。

昭和天皇のパビリオンはね、
どんなすごいお宝が!と、あたしは思いながら入ってみたんだけど、
たしか、中に展示してあったのは、「植物標本」。

とても 地味な 植物標本。

もう茶色く色が変色してるのとか、
ホントに地味な感じの 草 とか、
うん、「お年寄りの趣味の世界」って感じの。

まあ、趣あるな〜って思いながら見てたよ。
昭和天皇は、数々の公務の間、
しかも戦争も体験しているし、そのあい間あい間、
こうやって、気になる植物を押し花みたいに標本にしていったんだろうな〜と
思いながら見たよ。

そして、作品展示の先は、映像コーナーだったんだ。
植物を採取される、天皇陛下の。

そこにうつっていたのは、
まぎれもなく、日本の、天皇陛下だったんだけど、

映像がすすむうち、あたしたちの目に映っていたのは、


植物を愛する、

ただの、

おじいちゃん。

大好きなことに没頭している、

ただの、

おじいちゃん、


だったんだ。



涙が出た。

まわりのみんなも、泣いていた。

感動する要素もどこにもないような、数分間の、

ただの、趣味に没頭するおじいちゃん の映像だったんだけど、

泣けて、泣けて、



その時はじめて、テレビで新聞で拝見する、天皇陛下の
本当の胸の内を、見た気がしたんだ。

植物好きのおじいちゃん なのに、
天皇家に生まれたというだけで、
どれほどの大きな重圧・責任を背負ってきたのか。

いつもむっつりしたお顔しか見た事なかったのに、
好きな事をしている時は穏やかな表情で、
ホントにただの おじいちゃん なのに、
あたしたち国民は、何を、あんなに、期待・希望をこめて
天皇陛下に背負わせてきたのか。

ひとりの人間として、見てなかった。
本当は、あたしたちと何も変わらない、ただの、ヒト なのに。
誰も、彼をそうとして見てなかった。

その事実が、映像を見ているあたしの胸に、迫ってきた。
まわりの人も泣いているから、たぶん同じ気持ちを受け取っているのだろう。
なにかが、そう、憑き物みたいのが、スコーンと、落ちた気がした。

それから、天皇家の人を見る目が変わったよ。
うよくとかさよくとか、そんなの全然関係なくて、
同じ、人間 として、見るようになったんだ。


だから前も書いたけど、
雅子様には、早く悟りを開いていただきたいな〜って思うのよ。
だって、ただの、ヒトじゃん!
汚い自分だって、醜い自分だって、在るよ!
そんなの居ちゃダメって、本人も周りも、思いこんでるから、苦しいんだよ。
どんな自分だって、居ていいんだよ〜。
今苦しいし、自分に向かい合う時、もっと苦しいけど、
それをやる価値はあると思うんだよ。
それっていうのは、つまり、内観・瞑想・自問自答。
国民として、ではなく、同じ人間として、そう思ってる。
だれかマスターがひとりついてくれれば、いいのにな〜。
ああ、でも、本人が希望してなきゃ、だめか。
posted by 辰多みか at 15:46 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

「ありのまま」はなかなかわからないってハッキリ言った方がいいと思うよ

「あなたはありのままで素晴らしい」

そのとおり。

真理。


だけどね。

「ありのまま」の自分を本当に知っている人って、
い な い よ。
悟った人以外は。
(あたしだってまだまだ知らないよ)

「ありのまま」の自分を知るのが怖いから、
人はあの手この手で、知るのを拒否する。
それがそもそもの元凶で、
苦しみの元だ。

人はなぜ生きるかというと、それを知るためだと思うし、
それを知った時が人生のゴール だと思う。
(真理はひとつの言葉では表せないから、
この答えは、ひとつの側面だよ。
だから人生には何も意味が無い、という答えも、正解なの)

「ありのままで素晴らしい」と伝えるのと同時に、
「ありのままには、なかなか気が付く事ができない」と、
ペアで伝えた方がいいと思うんだ。
posted by 辰多みか at 23:39 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

フラクタル次元その@

去年ね、
近場の某大学工学部へ見学に行ったの。
いや、あたしじゃなくてこどもとその友人が。
(あたしは運転手)

でも、じつはあたしもうきうきしていたんだ。
だって理学工学だし。
展示内容をネットで見ていたら、フラクタルの画像が見れるっていうのがあったの。
もうソレ目的で行ったわ(あたしは)。

超伝導ーー!とか ロボットーー!とか 派手な展示とは違って、
フラクタルのそれは、地味ーな感じでひっそりと展示していたわ。
迷いながらようやくたどりついた、研究室。
ドアの細いガラスのすきまから、中をチラチラ覗いていたら、
教授が気付いて開けてくださった。
もう、ひととおり説明は終わっていたみたいだけど、
あたしたち3人を、ニコニコして迎え入れてくれた。
あたしたち以外に、4人の高校生がいたかな。
ひとり一台のパソコンの前に座って、
「ジュリア集合」の画像を見ていたの。

あたしはさー。
ジュリア集合より、「マンデルブロ集合」の方を期待していたんだけど、
まあいいわ。
(↑遅れて入れてもらっておいてなんという・・・)

教授はニコニコして、おっしゃった。
「フラクタルな図形は、どこまで拡大しても、自己相似な形がずっと続きます」
みたいな事を・・・(←ごめん、ハッキリ覚えてない・・・)
だから、ずっとずっと拡大していって、好きな色と形が出てきたら、
その部分をカラー印刷するので、決めた人から言ってください、と。

あたしはね。
うん、そんな事、どうでもいいの。
好きな色と形なんて、どうでもいいの。

もっと、詳しくフラクタルの事を聞きたかったの。
だからちょっとがっかりしたわ。
(教授、ごめんなさい。あ、あたしたちが行く前に説明してたのかな?
でもそんな雰囲気じゃなかったわ)

だから、ちょー適当に、数回拡大してパパッと決めちゃって、
「はい、これで」みたいに、適当に言ってたら、教授に、
「えっ、これでいいの?」って言われちゃったわ。
あはは。
うん、適当でいいんです。

ほかの高校生たちは、ものすごく真剣に「好きな形」を選んでいたよ。
だからだいぶ時間がかかってたんだけど、その間に教授は、
ちょっぴりフラクタルの事を教えてくれた。
それは、

「その画像ってねー、本当は3次元じゃなくて、2.7次元くらいなんだよねー」
という、つぶやきのようなひとこと。

あたしは聞き逃さなかったわ。
(気になったけど質問はしなかった)

ちょっと目が飛び出そうになったわ。
3次元じゃないんだ!?
3次元未満!
そんな次元があるんだ。
質問したかったけど、こどもを差し置いてできんな、と思っちゃって
(過保護の親バカなので)印刷されたジュリア集合画像を握りしめて
ありがとうございます とにこにこ挨拶して、帰ったわ。
そのあと、ずーっと 約2.7次元が気になっていたの。
ぐぐって 約2.7次元の事を調べたのは、わりと最近になってからだよ。
posted by 辰多みか at 23:57 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

右肩のプレアデス

プレアデスは、日本では すばる と呼ばれている星団の名前だよ。
あたしが小学生の頃、星に興味を持つきっかけになった星団なの。
秋の夜、10時ころ帰ってきたおとうさんをむかえに(夜遅かったから
心配だったんだろうね)
庭に出た時、目に飛び込んできた星なの。
その時、すばると一緒に、オリオンの三つ星も見たよ。
それから星が大好きになったんだ。
来る日も来る日も、百科事典の、「天体・気象」ばかり見ていたよ。
(気象には興味は無かったけど一冊の本だったから)

すばるは、おうし座にあるんだよね。
おうし座は、形がとてもわかりやすい星座で、
V字型になった星の並びが、牛の顔と角の部分で、
目立つ赤い星 アルデバラン が、牛の右目なの。
顔の所には、すばるとは別の散開星団があって、
ヒアデス という名前なんだよ。
昔の日本では あめふり と呼んでいたの。
中国でも あめふり と呼んでいるらしいよ。(漢字はわからない)
すばる と あめふり の事は、 浦島太郎 (「風土記」の 浦・嶋子)のお話に出てくるのよ。
(なぜ あめふり かというと、この星団に月が掛ると雨が降る らしいから)

おうし座の顔が、あめふりぼしで、
おうし座の肩にあるのが、すばるぼし なの。
絵で見ると、左肩 だね。


あたしは、おひつじ座生まれなんだけど、

ある日、突然、

おうし座になった。

「!!??」
こんな感じになった。

(あはは。何日生まれかわかっちゃう)

それまでは、おひつじ座だったのに、
突然「あなたは今月から、おうし座です」こう、雑誌に宣言された。
その雑誌とは、少女誌 なかよし だったんだけど、
たぶん、ほかの雑誌でも、同じだったんじゃないかと思うよ。

なんか、12星座のきめごとが変わって?、
変わって、というか、厳密化されて?、
その日生まれの人は、おうし座になったの。

なんか、「やーん」て思ったよ。
だって、おうし座っておひつじ座より、可愛さが少ない気がする。
いや、あくまで、気 ね。
すばるがある星座だってわかってたけど、
「いやーん」って思った。
だって、ずっとおひつじ座といわれてたわけだし。

でもね、
あたしは実は、「その日」生まれではなかったのだ。
昔の人にありがちな、親の都合の良い後ろの日に、誕生日を設定できる、という、
そういう誕生日設定のシステムが使われていて、あたしの誕生日は、
その日が本当の誕生日じゃないの。もっと前なの。
だから、あたしは正真正銘、おひつじ座なのだよ。
ちょっといやーんて思ったけど、すぐ頭を切り替えて、
それからずっと、あたしはおひつじ座でとおしているよ。

でね、あたしの右肩には、うまれつき、散開星団みたいな
ほくろの集団があるの。
集団全体の長さは5センチくらいで、結構目立つのよ。
みようによっては、すばるにも見えるよ。
だからもし、あたしがうまれた時から、12星座のきめごとが今と同じ設定だったら、
あたしは、肩にすばるがある事だし、「おうし座」と、堂々と言ってただろうね。
まあ、おうし座は左肩で、あたしは右肩だけれど・・・
あたしがもし記憶喪失になって行方不明になっても、
この目印で絶対探し出せるよ、とおかあさんが良く言っていたわ。
(もしあたしが行方不明になったら、この目印で、探してね)
posted by 辰多みか at 11:35 | 自分 | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

限界を超える

毎日の予定が
あたしの限界を超えてる。
もう日にちもわからないくらい。
(今日、何度も日付を確認したのに、ひとつの事について
一日間違えてたわ。
つまり明日やる用事、と思ってやらなかった事が
今日だった!! あー↓
ごめんね、ごめんね、がっかりしたでしょう と思って
心ぐるしい。)

もうもうもうもうもう 限界みたい
ここで毒吐く。
家庭で言っちゃいけないみたいだ。
(でも言うけど)

なんだろ。
あたしは今ものすごい窮地に陥ってるのに
すごく良い方向に向かってるとしか思えない。
なにこの感覚。
ただ流れてるという感覚。
ものすごい窮地なのにだよ?

だけど限界なのは事実だ。
しかも自分でそう仕組んでるみたいだ。
なにこれ。
posted by 辰多みか at 22:43 | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。