2013年10月09日

ヒッグス氏にシャンパンを

おめでとうございます♪
ノーベル賞。

あたしも取りたいわ〜〜笑

ところで、ヒッグス粒子の名前だけは、あたしは何度も日記に書いてるよ。
記念すべき(?)一日目の、あたしの日記は、
まさしく「ヒッグス粒子」の話から、はじまりました。
→ヒッグス粒子
テレビでも「神の粒子」という文字が、踊っているわ。
いやいやいや・・・
ヒッグス氏もその名前は、お気に召さないみたいよ?
物理学者は、その名前、嫌いみたいよ?
あたしは、あんなの神じゃない、と思うよ。

公募でついた名前は、
「神乃粒子」じゃなくて
「発泡白葡萄酒瓶粒子」みたいよ? (←無理やり和訳してみた。あはは)

「シャンパン・ボトル・ボソン」だよ。

名前の事はさておき、
あたしもアトラス実験グループに入ってみたいわ・・・



posted by 辰多みか at 09:49 | DQNネームを笑えない | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

ナルシス


美しい ナルシスへ


ねぇ

気付いて

あなたが見ているのは

鏡。

それは鏡に映ったあなたの姿


あなたは自分の半身を、とうとう見つけたと思ってるけど

それは、半身ではないのよ。

左右逆に映っただけの

鏡像なの。

けっしてあなたと一体になる事はない。

早く 見限って 解放してあげて。

あなたが見ている限り

鏡像も

あなたから目を離すことができない。


早く 本当の 半身に 気付いて

あなたの足元に。

あなたは「無い」と思い込んでいるけれど

地中に 根 がある

あなたの ルーツ

あなたの 根源

左右逆転の鏡像ではなくて

色調反転した "醜い"あなた

地中に埋めてしまった 本当のあなたに

はやく 気付いて。


私は こだま

あなたの エコー

私ができる事は

あなたの言葉を 繰り返す事だけ

あなたの振る舞いどおりに 震える事だけ

真実を あなたに伝える事ができない

はやく 気付いて


肉体が滅びても

また生まれ変わってしまう

この鏡の世界に。

あなたがそんなに愚かだと

人間以下に 生まれ変わってしまうよ

はやく 気付いて
posted by 辰多みか at 11:07 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

数の世界の美・芸術の美

このあいだのNHKの「神の数式」でも言っていたけれど、
数の世界では、「対称性」がある事が美しい、らしい。
そうだっけ?
対称性だっけ?
シンプルなのが美 なんじゃなかったっけ?
あたしは、究極のシンプルがエレガント だった気がするけど、
テレビでは、「対称性」と言っていた。

そして、対称性は自発的に破れる運命にあると言っていた。

芸術の世界では、対称性は、美しくない。
考えてごらん、どこまでも、丸が並んでいるだけの、絵。
ノートの罫線だけの、絵。
つまんない。

芸術の美は、黄金率 が、美だという。
正方形ではない。
長方形。
あたしはちょっぴり絵を描いてた事があって、
先生に言われたことのひとつに、
「左右対称に、書くな」というのがあった。
左右対称は、美しくない。

ならば数式だって、対称は美しくないはずだよ、たぶんね。
あたしはリチュースとか対数螺旋とかクロソイド曲線を、美しいと思うよ。
数式もシンプルだよ。

芸術的な美の観点からいえば、
対称性が自発的に破れていく事こそ、美 だと感じるよ。

posted by 辰多みか at 15:44 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

今日も○○○○

○○○○の中には、イライラ が入ります♥
(ハートじゃないだろうよ…笑)

今日もイライラしちゃいました〜♪
テンションあげていかないとへこむわ。
前日記の、狩りガールとは全然関係ないよ。

今日イライラしたのは…やっぱりあたしは、
自由に外出できない身なんだ、と、
また、思い込んでた、から。
外出先で、イライラしました〜。
イライラしながら、「できないハズの」外出を、してました〜。
今、まさに、外出してるのに、「できない!」とイライラしているという…
それは心の縛りの問題だからね。

よ〜く考えたら、
うちは自営業で、家に大人が常に、4人いて、
あたしは朝起きて、すぐエンジンフル稼働で朝の家事をして、
その後、仕事をして、
11時半になったら、昼ごはんのしたく〜昼の家事を13時半までして、
その後、仕事をして、
16時になったら畑仕事〜夕飯のしたく〜犬の世話・片づけ・床ぶき・明日のしたく〜
で、お風呂に入って、家の事がすべて終わるのが 21時すぎ。
仕事は納期制だから納期が近ければこのあと25時まで仕事
そして、5時間寝て朝。

というのを、10年以上やってきた。
仕事は男性と同じ質の仕事だけど、フルタイム相当はさすがに
無理なので、融通が効きやすいものを選んでもらっていた。
こうやって書いたの見て、いつも思うけど、これって、"無理"だよね!?
しかも、外出も買い物も、禁止されているし、
なんのために生きてるかわからなくなっちゃっても…おかしくないよね!?
(誰がこれ読んでくれてるのかしらないけど、同意を求めてるよ。笑)
自分でいくらお金を稼いでも、使っちゃいけないって、おかしいよね!?
(というか自由に使うお金を稼ぐくらいなら、働くな、ぐらいの勢い)
あたしは「おかしい」と思ってきた。
そのたびに、自分の意見を主張してきた。
泣き寝入りなんてしてない。
だけど、そのたびに頭を押さえつけられた。
いえいえ物理的にではなく。
ものすごく狭いところに押し込められた。
お客さんがたくさん来たら、"悪事"=自分のお金で自分の好きなものを買う事 を、
みんなの前でバラされて、血祭りにあげられた。
おかしいよね?
これをおかしいと思うあたしが、おかしいのかな?

家に常に人がいるから、心底、ひとりでほっとする時間が、無い。
一秒も、無い。
なんか隠れて食べてると、いつ呼ばれるか、ヒヤヒヤして味もよくわからない。
前は、舅も姑も毎日のようにあたしの部屋へ上がってきて、
(今は足が悪くなったから上がってこれなくてその点だけはほっとしてる)
自分の部屋なのに、くつろぐ事も、できない。
だってお風呂に入ってても、トイレに入ってても、開けてくるんだよ。
着替え途中なんて、公開生着替えと、同じ。
外出も禁止されてるから、外でほっとする事自体が"悪"。
どうすればいいの、あたし。
で、
あたしは、


モラルハラスメント に 走りました♪
精神的に幅をひろげる事しか頭に浮かびませんでした♪
だって狭かったからさー。

あら、昔語りになっちゃったわ…
まあ昔話はいっぱい書いてきたから…、かいつまんで書くと、
「しらずしらずモラハラをやろうとしてるあたしが悪い」って事に突然気付きました。
そしたら、突然 悟ってしまいました。
神を見ちゃって、神とは、自分自身の芯でした。そしてそれは大きい神と繋がってました。
そうしてね、上に書いた「おかしい」と思ってた事が
全部自分の思い込みで、幻だって事に、気付きました。
そう、おかしくなかったの。

でね・・・
思い込みだって、わかってるのに、まだイライラするの…

神様はさ、イライラもワクワクも、体験したくてヒトの形になったんだよね。
そのヒトのひとつが「あたし」なんだ。
「もー、イライラするー」て思いながら、家族のための買い物(あたしの
ための買い物では無いっ!)をしてる時に、
ああ、神様は、イライラしたいんだから、イライラしてれば、いっかー、と、
思いました。
で、ずっとイライラしてみた♪
で、
・・・
・・・・
まだ気分悪い♪
なおらーん。
まあ、しょうがないね。

神様はね、完璧で、振動もしなかったのよ、きっと。
振るえるための、遊び(余裕)がなかったのよ、きっと。
わかんないけどさー。
まあしょうがないから、まだしばらくイライラしてみるわ♥


posted by 辰多みか at 15:43 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

※閲覧注意※森ガール・狩りガール

※過激表現が有ります※







このあいだ、NHKニュースで、「狩りガール」というのをやっていたのよ。
またけったいな…と、ハッキリ言っちゃうと苦々しく思いながら、見てたよ。

「狩りガール」を目指している女性、また、実際に狩りをされてる女性は、
やはり強い意志で、思う所あって、やっているのだろう。
その方たちに対して、どうって、思う気はないし言う事もない。
苦々しく思ったのは、「狩りガール」って言葉を軽々しくニュースにした事。

うちは、リアルに身近に、狩りガールならぬ狩人が居るから、
いろんな話を聞くし、いろんなモノを、見た。
「○○ガール」みたいな、オシャレな、軽い感じでは、断じて、無い。
まあ、あたしは実際山に入った事はないし、狩った事もないから、
あたしもいろいろ言えない立場だろうとは、思うんだけどさ。
一時期、言葉が流行った、「森ガール」や「山ガール」と、
「命」を扱う「狩り」とは、
いっしょくたに、考えては、いけないレベルの話だと思うのだ。

あたしは、うん、あたしの個人的な考えでは、
男女差別と言われるのかもしれないけど、
昔から伝えられている考えと同じで、
「女は、山に入ったら、いけない」と思う。
女と男は体のつくりがそもそも違っていて、
そして、役割も、違っていていい、と、あたしは思う。
(自分自身は、不平等は嫌だから、どこかで
帳尻合わせてよって思っちゃうけどね)

山(の仕事)は、男に、やってもらおうよ。
そう思うよ、あたしは。
狩猟人口が減っていると言ってたけど、
なんで減ってるかというと、猟銃を持つ許可を取るのが、
年々面倒になっていって、まるで国は猟銃を持たせないかの
ようにびしばしにしばって、それでめんどくさくなっちゃって、
みんな許可をとるのを諦めるって、聞いたよ。

○○ガールって言葉は、あたしは好きじゃない。
そもそもオシャレ方面から生じた「森ガール」だって、
「まるで森にいそうなファッション」を指す
言葉だったと思うけど、
リアルに森に住んでるあたしから見たら、
トンデモなファッションだったよ。
森に行くのに、ふわふわなモヘヤのニットや
レースのロングスカートなんて、
ぜっっったい着ないし、
着たら自殺行為だし。
ヘンな植物のタネがいっぱい付くよ。
小動物に見間違えられるようなふわふわ感とか
森と溶け込むあいまいな色合いとか、
そんなの着てたら、撃たれるし(マジで)。

その頃、コマーシャルで、森で少女たちが
はだしでバレエの踊りを踊ってるのがあって、
「は!? マムシや毒虫だいじょぶ!?」って
ヒヤヒヤしながら見たし。
あ〜気持ちいい〜と、草むらに寝っころがるCMとか
よくあるけれど、「マダニが!?」、見ててゾ〜ッとする。
ぜんぜん気持ちよくないよ! 危険予知して!

狩猟をやるのには、犬が必要だと聞いた。
それもいっぴきや二匹ではないらしいよ。
イノシシはキバで襲ってくるから、突かれて犬は腹をやられるんだって。
その開いた腹を、猟犬の飼い主である狩人は
手芸用の縫い針と糸で、その場でとりあえず縫うんだって。
だって道具もないし、そうするしか山を降りられない。
内臓が出たまま動けないしね。
もちろん麻酔なんてないし、腹をとりあえず塞いだら、
犬は歩かせて帰るんだって。
そんなことできる?
オシャレ感覚で、できる?
あのニュースを見た大半の人は、「ふーん」て具合で
特に感想も興味もなかっただろうけど、
あたしはモヤモヤモヤモヤ考えちゃったな。
この日記書くためにぐぐったら、「狩りガール」って言葉を作ったのが
猟友会みずから、と知って、ますますモヤモヤしちゃったな。

posted by 辰多みか at 13:38 | ※閲覧注意※微グロ・微工ロ | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

なんで悟りの話ばかり書くのか

あたしは日記に書きたい事が、
悟り(真理・神)の話か
数の世界の、真理・神 の話 しかない。

今日なに食べたとか、
どこ行って楽しかったとか、
もちろん体験してる間は楽しいけど、
日記に書く気が、無い。

書きたいのは、真理・神・悟りのことばっか。

なんでかなー。
だって書くの楽しいんだもん。うふふ。

この、誰か別の人が書いた悟り体験談とか
真理とかは、
悟りたい人・悟り探求人・求道者が読んでも、
「悟るため」には、まったく無力だとわかってるのに、
ただ、自分が書きたいから、書いてるだけ。

だから、人が書いた真理の話は、
「悟るため」には、読んでもなんの役にもたたず、時間の無駄なんだよ〜〜。
聖書とかお経とかコーランとかもね。

悟ってから読むんだったら、役に立つけどね〜〜。

ただ、あたしは書きたいから、書いてる。
たとえていうと、
学校で、予防接種で、並んでいて、
注射を待ってる、ビクビクおどおどしてる子たちに、
もう注射が終わったあたしが、
「どんだけ痛かったか」
「どんだけ痛くなかったか」
「終わってどんだけ安心したか」
大声で、高らかに、自慢してるみたいなもんだ。(笑)

ヤなヤツ〜(笑)
でも書きたいから、書く〜(笑)
posted by 辰多みか at 16:20 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

神(仮)

真理関連の冊子を昨日駅でもらって
読んでたら「神」という名前について、はっと気付いた事があった。
まあ、何度もはっと気付いていた事だけれど。
(もらった冊子には、神とはいっさい書かれてませんでしたが。笑)

何回も書いてるけど、一般に認識されてる「神」と
悟った時にわかる「神」と、どこが違うのかな〜ていう事。


『万物を創造したのは「神」』という言葉についてね。

一般の人は、『「神」が、万物を創造した』 と、思ってる。
神という名前の人格みたいのが、創造した、と、思ってる。
それはあたしも、悟る前は、そう思っていた。
だって、そう、書いてあるじゃん、て、思ってた。

悟るとわかるのは、「それは誤解で、その認識は間違ってる」って事。

話を整理するとね。
『「神」が万物を創造した』 ってのは、誤解を招きやすいけど真実。
そう、真実なのだよ。
真実なのに、一般の人は、すべての人が、誤解をしている。

本当の真実は、
『万物を創造したものの事を、「神」と定義する』 なのですよ。

ん? わかりにくい?

一般の人は、昔から伝承されてきた、『「神」が万物を創造した』という
言葉は耳にするけれど、そもそも「神」を見たことがないから、
「神」なんていないと思っている。
だから、「神」が万物を創造したわけがないじゃんと、漠然と思っている。

本当の真実は、そうではない。
真実は、万物を創造した「なにか」が確かに存在して、
その事を仮に「神」と定義した、ってだけ。
「神」という呼び方が気に入らなければ、別になんて呼んでもいい。
「創造主」でもいいし「ヤハウェ」でもいいし、「それ」でも、
「あれ」でも「  」でも、「天」でもいい。

そう、真実は、『万物を創造した「なにか」が確かに存在する』 なのだ。

悟れば、その「なにか」が、一瞬でわかるようになる。
その「なにか」について書かれている書物が「本物」か「偽物」か
一瞬で、わかるようになる。
「あの宗教」が、本物か偽物か、一瞬でわかるようになる。
それが「神」なの。
まあ、「神(仮名)」なんだけどね。

posted by 辰多みか at 14:32 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

ネガティブ・ポジティブ

うちの近くに、孔雀がいるのよ。
たまに、ものすごい大きな声で鳴くよ。(ちょっと迷惑だ。笑)

落ちた羽根をもらってきたんだけど、
ホントに、綺麗ね。
そして良く見ると、本当に不思議なの。

中央の青い濃い丸い部分は、どの角度から見ても、
あんまり色が変わらないんだけど、
長くふさふさしている羽根は、
正面から見ると、赤紫色で、
ある角度から見た時だけ、緑色に、なるんだよ。

これは、羽根の色は、光の干渉によってできている、という事だ。
この仕組みを「フォトニック結晶」 というみたい(ネットで調べました)。

緑も綺麗だけど、赤紫も、綺麗よ。
どっちが優でどっちが劣だなんて、順番が付けられない。
ポジティブもネガティブも、優劣が、実は付けられないのよ。
人間の心は、フォトニック結晶状態だよなぁ、って思うよ。
posted by 辰多みか at 14:31 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

悔しいと口が曲がる

昨日は、いっぱい日記を書いたな〜。
パウリの排他原理の事を一日中考えちゃって、
(ずっと家にいたワケではないよ)
あれもこれもって書いたからな〜。
いまさらだけどひとつにまとめたいわ。
ボゾンが、「力」だけじゃなくて「価値」や「値段」を伝えるイメージが
沸いてきた事に、自分のイメージながら、興味深く思ったわ。
という事は、「力」と「価値」、「値段」は同じものなのかも。
「価値」によって空間は、歪むのかも。
(ていうか逆でね、歪みの大きさが、「価値」の大きさになるのよ、たぶん。
ていうことは、「価値」は高次元に、しみ出しているわ)

実際、昨日考えていた事は、超弦理論ではなぜ11次元時空が必要なのかって
事だったんだけど。
(その計算方法は、とっても、カンタンなんだよ〜)
なぜかボゾンとフェルミオンの事ばっかり書いちゃったわ。

さらに、実際、昨日考えていた事は…
ホントは、朝とっても悔しい事があったの。
くやしい、くやしい〜と、思ってたの。
悔しい〜〜!!と心の奥から湧き出るままに居たら、
超弦理論の事ばっかり考えちゃったんだ。
へんなの。(笑)

悔しい事って、身近な家族の事ではないよ。
舅姑夫子供、直接には、ま っ た く 関係無い事。
悔しい…というより、よ〜く自分の心に聞いてみると、
羨ましい、が、本当みたいだな。
それで、その「悔しい…羨ましい…」を心で感じてたら、
口が、まがっちゃうのね。
すごいね、人間のからだって。
心と体は、見えないあやつり糸で吊られているみたい。

口をまげながら、(自分の意志でまげてるわけじゃないよ笑)
悔しい…と思ってると、なんで悔しく思うのか、
反応する大元の、心の傷が見えてくる。
やっぱり、「あたしはこの家に縛られてる」、と思ってるんだね、あたし。
そうじゃないよって、悟ってわかってるはずなのに、
やっぱりそう思い込んでる。

あたしは行きたい所へ、行けないんだ。
友達は、そこへ自由に行けて、とても楽しい時間を過ごしたみたいだ。
その予定の日すらあたしは記憶から消しちゃってたけど(どうせ行けないから)、
楽しい事後報告を、唐突に目にして、猛烈に悔しくなったんだ。
あたしは、手首足首に、実際、ホントにおもりがついているんだけど、
はずす事もできるんだって、自由になる事もできるんだって、
わかってるけど…できない。
感謝すればいいんだろうって、うすうす感じてるけど、
それも、今のところ、できない。
うん、なんかまとまりがなくって、マイナスオーラ全開の日記だけど、
まあこういう日もあるよ(けっこうしょっちゅうあるよ笑)って事で、
書いておきます。
超弦理論の、次元計算式は、また、あとで。
posted by 辰多みか at 22:56 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

馬鹿は死ななきゃ治らない

一度生きながら死んだ身としては、
この言葉には賛成しかねます(笑)。

「バカは死ななきゃ治らない。」

いえいえ。
死んだら、治るのは、「無知」です。
無知が100%治ります。

そして死ぬと、
馬鹿が100%になります。
そう。100%バカになります。

生まれてからなんとなく生きてる頃は
50%馬鹿ですけど、
死ぬと100%馬鹿になります。

だから死んじゃだめって事ではなくて、
肉体的に死んだらどうなるかは、
あたしも肉体的に死んだ事ないから、わかりません。

ただ、生きながら、自我だけ一瞬でも死ぬと、
100%バカで、いいんだ〜〜って、腑に落ちるようになります。
むしろ100%バカが、いいんです。
だって楽じゃん〜。馬鹿〜。
100%無知が治って、100%馬鹿で過ごせる。
ラク〜。
posted by 辰多みか at 01:07 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

パウリの排他原理E

・・・もうこれでいいかげんにしておこう(笑)
ボゾン(ボソン)が伝えるもののイメージは、
「重さ」「点数」「数のカウント」「価値」「値段」
「比較」「比率」「力」
そんな感じがする。

フェルミオンが伝えるのは、
「物質の材料」
うん、そんな気がする。

なんか用語が間違ってるかもしれないけど(笑)、
そんな感じがする。
posted by 辰多みか at 21:41 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理D

●フェルミオン=フェルミ粒子
1センチ×1センチ×1センチのくぼみがあります。
そこに、1センチ角の桐の角材を入れます。
もう、ほかのものは、入りません!
桐の角材を出さないと、入りません!

いったん桐の角材を出して、水を入れます。
水の体積は、1立方センチメートルです。
もう、ほかのものは、入りません!
入れたらあふれちゃうので、入れちゃダメです。
水を出さないと、入らないんだからね!?

水を出して、1センチ角の鉄の塊を入れます。
もう、ほかのものは、入りません!
鉄を出さないと、入りません!


●ボゾン=ボソン=ボース粒子
1センチ×1センチ×1センチのくぼみがあります。
そこに、1センチ角の桐の角材を入れます。

いったん桐の角材を出して、水を入れます。

水を出して、1センチ角の鉄の塊を入れます。

ただ入れて出しただけなんですけど、
桐の角材も水も鉄も、体積は全部 1立方センチメートルでした。
同じ大きさのくぼみに入った、同じ体積の物でしたが、
どこが違うかっていうと、重さが違っており、
およそ、水が1グラム 桐の角材が0.3グラム、鉄が8グラムです。 


・・・こんな感じ?
posted by 辰多みか at 21:39 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理C

Bまで書いたけど、フェルミオンとボゾンを
逆に書く方がいいなー。
だから先にフェルミオンを書くよ。

●フェルミオン=フェルミ粒子
結婚しました♥
結婚指輪を薬指にはめてます♥
結婚指輪は、もちろん、いっぽんだけあればいいのよ。

●ボゾン=ボソン=ボース粒子
結婚しました♥
結婚指輪は…コッソリ言うけどプラチナで3万円です。
このあいだテレビで見た芸能人の○○さんは、ダイヤがついてて
有名デザイナーもので100万円ですって。


こんな感じ?
posted by 辰多みか at 21:34 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

金木犀

きんもくせいが、今日咲きました。
とっても、いいにおい〜。
庭中、きんもくせいの香り〜。

窓から、家の中にも香って来るよ。
これが「幸せ」なんだねぇ。
posted by 辰多みか at 19:20 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理B

●ボゾン
体重計で体重を測ります。
私の体重は、今日は45kgでした。
昨日は、43kgだったのに!
私が体重計から降りたら、
次にAさんが乗って、
こっそり見ていたら、なんとAさんは70kgでした!


●フェルミオン
体重計で体重を測ります。
体重計の測定面の面積は、ひとりぶんしか無いので、
当然ひとりだけしか乗れません!
(肩車とかは無しね)
もうAさんったら、私が乗ってる時に、
いたずらで足を乗せてこないで!



・・・間違ってる?(笑)
posted by 辰多みか at 19:19 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理A

●ボゾン
40人のクラスで、テストをしました。
欠席は無く、40人全員が受けました
10問で100点満点のテストでした。
結果は、
50点の人が10人、
40点と60点がそれぞれ5人、
30点と70点がそれぞれ4人、
20点と80点がそれぞれ3人、
10点と90点がそれぞれ2人、
0点と100点はそれぞれ1人でした。

●フェルミオン
40人のクラスで、テストをしました。
欠席は無く、40人全員が受けました。
先生がテスト問題を配りましたが、
適当に配ったので、各列の後ろで
多い、足りない、と騒ぎになりました。
全員に行きわたったところで、
問題が一枚余りました。
適当に配った末の事だったので
余った一枚を持っていた生徒は、
「先生、これ、いりません!」と
迷惑そうに言いました。



・・・間違ってる?(笑)
posted by 辰多みか at 15:15 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理

●ボゾン
ダーツで、矢を投げます。
一回一回当たる度に、矢を引き抜いて、
当たった場所(点数)をカウントします。
矢を投げる回数を多くすれば、点数はどんどん上がるよ。


●フェルミオン
ダーツで、矢を投げます。
矢は抜かずに、そのまま置いておいてね。
中心に当たって、高得点!
次の矢も中心に当たりそうで高得点が
出そうだったけど、矢がそこにあったので、
矢に跳ね返って、低得点の所に刺さってしまいました。
中心には、もう当たれないし、
中心どころか、矢がすでに刺さってる所には、
もう刺されない。
だから点数がなかなか上がれないよ〜。


と、思いました。
あたしは。

・・・間違ってる?
posted by 辰多みか at 14:36 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

早生蜜柑

あたしはすっぱい果物は好きじゃないけど、
わせのミカンだけは、好き。

今の時期だけに出回る、皮が緑色ですっぱそうな、あのミカン。
実際は、すっぱくないんだけどね。

あたしは黄色く熟したミカンが、どうも好きじゃないんだ。
いわゆる、コタツで食べるコタツミカン的なアレ。

どう考えても、緑のミカンよりは黄色のほうが甘いだろうし、
みんなも黄色い方が好きなんだろうとは思うんだけど、
黄色いのは、自分で買う気がしない。
緑の早生ミカンは、今の一瞬の時期しか無い事もあって、
わざわざお金を出して、買う。
黄色いのは、ここがミカン産地な事もあり、寒くなると、
知り合いからた〜〜くさん頂いたり、安〜〜く買ったり、
ミカンを入手できなくて困るなんて状況には、絶対にならないのに、わざわざ緑のを、高く、買う。
(そして家族から必ず一言文句を言われるのだ。笑。
言われたってあたしは、買うよ。)

どうしてかなー、と思うけど、
自分でも、わかってる事は、
まず、緑のミカンだけに有る香りが好きな事と、
あとは、子ども時代の思い出だろうなー、と思う。

昔、小学生の頃、
学校で運動会があったり、地域で運動会があったりした。
運動会につきものの、お弁当。
その、お弁当に必ずおかあさんがつけてくれてたのは、
緑の早生みかん。
ほとばしるような、緑の香りをかぎなから、
皮をむくと、今でも、あの時の風景が、空気の温度まで
感じられるほど、鮮明に蘇って来るよ。
だからあたしは、緑のミカンが好きなんだと思う。

人の嗜好って、純粋な好き嫌い以外にも、
くっついてくる体験が、大きな割合を占めていると思うよ。
だからその辺をコントロールする手段があれば、
好き・嫌い って、意識的にコントロールできるものかも、って思うよ。
posted by 辰多みか at 14:35 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

この世はホログラム

プラトンの洞窟・・・哲学
アマテラスの岩戸隠れ・・・神話
この世はホログラム・・・物理学

れっきとした物理学なんですよ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Holographic_principle
とうとうここまで来たわ。
wikiには日本語版が無いわ。
posted by 辰多みか at 15:14 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

ヤマタノオロチと台風と生贄

台風が来る前触れのひとつに、
空いっぱいに、放射状の雲が出る、というのが昔、百科事典に載っていた。
(ちょうど水平線のある一点から、くじゃくが羽根を広げるみたいな形で)

この間の台風で、あたしの住んでる場所は、ほぼ上陸地で直撃を受けた。
うちは高台にあるから、浸水の被害は受けないんだけど、
うちのまわりの畑は、まるで海か川みたいになっちゃって、
苗を植えたばかりの畝が、幾筋もの水の流れができて決壊してしまったのだ。
ちょうど、うちの前の道から、放射状に(扇状に)、低い土地に向かって。

それを見て、ヤマタノオロチって、この事かな、と考えた。
空の放射状の雲。地の放射状の水。
昔の、堤防がちゃんとしてない頃は、大雨が降ったら、必ず川が
氾濫しただろう。そう想像するのはたやすい。
龍なんかは、もろに「水」の神様で、ヘビもおなじたぐいだったろうから、
川が氾濫して、幾筋も流れがあらたにできてしまう事を、
八俣(股) と
言ったのではないかと。

くしなだひめは、ヤマタノオロチを鎮めるために、
生贄にされるんだけど、(ギリシャ神話のアンドロメダもそうだね)
台風が来て、毎年ニュースを見てあたしが思うのは、
必ず幾人かの人が亡くなっている。
防災に力を入れている現代でさえ、亡くなっている。
それもだいたい、台風の大きさと日本に近づいた距離に比例して、
算出できる計算式を想像できてしまうくらい、毎年、決まっている。

昔なんか、もっと亡くなっただろうから、
変な話だけど、どうせ誰かが犠牲になるのなら、いっそ…と…、
「考えて」しまうのも、わからなくはない。
うーん、そうね、もし自分の子どもが不治の病になってしまって、
どうせ一人の命が無くなるのなら、私の方を、と、
親が祈る、っていうのに似た感じかなと。
(生贄というのは、それを実行してしまう事だけど)

先日、好きでもない爬虫類を見に行ったのは、そういうのを考えるためでもあったよ。
昔の、ヘビ信仰とか、龍信仰とかね。
どの爬虫類が、龍に似てるのかな、とかさ。
恐ろしい自然現象が恐ろしい爬虫類に、結び付いたのかなー、とかさ。
体で、あたし自身の体で、感じるため。
(そしてヘビチャンにチョロっと触られて、ヒィィィってなった)

生贄については、「統計・確率」の方だと思うけど。
あっ、アンドロメダが生贄にされたのは、ケトゥス(化けくじら)
に対してなんだけど、星図を見ると、「くじら座」の絵は、もろ「セイウチ」なんだよ。
昔の人って、ライオンがこまいぬになっちゃったりね、昔の人の伝言ゲーム的な、
「怪獣」の伝え方って、面白いわぁ、興味あるわーと思うよ。
それか日本人の、「ケトゥス」の訳し方が間違ってたのか?
posted by 辰多みか at 16:56 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

ワンコ大好き!セイタカアワダチソウ

去年は、てんぷらにするとセイタカアワダチソウがおいしく食べられるって記事を書いたわ・・・
昨日ね、犬の散歩に行ったら、ある地点で、ソワソワ!
そして、モグモグ!
食べる食べる。
もう暗い時間で、なに食べてるかよく見えなくて、
この間は、エノコログサを食べてるんだな〜と思ってたんだけど、
よ〜く見たら、セイタカアワダチソウを食べてた!
ワンコがセイタカアワダチソウを!

背が高く育って花が咲きそうなやつではなくて、
一度草刈り機で刈り取ったあと、伸びてきた柔らかそうな葉をむしゃむしゃ食べてた。
なにが犬にとって魅力的なんだろう・・・
本能で嗅ぎ分けてるってすごいわ。
posted by 辰多みか at 16:55 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

光の体験

昨日の、「静寂」の体験と同じく、
あたしは、「光」の体験も、いまいち、印象が薄かった気がする・・・?

たしかに、「明るいところ」には、出た。
自分の内面を探っていって、一番奥かと思ったら、外だった。
ぐるんっ て、世界がひっくり返った。
ものすごくびっくりした。

ああー、そうかー、ブラックホールって、この世界が裏返しになる事なのかな。
裏返しになって、また始まるという。
あたしはまだ感じきれないなー。
おしゃかさまは、どう感じたんだろう・・・
(あたしはお経の勉強をしてないから、わかんないです)
お釈迦様は、偉大な物理学者・数学者・哲学者 だと思うよ。
教祖さまじゃ、ないよ。

いろんな人の覚醒体験を見てると、
自分自身が、「光」そのものだった、というのをよく見る。
それは、そうだろうなー、とあたしも納得できるけど、
あたし自身がそういった体験までしたかな、と思い出してみると、
そうでも無いっぽいんだよね。
やっぱこのへんの体感が弱いから、大悟まで行ってないんだと思うよ。

あたしはひとつぶの光子でした ってとこまで行ってみたいな。
でもやっぱまだちょっと怖いのかな(笑)。
posted by 辰多みか at 15:45 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。