2013年10月18日

超弦理論はなぜ9次元空間必要なのか

先日、興奮しつつNHKの「神の数式」2夜連続で見たわけですが、
その、第二夜のテーマ「超弦理論」の、とってもわかりやすい本が
あったから、買って読んで見たよ。

「大栗先生の超弦理論入門」-大栗博司- ブルーバックス \980(税別)

超おもしろい! わかりやすい!
物理や数学や宇宙に興味がなくても、秋の夜長の読み物として
読んでも面白い。
眠れない時のアルコール(ナイトキャップ)がわりにも、いいよ。(笑)
中学生だとなんとかついてこれるかなくらいだけど、
高校生以上だったら、だいじょうぶ。
なんてったって縦書きだから。(数式があんまり出てこない!)

そして、読んでみて思った事は、
やっぱり「無限」は魔境なのだという事。
超弦理論、M理論を持ってしても、ゼロと無限を記述する事ができていない。
9次元空間(=10次元時空)を導き出す、オイラーの公式からも、あたしはそう思う。
これらの理論は、やはり、「真理の近似」なのだと。

なぜ、9次元空間が必要なのか?
9次元空間というのは、あたしたちが住もうと思ったら時間が必要で、
イコール、10次元時空に、なるんだけどね。
9次元空間=10次元時空を導きだす数式が、とても面白かった。

その内容まで書いちゃうと、ネタバレになってしまうので、
詳しくは、本を買って読んでほしいのだけど、
その時使うのは、オイラーの公式、
1+2+3+4+5+…=-1/12 という、驚愕の公式なのだ。
「無限」って、「マイナス1/12」 なんですって。
びっくりするよね。
でもね、これは、ゼロの膜を破裂させないように、うまーく、中身だけくり抜いて
導き出した答えなんだよ。
「いかに皮ギリギリまでメロンを食べるか」
なの。
そこに真理が隠れてると、あたしは思ってるの。生命の。

この本では、最後の最後、とんでもない結末が待っている。
それは、まあ、オビにも書いてあるから、思いきりネタバレなんだけど、
「空間とは幻想だった」のです。
これが、最新科学が出した答えなの。

な〜んだ! だよね!(笑)。
そんなの、お釈迦様が、二千年以上前から、口酸っぱく言ってるじゃん!(笑)
ワンネスを経験すれば、誰でも、涙と笑いと至高に包まれて、体験する事じゃん!
て、科学と哲学が、ギリギリ近くまで来ている事を、実感しました。

(でも、科学と哲学は円ではつながらないんだよ。
円でつながったかのように見えるけれど、それはみせかけで、
横から見ると、らせん状になってて、一段だんちがいに、なってるの。)



posted by 辰多みか at 16:36 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

とてもカンタンでとても難しい

わかったのだ。

幸せになるために する事。



それはね。
「幸せになるためにする事」は、
「幸せになる事」なんだ。

はいはい?

わかんない?

幸せになるためにする事、それはただひとつ、幸せになる事。
自分から、みずから自発的に自覚を持って、前向きに、
幸せになる。 それだけでいい。
「今すぐ幸せになっちゃえばいい。」

いや〜、とてもカンタンだね。

そして、


とってもとっても難しい!!



だって、方法はそれ しか 無い んだもの!



この「名言」は、あたしの尊敬するおひとりの、斎藤一人さんが
常に書籍などでおっしゃっている事なんだけど、
あたしも、頭ではわかるんだけど(いちおうその前に悟ったので)、
どうにも、どうにも、腑に落ちない。
心がついていかない。
納得できない。
というか、納得したくない。事。だった。

それが、ようやく納得できる段階まで、来た〜〜。(キターー!な気分だよホント)

この段階まで来るには、人それぞれ、イバラの道がある。
イバラの道とは、「方法はこのたったひとつしかない」、という段階に至るまで、
あきらめ、あきらめ、あきらめ続ける事。
他の方法が無い、と、腑に落ちるまで、トライアンドエラーを繰り返す事。
この方法をやってみてダメだった、こっちの方法もやってみてダメだった、を、
繰り返すこと。
決して、頭の中だけの、思考実験では終わらせない事。(というか思考実験では終わりは無い)
ちゃんと声出して、体を使って、やってみるのだ。
たとえば、この問題がなくなれば私は幸せになれる…とか、
あの人がいなくなれば…とか、
この環境が変われば…とか、
そう思ってたら、環境を変えてみる。でも自然の法則に従い結局は
幸せにはなれないという結果が待っているので、この繰り返し繰り返しを、
身にしみてわからせるのだ。
もちろん周囲との軋轢は、発生する。

すると、最後に「幸せになるためにする事は、今すぐ幸せになっちゃう、という事しかない」という段階まで来る。
悪あがきしてもムダなの。もともと自然はそうなってるの。

その道中の長さは人によって違うし、ひとつの人生でたどり着けない人もいるし、
生まれた時からすでに到達してるような人もいる。

だから、あの人が嫌い、でも、ニッコリ微笑んだ気持ちで、その人の幸せを
考えてあげればいいんだよ。
その「場」が、みんな、上機嫌になれば、いいの。
その時の注意点は、決して見返りを求めない事だよ。ごますり、おべっかは方向が間違いだよ。
自分だけが、まわりとなんの関連も無くひとり上機嫌でいれば、それでいいのだ。
(でもそれができないからみんな悩むんだよね〜〜)
posted by 辰多みか at 15:09 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。