2013年10月10日

プラーナちゃう、生理現象や!

エセ関西弁が思わず飛び出すほどの衝撃・・・
あまりにビックリしたので先に結論を書いておきますと、
プラーナを見た!とスピ系で言われているモノは、
「ブルーフィールド内視現象」という生理現象の場合があるよ!
それ、プラーナじゃ、ないよ!

ときたま、スピリチュアル系のブログなどで、
プラーナを見た、というのを目にしていて、
見てみたいと、ちょっぴり気になっていて…
(スピ系のブログはあまり見ないのだけど、
たまたま検索とかで。)

「プラーナの見方」というのを目にしたので、
やってみよう、と思い立った。
やり方は「目の焦点を、遠くを見るのではなく、目から20〜30センチ
前方の所に合わせる」だけ。
カンタンだ!
さっそく青空を見ながら、やってみたよ〜。

すると・・・
目がチカチカしてきて・・・
白い光る点とか、急にうねっと、湧いてきてカーブして消える点とか・・・
いっぱい。視界にいっぱい!
とあるブログでは、「これ」がプラーナですよ!と、自信を持って説明していたわ・・・
これ、ちゃうやん・・・
プラーナちゃうやん・・・
自分の目の中のモノやん・・・(エセ関西弁でごめんネ)

もしも、「これ」がプラーナだと主張するのであれば、あたしは言う、「これ」はプラーナじゃない!
(もしかしたら、別に、プラーナというモノが確かに存在しているのかもしれないが)

なんで断言するかと言うと、目を動かすと、視界にくっついて一緒に動く!
プラーナって、あなたの目に、くっついているの?どうなの?
あたしはひどい飛蚊症もちで、「これ」が飛蚊症ではない事は、見分けがつく。
(以前は、飛蚊症がひどいから、きっと邪魔でプラーナは見えないだろうなー
と思っていたよ。そんな事なかった。「これ」は飛蚊症関係なく簡単に見える。)
前々から、見えてる時があって、特に気にしてなかったから、
ああ、自分の目の中の血とかが見えてるんだろうなー、チカチカするなー。
くらいにしか思ってなかったモノ。それだ。

検索してみたら、やっぱり、「ブルーフィールド内視現象」という
生理現象だよ。
白血球が、見えているんだよ。

プラーナはプラーナで、「気」は有るとあたしは思うし、
その気をプラーナと呼ぶならば、「有る」と思うけど、
生理現象を勘違いしちゃ、ダメだと思うねん。(エセ関西弁で…)



posted by 辰多みか at 10:45 | 気の交流 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。