2013年09月20日

天照らすB

…これは「天照らす@」 A」のつづきです…


外には誰も いない。
地下には無かったと思っていた部屋が ある。

有ると信じていた事が無くて、
無いと思い込みたかった事が、有る。
これほどの絶望はありませんでした。


あたしは、扉を開け、
暗い、恐ろしい、地下を、見てみました。
目を開けるのもやっとのはずだけど、
絶望しているからか、目を開けて、じっと見つめました。
階段は、螺旋階段でした。

地下室は、B1 B2 B3 と、地下3階まであるようでした。
怖くて、最初の一歩がなかなか出ませんでした。
ひきかえそうか、と思いました、
そういえば、過去、何度かこの階段を降りようと思った事がある。
階段があるのさえ気付いていないと思っていたけれど、
無意識に、カーペットをめくっていた事が、何度も、ある。
でも、その度に怖くて、すぐにやめてしまった。
死んだ方がまし とさえ思った。
病気だから降りられない と思っていた時もあった。
神様どうかあたしを病気にしてください、と、神に祈った時も あった。
そうしてすぐ、地下へ続く扉の事は、記憶から消してしまっていました。

けれども、
絶望したら、
一歩が踏み出せて、
あたしは、階段を、猛スピードで、駆け下りてしまった。
自分でも止められない。
怖いはずなのに。

地下室は、
汚くて、臭くて、あまりにツーンとした刺激臭だから、
涙が、
あふれてあふれて、
そして、うわぁーーーッと叫びながら、駆け下りていきました。

そこ、B1F(地下一階)は、
地上一階の「たてまえと本音」の部屋ではなく、
「本性」の部屋でした。
見たくなかった。
死ぬまで、見たくなかった。
死んでも、見たくなかった。
認めたくなかった。
「本性」をどうしてもどうしても、認めたくなかった。
・・・絶望したことで、「本性=封印していた自分」が存在
していた事と、その存在を「どうしても認めたくなかった」事に、気づいた。

B1Fの部屋の壁いっぱいに、
映画のように、
過去の映像が映し出されて流れていました。
それはただの映像ではなくて、
痛みや冷たさや苦しさの、
感触も感覚もある、
まるで立体のような、いや立体、いや実体の
とてもリアルな映像でした。
その主人公は、「あたし」。

その光景は、
まるで、
走馬灯のようでした。
そう、人間が死ぬ時に見るという、走馬灯。
あるいは、
死んでから閻魔様の元で、否応なく見せつけられるという、人生のフィルム。

そう、あたしは死んでから見るはずの、自分の今までの人生を
すべて記録したフィルムを、生きながらにして、全部、見てしまった。


恥ずかしかった。
悶絶するくらいだった。
目をそむけたいのに、見えない力に固定されて、
映像から目が離せない。


映像に映し出されていた あたし。

認めたくなかった。

本当に認めたくなかった。

死んでも認めたくなかったけれど、

その本性は、



性悪 でした。




表に向ける顔は、いい人ぶっていたけど、
そのいい人を支える根底、本性は、
「性悪」 でした。

あたしは、その、今まで目をそむけていた「性悪」な自分、
亡き者にしていた「性悪」な自分、
なにか出来事が起こるたび、自分から切り離して捨ててきた
「性悪」な自分と、
対面しました。

切り離して捨てたつもりだったけど、
「ここ」に、居たのか。
何年も、この汚いおぞましい地下に
閉じ込められていたのか。
誰でもない、この「あたし」によって。
あたしがあたしの半身を。
嗚呼。


・・・つづく→C


posted by 辰多みか at 21:58 | 悟るまでの道 | 更新情報をチェックする

天照らすA

…これは「天照らす@」のつづきです…




ひとつ、というのか、あたしの部屋を覆っている、殻のような空間の内部が、
一面、鏡でした。


そして、鏡の殻の向こうには、同じような戸がある部屋が、
いくつも、うっすら透けて見えて、
しゃぼんだまみたいに、空間にぎっしり浮かんでいて、
隣の部屋は、あたしの部屋の壁に、
鏡でできた空間の壁に、
ドーンドーンと、ぶつかっていました。
すべての部屋が、近づいたり離れたり、ドーンドーンと、ぶつかっているだけでした。
その音と振動は、はじまる事も終わることもなく永遠に、ただ、ぶつかって音を出す だけでした。

そこには、ヒトが、生物が、誰もいませんでした。


あたしは怖くなって、すぐに戸を閉めました。
おかしい、おかしい、おかしい・・その時からずっと、
あたしの頭の中に、疑問が湧くようになりました。

戸の外に誰かいると思っていたのは、妄想だったのか?
あたしは、この世界にたったひとりで、
はるか以前からひとりで、そしてこののちも、ずっとひとり。

ひとりだから寂しいとか孤独だとかという意味ではなくて、
ひとりで完璧で、ひとりで幸福で、ひとりで「この世界」のすべて。
あたしはたったひとりだけれど、「この世界」=あたしの世界 には
「あたしの世界に存在する、あたし以外の、他の人たち」もちゃんといる。
「あたし」が笑顔になれば、「他の人たち」も笑顔になる。
「あたし」が不機嫌になれば、「他の人たち」も不機嫌になる。
ただ、映っているだけ。
あたしが、伝染 しているだけ。
ドーンとぶつかる振動は、あたしが笑顔になれば、心地いいものになり、
あたしが不機嫌になれば、恐ろしいほどの衝撃・気持ちが悪い揺れ に感じる。

そうなの?
あたしが世界なの?

あたしはそんな疑問を胸に、部屋の中を見回してみました。
部屋の中には、あたしがしてきた事・感じてきた事の各シーンの写真が
壁一面に貼られていました。
全部、「いい事」のシーン。
見た目が「いい事」
かっこうが「いい事」
倫理的に「いい事」
正義感という意味の「いい事」

なぜ、こんな「いい事」がいっぱいの部屋なのに、暗いの?
あたしはこの「いい事」を積み重ねてきたのに、なぜこんなに息苦しいの?
その「いい事の写真」は「たてまえ・表の顔」を映した写真ばかり。

部屋の片隅には、「本音・下心の写真」を入れてある箱があるんだけれど、
その箱からは「暗い闇」は感じられませんでした。


「暗い闇」は、なんと、地下から立ち昇ってきていました。
あたしは何年もこの部屋に籠城していたのに、地下室があるのに気が付かなかった。
いえ、たまに、とてもツーンとくる匂いがして涙が出たりしてたので、
この下になにか有るな、とはうすうす感づいていたけど、
汚そうで臭そうで怖そうで、見る気に、まったくなれませんでした。
息苦しいのは、もしかしたら地下から何か出ているせいかもしれない。
そう気が付きはじめました・・・

あたしは、
「鏡」が外にある「あの戸」が開いてしまうと困るので、
戸のロックをしっかり確認して、バリケードも頑丈にして、

そして、

床に敷いてあるカーペットに、おそるおそる、手をのばしました。
衝撃の事実を知る時間が近づいている事に、震えあがるほどの恐怖が襲ってきました。
何度も、めくるのをやめようかと思ったけれど、その時、そのタイミングが、
どこか彼方からやってきました。
それは自分のコントロールを超えていました。

コントロールできない、見えない力で腕を動かされて、
とうとう、カーペットを、自分の手でめくりました。
そこには、地下に繋がる階段の扉がありました。


あたしは、
絶望 しました。



・・・つづく→B
posted by 辰多みか at 00:43 | 悟るまでの道 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。