2013年09月01日

瞑想する目的C

ようやく本題が書けるわ〜。

@、A、B、という事で、ヴィパッサナー瞑想をやってみよう、と思い立った。
どういう風にやるかというと、
まず、座っても座らなくても、動いていても、よくて、
頭の中で考える事は、今自分が、何をしている、何を感じているか、だけ。

今ね、あたしは、パソコン打ってるじゃん。
書く、という動作は、手と同時に頭を使うから、瞑想には不向きなんだけど、
あえてやってみるとね、
あ、( )内は、補足説明ね。


画面の白い所を見てる。(あたしは一度、メモ帳に書いて保存してから
ブログにコピペしてupしているのだ)
膝の上の方がかゆい。かゆい。
顔もかゆい。掻く。
あら、いろんな所がかゆい。掻かない、かゆい。かゆい。(かゆい、と思い
続けていると、かゆくなくなるんだって!)
かゆいかゆい書いてたら、なに書くか忘れたわ。忘れた。忘れた。思い出す、思い出す、
(この、「今の実況中継」は、三回ずつ行うんだって、あたしは今二回しか書いてないけど)
そうだ書くぞ〜書くぞ〜、書くぞ〜って、書くぞ〜
・・・
みたいな。
(笑)

これを、一日中、やってみる。
やってみるのは、とても簡単で、いっぱい発見がある。
あたしは、ごはんを作っている最中とか、特に、いろいろ考えているみたい。
「思考の虜」になっているみたい。
それは、この瞑想をやってみて、改めて気が付いた事なんだ。

この、ヴィパッサナー瞑想を、始めてみるとね、
最初は、割と好調に、今の自分の実況中継ができるんだ。
ごはんを作っている時、
右手、包丁。切る。切る。左手、きゅうり。おさえる。
ボウルに入れる、入れる、落とす。入れる・・・

と、ずっとやっていくわけなんだけど、
途中で、必ず「思考」に捕まっちゃうんだ。
つまり、「自分の今の実況中継」するのを忘れちゃって、
過去の事の反芻ばかりで、頭がいっぱいになっちゃうの。

あの時、言われた事。
言われて嫌だった事。
言いたくて、言えずに飲み込んだ言葉。
妄想の中では言える、相手を打ち負かす言葉。
それに反応する、妄想世界の中の相手。

それを、延々と、延々と、頭の中で繰り返している。

はっ と 気付くのよ。

あ、実況中継するの、忘れてる、と。

あれ、あたし、こんな事、いつも考えてるんだー、と。
(自覚はいつもあるんだけどね)

そういう、思考が浮かんできたら、「ダメだ」とは思わなくていいの。

浮かんだな、で、OKなの。
そしてまた実況中継にもどる。

きゅうり。塩、塩、もむ。もむ。・・・

不思議な事にね、こうやって、自分自身を観察し続けると、
他の事に気が回らなくなっちゃうかも、と思っていたら、
まったく逆だった!

なんと、目は、他に向くようになって、
いつもは、気が付かない事、そう、食卓でもう食べている家族の、
お茶が足りないな、とか、おかずに手が届かないな、お皿を出そうとか、
そういうのに、ものすごく、気が回るようになった。
本当に不思議。

その時も、ずっと実況中継をしているのよ。
食卓、お皿、足りない、足りない、食器棚、右手、開ける、出す、出す。
右足歩く、左足・・・

いかに自分が普段、思考に囚われていたかが、わかるようになった。
思考に囚われている最中、じっ・・・と考え込んでいて、
それも、もう済んでしまった過去の事ばかり、恨みのエネルギーとか
そんなのがモヤモヤ出てるような過去の記憶を、する必要もないのに、
もう一度頭の中で経験しなおしているのよ。
そんな時は、家族のお茶が足りない事とか、いっさい、気が付かないの。

それが、瞑想 してみて、最初に気が付いた事なんだよな。
あと、まだ、気付いた事はいっぱいあるんだよ。
Dに続く。


posted by 辰多みか at 11:31 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

瞑想する目的B

さあ、今度こそヴィパッサナー瞑想まで行けるかな〜?

@とAは、今のあたしの状況説明で、いっぱいになってしまったわ。
あたしは今、悟り後の修行中だという事。

後回しにしてきた宿題(「ノー」と言う事)が、いよいよ後回しに
できなくなってきて、(いや、一生後回しにしても別にいいんだけれど)
生活に支障が出るくらいになってきたから、具体的にいうと、「無気力」
になってしまったから、やっぱり後回しはよそう、と、ようやく重い腰を上げる気になったの。

いろんなhow toを読んだわ。
ネットで。
スピリチュアル的に後押ししてくれる言葉を探したり。
「発言小町」で、「あたし」と「響子さん」に近い例を探して、
世間一般の意見を見てみたり。

そんなこんなのネットの中で知ったのが、「アサーティブネス」。
これをやってみよう、と、思い立った。
少しずつ、やってみた。
少しずつ、状況が変わってきた。
ちゃんと、「ノー」が言えている。
ドキドキする事もない。
相手にどう思われるかが、まったく気にならない(今まではそれが一番の気の遣いどころだったのに)。

それでも、まだまだ、how toが足りないみたい。
至福に、到らない。
どこかが、間違っている。

「自我」ってね、
「私」と「あなた」を仕切るものなんだよ。
だって、あたしたちはもともと、大きなひとつ なんだから、
自我がなくなっちゃうと、自分以外と、ひとつになってしまう。
境が、なくなってしまう。

自我は、それが怖い。
無くなるのが、亡くなるのが、怖い。
本当に、怖い。
だから、「あたし」に、いっぱい嘘をつく。
「あたし」というのは、自我の上層の部分の事、
すなわち、「本音と建前」の事。
別の言葉でいうと、「下心とうわっ面」の事。

「本音と建前」は自覚できるけれど「自我」は自覚できないの。
無意識下にあるの。

あたしたちは、その自我の嘘に、一生惑わされながら、生きていくんだ。
あたしは、その「嘘」を見抜く目が開いたのに、
「嘘」だって、ハッキリわかるのに、それでも惑わされ、そこから抜けられない。

そうそう、自我ってね、私とあなたを区切るものだから、
数字で表すと、「ゼロ」なんだよ。
大きな「1」・ワンネスに、切れ目をいれるの。
その切れ目が、ゼロって事なの。
そうするとね、切り出された かけら は、「1」になるんだよ。
大きさと形は、どうでもいいんだ。
どうでもいいけど、「1」なの。
濃度 1 って、事だから。(この場合、1 が最高値ね)

そう、あたしは、後回しにした宿題をどうやって終わらせたらいいか、さらにネットを探した。
本を買ってもいいんだけどね、どれを買っていいのかわからないでしょう。
だから、ネットを探した。

そうして答えを見つけたよ。
見つけた答えは、驚愕のシロモノだった。
少なくとも、今のあたしにとっては、救いようのない答え。


「悟りなさい。」


それが、答えだった。

悟り後の修行中の身で、苦悩を無くす方法は、「悟ること」。



できーん!

だって悟ったもーん!

そこ通ってきたもーん!


じゃ、じゃあ、あたしの悟りは悟りじゃなかったのか?
いやいや、あれほど、確実な手ごたえは、きっとこれからも無いよ。
たった一瞬、垣間見ただけだったけど、あれは真理だった。
でも、至福も体験してないし、白隠さんは何度も悟ったというし、
まだまだこれから、続きがあるのかな?
そういえば、一瞬で、終わってしまった。
あの状態を思い出してみたいんだけど、どうすればああなれるのか、思い出せない。
そう、たぶん、一生悟り状態でいられるならば、きっと、ずっと、こんな苦悩はないかもしれない。

そう思って・・・
いろんな悟り系ブログを見ると・・・
みんな、瞑想 してる・・・

悟った人たち、こぞって、瞑想してる・・・
あるブログでは、「悟り」状態は、3カ月くらい、
意識的にその状態にして、定着させる必要がある、との事だった。
脳の筋トレなのか。
そんなの知らなかった。

だから、瞑想 をしてみようと思ったのよ。
だけど、how toが、わからーん。
ネットで読んでも、いまいちよくわからない。
誰かに教えてもらわなければ、わからないのか?
たまたま見ていた、阿部敏郎さんのブログで、今度本が出る、という情報を読んだ。
瞑想CDが付いているんですって。
わー、これだ。と思って買ってみたけど、やっぱりいまいちよくわからない・・・というか、家でできないタイプのやつ!
山にひとり(いや別に山じゃなくてもいいんだけど、周りに民家がなくてひとりになれる所)こもらなければ、不可能っぽい。
6人家族で自営業のウチでは、絶対、ムリ。

光明が見えたと思ったのに、ちょっとしょぼーんとなったわ。
それで、しばらく、瞑想について探していた。
そこで見つけた ヴィパッサナー瞑想。
これ見つけたのは、ほんの数日前なんだけど、
数日やってみて、いっぱい、発見をしたわ!
これはすごいって、コレに限っての事じゃなくて、瞑想すごいっ て気が付いたわ。
という事で、ようやくヴィパッサナー瞑想までたどりつけたので、
次は、いよいよ「瞑想する目的」を書こうと思います。

posted by 辰多みか at 00:54 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。