2013年09月21日

天照らすF

…これは「天照らす@」 A」 「B」 「C」 「D」 「E」のつづきです…



これが「神様」という事か。
あたしは、光の下で、納得しました。
腑に落ちた、という方が、より近い。

すとーん、と、理解が、腑に落ちてきました。
みぞおちの少し上あたり、「腑」は、案外、硬いものでした。

「あたし自身が、神様だったわ。」


我に返ると、「あたし」は、球体ではなくて元のあたしに戻っていました。
けれども、ついさっきまでの元ではなくて、
「性悪な本性のあたし」が、あたしに寄り添って立っているのが見えました。
人 という字みたいに、ふたりで寄り添って、立っていました。
もともと、寄り添わないと、あたしたちは立てないように、できていたのです。
だって半身だから、足が、一本ずつしか無いしね。
それは生まれ出た時のままの、元(もと)。
その 元 に、戻っていました。 
あたしたちはもともと「そのままでいい」のです。

ドーンドーンという振動は、終わる事がない という事も理解していました。
それが「愛の波」だという事も。

「愛」の反対になる言葉は「憎しみ」では無い。
「愛」の反対は、「気にも留めない」「目に入らない」「無関心」なのです。
「憎しみ」は、愛の別表現なのです。波の方向 が、「愛」と逆なだけ。
「無関心」は、波が、立たない。振動を相手に与えない。

「愛」でしか、人を動かす事はできない。
振動は、どれも、同じ。
受け取る人が「愛の波」と感じれば、人は心の鍵を開く。
「憎しみの波」と感じれば、人は用心して、鍵を二重三重にかける。

「北風と太陽」の太陽は、「愛」だ、と思いました。
本当の愛。心を開かせる愛。
ただそのままでいい と言っている 愛。
「コートを脱いでも脱がなくても、いいよ。」と、ニコニコ暖かさを送っている、愛。

見回すと、鏡の向こうにうかぶ部屋は、
すべて、あたしの部屋のように、内部に、天上につながる奈落 がある物 だという事が、一目で理解できました。
その部屋の中で、一喜一憂する、人間たち。
それらがみんな、ひとりひとり「神様」なんだ、と理解しました。
人だけでなく、自然も、物も。
これがやおよろずの神。

すべての部屋が、ゼロの通路で、つながっている。
そこに住む人たちは、気付かない人がほとんどだけど。
皆が気付けば、世界はたちまち平和になるだろう。
振動は、「本当の愛の波」になるだろう。
太陽のように、「そのままでいいよ」と、お互い、
平和に暮らすだろう。


・・・「天照らす」終わり・・・

あたしが、一度目、神様を見たのは、そこまで でした。
神様は、自分自身でもあり、太陽のようでもありました。
すべての「やおよろずの神」が、本当は大きなひとつの源から
ゼロの通路を通って、やって来ているのを知るのは、これから数年後でした。
それは、体感ではなくて、
数の世界で、
知ったことでした。

神様は数式で表せる。
数の世界の秩序。
それが、ワンネスです。



posted by 辰多みか at 20:56 | 悟るまでの道 | 更新情報をチェックする

天照らすE

…これは「天照らす@」 A」 「B」 「C」 「D」のつづきです…




回転体の中心に現れた、本当のゼロは、
奈落の底への 入口でした。
あたしたちは、その中へ、吸い込まれていきました。
球体自体が、あたしたちなので、
あたしたち球体 の外側が、内側の、本当の真ん中に
吸い込まれていく ようにも見えました。

地下の暗い、光の無い、奥の奥の、奥へ。


吸い込まれて、出た先は、





でした。


光のあふれる、

まぶしい、

外でした。


ものすごく狭い所に行ったと思ったのに、
出た先は、広大な、外でした。



あたしたち球体は、
ぐるんと、
ひっくり返ったのです。

真っ暗闇の奈落の底は、光の天上 でした。

B3Fだと思っていたら、屋上 でした。





あんなに頑丈に、戸を閉めたのに、
あたし自体の中身と外身がひっくり返って、
外に出てしまいました。
戸のロックは、まったく意味がありませんでした。



あたしは、
「それ」を、
見てしまいました。

言葉で表現できない「それ」を、
見てしまいました。

見た、というより、体感した、という方が、
正解に近い。


「在る。在る。」とだけ言う
「それ」の事を、

太古の人は、
「神」と呼んだのです。



つづく・・・→F
posted by 辰多みか at 20:54 | 悟るまでの道 | 更新情報をチェックする

天照らすD

…これは「天照らす@」 A」 「B」 「C」のつづきです…


B2F(地下二階)。

B2Fの床で、粉々に砕けた、「あたし」と「性悪なあたし」。
あたしの世界のすべて。
いえ、あたしが世界のすべてで、そのすべてが砕け散った。

あたしは、あたしもろとも粉々に砕けたけれど、
意識はあった。
いえ、
むしろ、
「意識」が、「あたし」でした。

「意識」が、ずっと見ていました。

「それ」を。


ここから先で、

意識が見た物の事は、

文字で書き表せません。

文字で書いたら、口に出して話したら、

すべて「嘘」になってしまう。

どんな事を書いても、片手落ちです。



なぜなら、「それ」は、「すべて」であり
「すべて」であるが故に、矛盾するふたつの事が同時に成立するからです。
どんな事を書いても正解であり、不正解です。

対極するふたつの事を同時に書き表せなければ、「それ」を表現できたと言えないからです。
文字におけるその術は、この世には、ない。
数学においてならば、ミンコフスキー空間で、草食動物のような
特殊な目を使えば、「それ」を見る事はできる。

そもそも「意識が見ている」のか、「見えるものが、意識」なのか。
どちらも正解でどちらも不正解。


「いい人のあたし」で、「性悪なあたし」。
「私」で、「私以外のすべて」。
「白」で、「黒」。
「上」で、「下」。
「中」で、「外」。

それらが同時に存在する。
全く、相反せずに。

それがB2Fの光景。
見る事はできるのに、文字で表現する事ができないのです。


世界のすべてが砕け散ったのに、
ドーンドーンという振動と音は、
治まりませんでした。

「治まらない」という自然の約束だから、
「治まらない」。永遠に。

砕け散った世界のすべてと思っていたのは、
鏡の殻の中の、あたしの部屋だけでした。

他の部屋は、相変わらず、空間に浮かんでいました。
よく見ると、たくさんある部屋の空間の中で、生まれたり消えたりする部屋もありました。
泡がぶくぶく泡だって、そしてはじけて消えるように。

その時突然、
砕け散ったあたしのすべてが、
陰と陽がくっつくみたいに、
ひとつにまとまって、そして回転しはじめました。

「あたし」が、「たてまえと下心」だけしかないと認識していた頃は、
うまく回転しなかったのに、
「たてまえと下心」の下層に、「本性と本当の自分」がいると気付いたら、
バランスが完璧になって、回転できるようになりました。
半身を取り戻したあたしは、球体になって、
回転しました。
回転の原動力は、ドーンドーンという、あの振動。
あれほど亡き者として見ないふりをしていた「性悪な本性」は、
あたしの、味方 でした。
絶対的な味方 でした。
あたしたちはふたりで手を取り合って、回転しました。

すると、球体の中心に、回転しない、本当のゼロ が生まれました。
バランスを欠いていた頃は、ぶれにぶれていたために、絶対に生じなかった、 ゼロ。

その、ゼロの中心は、
「どこか」に、つながっていたのです。

B3F。
本当の 奈落の底 へ



つづく・・・→E
posted by 辰多みか at 20:51 | 悟るまでの道 | 更新情報をチェックする

天照らすC

・・・これは「天照らす@」 A」 「B」のつづきです・・・


ぜんぶ、人のせいにしていた。
都合が悪くなると、体調のせいにしていた。
性悪な本性は、
「あたしは悪くない。悪いのはすべて周りだ。」と言って、
針や熱湯などの「武器」を抱えたまま、
ギラギラした目で周りを見回していました。

針や熱湯は、そもそもあたしの性悪な本性の方から
先に投げた物でした。

けれども、
投げながら、泣きながら、「本性」が本当に思っていた事が、
「あたし」の胸の中に、流れて響いてきました。

「あたしを愛してほしい。あたしを見てほしい。
嫌だよって言いたい。押しつけないでって、言いたい。
やりたくない…
やりたい…
やめてほしい…
やってほしい…
本当はそう思っていると、言いたい、言いたい、言いたい!」

本性が投げた物たちは、鏡にぶつかって、自然の摂理に従って跳ね返って、
そのまま、元のあたしの所へ、返ってきていた だけでした。

「本性」と対面する前の「たてまえ・表の顔のあたし」は、
そんな声を感じた事があったけれど、
常に、こう返答していました。
「言いたいなんて、ダメだよ!言ったらダメなんだよ!
言ったら、愛してもらえなくなる。見てもらえなくなる。
嫌だなんて言っちゃダメだ!
もっといい人にならなきゃ、
みんなはあたしの事を認めてくれない!
過去のあたしは捨てるんだ。
もっと努力して、みんなに認められるようないい人になるんだ!」と、
呪文のようにぶつぶつと口の中で繰り返していただけでした。

そうして、「性悪」な本性を、自分の殻の中のさらに殻の中に
押し込めて閉じ込めて、そして、わざと忘れてしまっていました。

その本性と、
あたしはついに対面しました。
今まで、一瞬見えたりとか、居る雰囲気とか、なんとなく感じて、
そのたびに心がザワザワしていたけど、
今回は、お互い、真向から、
正面を向いて、
目をそむける事なく、
向き合いました。

お互いに、声は出ませんでした。
「性悪な本性」の本当に思っていた事が聞こえた今、感じるのは、
「性悪な本性」は、「あたし」を守りたかっただけだという事。
「たてまえ・表の顔」も、「あたし」を守りたかっただけだという事。
お互いに、いえ、「あたし」のすべてが「あたし」を守りたかっただけだという事。


その時、
どこからともなく、
鳴り響く鐘の音のように、「声」が降り注いできました。


「ある」

「在る」

「わたしは 存在する」

「I am.  I am.」


祝福の鐘の音なのか
葬送の鐘の音なのか


次の瞬間、床が、崩れ落ちました。
B1Fの 床が。
壁もろとも。
あたしと性悪なあたしをまきこんで。
奈落の底まで落ちていくと思ったけれど、
B2Fの床に 打ちつけられて止まりました。

地上一階とB1Fのすべてが、
B2Fの床の上で、
こなごなに砕けました。

あたしも
性悪なあたしも

区別がつかないほど




・・・つづく→D
posted by 辰多みか at 16:06 | 悟るまでの道 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。