2013年11月17日

クラウド・アトラス雑感

ゆうべ、借りてきたDVDを見たよ〜。
この映画は、「2回見ないとよくわからない」というレビューを
いっぱい見てから、借りに行ったので、
そのとおり、一回見ただけでは、よくわからない(笑)。
というか、もう一回見て、いろいろ確認したいな〜と思っちゃう映画だ!
だから、最初から、2回は見るつもりで見はじめたんだよ。

2回見てから感想をしっかり書くつもりなの。
今から書くのは、ざっと、見た、手触り感を書くの。

あたしは、この映画が「悟り」について描いていると、
超期待して、見た。
「ストレートに転生輪廻を描いた話」だという前提は、認識した上で見ている。

で、手触りは、
あー、残念だ…

「悟り」に特化して感想を述べれば、
「残念…」の一言だ。

この監督さん(達)は、「マトリックス」で、精神世界ぽい事、
宗教じみた事、ちょっと説教くさい事、を、チラチラ垣間見せてくれたから、
悟りを得てるのかな、と、思っていたけど…
…なんか違ったみたいだ。

登場人物のうちの一人は、映画中で、悟りを得るの。
たしかに、悟りを、得るの。
でも、それが、悟りが、表現できてないの。
「お経をただ詠む人」と、同じレベルなの。惜しいな…

お経をつぶやく事だったら、誰にでもできるんだよ。
(お経には「悟り」が書かれているからね)
女優さん自身が悟ってないからしょうがないとは思うんだけど、
目が…瞳が、違うんだよな。
あと、それに至った経緯。

あー、なんか残念感いっぱいなんだけど、
娯楽映画としては、すごかったな。
エンターテインメントとしては、とても贅沢です。
エンドロールでのネタバレ(?)が凄すぎて、そこだけ何度も見ちゃった(笑)。

あとね、映画の途中で、電子が存在する確率(軌跡)が雲、的な、事を言うんだけど、
それが、クラウド なのかなと思った。
電子雲は、パラレルワールドにもつながる。(これは統計・確率を勉強すると、
よくわかるよ)
アトラスはもともと、地球を肩で支えている巨人の神様の事なんだけど、
人間の、首の一番上の骨(頭蓋骨と首の境目)の事も、アトラスというから、
そこからきてるのかなとも、思った。
タイトルの由来は確認してないから、憶測です。

まあ、ハリウッド娯楽映画として、「うまれかわりの話」程度の前知識で、
気軽に見ればいいと思うな。
そして、もう一回、見て楽しむ(笑)。
ひとつぶで二度おいしい。アーモンドグリコみたいな映画だ。




posted by 辰多みか at 10:46 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。