2013年10月30日

やりたいことでもやりたくない

あたしがこの日記(ブログ)を書こうと思ったそもそもの動機は、
「悟り」の世界をかいま見て、それを書きたい、と思ったのもあるけど、
さらに、その世界が数の世界と同じ風景だ、と気が付いて、
それを描きたいと思ったのもあるけど、
一番?の理由は、たぶん、「やる気」がどこかに行ってしまったから、
探して見つけてあたしの元にもどってきてもらおう、というのが大きかったと思う。

あたしは計画を立てるのがわりと好きだったんだけど、
最近は、とても楽しい計画を立てても、

それを実行するのが、
ものすごく苦痛だ。
そう、とてもとても楽しい事でさえも。

イヤイヤイヤイヤ〜〜!って
心の中が叫んでる。

この前びっくりしてブログに書いたのは、
「おまえのいいなりになりたくない」って、あたしがあたしに言い放った事だ。
あの時は本当にびっくりしたな。

この日記を書く事さえ(これはいったんメモ帳に下書きしているのよ)
のばしのばし〜にしてネットサーフィンしてみたり、
ホントに書く気あるの?って、
自分で自分の心がとらえられない。
だって、早く書きたい!って思ってパソコンの前に座るのにだよ?

だから、
あたしは、もう一回、心の中に聞いてみた。
そしたら、なんか答えが返って来た。
それは、楽しい事でさえも、前もって計画してほしくないっていう事だった。
「今」「今」「今」、やりたいことを、いまやる。そうしてほしい、と。

その瞬間瞬間。
考えない。
やりたいことを、やる。
あとで時間があったら窓を拭こう〜とか、絶対ダメッ って「あたし」が言った。
そのあたしは、右耳の横にいる、かつてのインナーチャイルド。
前にね、あたしが、「もう好きな事していいんだよ」って、心の奥から
救い出して、言ってあげたインナーチャイルドなんだ。
あの時は、本当に、自分自身と一体感を感じて、とても不思議な気持ちになった。
あたしがあたしに重なっていた。
「好きなことしてもいいの?」ってインナーチャイルドは、言ったの。
「いいよ」って、あたしは言って、
そしてそれからも、「いいよ」「いいよ」って、ずっと言っているの。
そのインナーチャイルドが、「計画されたくない」って、言うの。

だから、そうしようと思ったんだ。
今日の事も、計画しないの。
今、したい事を、今するの。

そうやってすこしずつ、あたしがあたしになるんだ。
ほんとにすこしずつだな。




posted by 辰多みか at 16:14 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

響子さんと過去のあたしを許す

結局は、どうすればいいんだろう。
響子さんが、体を張って(ホントに文字どおり体を張って
病気になって)「わたしをかわいそうと思って」「がんばってる私を認めて」
「本当は私が正しい」「気にかけて」と、雰囲気で要求してくる事に対して。
含みと、嫌味と、卑下に見せかけた恐喝を、無限に繰り出してくる事に対して。
一番良い対処方法は、あたしにとっては、「いちもくさんに逃げる」なんだろうけど。
今現在逃げないあたしは、あたしとして学ぶ必要があるから逃げないんだろうか。

昔、あたしも同じような事してたよ。
熱が出れば、とても苦しそうにしてたみたいだ。
あたしは実際苦しくて、わざとやってる気はさらさらなかったけど、
母は、そんなあたしに、暖かい言葉をかける事はなかった。
「わざとらしい」「おおげさ」「その咳を聞きたくない」そう言われた。
悲しかった。
わかってもらえないと思った。
今思うと、なんで「わかってもらおう」なんて思ったのかなーと思うんだけど。
ただ、風邪をひいただけじゃんねー。
母は母で都合が悪い事があったのだろうけど。

必死な響子さんを見てると、
まず、「許せないな」と感じちゃうんだけど、
あたしの横の声は、言った。
横の声「響子さんは、もうバチがあたっているよ。自分の本心を隠して周りを
  コントロールしようとしてる事に対して。」
あたし「うん・・・。」
横の声「あのままだと、一生病気が治る事は無い。心から笑える日は来ない。」
あたし「うん、それはわかるけど、あたしが「負ける」事を、響子さんは望んでいる。
  バチがあたって病気が治らなくても、あたしが負け続ければ響子さんの望みは叶う。
  それでいいの?」
横の声「負け続ければいいんだ。与え続ければいいんだ。もとになるものは
  永遠に存在していて、尽きる事がないから。
  ほら、自分以外の人々が、すべて自分だ、というのを体験したでしょう。
  世界がキラキラ輝いたあの時。
  「あたし」が昔してほしかった事を、そのまま、響子さんにしてあげればいいんだ。
  「あたし」がかけてほしかった言葉を、そのまま響子さんに言ってあげればいいんだ。
  響子さんはその言葉で一時、心が満たされた気分になるかもしれない。
  だけどね、「あたし」がわかっている通り、それで人は満たされる事は、絶対に、無い。
  心を満たす事は、自分の心の内側から自分によってでしか、できない。」
あたし「響子さんが無礼な事をしてくる事に対して、渇を入れてもいいんなら。
  それさえも保障されなくて、負け続ける事はできない。
  切り札を持っていないと嫌だ。」


やっぱり嫌なものは嫌なんだな。
「それが嫌なあたし」でも、いいんだけどね。
状況は切迫しているのよ。
posted by 辰多みか at 15:51 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

タダと久々の響子さん

最近はね、響子さんの態度に腹が立たないんだ。
超怒りが爆発してたのは、4月が最大値で、
その後は、爆発的なのは無い。
ただ、わからんちんだから、モロバレなのに気が付いてないから、
嫌だな。とは、常に思う。

人って、自分を隠そう隠そうとすればするほど、周囲にバレバレなんだよ。
響子さんは、「私をかわいそうと思って」「私を認めて」オーラを出しつつ、
それをストレートに出してはいない!とかたくなに隠そうとするから、
隠しながらなんとか出そうとするから、ものすごく不自然で違和感があり不快だ。
あたしがそれに反応する所は、あたし自身の罪悪感。
エネルギーを奪われる。

なるべくもう話をしたくないから、いっしょになるタイミングは避けてるんだけど、
(本当のあたしの本心は、響子さんを悟らせる事なんだけど、
それはルール違反みたいなので)
響子さんはなにかと接触してくる。
まあ、毛穴からも「私をかわいそうと思って」とゆら〜んと出てるから、
無視するわけにはいかないでしょう・・・

そのたびにイラッとする。
あたしの罪悪感であり、「許せない」あたし自身に対する、がっかり感。

「許せない」
響子さんを。
「許せない」
あたしを。

またまた今日も多少イラッとして、もくもくと家事をしていた。

横の声「許せばいいじゃんね〜」
あたし「は?」
横の声「響子さんを許す。響子さんは、大変だね。つらいね。と言ってほしいの。」
あたし「そんなのわかってるよ。」
あたしの上からの声?は、右耳の横から聞こえるみたいだ。
(7月の花火の日も、右からだったし)
右の横から声が聞こえるけど、これはあたしの潜在意識なんだろう。
(スピ系では、イロイロ名前がついてるみたいだけどね)

あたし「本心を隠して、欲しいものを手に入れようとしてる態度が気に食わないの。
  響子さんがいろいろつらいのは見ててわかるよ。
  だけど普段以上に、わざと はだめだろ。
  そうする以上は、欲しいものは手に入らないよって、身にしみてわからせてあげないと。
  こどもだってそうでしょ。」
横の声「響子さんを許せないと、自分自身も許せないよ」
あたし「わかってるよっ。だから悟りの世界を見たのに、5年も苦しいんでしょっ。」
横の声「・・・タダなのにね〜」
あたし「はぁ?」
横の声「許すのはタダなのにね〜。お金かからないし。物質もいらない。言葉はあとに残らない。」
あたし「・・・うん、まあ。タダだね。」
横の声「タダなのに、これ以上に価値のある事はない。これ以上に力のある事は無い。
  タダだから、いくらでも、出てくる。尽きる事がない。」
あたし「・・・もしかして、"お金"も、タダなんだね。そうか。
  お金にピッタリ付いている"価値""豊かさ"は、タダなんだ。
  物質のお金は限りがあるけれど、"豊かさ"は、タダで、いくらでも出てくるんだ。
  もっというと、お金本体が無くてもいいんだ。あ、そういう事か。」
横の声「だから、出せばいいじゃん。出せばまた入って来るし。"許し"が。」
あたし「うん・・・やっぱり、まだできない。この事は、忘れないように、日記に書く。」

うん。タダだわ。
愛って、タダだったわ。
そうだね。
posted by 辰多みか at 00:49 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

モンスター・ムーンシャイン

今日はじめて聞いたこの言葉。
4年前、数の世界にどっぷり浸かってた日々に、見なかったのはなぜなんだろう。
出会うのが今という意味があるのかしら。
あの頃は数学というよりも物理寄りだったからかな。



ばかげた理論。
巨大なモンスター。
あたしが数式のむこうに見てるのは、これだな。

月の光を背に、逆光に浮かび上がる、巨人のシルエット。

うん、これだけじゃないね。ほかにもいる。
しかもいっぺんに全身は浮かびあがらないわ。


よし、だいたい予想はついてたけど、
有限群論と代数幾何と弦理論を勉強するぞ〜。
あ、弦理論は予習してある(笑)。
代数幾何は今、線形代数をやってる途中だ。
有限群?なんだっけ?今、イデアルっちゅうのがさっぱりわからん最中なのよ。
道は長いな〜。


有限群論
 モンスター
 ムーンシャイン予想
 頂点作用素
弦理論
 ミラー対称性
 モジュライ問題
代数幾何
 K3曲面
 自己同型群
 マシュー群
保型形式
 24次元

…先の長いメモ↑。


どぶろくで酔っぱらう怪獣。

目が散らないようにね。

posted by 辰多みか at 15:48 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

神はサイコロを・・・


アインシュタインの有名なことば


「神はサイコロを振らない!」←(ちょっとくってかかる感じで。笑)

「Der Alte würfelt nicht」


うんうん。
あたしは、神はサイコロを振るか振らないかは知らないけど、
「神自身がサイコロ」だと思うよ。

完全なランダム。
完全な乱数。
完全な不完全。

ていうか古代の人のもともとの言葉としては、完全なランダムの事を「神と定義」してるんだよね。
まずその現象が存在する、そしてそれに名前を付ける。「神」と。
posted by 辰多みか at 10:57 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

連鎖

陽だまりの中、掃除機をかけていると、
こどもの頃の事を思い出す。

光りながらまきあがる細かなほこり。
母が掃除機を軽々とかけているのを、うらやましく思いつつぼんやり見ているこどものあたし。

母が心の病になったのは、40代前半。今のあたしより若い年だった。

母の苦しみはその当時も見えていたけど、今のあたしから見ると、
もっと深い、苦しみの元、が見える。
それは、親から子へうけつがれてしまう連綿とした苦しみ。

「未熟さ」

年をとっただけでは大人になれないこと。

年をとったこどもが、こどもを産んで育てること。

「愛」という名を借りた依存。


心を病んだ母に殺されかけたけど、
(心中するつもりだったのかもしれない)
その当時も今も、その事については恨んでいない。
ただ悲しかっただけだ。

お掃除の仕方を受け継ぐのだったらいいけれど、
苦しみの元まで受け継いではいけない。
あたしは、気がついた。
ここで、断ち切る。
こどもに、受け取らせない。
「気がつく」ために、あたしの苦しみがあったのだろう、とも、思う。

あたしのために、自転車で買い物に行ってくれるという娘を窓の外に見ながら、そう思った。
posted by 辰多みか at 11:29 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

p進数 独学2日目


眠い!(笑)


(人は、高次元のものを見たり聞いたりすると眠くなるそうだから、きっとこれは次元の高い世界なんだわ)




タグ:p進数
posted by 辰多みか at 11:27 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

メモ p進数


p進数について、今のあたしの感触のメモ。(独学1日目)


中学生くらいが「数」として認識してる「数」とは・・・
0 1 2 3 4 5 6 …
連続している。すべての数。均一。同じ濃度。ひとつの数を塗りつぶすとすると真黒に塗りつぶす。


あたしが以前から感じてる「数」とは・・・
「1」の中身は、無限大。湧き上がる。が、境があるから「1」以上にならない。境はゼロの膜。
1と2は連続しない。接着しない。ゼロの膜に近い中身は濃度が薄い。「1」の中心が一番濃い。
塗りつぶすとすると「1」と「2」の境は色が無くてぼやけた感じになる。波に似ている。
駄菓子の「さくらんぼもち」の感触。
・・・この感触を表す用語が、数学界にあるかな。


p進数とは・・・
あたしが感じてる「数」を、ひっくり返したもの。外側を内側にしたもの。1/「数」。
1/p とは、p進距離 というらしい?(未確認)。あたしが感じている外側の濃度が薄い所が、
p進数では内側(中心)になる。中心にはゼロが有る。ゼロと無限大を内包する「数」がp進数。
p進数は、中心に穴があいている。そこから無限大が湧き上がる。
ドーナツ形。輪。環? 1と2の間に粘着力があるかないかは今の所感じ取れない。(そこまで
学習が進んでいない。) 塗りつぶすとすると中心がぼやけたドーナツ形だが外側はぼやけない。

p進数をひもでつなぐとネックレスができそうだな。


この感触は、学習が終わる時まで、「正解」のままいられるかしら。
(もし途中で「違う」と感じたらこの記事は消すよ)


ここまで学習一日目の手触り。
はやくp進数をモノにして、p進タイヒミュラー理論を読み解けるくらいになって、
望月新一さんのABC予想証明の論文を読み解きたいわ。
そしてリーマン予想を解いてみたい。







タグ:p進数
posted by 辰多みか at 10:45 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

前世とかカルマを見る話

毒を吐きますよ。
毒気を見たくない人は閲覧注意ですよ。

あたしは、スピリチュアルカテゴリーのブログが若干苦手です。
それなのにたまに見てしまうあたしに非があるのだけど、
目に入ってきちゃうものは、しょうがない…。
なぜ苦手なのか、考えてみると、悟りの世界によく似た知識 のみの人が多いからかもしれない。
一瞬でも悟りの世界を見た事がない人が多いから、かもしれない。
愛〜♪ありがとう〜♪許してください♪宇宙人★前世は武士☆プラーナ手から金粉オーブ★キラキラ★天使☆龍☆引き寄せ〜☆ごめんなさい♪

書いてある事は楽しそうだけどさ…。
ホントか?
ホントにそう思ってるか?
ホントにそう思って、言ってる?
呪文とか念仏とかと同じ作用の言葉だと思って言ってるって事、ない?
となえた見返りを期待してない?
ふわふわな、違和感。
もちろん感じてるのはあたしで、本人が「違う」て言えば本人の言うとおりなんだろうけど。

よく目に入るのは、前世がなにものだったか、とか、
前世のカルマがどうとか、前世の同じ空間にいたあの人が現世の身内とか…。
前世がどこかの星から来た宇宙人とか…
うん、だから地球が怒ってるとか・・・
そういう話がいっぱい…

あたしは、「前世」は否定しない。
むしろ有ると思う。
前世のカルマもあると思う。
前世が宇宙人だってことも、もちろん、あると思う。
龍だって天使だってイメージの中には居ると思うよ。

だけど、「それが、どうした。」って思うのよ。
あたしは。

今、現在の人生が、幸せじゃないから、前世療法とかやるわけで、
今しあわせだったら、そんなの、やる必要ない。
しあわせだったらそういう事知りたいとも思わない。
だってよぶんな記憶なんて必要ないじゃん。
今の人生でさえ、消したい記憶があるのにさ。

だから、前世をかいまみたなら、「原因がわかった」って、
さっさと次のステージにうつればいいと思うのよ。
この世でしあわせに、さっさとなればいいと思うのよ。
みんな現世でしあわせになりたいがために、いろんな事をやるんだからさ。
成功も失敗も。

スピリチュアルの摩訶不思議なファンタジックな、そういう所に
囚われて次に進めない人が多いように、あたしは感じる。
だから早く悟りましょうと、覚者は言うんだろうね。

なんだか、おなかがすいているのに、小麦粉をこねて、ちねって、ひとつぶずつの
お米の形にしてから、食べようと思ってるヒトみたいだな、と思っちゃうのよ。
(これは、捕ったどーっの黄金伝説の濱口優さんが作ってたチネリ米だよ。笑)
さっさと小麦粉でホットケーキでも作って食べればいいのに…



(と言ってるあたしも、やりたくない事があってぐるぐるぐるぐるまわってるって
事は、同じ穴のムジナかもしれないわ。)
ホットケーキ食べよう…

posted by 辰多みか at 14:38 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

50Hz・60Hz ごじっへるつ・ろくじっへるつ

関東と関西でさ。
うんもっと細かく言うと、静岡県の真ん中を境に、東と西とではさ。
電気の周波数(Hz)がちがうじゃん。
東が50Hzで、西が60Hz。

あたしは、幼少の頃、東から西へ引っ越しをして、
引っ越しした当日、ことごとく電化製品が火を吹いて、
恐ろしい目にあった事がある。
周波数のせいで。
(いやホントはそんな発火とかは無かったんだろうけど、
子供だったから、母が騒いだ事をおおげさに記憶している)

だから、東が50→西が60でパワーが大きくなりすぎて大騒ぎ、
で、テストの暗記にとても役立った。←転んでもタダで起きない。(笑)

ナゼ東と西で違うのか、ナゼ日本という国は、国家として
統一しなかったのか、ものすごくみんな不便に思う事だと思うんだけど、
その発端は、ただの、会社どおしのライバル心ていうか、
あっちがアレならうちはコレみたいな、
そんな、かんがえなしの事だったんだよ〜…

いち会社どおしの事だから、国家が介入してくるハズ無い。
(その事の大きさに気が付くのは、それからずっと後だ)
まるで、ソニーのベータかビクターのVHSか、だよ。
まあ、ビデオテープくらいだったら、生活にあんまり影響ないからいいけど…。

周波数というのは、一秒間に、何回転してるか、なの。
50ヘルツだと、一秒間に、50回転 してるの。
タービン(=軸に付いた磁石)が。
わりと早いね。(笑)
ぶんぶん回ってるね。
一分間だと、3000回転だね。(50回*60秒)
まあそんなもんかな。熱そうだな。
風力発電の風車は、ゆったり回ってるけど、
たぶん、軸の途中で、ギアボックスがついてて、
回転を増速させてると思う。

ちなみに毎分3000回転を、工学っぽく書くと、こうなるよ↓。
あっ、パソコンで書けないっ。
3000min^-1 か 3000rpm て書く。
前者を使うのは最先端で、後者を使うのは昭和の人だ…。

3000min^-1(まいふんさんぜんかいてん)
 本当は、-1は右肩にちょこんと小さく乗せて書くの。ふつうにパソコンで書けない。
 (wikiとかどうやって表示しているのだろう…)
 min^-1 というのは、minの逆数をかけざんするよ って意味だよ。
 minは、minit(1分)という意味の単位で、minの逆数というのは、1/min という事なの。
 つまり、いっぷんあたりで割った値だよ って事だから、毎分 ていう事なのね。
3000rpm(さんぜんあーるぴーえむ)
 rは、ローテーション。回転。
 pは、パー。 ○ぶんの□の"ぶんの"の意味ね。/ と同じ意味だよ。  
 mは、ミニット。minit 分 いっぷんて意味ね。
ちなみに、パーセント の、パーと、このパーは、同じ意味だよ。
パーセントだってほら、% 、○/○、○ぶんの○ じゃん。
セントは、「100」の略語だよ。
だから、パーセントは、/100 。 ひゃくぶんの。 ひゃくでわると〜。 って事なの。
posted by 辰多みか at 16:14 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

発電機<-->モータ 太陽電池<-->LED

おととい、発電の話を書いたじゃん。

水力(ダム)・火力・原子力・風力 は、すべて、
タービンをぐるぐる回すだけで発電してるって事。

(うん、タービンて視覚的にわかりやすく書いたんだけど、
ホントの原理は…磁石が、回ればいいんだ。
そのためにタービンを回すの。)

これは、水や火や風や原子の「性質」を電気に変換してるって事ではなくて、
ただ単に、タービンを回すための動力をそれらから得てるという事。
要は、タービンが回りさえすれば、その方法は、どうでも、良い。
なるべく安ければ、それで、良い。
電力が足りるなら、人間が回したって、牛が回したって、いいんだよ。(笑)

水力は、水が落ちる力で。
風力は、風車が回る力で。
火力と原子力は、その熱でお湯を沸かして、その水蒸気で。
タービンを回しているだけ。

それだけなのだ。
(だから原材料の調達が安価でできる原子力を、バカみたいに推進してたって事)

と、おとといはそのへんまで書いて、今日ふと思ったのは、
太陽光発電は、どうやってるのかなーって事。
そういえばそれ知らなかったなー、って、思ったから、調べてみた。
するとね、

太陽光発電は、タービンを回してるんじゃなくて、
太陽電池 という、電池そのものだった。
発電の仕組みは、貼り付けた2種類の半導体で、電圧の高低差を作っておいて、
そこに光を当てる(流し込む)事で、直接、直流の電気を作ってた。
(ものすごくおおざっぱに説明してみました)
おもしろ〜い。

これは、ダイオードの原理と同じなんだって。
おととい書いた、「整流器」は、ダイオードの事なんですって。
整流器を熱くする熱を、光として外に出してやるものは、
みんなが知ってる「発光ダイオード・LED」の事なんだよ。

だから、「太陽光発電」と、「発光ダイオード・LED」は、
使い道の向きが逆なだけで、同じ原理のものなんだよ〜。
LEDに光を当てれば、発電できるのだ!

そう、タービンをぐるぐる回す、交流の発電機も、
ACモータ(=交流のモータ。工業用の大きいやつ。マブチのじゃないやつ。)
と、同じ原理なんだよ。
発電機とモータは、使い道の向きが、逆なだけなの。

まとめると、

交流の発電機←→交流モータ 同じ原理!
直流の太陽光発電←→発光ダイオード 同じ原理!
交流→直流へ変換 = ダイオードを通す→直流

ダイオードに光を当てる→直流の発電=太陽光発電
ダイオードに直流を流す→光が出る=LED

こういう事だね。




電気嫌いだけどいっしょうけんめい調べたよ〜。
そして誰にもわかるように、かみくだいて書いてみました。

posted by 辰多みか at 11:16 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

すみれの花咲く頃

トゥールーズはスミレの町という事を書いて、
思い出したよ。
日本にもスミレをイチオシしている町がある。
そこは、スミレが咲くから有名なのではなくて、
宝塚に関係が深いから、有名なのだ。
そこは、静岡県西部・浜松市の北の奥地、春野町。
「すみれの花咲く頃」の歌詞を書いた 白井鐵造さんの生まれ故郷なの。
記念館があるよ。
テングも有名だよ。
(どっちかというとテングの方が目立つかも…)
スミレ好きというと、ちょっと宝塚ファンみたいとか自分で思っちゃったけど、
あたしは特にファンではないです。
それでも、この間、日比谷あたりで、ぶらぶらしてたら、そこの一角が
宝塚色でキラキラしていて、知らずに行ったから圧倒されたわ。
宝塚劇場の前に集まってる人たちとか、日比谷シャンテ地下とか。
なんとなくイメージカラーが、スミレ色。目がくらむほどキラキラで、
宝塚なりきり変身写真とか、一瞬、撮ってみたいとか思っちゃったわ。
やっぱ女だからね。
綺麗なものは好きなのよ。
posted by 辰多みか at 16:43 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

フェルマー

憧れの人だ♥
本職が弁護士さんで、趣味が数学。
いかす。

住んでた町が、あたしの憧れの地だった。
トゥールーズ。
南フランスの小さな町だよ。
行った事ないけど。
(行く予定もなし)
ツルーズ大学という大学があるよ。

スミレが町のシンボルなんだって。
それがあたしの憧れポイント。
スミレの砂糖菓子とか。
素敵。

たまに町のお土産物屋さんに行った人のブログとか見て、
あまりに素敵すぎてためいきつく。
お店の中が一面、紫。
すみれ色なの。
「北海道のラベンダー」くらいのイメージなのかな。
スミレの香りまで漂ってきそうだわ。

行ってみたいな〜。
数学的な何かがひらめくかも〜。
posted by 辰多みか at 16:19 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

交流電流の下の波を消しちゃうということ=ポジティブに生きる

電気の話なので、易しいことばで書くね。
(あたし自身が、よくわかってないからね)
だから、高圧電流(笑)みたいに多少用語が間違ってても、
そこはスルーして、イメージだけ、読みとってね。

普通の家のコンセントまで来てる"電気"って、
交流電流 なんだよね。
交流 って、 AC て書くの。
ちなみに、乾電池は、直流 で、DC だよ。
覚え方は、直で、ダイレクト。 だから、DC なの。
(だから用語は、ダイレクトの直流 だけ覚えればいいよ)

乾電池はね、プラスって書いてある突起の所からは、
プラスの電気しか出ないの。
マイナスは、マイナスなの。
だから常に一方通行のダイレクトな流れで、直流・DCなんだ。

ところが、コンセントに流れている"電気"は、
一定間隔で、プラスとマイナスが、入れ替わっているんだよ〜〜。
(だからプラグにはプラスマイナスが無くて、
さかさまに差し込んでも、さしつかえないのだ!)

だから「交流」というんだけど、ふつうは、家電製品は、
プラスマイナスが入れ換わるような状態では、ちゃんと動かないの。
もしもそれが許される仕様なら、CDやカセットテープは瞬間瞬間に
進んで戻って進んで戻ってで、動けないの。

それでもね、電化製品は、交流のコンセントに差し込んでも動くように作ってあるんだよ。
(もともと交流で動くものもあるよ)

どうやって電化製品が動くようにするかというと、
電化製品の中で、交流を直流みたいに、変換しているの。
うん、変換する、というか、錯覚させてる、というか。

製品の内部でそうしてないモノ(ラジカセとか)は、プラグコードの
途中に、ACアダプタが付いているよ(四角くて熱くて邪魔なやつ。笑)。

製品の内部やACアダプタで、交流を直流ぽくするモノを、整流器とか
整流回路とかいうの。

その仕組みは、「負の波」をいろいろ工夫して消してしまう、という事なんだ。
ACアダプタがどうして熱くなるかっていうと、負の波の分を熱にして逃がしてる
からだとあたしは思うんだ…(ホント電気の事は知らなくてこれ以上はわからなくてゴメン)

そもそもどうやって電力会社は電気を作り出しているかというと、
とあるモノを、ぐるぐる回している だけなの。
ぐるぐる回すだけで、電気が出来るんだよ。

モチロン人間の力で回してもいいんだけど(笑)、それじゃ追いつかないから、
ダムとか火力とか原子力とか、そういうのを使って、
ぐるぐる回している。
タービンを。
(電気を作り出すには、タービンを安定した速度・力で回し続ける事ができさえすればいいんだ。)

そのタービンの回転の仕組みで作り出される電気は、連続する回転運動だから、
絵に書くと、波の形になるの。
回転自体は、なわとびを回してるみたいな、イメージ。
電気の形は、おまつりの夜店で売ってる、レインボースプリングを
横に引き伸ばしたみたいな、イメージ。(さあ、イメージして♥)
ほら、波でしょう〜。

仮に上がプラス(正)で下がマイナス(負)とする。
実用するには、プラスかマイナスか、どっちか一方しかいらないの。
プラスマイナスが交互だと、押して戻して、結局進まないからね。
だから、たとえば下の波(負)だけ消してしまうんだ。
それが整流器の役目で、これがないと電化製品は動かないんだよ。

あたしは人の心も、プラスマイナスが有って、有るからこそ、
超絶にバランスが取れている、と思っている。
この日記には、悟りとか、そういう系ばっかり書いてるけど、
電気の事を思慮する時も、いつも心との相似点ばかり探している。
電気と人の心って、なりたちがとても良く似ていると思う。

だから、カテゴリーも、そんなのばっかなんだ(笑)。

スピ系ブログで、ポジティブなキラキラした事ばかり書いてる人たちも、
マイナスに傾く日があるのが、たぶん、当たり前で、
なぜキラキラしてるかというと、マイナスを受け入れて、さらに、
書かない、言わない、ようにしてるから、だと思うんだ。
それを確かめるために、あたしは覚者さんたちに、会いたかったんだ。
(目で見て確かめるため)
心の整流器を、常に、作動させてるから、キラキラしてるんじゃないかと思うの。
あたしも、そうなりたいと、思っているんだよ。
posted by 辰多みか at 17:11 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

のらねこの視界

あたしは猫が好き(今飼ってはいない)で、
こどもの頃から、猫がいれば、じっと観察(&ねこかわいがり)
ばかりしていたので、猫の気持ちがわかる!と自負している。
(犬もわかるよ…)

猫に限らずどの動物でもそうだけど、あかちゃんの頃から
飼っていれば、飼い主には警戒心を示さないのが普通。

ところが、もともとのら猫で、成猫になってから飼った場合、
猫は、飼い主に対しても、一歩引いた感じ、というか、
常に危険回避できるように、神経をとがらせているというか、
少し、ピリピリした感じを受ける。
心底リラックスしてない、というか。

その、ふたつの立場の猫たちは、それぞれ、見えている世界が違うように思う。
・怖い事もあるけれど、かわいがってもらえる楽しい世界。
・かわいがってはもらえるけれど、怖い事があるかもしれない世界。
どっちも同じ世界なのに、違うものを、見ている。

それは、あたしたち人間にもあてはまって、
一度怖い思いをした人間は、その怖い事から回避できるように、
神経をとがらせて生きるようになるのだ。
あたしが感じるのは、ほぼ全員の人間が、のらねこの視界で生きていると思うのだ。
個人個人で違っている所は、その程度の差のみで、
基本的に、怖がって生きているのだ。
それは、生き物としての、本能に由来するものだと思うけど…

猫を見ていると、第三者的にそうやって気が付けるのだけど、
自分自身がそのような状態に陥ってるのって、なかなか気付かない。
自分の事に気づけるようになるのが、一番いいんだけれど、
たまには街に出て、人間ウォッチングすると、いろいろ気が付く事が出来て、いいよ。
posted by 辰多みか at 10:56 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

振動の元は歳差運動なのか

今日、外出先で、
インテリアの、空気清浄機を、見ていた。
(うん、たぶん空気清浄機だと思うけど)

透明な球体で、中に水が入っていて、
水中の上から下に芯が通っていて、良く見ると芯が
回転してるみたいなんだけど、その芯の回転に
引きずられるような感じで、水面が斜めになったまま、
回転する。
芯の回転数と、水面の回転数は一致していない。
芯はとても速く回っている。
遠目では、水面がちゃぷちゃぷゆらゆらして見えるんだけど、
水平方向の運動ではなくて、回転運動なの。

それを、ぼーっと、見ていた。
(ぼーっとできる時間があったから、時間いっぱい、凝視していた。笑)

水面の回転は、歳差運動なのかな、と思った。
そう、地球の歳差運動とか、コマのジャイロというたぐいの、あれ。

水面は遠心力を伴いながら、強く回転しているので、
球体は、それにつられてぐらぐら振動していた。

もしも素粒子が振動しているのなら、振動の元は、これなのかな、と思った。
回転する中心軸がひねられる働きのトルク、それがどこから来てる
のかは知らないけど、それによって起こる歳差運動。
歳差運動によって起こる、振動。
(でも振動を起こすには、外部の摩擦抵抗が必要だわ)

慣性モーメント、イナーシャ、視覚的にわかりやすい GD^2(ジーディースクエア)って、
アインシュタインの、特殊相対性理論の、かの有名な式、
E=mc^2 に似ている。(そんなのみんな周知の事かな)

そんな感じなのかな、と思ったの。

斜めに回転する水面は、残像(または存在確率)を、一枚一枚のフィルムみたいに
重ね合わせると、ふたつの円錐を頂点でくっつけたような形になる。
そう、あの、光円錐(ライトコーン)の形。
上の円錐は、水が存在していない(=空気だけが存在している)領域。
下の円錐は、水だけが存在している領域。

切り取り方を変えると、円 楕円 放物線 双曲線 すべてを、
ひとつの円錐ペアの切り口の形で表せるという、あの円錐。 

だから、光円錐って、歳差運動の残像なのかな、って思ったの。
インテリアを見ながら、ず〜っと考えていたよ。
posted by 辰多みか at 01:07 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ゲーセンで精神統一

あたしは前も書いたように、
ゲーセンが好き♥
クレーンゲーム♥

パチンコはやらない。
確率(統計学)が好きなのに、やらない。
まあ、好きだから、やらない のか。

ゲーセンはね、どうして行くのかというと、
精神統一しに行くんだよ。

クレーンの前で、どれだけ平常心でいられるか。
それを、試す。
そして取れたら、もちろん嬉しいから。

ホントはね、そのクレーンの前であたしが味わってる感覚って、

野球で、ボールを投げる時や打つ時。
弓道で、弓を射る時。
サッカーでゴールを狙う時。

などの感覚と、同じものだと思うんだ。
あたしは今までスポーツをやってこなかったから、今、ゲーセンしか選択肢がなかったというだけで。
(ヤクザな生き方だわ…笑)

引き際はサッと引く。
あとちょっとで取れそうって時は、次の人に取られないように、
すぐさま店員さんを呼んで、デフォルト位置に戻してもらってから、帰るよ(笑)。
まあ、そのままにして帰ると変なストレスが溜まるから。

また精神統一しにいかなきゃ〜〜♥
posted by 辰多みか at 01:05 | 自分 | 更新情報をチェックする

出してなんぼ

ほんの少しだけど、芸能の世界、いわゆる芸能界を、ちょっと垣間見た事がある。
あたし自身は、もちろん芸能界関係では無いし、
芸能ぽい事といえば、すこし演劇をやってた事があり、
今もたまに、物陰に隠れつつ人前に出る という(なんじゃそら 笑)
事をやらせてもらってるくらいで(ゆるキャラの中の人ではないですよ)、
芸能界に潜入した事は無い。

ちょっと接触するだけ、それだから感じる、感触、というのが、あった。
それはね、タイトルのとおりの事。
いや、すごい誤解を受けがちな言葉で、それをセレクトするあたしに
品が無いなって事が丸わかりなんだけど、もうそれがぴったりだったんだから、しょうがない。(あたしの感覚が。笑)

そうだったのです。
あたしが芸能界(で働く事)に対して感じた事は、そうだったのです。
これはいわゆる ぬぐ という事を指して言っているのではない。
まあ、表現全般とするとその事も入ってきちゃうんだけど、
それだけではなくて、自分をどんだけ出しきるか、って事。

声を。
動作を。
感情を。
なみだも鼻水も涎も。
ふだんの生活では、ぜったい絶対やらないような醜態。叫び。物を蹴り飛ばし、ぶったたく。
狂気の限界までを、出す。
全部出してるふりして、出してないツワモノのベテランもいる。(それはそれで別次元ですごい)
あふれる愛。
見返りなしの感謝。
自分の中の光を出し切る。
愛にあふれてるふりしてあふれてないツワモノもいる。(それはそれで…笑)
そう、自分をどこまで出せるか。
フリしてる自分をどこまで出せるか。
本当の自分をどこまで出せるか。
出せなければ生き残れない。
「ヘン」こそ強力なツール。
それが芸能界だと、感じたの。

あたしは、ちょっぴり演劇をやってた時、
全部出し切る快感を味わった。
だけど趣味で演劇を続けることもせず、
「普通になりたい」、その願いの方が切実で、普通の人生を望んだ。
「ヘンなあたし」は、隠して隠して隠し通そうとした。
つつましやかに、ヘンが暴れないように人生を送ろうと思った。

そしてそれは叶ったのだけど(普通の人にはなれなかったけどね)、
「自分を出してお金がもらえる」って、すげぇ! って、今さらながら、思ったのよ。

あたしもこれから、「自分を出して人に喜んでもらえる(しかもお金がもらえる)」事を、
ホントに真剣に始めたいと思ってるの。
歌をうたいたいな。
絵を描きたいな。
あたしの中の悪いコを役柄(キャラ)として堂々と人様の前に登場させたいな。
そのために今目の前にある(と、幻なのにあたしには現実に見える)壁を、
すこしずつ低くしてる努力中なの。
もうちょっとで完了なの。
待っててね。
posted by 辰多みか at 01:01 | 自分 | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

お金持ちになる方法 A

@では、「お金持ち」の実体を抽象的に書きました。
では、このAでは・・・
ズバリ、お金持ちになるには、を書きます!


じゃあね・・・

ズバリ・・・

ズバリ



・・・

「お金持ち」って、才能なんですよ!

キャーッ
引き寄せの法則ぶち壊しっ


でもね、あたしは、この目で見たから言えるんです。


美人だとか
イケメンだとか
テストが学年一位だとか
走るのが一番早いとか
お掃除が得意とか

そういうのと同じたぐい、それらと横に並ぶ、

才能。


だから、お金持ちになれる才能がある人は、お金持ちになり、
お金持ちになれる才能がない人は、お金持ちにならない。
この場合の才能って、頭が良いから良い会社に入ってお給料が良くて…
ということではなくて、純粋に「お金持ちになれる才能」のこと。

運とか、ぜんぜん関係ない。

神様が不公平とか、ぜんぜん関係ない。

お金はエネルギーだから、出して回せばこっちに戻って来るとか…全然関係ない。

才能。



だから、才能がない人でも、筋トレすれば少しは力持ちになるように。
オンチだけど頑張ればなかいくんみたいにスーパーアイドルになるみたいに。
トレーニングすれば、少しは上手になる事ができる。

トレーニングとは、才能がある人のやっている事を、まねする事なの。
まねるのってカンタンそうだけど、苦痛な人は、まねし続けられないんだよ。
だからお金持ちになれないの。
それが苦痛じゃない人は、才能ある人みたいに、お金持ちになる事ができる。
まあ、本当に才能がある人とは、ケタが違うけど…。

あたしは、まったく才能ない♪
まねしつづけるのが、苦痛だ。(だからお金持ちになれないよ〜)

お金持ちの人は、どういう事を、してると思う?
それを抽象的に、@に書いたわ。
ピンと来たら、やってみてね。



・・・というのもなんなので、次は具体的に書きたいと思います。

posted by 辰多みか at 00:07 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

超弦理論はなぜ9次元空間必要なのか

先日、興奮しつつNHKの「神の数式」2夜連続で見たわけですが、
その、第二夜のテーマ「超弦理論」の、とってもわかりやすい本が
あったから、買って読んで見たよ。

「大栗先生の超弦理論入門」-大栗博司- ブルーバックス \980(税別)

超おもしろい! わかりやすい!
物理や数学や宇宙に興味がなくても、秋の夜長の読み物として
読んでも面白い。
眠れない時のアルコール(ナイトキャップ)がわりにも、いいよ。(笑)
中学生だとなんとかついてこれるかなくらいだけど、
高校生以上だったら、だいじょうぶ。
なんてったって縦書きだから。(数式があんまり出てこない!)

そして、読んでみて思った事は、
やっぱり「無限」は魔境なのだという事。
超弦理論、M理論を持ってしても、ゼロと無限を記述する事ができていない。
9次元空間(=10次元時空)を導き出す、オイラーの公式からも、あたしはそう思う。
これらの理論は、やはり、「真理の近似」なのだと。

なぜ、9次元空間が必要なのか?
9次元空間というのは、あたしたちが住もうと思ったら時間が必要で、
イコール、10次元時空に、なるんだけどね。
9次元空間=10次元時空を導きだす数式が、とても面白かった。

その内容まで書いちゃうと、ネタバレになってしまうので、
詳しくは、本を買って読んでほしいのだけど、
その時使うのは、オイラーの公式、
1+2+3+4+5+…=-1/12 という、驚愕の公式なのだ。
「無限」って、「マイナス1/12」 なんですって。
びっくりするよね。
でもね、これは、ゼロの膜を破裂させないように、うまーく、中身だけくり抜いて
導き出した答えなんだよ。
「いかに皮ギリギリまでメロンを食べるか」
なの。
そこに真理が隠れてると、あたしは思ってるの。生命の。

この本では、最後の最後、とんでもない結末が待っている。
それは、まあ、オビにも書いてあるから、思いきりネタバレなんだけど、
「空間とは幻想だった」のです。
これが、最新科学が出した答えなの。

な〜んだ! だよね!(笑)。
そんなの、お釈迦様が、二千年以上前から、口酸っぱく言ってるじゃん!(笑)
ワンネスを経験すれば、誰でも、涙と笑いと至高に包まれて、体験する事じゃん!
て、科学と哲学が、ギリギリ近くまで来ている事を、実感しました。

(でも、科学と哲学は円ではつながらないんだよ。
円でつながったかのように見えるけれど、それはみせかけで、
横から見ると、らせん状になってて、一段だんちがいに、なってるの。)

posted by 辰多みか at 16:36 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

とてもカンタンでとても難しい

わかったのだ。

幸せになるために する事。



それはね。
「幸せになるためにする事」は、
「幸せになる事」なんだ。

はいはい?

わかんない?

幸せになるためにする事、それはただひとつ、幸せになる事。
自分から、みずから自発的に自覚を持って、前向きに、
幸せになる。 それだけでいい。
「今すぐ幸せになっちゃえばいい。」

いや〜、とてもカンタンだね。

そして、


とってもとっても難しい!!



だって、方法はそれ しか 無い んだもの!



この「名言」は、あたしの尊敬するおひとりの、斎藤一人さんが
常に書籍などでおっしゃっている事なんだけど、
あたしも、頭ではわかるんだけど(いちおうその前に悟ったので)、
どうにも、どうにも、腑に落ちない。
心がついていかない。
納得できない。
というか、納得したくない。事。だった。

それが、ようやく納得できる段階まで、来た〜〜。(キターー!な気分だよホント)

この段階まで来るには、人それぞれ、イバラの道がある。
イバラの道とは、「方法はこのたったひとつしかない」、という段階に至るまで、
あきらめ、あきらめ、あきらめ続ける事。
他の方法が無い、と、腑に落ちるまで、トライアンドエラーを繰り返す事。
この方法をやってみてダメだった、こっちの方法もやってみてダメだった、を、
繰り返すこと。
決して、頭の中だけの、思考実験では終わらせない事。(というか思考実験では終わりは無い)
ちゃんと声出して、体を使って、やってみるのだ。
たとえば、この問題がなくなれば私は幸せになれる…とか、
あの人がいなくなれば…とか、
この環境が変われば…とか、
そう思ってたら、環境を変えてみる。でも自然の法則に従い結局は
幸せにはなれないという結果が待っているので、この繰り返し繰り返しを、
身にしみてわからせるのだ。
もちろん周囲との軋轢は、発生する。

すると、最後に「幸せになるためにする事は、今すぐ幸せになっちゃう、という事しかない」という段階まで来る。
悪あがきしてもムダなの。もともと自然はそうなってるの。

その道中の長さは人によって違うし、ひとつの人生でたどり着けない人もいるし、
生まれた時からすでに到達してるような人もいる。

だから、あの人が嫌い、でも、ニッコリ微笑んだ気持ちで、その人の幸せを
考えてあげればいいんだよ。
その「場」が、みんな、上機嫌になれば、いいの。
その時の注意点は、決して見返りを求めない事だよ。ごますり、おべっかは方向が間違いだよ。
自分だけが、まわりとなんの関連も無くひとり上機嫌でいれば、それでいいのだ。
(でもそれができないからみんな悩むんだよね〜〜)
posted by 辰多みか at 15:09 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

ことばはいらないみたい

ko02.jpg

おれさまは、子犬の時に辰多家に来て、はや4年。
黒柴っぽいミックス犬だぜ。

あたし : ねえねえ。

おれさま : んっ?

ko03.jpg

あたし : これ、夏にどの本屋さんでも猛プッシュしてた黒柴くんと赤ちゃんの写真集。

おれさま : ・・・

ko04.jpg

あたし : 本屋で見た時、あまりにもあなたに(色合いが)似てて、笑えて速攻買っちゃったよ。

おれさま : そぉかな・・・

あたし : ワンコはMARUくんであかちゃんは一茶くんというんだってさ。
   
   ミシガン州に住んでるんだってさ。
 
   あなたはMARUくんみたいな色だから、偽マル・・・。

おれさま : なんだよ、感じ悪いな 

あたし : マル似・・・まる二・・・ A か!  ねえ、A(まるに)♪ 

おれさま : なんだよ、二番手とか二番煎じっぽく呼ぶなよ

ko05.jpg

あたし : (かおがヘンだよ・・・) そうだねー。

   サークルKはクルケーだから・・・クルニ? クルーニ? クルーニー!

ko06.jpg

おれさま : 誰だよ

ko07.jpg

あたし : ジョージ・クルーニー。イケメン俳優。

おれさま : イケメンかよ まあいいだろ

ko08.jpg

あたし : いいんだ(笑)。  クルーニー(仮)♪よしよし。

posted by 辰多みか at 23:51 | 日記 | 更新情報をチェックする

人体の要は腰

腰 は 漢字のなりたちどおり、
とっても 重要な部分。

あたしは、腰を痛めてみて、はじめて実感した。
それまでの健康体では、決して感じ取れなかった感覚。
だから、腰椎椎間板ヘルニアになって、その当時は
ものすごく不自由したけど、その体験って、宝だなと、今は思ってる。

痛みがピークだった時は、まったくそんな事考えられなかったのにね(笑)。
だから、今、痛みと戦ってる人たちには、何のアドバイスにも
ならないかもしれないけど、ヘルニアというのは、
きちんと養生すれば、手術せずに必ず治って、
そして、治った後も、"自分のために"機能してくれる、ありがたい症状なの。

ヘルニアの痛みは、最初は腰。
腰を動かすと、自分ではどこなのかつきとめられないけれど、なにかがずれる、
感覚でいうと、積んだブロックがくずれそうみたいな感じがして、
身動きがとれなくなる。痛みがそれを教えてくれる。

昔の日本人は、着物に帯で、きゅうくつじゃなかったのかな〜と
思っていたけれど、ヘルニアになって、はじめて、
昔の日本人の知恵が、身にしみてわかった。
あの、帯は、腰を痛めた時に、本当に助かる。
昔なんて、腰を痛めちゃったら命取りだろうから、
帯で腰を守ってたのかな、と、動けない体で無理やり家事を
こなしながら考えた。
下に落ちたものを拾う時に、前屈するとものすごく痛いから、
足だけ折る形で、上半身と腰は垂直なまま、腰をおろして、
落ちた物を拾う。
その動作が、一番腰に痛みが出ない。
そして、その動作は、茶道で教えてくれる、日本古来の、お作法の動作なの。
たぶん、なんとか道 というものでは、すべてそういう動作をするのだと思う。
健康体の時から常に、腰に負担をかけないようにする動作。
腰がかなめだと、経験的にわかっていたのだと思う。
昔の人すごいなって思ったよ。

そして腰の痛みがちょっと薄れてくる気がする、1週間目、
おしりが痛くなってくる。
ヘルニアで左右バランスが崩れるから、そのバランスを取るために、
おしりの筋肉が筋肉痛になるのかな、と思っちゃうけど、
そうではなくて、それは、坐骨神経痛なの。
坐骨神経は、腰椎からおしりを通って足の親指までずっと続いている太い神経で、
それが短く感じて、とても痛い。
あたしは、この神経が麻痺してしまい、サンダルが履けなくなった。
3ヶ月くらいは麻痺してたな。

ここで神経ブロックとかしても、結局、治るには、自分の自然治癒力に
頼るしかないのよ。
神経ブロック注射は、治すための注射では、ない。
ただの時間稼ぎ。
あたしはブロック注射はせずに、ロキソニンを一日3回、2ヶ月飲んで、我慢した。
時間稼ぎだな、というのは、身内のヘルニア患者がつぶやいたこと。

そうね、2ヶ月、なんとか我慢してこの急性期をやりすごせば、
次のステップ、体操で、坐骨神経を伸ばして治していくことになる。
手術しなくても、治るんだよ。
あたしは、病院で「腰痛体操」という、一枚の紙切れをもらって、
超真剣に、やった。
高橋留美子ちっくなイラストの、体操を。
みんな真剣にやらないかもしれないけど、超真剣にやると、
効果があるんだよ。あたしはヘルニアになる前、前屈で手が床に
着かなかったのに、体操をしたら、着くようになった!
そして希望が見えてきたの。
自分で図書館に行って腰痛関連の本を読んだり、
ネットで調べたりして、そして究極の、腰痛克服のかなめを見つけたの。

それはね、そもそもの腰痛の原因は、「怒り」である事。
そして、体操もいろいろあるけれど「自力整体」が、てっとりばやく良く効く事、だよ。
別にあたしは自力整体の指導員とかインストラクターではないし、
まったく侍従関係もないし、お金がからんでるわけでもないけど、
本当に、身を持っておすすめするの。
あたしは、DVD付きの本を本屋さんで買って、やっただけだよ。
1800円で、治った。
「DVDで覚える自力整体」(2004年)ね。
別に腰が痛くなくても、おすすめだよ。

治った後はね、全く痛くない、という生活ができるんだけど、
不摂生してるな…とか、最近自力整体してないな…とか、そういう時に、
坐骨神経痛が、出るよ。
それは、再発とかではなくて、「体に気を付けなさい」という、
自分の体からの、メッセージなの。
実によくできている(笑)。
人生無駄な事ってひとつも無いわ。

posted by 辰多みか at 23:12 | 整体であること | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

かんじんかなめ

肝は肝臓で
腎は腎臓

そのふたつが 要 だと昔の人は云ったの。

要とは、扇が開閉する時に支点になる所の事ね。
(たまにそこの穴にふさふさの飾り紐を通してあったりするよ)
その、かなめ が無いと、そもそも扇は成立不能で、骨がバラバラになっちゃうよ。
つまりは、重要 という事ね。

昔の人の云う 肝 は、キモと読めば内臓全般だったり、かんぞうそのものだったり。
いろいろいうから、まぎらわしい。
魚が好きで自分で釣ったり、生きた魚を買って自分でさばいたりする人は
よく知ってると思うけど、煮魚は身もおいしいけど、キモがおいしい。
この場合のキモとは、本当に、肝臓オンリーの事。レバーの事。
内臓も食べられる(あたしは食べないけど)、アユなどの魚の内臓の事は、ワタって言う。
(たぶん、この ワタ という言葉は、カボチャのワタ と同じ言葉だと思う。)
こだわって魚をさばく人は、ちゃんとキモを残すよ。

昔の人の云う 腎 は、ズバリ腎臓そのものみたいに思えるけど、
あたしは、腎臓プラス副腎 ではないかと、思っているの。
あたしは腎の気が弱い体質で、活き活きした所がないみたいなのよ(笑)。
腎臓が、尿を作るだけの器官だとすると、生命力とか精気にあたる
腎の気を説明できないから、腎臓本体+副腎が、「腎」だとあたしは感じている。

そのふたつが重要だよと、昔の人は云ってたんだね。
ちなみに、にくづきの 月 に 要 を足すと、
腰 になるよ。
にくづきとは、肉 を簡略化して書いた 月 のことで、ズバリ体に関する漢字の部首の事ね。
だから、内臓としては肝と腎が大事だけど、
体の場所としては、こし が大事だと。

こしがかなめだと、あたしが実感したできごとは、次に書くよー

posted by 辰多みか at 14:23 | 整体であること | 更新情報をチェックする

虹のしくみ

今年は台風がたくさん来るね。
朝方まで雨・風が強かったけど、
早朝、日が急に出て、もしかしたらと思って西の
空を見たら、それはそれは大きな虹が出ていたよ〜。
青空にかかる虹。
綺麗だ。
ちゃんと、はしからはしまであったよ。
副虹も出ていたよ。

「ハレルヤ ハレルヤ」と大合唱が聞こえると思ったら、
「晴れるや!」って、自分の頭の中の声だったわ。(笑)

虹が出る仕組みはどうなっているのだろう・・・
なんどもwikiを見るのだけど、ちゃんと頭で納得できないわ。

ひとつぶの水の粒からは、自分と太陽の位置関係から、
一色の色しか見えないらしい。
(一色というか・・・うーん、その角度に相当する色の部分、かな?)
全部の水の粒がそれぞれプリズムになって分光してるんだけど、
分光した全部の色が混ざって見えるのではなく、
太陽と自分の角度相当の色しか見えないので、大きな、色のわかれた虹として見えるらしい。
全部の色が混ざっちゃったら、ただの、もとの無色の光と
同じだもんね。

不思議だね。
光の事は、これからも、もっともっと勉強していきたいわ。
だってきっと光の中に、真理が隠れている。
光と角度と観察者。光の波長。
うん、真理が隠れてる。

「晴れるや♪」って、
どうして頭の中でリフレインするかと思ってたら、
朝ドラのごちそうさんを見てるからだったわ(笑)。
posted by 辰多みか at 14:23 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

同じ境遇の覚者のおはなしを聞きたいな。

あたしは5年前に、いわゆる「悟り」、
悟りじゃおおげさかなーと思って「気づき」「覚醒」とか、
「かいま見た」とか、阿部さんのおっしゃる「一瞥」とか、
いろいろ言い換えてるけど、まあ、そういう事があって。
その時、あたしがずっと避けてきた「宿題」を、見た。
その後、なかなかその宿題が終わらなくてさー(笑)。
今、目標の半分地点くらいなのよ。
まあ、この一年で進んで、自分でもよくやったとは思ってるけどさ。

この苦しい悟り後の修行を、どうやって乗り越えようかといろいろな覚者の
ブログを見た。
成功してる人たちとか、スピリチュアルでキラキラ輝いてる人たちとか、
お金を引き寄せてる人たちとか。
みんな、素敵だなと思うけど・・・
あたしは、あたしと同じ境遇の人のはなしを、聞きたいの。
ワガママだな(笑)。

だいたい、精神世界のキラキラなお話をされてる方って、
全員がそうだとはもちろん言わないけど(と思うけど)、
境遇的に、ちょっと自由な感じなの。
つまりは、離婚してひとりだったり、次のパートナーさんと
子供のない生活をされてたり、あたしは女だから女の立場からの
話を聞きたいのに、男性だったり。
そんな感じなの。
覚醒して、離婚を選ぶっていうのは、ものすごく良くわかる、
覚醒するとそうなるだろうなと、あたしも、そうは思うよ。
(あたしは今の所離婚する予定は無いが。)
あたしの宿題は「離婚」じゃなかったってだけで、やらなきゃ次に
進めないって点では、まあ、似たようなモンだけどね。

だけど、同居嫁でキラキラされてる覚者って、見あたらないのよー。
ずっと探してるのに。
そんな人たちの、リアルを、聞きたいのに。
気のせいとか心の持ちようとか、自分でよーくわかってるんだけど、
実際、物理的に生存できる面積が狭いんだから(同居なので)、
その狭い環境で、キラキラしてる人のはなしを、聞きたいの。
ごはんが自分の分だけ無かったり、おやつが自分のだけなかったり、
一度捨てたゴミをまたゴミ箱からあてつけのように出されたり、
そうされても、キラキラしてる人のはなしを、聞きたいの。
どこかにいないかな。
さがしているのよ。
(あっ、ごはんが無いうんぬんはもう解決まで持っていった問題なので
今はその点はノープロブレムです)
posted by 辰多みか at 16:07 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

森でゾッとした話

家のまわりは 森。
あたしはリアル森ガール(プッ なんですのよ。
前はよく森に入ってたけど、ここ数年は楽に入れる森が
なくなっちゃったから、もうしばらく行ってない。
(旦那サマはしょっちゅう行ってる)

うちの周りでは、人里だからかあんまり体験した事ないんだけど、
森って こわいよ。
入る時は心して入ってネ。
うちの近所では、話しかけられた事ぐらいしか無いな。
(あたしは霊感は無いから、見えません。)

森でゾッとした事は、2回あるよ。
両方とも、午後3時をすぎたあたりの時間。
一度目は、うちから車で5分くらいのハイキングコースで、
まだあたしは20代で、友達に誘われて山に入った時。
二度目は家族でものすごい山奥にドライブに行った時。

日が、斜めになってきたな・・・と思ったら、
急に、森の木陰が、うーん、なんていうんだろう、
圧倒的な影の存在感というか、今まで綺麗な木々しか
目に入っていなかったのに、ネガティブな部分に急に意識が
シフトしちゃったというか、
うん、森の陰の部分を、見たんだ。

そこには何もなかったけど。
木のかげしかなかったけど。

ゾ〜〜ッ!とした。
全身の毛が逆立って、鳥肌が立った。
何もいないのに、なにかの気配を感じる。
幽霊とかそんなちっぽけなものじゃないみたい、もっと大きいもの。
(もしも、万一幽霊だとしたら・・・大勢・・・)
おおきい、こわいものを感じた。
自然に対する畏怖の念って、これかと思った。
迷って死んじゃうの、わかる。
そういう恐怖。
ただ日が傾いて影ができてるだけなのにね。

動物はこういう所に好んで住んでてすごいなと思った。
たぶん森や山を怖がるのって、人間だけだ。
山に神がいるって、思っちゃうの、わかるわ。
(それはたぶん神様が作った法則に人間は太刀打ちできない
とうすうす恐れる事からくる、誤解なんだろうけどネ)

posted by 辰多みか at 15:35 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

あたしに見えている世界


あのね

あたしは数学が大嫌いで

物理が大嫌いで

だけど 一般的にいう理科 は好きな 高校生だった。

なにか よくわかんないけど ロマンを感じる理科が好きだった。

こむずかしい めんどくさい部分だけを抜き出したような

数学と物理が嫌いだった。


文系の普通科女子で高卒なのに

どんなカミサマの引力が働いたのか知らないけど、

そのあと30年間 みっちり 工学 をやるはめになった。

カミサマ、なんの因果で あたしは嫌いな数字と計算にたずさわらなければならないのでしょうか。

悲痛な非力な乙女の嘆きもむなしく あたしは来る日も来る日も

サインコサインタンジェント

α鉄フェライト鋼γ鉄オーステナイト鋼

高周波浸炭窒化焼入れ焼き戻し焼きなまし焼きならし

周速度計算梁のたわみ計算強度計算寿命計算

こんなことばっかやってた。

これだけでもイヤすぎるのに

なんだかさっぱりわからん 統計学 までやるはめになった。

Oh my God!!

確率 誤差精度カタヨリバラツキ 平均 分散 標準偏差

不偏標準偏差 

波動関数

不確定性原理

量子力学

素数の規則性の秘密


あぁ

ここであたしははじめて 数の世界を知ったの

数の本当の世界を知ったの。



光円錐=ライトコーン

ここにあたしたちは居るのね。



もともと数学や物理が好きな人たちは

きっと頭の中で完璧に理解してるので

文字にして書く事も 多少むずかしくなっても気にならないのだろう。

だってたぶん難しく書いても、わかるし。


あたしは 全然 わからない。

あたし以外の 数学物理が好きじゃない人たちも きっとわからないよね。

だから、あたしが あたしに 理解させられるようなカンタンな文面で

数の世界を 書きたいと 思っているの。これから。


数の世界の魅力を 書き記したネット記事はいっぱいあるけれど

あたしを含めみんなはソレを理解できないの。

せっかくとってもいい事が書いてあるのに!

数の世界の神様のホントの事が

書いてあるのに!

もったいないな〜。

数の世界は 本当に素敵だよ。

くわずぎらいしてて ゴメンね。
posted by 辰多みか at 16:24 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

ホログラフィー

干渉している波の模様が
実体のない 立体画像をつくりだす

三次元も四次元も五次元も
干渉しあう波の模様を、再生したものだとしたら?

熱い冷たい 寒い 痛い も
干渉しあう波の模様を、再生したものだとしたら?

苦しい も 波の模様?

どこに 波の記録媒体(ホログラム)があるの?
どこからホログラムに 光が当たっているの?
posted by 辰多みか at 15:29 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

プラーナちゃう、生理現象や!

エセ関西弁が思わず飛び出すほどの衝撃・・・
あまりにビックリしたので先に結論を書いておきますと、
プラーナを見た!とスピ系で言われているモノは、
「ブルーフィールド内視現象」という生理現象の場合があるよ!
それ、プラーナじゃ、ないよ!

ときたま、スピリチュアル系のブログなどで、
プラーナを見た、というのを目にしていて、
見てみたいと、ちょっぴり気になっていて…
(スピ系のブログはあまり見ないのだけど、
たまたま検索とかで。)

「プラーナの見方」というのを目にしたので、
やってみよう、と思い立った。
やり方は「目の焦点を、遠くを見るのではなく、目から20〜30センチ
前方の所に合わせる」だけ。
カンタンだ!
さっそく青空を見ながら、やってみたよ〜。

すると・・・
目がチカチカしてきて・・・
白い光る点とか、急にうねっと、湧いてきてカーブして消える点とか・・・
いっぱい。視界にいっぱい!
とあるブログでは、「これ」がプラーナですよ!と、自信を持って説明していたわ・・・
これ、ちゃうやん・・・
プラーナちゃうやん・・・
自分の目の中のモノやん・・・(エセ関西弁でごめんネ)

もしも、「これ」がプラーナだと主張するのであれば、あたしは言う、「これ」はプラーナじゃない!
(もしかしたら、別に、プラーナというモノが確かに存在しているのかもしれないが)

なんで断言するかと言うと、目を動かすと、視界にくっついて一緒に動く!
プラーナって、あなたの目に、くっついているの?どうなの?
あたしはひどい飛蚊症もちで、「これ」が飛蚊症ではない事は、見分けがつく。
(以前は、飛蚊症がひどいから、きっと邪魔でプラーナは見えないだろうなー
と思っていたよ。そんな事なかった。「これ」は飛蚊症関係なく簡単に見える。)
前々から、見えてる時があって、特に気にしてなかったから、
ああ、自分の目の中の血とかが見えてるんだろうなー、チカチカするなー。
くらいにしか思ってなかったモノ。それだ。

検索してみたら、やっぱり、「ブルーフィールド内視現象」という
生理現象だよ。
白血球が、見えているんだよ。

プラーナはプラーナで、「気」は有るとあたしは思うし、
その気をプラーナと呼ぶならば、「有る」と思うけど、
生理現象を勘違いしちゃ、ダメだと思うねん。(エセ関西弁で…)

posted by 辰多みか at 10:45 | 気の交流 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。