2013年11月15日

「光あれ」

神様は、最初、
たったひとつで、
あぁ、たぶん今も、たったひとつ なんだろうけど、

最初、「意志」だけがあった。
「意志」「意識」「生命」そんな感じのが、ひとつ。

世界は混沌としていて(それをカオスという)、
光と闇の区別もなかった。

神様は、どんな気持ちになったのか、あたしは知らないけど(笑)、
「光あれ」と言ったんだって。

何かを見たかったのかな?
何を、見たかったのかな?
何かを見るには、光とか目とか鏡とか対象物が、要るよね。
「光あれ」という事は、実は「光と闇に分かれなさい」という意味だよね、きっと。


神様は、「半分にわかれなさい。そして、残りもまた半分にわかれなさい」と、
うっかり言っちゃったんじゃないかと、あたしは思うのよ。

あたしが思う、
世界のはじまりとそして今現在は。

それは、「1/2+1/4+1/8+1/16+1/32+…が、「1」に限りなく近づく、けれど、
絶対に1には届かない」 と、同じだと、感じる事。

図解してみましょう♥
24816.jpg

こういうこと。

この「無限」が、生命 だと あたしは思うんだ。
そして、半分(1/2)になるためには、境目として、ゼロが、
必要不可欠だったと、思うんだ。

(1/2+1/4+…は、ゼノンさんが「アキレスと亀」で言いたかった事と同じだよ。
無限に足しても1に達する事ができないから、アキレスは亀に追いつかないよ、と、言いたかったんだよ。)


posted by 辰多みか at 17:02 | 宇宙のはじまり | 更新情報をチェックする

扇風機で発電する

今日は、扇風機を4台お掃除して、夏じまいしました。(てもう寒いよね)
カバーをガバッとはずして羽根を止めてる逆ネジをはずして、
ほこりを取ってきれいにして元通りに組み立てて、来年までおやすみ。

掃除をしながら、この羽根を逆に回したら発電できるんだろうかと考えた。

工業用の三相モータならできるはずだ(たぶん)。

でも、扇風機は家庭用だし、どうかなーと思って、ぐぐってみたら、
やっぱり単相誘導モータだからできないそうだ。よくわかんないけど。
(中に永久磁石が入ってないから。ていうか単相か三相かは
発電できるかできないかに関係あるっけ?)
それと、回転方向は、どっちでも発電できるんだってさ。

でもなんと、直流のモータだったら実験レベルでできるみたい。
おもちゃとかミニ四駆用とかのね。
マブチのとかね。
http://www.mabuchi-motor.co.jp/motorize/factory/f_gn.html

100均で売ってる、携帯タイプのハンディ扇風機だったら、
軸を外力で回せば、発電できるんだよ。
http://www.eneene.com/omoshiro/10hatuden/

東北電力のおもしろ実験サイト
http://www.tohoku-epco.co.jp/new_naze/koubou/fuyuyasumi/jikken/01.html

これ知っとくと、非常時に役立つかも〜?
posted by 辰多みか at 16:57 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

水晶透視ができる本


su.jpg

あたしは、今まで一度も「占い」といわれるものを
受けた事がありません。
自分自身でも、占った事はありません。
おまじない なども信じなかった。
未来を知ってどうしたいの?ていうスタンスだった。
それは今も変わらない。

でも、「悟り」の世界を垣間見て、
心の世界は、多次元だと、感じた。
三次元空間以上だと。

そしてそれが、球体でまわりを映す石 や 凹レンズの形の鏡に、
映るのだ、と、心の奥底から、感じていた。
悟りの世界を見た後に。
本当に、まったく、占いには、興味がないあたしが。

なぜそう思うのかというと、悟りの世界の風景は、
「無限大」と「ゼロ」にまっこうから向かい合って、直視する世界だと、
あたしは感じてるから。
鏡は、無限大を有限にまとめることができる。
そして、球体は、四次元空間の、鏡像なの。

あたしの手元にあるのは、水晶球ではなくて、25mmのヘマタイト球なんだけど、
それを手にとるたびに、なんだか、いわゆる水晶占い ってものが、
できるような気がしていた。
悟りの世界とつながるからだと思う。
(それは、アカシックレコードといわれている世界なのかもしれない)

それでね、なにか、悟り関係の検索をしていたら、
たまたま、「水晶透視ができる本」という松村潔さんという方の
本の、プレビューに、行き当たったのよ。
プレビューだから、数ページ、読めるのよ。

http://books.google.co.jp/books?id=H2rNXYdJKYsC&printsec=frontcover&dq=isbn:491621790X&hl=ja&sa=X&ei=iHiFUt3ZKJHakgW_xoCYCw&ved=0CDEQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false

あたしの悟りセンサー(笑)が、全反応した。
この人(松村潔さん)は、悟ってるよ。
ホンモノです。

さっそくAmazonで注文して、最初のページを読んでみた(P3)。
ぞわぞわきた。ホンモノです。
あたしは、プレアデス星人なんちゃらとかのスピリチュアル系な、
さもわかってるかのようなキラキラなブログはとても苦手だけど、
この本はしょっぱなプレアデスとか言ってるけど、ホンモノです。

あたしは、この本で未来を占う気はさらさらない。
あたしがなにをしたいかっていうと、「悟り」の世界を視覚化して、
人類全悟り になってほしいの。
(そうすると全世界が平和になる)
だから、四次元空間とか、無限大とかゼロとか1とか、数式とか、言ってるの。
目に見えるからね。

とにかく、ホンモノの人が書いた本です。
まだ1ページしか読んでないけど(笑)、おすすめ!
ぜひ、悟ったアナタに読んでほしいわ。

あっ、何度も書いてるけど、また書いておくね。
あたしたちが暮らしているこの世界は、「3次元空間でありイコール4次元時空」なんだよ。
ひとつ次元があがると、「4次元空間またの名を5次元時空」 になるの。
たぶん、スピ系で、5次元に次元上昇 とか言ってるのは、
5次元時空の事だと思うよ。(4次元空間+時間1次元の事)。
混乱しないでね。
空間と時空は、違うのよ。







タグ:ホンモノ本
posted by 辰多みか at 11:13 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。