2013年12月13日

扉が開く


私を 信じろ
私を 信じろ

神を


晩御飯のしたくをしながら、
頭の中に声が響き渡る。

報酬をもらうのを放棄すること。
助けを求めている相手の気持ちをくんであげること。
自分のやりたい事を、やれない言いわけをせずに、心のままにやること。

それら3つをやる、と、想像する。
とても損した気分になる。
それら3つをやらない、と、想像する。
それは、神を信じない と宣言する事と、同じ事だ。

神にゆだねる。
神に、その身を生贄に捧げる。
それらの本来の本当の意味は、それら3つを実行して、
損した気分にみずから志願してなる、という事だ。
ゆだねられないというのは、
神を信じない と、宣言する事と、同じ事なのだ。


私を 信じろ
私を 信じろ

"私"を


自分の中にいる
自分と自分を。
裏も表もない
分離していない
ただ「在る」と言う
自分を。

私を



自分のやりたいこと。
歌をうたうこと。
絵を描くこと。
本を出すこと。
数学の勉強をすること。
素数の謎を解き明かすこと。
素粒子と哲学の関係を調べること。
ノーベル賞をとること。
映画をつくること。

どれをやろう。
そう、ぜんぶ、やろう。
死ぬまでにぜんぶやろう。



散歩に出た。
風がとても強くて、とても寒かった。
寒さが心地良かった。

北東の空に
大きな星が燦々と光り輝いていた。
木星(ジュピター)。
カペラとベテルギウスで直角三角形を形作っていた。

歌をうたってみた。
風が強くて、きっとみんなの家の中までは聞こえない。
ここは森の中だし。
大きい声でうたってみた。
今、目の前で輝く、ジュピター。



夢を失うよりも悲しいことは
自分を
信じて
あげられないこと・・・


自分を 信じて あげられないこと・・・


足が止まって、歌も止まった。
全部の体の動きが止まって、びゅうびゅう吹く風の中でただ立っていた。



私を 信じろ
私を 信じろ




あたしの中の小さいアタイ
今まであたしを守ってくれて、ありがとう。

神さま。
準備が整ったみたい。






posted by 辰多みか at 23:51 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

手放す・サレンダー・生贄

あたしが、神 にすべてをゆだねて、
諦める。
手放す。
すべてを受け入れる。
流れに乗る。


それってさ。


あたしの中の、小さい、傷ついた アタイ がさ、
のどから手がでるほど渇望している「報酬を回収する事」を、放棄することだ。

そして、アタイが一番してほしかった事の象徴として、
響子さん」という仮の姿で、あたしの前に姿を表し、
何度も何度も「響子さん」の中身の人を変え、
何度も何度も目の前に現れてみせる、神さまからの宿題に、
正確な答え を出すことだ。 

正しい答えを出すまで、終わらない。

その答えとは、察してほしいオーラを、ずるい方法で出し続ける
響子さんに、「そうだねぇ」と言って、同じ気持ちでぴったりよりそってやる事だ。





できない!!

震えがくる!!!

鳥肌が立つ!

キ モ チ ワ ル イ



損する。負けた気になる。敗北感。
ああー。
これが神に身を捧げるという、本当の意味か。



できない。
できない。


アタイはまだ傷ついている。



ブログを開設してちょうど5ヶ月目の今日
ここまで辿り着いたのに。
できない。
まだできない。
助けて。




posted by 辰多みか at 15:54 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

クリスマスプレゼント


神さま。

今年は、あたしにクリスマスプレゼントをください。

サンタさんじゃなくて、
神さまご指名です。

おねがい。

いつものあたしの新年の願い事は「世界平和」だけど、
おさいせん上げてまでする願い事は世界平和だけど、
今年は、年末に、クレクレします。

それは、盾 と
スイーツが入った籠(ひとに配る用) です。
両方くださいね。

今持ってる、矛 は、神さまに返します。

お願いします。










神さま : 「今、目の前にあるじゃん
     いつまでも遠慮してないで、早く受け取り給え」



あたし : !! (やっぱそうきたかー!!)



サンタさん助けてー

posted by 辰多みか at 15:05 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

黒猫が来る

やばいやばい。
あぶないとこだったー。
娘に、うっかり変なトラウマを植え付けるとこだったー。

今朝、ケルト人の迷信の話を、娘にしていたら、
「そういえばこの間お母さんが、『黒猫が来ちゃうと
いけないから早く帰らなきゃ…!』と言って夜の散歩の途中で
走り出したから、すごく怖かったよー。(笑)」と言い出して、
あたしは全く記憶になくて、「はァ?」みたいになった。

黒猫が横切ると不幸になる?(ケルト人はその逆らしい、幸らしい)
そんな迷信、あたしはいっさい信用してないよー。
そもそも黒猫を愛でて飼っていたし。
「そんな事言ってないらー」(訳:言ってないでしょう)と、あたしは
ポカーンとしてたけど、娘は、
「そうしたら、黒猫ってクロネコヤマトだった(笑)。でも真っ暗闇で
走り出したから、すごく怖かった(笑)。」

クロネコー!

そうだ、時間指定のが来る直前だったんだ。(忘れて散歩に出た)
朝からゲラゲラわらっちゃったわ。

それにしても、やっばーい。
こどもの頃の勘違いって、こうやって形成されるのね。
今も、どこかのお宅で、黒猫の恐怖に脅かされるこどもが発生しているかもよ。
「黒猫が来るから早く…!」って、
こわー。

posted by 辰多みか at 10:53 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

ずら

山梨(甲州)弁の、「ずら」って、
活用の変化具合をたどってくと、「ずら」じゃないよな。

「づら」

が正解だよな。

「世のなか銭ずら。」じゃなくて
「世のなか銭づら。」だよな。

世のなか、銭でしょう?

銭だろう?

銭づろー?

銭づら?

今あたしが住んでる遠州は、もうちょっと簡易的に活用してて、

銭だろう?

銭だろー?

銭だら?


おもしろい。
posted by 辰多みか at 10:14 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

報酬

「おねえちゃんずら。我慢しろし。」(←山梨弁。おねえちゃんでしょう。我慢しなさいの意)
小学生の頃、母から毎日言われた言葉。
特に末の妹が生まれてからは、一日に何度も言われた。

小学生の、アタイは。
我慢した。
我慢すれば、見返りがくると思って。

愛してもらえると思って?
優遇してもらえると思って?
おねえちゃん、の特権が、あとから来ると思って?

我慢した。
我慢した。

でも、なんにも、もらえなかった。

我慢は、100%要求されて、
一回でも我慢できないと、全人格を否定された。
100%否定された。
…気がした。

我慢して待ってるのに、
なんにももらえない。
一回でも我慢できなくて自分の希望を言うと、
わがままだと人格否定。

途中ですぐ気付いた。
この取引は、バカを見る取引だと。
このまま従っていてもなんにもいい事はない。
けれどこどものアタイは従うしかない。

母には従った。
「おねえちゃんだから我慢」した。
だけど、我慢の報酬は、
自分で回収する事に決めた。

アタイがおねえちゃんになった、そもそもの「原因」に、
その代償を払ってもらうことにした。
それが一番スジが通っている。

アタイは、
その「原因」の妹を、
いじめていじめて、いじめぬいた。
手だけは出さなかったけど、
こどもの頭で考えつく限りのいじめをした。
母は、アタイに振り回された。
いい気味だ。
だって報酬を払ってくれないんだもの。



それからいろいろあって、
妹には、あたしは謝って、ちょっとぎこちないけど、お互い話し合いもして和解して、
母には殺されかけたりしたけど、今はもうなんともなくて、
父はバカだったけど、今はもう普通に接してて、
実家の家族を見ても、なにも胸がザワザワする事がない。
実家が大好きだし、父母もあたしの事を思ってくれてるのが、
すごくよくわかる。妹たちもとてもおもいやりがある。
誰もあたしの昔を責めたりしない。
みんなで集合すると笑いが絶えない。

このあたしの「報酬を払ってもらいたい思考の癖」は、持ち運びが
できるようになっていて、かつて実家の家族に当てはまってたソレを、
パカッとはずして、そして、今、目の前にいる響子さんや今の家族に、
パカッと当てはめて、そして映像を作り出しているみたいに感じる。
この癖は…モラルハラスメントをする人の思考なんだよね。

これ、どうすればいいんだろう。
そもそも、いつからの「思考の癖」なんだろう。
もともとあたしが生まれつき持っているもののように感じる。
母の言った事が原因とかではなくて。
だから、そうだな、前世から、パカッとはずして持ち運んでいるのか?
どこをどう癒せば、「コレ」は、納得してくれるの?
あたしの心の中で、アタイが、いつ報酬を支払ってくれるの、と、凄んでくる。
それは、昔も今もまったく変わらなくて、つい数ヶ月前も旦那サマに、
おとなになったあたしは、同じ事を言ったのだ。
「嫁として姑のいう事を全面的にきけというのだったらそれに対して報酬がほしい」と。
そうか、ここから来てるのか。

報酬…
旦那サマには、「お金を払って。」と、あたしは言った。
でもそれ、違う。お金の問題じゃないな。
「お金を払って。あたしが自由に、誰にも許可なく使えるお金を、払って。
そうしたら姑のいいぶんを全部飲み込む嫁をやるから。」
あたしは、そう言った。
うん、やりたい事を自由にやる、許可がほしいんだな。

悟り側から見れば、やりたい事はすぐにやっちゃえばいい んだよな。

せめぎ合いは、やっぱり、自由にできないのは人のせい、と思い込みたいアタイと、
感謝して自由にさせてもらってる愛を受け取れ、という、あたしとの境目だな。

うーん。
うーん。

突き抜けたい。
どうすればいいの。




posted by 辰多みか at 00:15 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。