2013年11月26日

アンドロメダ星雲とラヴジョイ彗星

今ちょうどね、真上あたりにアンドロメダ星雲があるよ。
M31(えむさんじゅういち)ね。
(あたしが子供の頃は、星雲て言ってたけど、
今はアンドロメダ銀河っていうのか…)

見付け方は、まずペガサス座の四角形の中の、カシオペアに一番近い星
(実はこれはアンドロメダ座の星)から、同じくらいの明るさの、
ひとつ隣り合った明るいオレンジ色の星を見つける。(これはカンタン)
そしてそのオレンジの星を端にして、カシオペアに向かって、
ふたつ並んでいるちょっと暗い星を探す。これはオレンジの星を含めて3つの星が、
だいたい等間隔なんだけどへの字にゆるく曲がって並んでいるよ。
への字が見つかったら、今度は、そのへを、まっすぐにしてみたい!って、
強く願ってね(笑)。目はそこを直視しないで、少しずらして見てね。
すると…そのまっすぐな等間隔な所に、ボワッとしたモノが、
見えてくるんだ…。願いが叶う瞬間(笑)。それがアンドロメダ銀河だよ。
明るさは4.3等星くらい。あたしは、メガネをかけた状態(1.2)で見えるよ。
裸眼だとたぶん0.7だけど、それでも、かすかに見える。
なんかwikipediaで見ると、大きさは満月の5倍とか書いてあるけど、
たぶん、そうなんだろうけど、目で見える部分は中心の明るい所だけで、
とてもとてもそんな大きく見えないよ。

アンドロメダ銀河の見え方と、彗星の見え方って、とても良く似ている。
双眼鏡で見ても、ボワッとしてるだけで、うずまきとか見えない。

ラブジョイ彗星の見え方も、ちょうどアンドロメダ銀河と、同じ感じで見える。
(見える位置は違うよ)

だから彗星探したけど見えなかったって人は、アイソン彗星が見えない今、
アンドロメダ銀河とラブジョイ彗星で、練習してみてはどうでしょう♪
(夕方アンドロメダを見て、夜4時〜5時半にラブジョイ彗星を見る)

アンドロメダを見ていたら、大きい流星を見たし、
楽しいわ〜。
天体に夢中になってた昔を思い出すわ。
望遠鏡は無いし、バードウオッチング用の双眼鏡だけどね。







posted by 辰多みか at 22:13 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

紛らわしいラブジョイ彗星

ラブジョイ彗星というのは、スピリチュアルな現代らしい命名(笑)ではなくて、
単に「ラブジョイさん」が見つけた彗星という事で、
(ハレーさんとか百武さんとか池谷さんとか関さんと同じ。)
Lovejoy彗星、ラヴジョイ彗星、と呼ばれているんだけど、
ラブジョイさんはけっこうたくさん彗星を見つけているらしく、
その全部が「ラブジョイ彗星」らしいのよ。
見分けるには、識別番号みたいので、見分けるらしいのよ。

今のところ4つあるみたいで、

・C/2013 R1 2013年9月7日発見
・C/2011 W3 2011年12月2日発見
・C/2007 K5 2007年5月26日発見
・C/2007 E2 2007年3月27日発見

これ↑が全部ラブジョイ彗星なの。
今、アイソン彗星より良く見えるという事で、世間を騒がせつつある(?)のが、
この中で、「C/2013 R1」なのね。

wikipedia (ほとんど英語のしか無いよー)
C/2013 R1
C/2011 W3
C/2007 K5
C/2007 E2

今朝も、双眼鏡でラブジョイが良く見えたので、他の地域ではどうかなと、
ブログ検索してみると…

なんか、「別のラブジョイ」を、勘違いして一生懸命探している人たち(副数人)を、
見つけてしまった。
カシオペアのへんを、一生懸命さがしているというのよ…。
今話題の見やすいラブジョイは、北斗七星と、うしかい座の間あたりにあるというのに…
それはたぶん、アプリやシミュレーションソフトなどで、「ラブジョイ」と
出てくる、C/2007 E2あたりを、見てしまっていると思うのよ。
それか、過去の古い情報か。
(うちはアプリもソフトもないから確認できない)
それ違いますよー、寒いから、見やすい方を見て…と思って
コメントしてみようと思ったら、ログインだかブログを作成しないと書き込めないみたいで、
書けなかったわ。あたしはTwitterもやってないし。
だから、ここから、念〜〜。
それ違うよ〜〜。違うラブジョイだよ〜〜。
伝われ〜〜。

ラブジョイ、紛らわしい〜〜。
(でもC/2013 R1はものすごく良く見える☆)



posted by 辰多みか at 14:54 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

今朝のラブジョイと水星土星ランデブー

アイソン彗星は、あたし的に前半戦が終わったので、
(ウチからはもう見えないから)
12月入るまで早起きする必要ないんだけど、
今朝は、所用で5時前に起きました〜。

忙しいんだけど、まずカーテン開けて空を見る(笑)。
あれっ、快晴!昨日の暴風雨がうそみたいだよ〜。
ということで、見る予定なかったけど、
ラブジョイ彗星でも見てみるか…と、一回しまった双眼鏡を取りだしてきました。
窓からのりだして、北斗七星を見る。
あーー、月が明るいー。
だめかもー。肉眼だめかもー。
と思ったら、ホントに肉眼ではまったく見えなかった。

ラブジョイは高いところにあるから、首が疲れるんだよな。
外の空気が、寒くない。なんかあったかい。南風?
双眼鏡で見ると、この間見えた明るさ
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/381031119.html
とほぼ変わらないというか、
若干、暗い?月の光のせいか?
でもね、地平線に対して-45°方向に向かって、
尾らしきものが伸びてる。
ぼんやりした彗星のまるい塊が、-45°の斜め上だけ、
かぶりついた大福みたいに、にょーんと伸びてる感じがする!
ラブジョイの色は、相変わらずグレーだ。
なんで写真に撮ると、青白くなるのに、目ではグレーなんだろう。
青白いの見てみたいよ…。
という事で、尾らしきものが見えて、大満足なラブジョイ。

しばらく家事をして、ちょっとだけでもあいた時間ができたら、
すかさず空を見る。
なんか、水星と土星が可愛らしく並んでるじゃんー。
わぁ、いいもの見た。
すっごく可愛い。
ビカビカ光る水星とひっそり寄り添う土星。
本当の大きさからいったら、逆なんだけどな。
水星はオレンジ色で、土星もオレンジ色なんだけど、比べると、少し青みがかってみえる。

ずっと見たいと思って、この春も見たくて車を走らせたり、
晩御飯のしたくの気もそぞろで、見たくて、でも見えなかった水星を、
毎日のように堪能できて、嬉しいわー。

アイソン彗星のおかげだわ。
ありがとうアイソン彗星。
(そして12月には、ちゃんと見えてね)




posted by 辰多みか at 14:53 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。