2013年09月22日

NHKスペシャル「神の数式」第二夜


見た見た〜♪

昨日のは、知らない事や人とかいっぱいでてきて、
あたし大丈夫?と思ったけど、
今日のは80%くらいは知ってたわ。よかった〜(笑)。
だいたい超弦理論の話だったわ。
でも昨日と同じく、今まで数式自体は、すべてスルーしてきてたので、
今日初めて、まじまじ見たよ。

この世は、4次元 て、番組内で言ってて、
それは、番組の間違いではなくて、「正解」なんだけど、
視聴者は、あれ?って思わなかったかなぁ。

「4次元時空」 って言ってほしかったんだけどな。
(番組の中では、ただ単に、「四次元」 とだけ言ってたよ。
昨日も、「重さ」と言ってたり、いろいろあいまいだった。)
「???」てなった視聴者も多かっただろうな。

あたしたちが今、現在、住んでいる(目に見えている) 次元は、
NHKが言ってたとおり、4次元 なんだよ。

でもそれは、ユークリッドが言ってた、3次元に同じ性質の軸を
一本足した、「4次元空間 よじげんくうかん」ではなくて、
アインシュタインが言ってた、3次元に時間軸を足したというか掛けた、「4次元時空 よじげんじくう」。
ユークリッドの4次元空間は、数学者が大好きなタイプの次元なの。
あたしたちは、ユークリッドの次元の空間には、住めないの。
死んだら、きっと住めるよ。
死ななくても、生きてるうちだったら、悟った時とか。
瞑想に深く入った時とか。


昨日に続いて、今日も面白かったけど、
ひとつ、どうしても腑に落ちない点があった。

番組中に、何回も出てきたけど、
1/0=∞ と言ってたよ。
いちを ゼロで割ると、無限大 と 言ってたよ。NHK。

ダメだろ〜!!
それダメだろ〜〜!!

そのゼロは、極限のゼロだろぉ!
(ゼロに限りなく近いけれど、ゼロではない、「勘違いのゼロ」)
物理学とか言ってるけど、数学から持ってきちゃったよ。

まあ、答えが無限大でも・・・あたしは別にいいんだけれど。
むしろ無限大でも解無しでも、どっちでもいいんだけれど。
そういう、ワケわからん答えが出るって所が、素敵♪
そうこなくっちゃ。ブラックホール。
ワケわからん答え、そこが、生命の秘密だってば!
気が付いて!気が付いて!
物理学者たち、悟って〜〜!

無限大を記述できなければ、いのちを記述する事はできないってば!
あたしたちの目を通して見ている、その「人」は、誰?
番組でいう「神の数式」は、まだ発見途上だと思う。
今まで見た事も(凝視と言う意味で)なかった数式を目の前にして
何をいう、とか言われちゃいそうと思うけど、あたしは、まだまだ足りない、と思うよ。

ホーキング博士が、ビッグバンは虚数時間ではじまった
と言うかと思ったけど、言わなかったな。
あたしは、過去にNHKスペシャルでやったと言われる、
「リーマン予想」の回を見てないから(やってたのを知らなかった)
次は、その辺を、バージョンアップしてやってほしいなぁ。
量子力学とか虚数とかも、やってほしいな。

追記
※→第1回♪
※→数式の「答え」を書いてみた♪


posted by 辰多みか at 23:52 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

NHKスペシャル「神の数式」


見た〜♪

こんな番組やるのなんて知らなくて、
今日の昼に、NHKの番組コマーシャルで初めて知って、
ワクワクして、見たよ〜。
「ダイオウイカ」以来の、ワクワク。
書いて溜めてた前記事の「天照らす」シリーズを、
番組始まる前に一気にupして、
テレビにかぶりついて見たよ。
(「天照らす」、結構あたしとしては力を入れて書いたのに…
扱いが雑になってしまったわ。)

「神の数式」! ナイス! 今のあたしにどんぴしゃ(笑)!

数式自体がわからなくても、物理学者たちが、何がしたいのかは、わかった。
わかりやすかったよ。あたし全然わかってなかった!と、思ったよ(笑)。

「強い核力」と言っちゃうんだ。あたしは核力はちょっと違うと思うな。
「強い力」で良かったのに。
視聴者が、「えー」と思えば、ネットで検索して、
物理学に興味を持つ人が増えたかもしれないのに。

知らない事が、いっぱいあった(笑)。
事っていうか、人。知らない人、いっぱいいた。
オッペンハイマーさんて、知らない…イケメンだったわ。
素粒子の数式は、スルーしてたから、はじめてまじまじ見たわ(笑)。
やっぱり数学を一から丁寧にやり直さないと、と、改めて思ったわ。

ヒッグス粒子の数式は、「汚い」んだね。
トイレとまで言ってた。
あたしは、この現実の世界は、美しくない と思ってるから、
これで、いいんだと思うよ。
美しいはずだ、という思いを、捨てないと。
美しいのは、数の世界の中だけで、この苦しみの現実の世は、きっと、美しくない。

自発的対称性の破れは知ってたよ。
もしかしたら、「神様」が「完璧な美」でいられなかったのは、
「自発的対称性の破れ」のせいで、それは必然的な自然現象だったかもしれないね。
で、ヒッグス粒子は、「自分」の、認めたくないけれど確かに在る「陰の部分」
「本性の部分」、「自我の部分」、「エゴの部分」なのかもしれない。

番組では、この数式で神・世界を記述できるかも、と言ってた。
あたしは、できない〜〜
できないと、思う〜〜。

ぜ っ た い に で き な い (←何)

なぜかというと、「無限大」を回避しているから、
生命の秘密が、記述できない。

無限大と無限小とゼロのところに、生命の秘密がある。
イコール、神様の 秘密。
あたしたちの「死体」だったら、この数式で記述できるかもしれない。
ただの「物質」だったら、記述できるかもしれない。

あたしは前々から、神様は数式で表せる、て書いてるけど、
「ひとつの数式」で、とは思ってない。
ひとつの数式で表せるのは、神様の、ほんの一部。
座標の上で、数式の答えを光らせてやれば、
そこに、一部分だけ、神様のシルエットが浮かび上がるのよ。
いっぺんに全体像を見る事は、できないの。

番組を見て、やっぱりそう思いました。
明日も楽しみ〜♪

追記
※→第2回も見た♪
※→数式の「答え」を書いてみた♪
posted by 辰多みか at 00:24 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。