2013年12月21日

水晶透視してみた。

この本。
su.jpg

これは悟った人が書いた本。
別に、水晶透視がしたい人だけにおすすめの本ではない。
悟った人・覚醒した人・一瞥した人に、おすすめ。
いくら水晶透視をしたくても、悟りの世界を見てない人には、
絶対、できない。
悟らないとできないですよ〜的な事が、ちょっとムズカシイ言葉で書いてある。
そしてチャクラなどの説明が豊富で、すごく勉強になる。
ていうか、「水晶透視のやり方」が、書いてないの(笑)
どうやってやるんだ?(笑。悟れば、やり方がわからなくてもたぶん普通にできる)
Googleブックスという、中身がほぼ読めるサイトがあるので、
悟りの世界を見たことがある人は、ここから見てみて。
悟りセンサーがゾワゾワくると思う。
(本まるまる一冊全部は読めないよ)
http://books.google.co.jp/books?id=H2rNXYdJKYsC&printsec=frontcover&dq=%E6%B0%B4%E6%99%B6%E9%80%8F%E8%A6%96%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%9C%AC&hl=ja&sa=X&ei=AOG0UsDbFMiwkgW904HAAw&ved=0CEcQuwUwAA#v=onepage&q=%E6%B0%B4%E6%99%B6%E9%80%8F%E8%A6%96%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%9C%AC&f=false

この本はね、カンタンにいうと、
たぶん、瞑想状態の、変性意識状態の、
トラウマの解消とか、前世療法とか、
そういったたぐいの行為中に頭の中でイメージで「見る」ものを、
直接、水晶の中に、「目で見る」、それだけだと思う。
(ていうか、そう本の中に書いてあるし)

だから、やり方がわかんないけど(笑)、水晶を適当に買ってきてやってみた。
いちおう、満月の浄化とかも、しておいたよ。(空は曇ってたけど…どうなのか)

水晶を見る時は、眠くて気絶寸前になるそうだ。
ホントに眠かった(笑)。
3センチくらいのクラック入りの磨きくず水晶(丸玉では無い)の中に、
5ミリくらいの横顔が出てきて、そして、なにかしゃべってた(!)
声は聞こえないから、なにしゃべってるか、わからん!
おもしろいなー、と思ってるうちに、気絶したようだ。
ていうか、ただ、眠っただけだけど。

一回で、できたよ。
これでいいのかな?
見えるけど、それがなにを表してるのかも、
あたしがなにをしたいのかも、さっぱりわからない。
まあー、できそうな事は、わかった。
ていうか、悟れば、みんなできる。






タグ:ホンモノ本
posted by 辰多みか at 00:39 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

思いついた事しかやらない

「やる気」がどこかへ行ってしまった気がしたから、
どこに行ったのか、探していた。
ずっとずっと。
そうだな、ここ2〜3年だな。
覚醒したあとの話。

どこに行ったのかはわからなかったけど、
その原因は、わかった。
それは、自分で、自分に呪いをかけていたからだ。
「やりたい事を自由にやったら、
まわりが悪い、と、言えなくなってしまう。
しかも、やりたい事をやるためには、
まわりに、ごめんなさい、ありがとう、と言わなくてはいけない。
そんなのは、いやだ。」
だから、無意識にやる気をなくした。
そう、責任を、放棄したかったからだ。
ただ単に、まわりのせいにしたかっただけ。
それが、呪い。
呪縛。

「やる気」はどこに行ったのかな。
「やる気」を探す自分を想像するたび、
くまのプーさんが、「食欲がどこかへ行ってしまったから
探しに行く」アニメの場面が、浮かんでくる。
プーさんは、ハチミツを食べて食べて食べまくって、
そうしたら「食欲」がどこかへ行ってしまって、
プーさんは、これは大変、と、探し回るのだ。
たくさん動いて、そして、大きな木のうろの中の、
ハチミツの噴水の中でおぼれそうになった時に、
「食欲」が戻って来る。
プーさんは、「食欲はココにあったんだ〜」と、嬉しそうに、
おふろみたいにハチミツにどっぷり浸かって、食べて食べて食べまくるのだ。
たしか、この場面は、ディズニーランドの、ハニーハントの一番最後の場面だと思うよ。
プーさんが、超不気味なやつ(笑)
(アニメは不気味じゃないよ)

あたしのやる気はどこにあるのかな〜。
どこの木のうろにあるんだろう(笑)。
押しても引いても、感謝してみても、出てこない!
感謝が見返りを期待しているからなのか、なんなのか。
それとも更年期なのか。
断捨利をはじめると、イライライライラする。
昔は、あんなに整理整頓が好きだったのに。
たぶんまだ「嫌」が言えてないからだ。

あたしのインナーチャイルドは言った。
「おまえのいいなりになりたくない。」
あたしに対して、言い放った。

だから、思いついた事だけしよう、と、決心した。

ワクワクした瞬間に、する。
そのタイミングをのがさない。
未来を思い描かない。
合理的にやらない。
無駄な事も、しちゃう。
未来に期待しないけど心配もしない。
今だ!って時に、今やる。
そうする。

て思い立ったら、あれほど明日やろう〜あさってやろう〜と
のばしのばしにしてた窓ふきを、サッと、すましちゃった。
あれ?
これって正解?

3年も作れなかった、年末恒例のフルーツバターケーキも、
11月入ってから早々作り始めて、もう7個くらい作った。
(人がたくさんなので、たくさん作ってもあっというまに無くなる)
つい最近は、その元ネタであろう、シュトーレン(フルーツ入りパン)
を作った。
そうか、元はパンなのに、あたしが持ってる日本のレシピ本では、
バターケーキで代用してたのか。
何十年も経ってはじめて事実を知る。(笑 ていうかバターケーキって
カロリー高すぎるよ、パンなら納得だよ)

燻製も、外でやらなきゃ〜と、本とチップだけ買ってあって、
何年もぜんぜん作れてなかったけど、急に思い立って、
IHコンロで南部鉄器みたいな厚い鉄鍋で、
さっさと室内で作っちゃった。

できるよ、できる。
「やる気」があるんだかないんだかわからないけど、
それを確認する前に、もう、できちゃう。
だって、すごくわくわくする。
「あたし」は「あたし」のいいなりにならない。
「あたし」の未来を束縛しない。

そっか木のうろはココにあったんだ〜(違)。




あしたもあさっても思いついた事だけやるぞ〜。



posted by 辰多みか at 00:07 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。