2014年01月15日

アイソン彗星由来の流れ星は見えるのかな〜

今夜から明日にかけて、
あの、アイソン彗星の塵に由来する流れ星が、
ひっとしたら、見えるかもしれないんだって。
8時ごろ見たけど、なんにも流れてなかったよ。
(雲の間から星は見えてた)

見たいな〜
流れるのかな〜
でも寒いよな〜

と思って、ツイッターでそういうのつぶやいてる人いないかな、と思って見てる。
誰も見えてない…
でも外に出なくていいから寒くなくて便利だわ。
ホントに見えないのかな〜
気になるー。
寝れないじゃん。






posted by 辰多みか at 23:28 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

ぜかまし


ぜかまし


・・・


あっ 逆か。


このうさぎみたいのなんだこれ船外機か。

いや違うな。



息子がゲーセンで獲ってきたクッションにひとり見入る母(アタクシ)





ウッ

後ろ姿を想像したら自分きもっ。



キモいののカテゴリに入れちゃった。↓
posted by 辰多みか at 23:27 | ※閲覧注意※微グロ・微工ロ | 更新情報をチェックする

よく映る鏡を見た

今日は、ヤボ用で銀行に行った。
ホントに、ヤボな用事で、あたしに対応してくれた
銀行のおねえさん(あたしと同年齢くらい)が、気が立ってる。
どうやら、あたしに呆れてるらしいよ。

(このわからんちんの客がぁ〜。)そういうオーラがでまくり。
「はぁ〜。」と、おおきくため息をついて、きびすを返して
後ろの人たちに確認しに行ったり、
ものすごい喰ってかかってくる。
「お客様はそう言いましたよね!?」なんどもそう言う。
「ご心配でしたらこの会社に電話をつないで差し上げるから
ご自分でご確認してください。」いきなり相手先に電話をかけて
あたしに受話器をほいっと渡す。
結局、あたしがしてほしかったやり方で、OKだった。
ご心配どころか銀行のおねえさんのやり方ではダメらしい。
んん?
誰が悪い?
おねえさんは、「おまえが悪いんだよ!」と、あたしに向かって
直球オーラをぶつけてきた。
でも結局、おねえさんのいうやり方では相手会社は受け付けてくれなかった。
あたしも「おまえが悪いんだよ!」って、たぶんオーラで言ってた。
「客商売でそれじゃダメだろ。」って。

あたしは最初、銀行システムがよくわかってないので、おずおずと、
「銀行の方で手続きをしてくださいと相手会社に言われたんですが…」と言ったんだ。
だけど、どうやら、「手続き」を、あたしが言った事と別の事と思ったらしい。
「手続き」の、双方の解釈違い。
なんども「お客さまは最初にそう言いましたよね!?」大迫力でせまってくる。
「銀行の方から郵送しろとおっしゃいましたよね!?」えっなに?そんなこと言ってねーよ!
なんか勝手に「手続き」を脳内変換してるよこの人〜〜。
あたしが言い間違った事に、なっちゃってるよ〜。
あの〜、客商売で、何をしたいの?
客が、銀行のシステムを100%理解してやってくると思ってるのかな?
銀行が窓口の奥で、相手会社とどういう「手続き」をするのかなんて
そんなの知らないよ。
システムがわからん客には、教えてあげるくらいが、
窓口嬢の仕事じゃないの?
たかだか「手続き」の解釈違いなのに…
そんなんじゃ、お年寄りは自分のしたい事を伝えることもできないよ。
老人だったらやっちゃう言い間違いのやりまちがい。
教えてももらえない上に高圧的に間違い(?)を糾弾されるんだから。
自分は悪くないって、そんなに主張したいの?
そんな事やってるうちに、さっさとあたしの件を処理して、
待ってる次の人をやってあげなよ。

さすがにあたしは「はぁ〜。」とため息はつかなかったけど、
最後の最後、確認をした。
「これは結局、言葉の認識違いの問題ってことですよね?
私と銀行さんと会社さんの、3者の間の。」
おねえさんは「はあ、そうですね。」と言ったが、
あたしが「ありがとうございました。お手数かけました。」と
窓口を去る時言ったら、無視 した。
ヤバイ。
こいつヤバイ。
無視だなんて。

でも。
そのあと車を運転しながら冷静になり。
あたしも、これやってるかもしれん〜〜て、思った。
響子さん相手に、やってるな〜って、思った。

言い間違いを、こてんぱんに糾弾する。
双方の勘違いって事もあるのに、
客の言い間違いをこてんぱん て客商売としてどうよ。
あたしは喫茶店でバイトしてる時、お客さんが
注文間違いしたとかよくあったけど、「お客様、そう
言いましたよね!?」なんてこてんぱんにしたことはないな。

そうだ、ウチの外では、あたしは言い間違いは糾弾しないが、
身内だったら、してる。
うん、やってる。
そっか〜、言う方、言われる方、こんな感じなんだ〜って思った。
よく映る鏡を見たな〜って、思った。
だから今日の事は、ちょっと儲けもんだったかもと思う。
儲けもんで良い経験だったから、ここでひとこと言っておく。


バカヤローー




あはは。
posted by 辰多みか at 23:26 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

自分の1/12を捧げる

ルドルフ・シュタイナーさんによると、
自分の1/12を捧げると、死者とコンタクトが取れるそうだ。

なんかオカルトっぽい(笑)

あたしはシュタイナーさんの本は読んだことがなくて、
これは、前も書いた松村潔さんの「水晶透視ができる本」に
書いてあることなの。
同じシュタイナーでも、最短シュタイナー問題
シュタイナーさんとは、別人らしい。
シュタイナー問題のヒトは、ヤーコプ・シュタイナーさんというらしいよ。

自分の1/12を捧げて死者とコンタクトをとる…とは…。
う〜ん、具体的な事は、この本を買って読んでいただこう。著作権もあるし。

あたしが何を書きたいかというと、1/12 っていう
数字がすごく気になって、その数字は、オイラーの式、
1+2+3+4+6+…を無限に足していくと、-1/12 になる 
というのに関係あるのかな、と思ったの。
-1/12は、超弦理論の、次元数の算出の元にもなってる数字だよ。
真相は、シュタイナーさんの本を持ってないから確認できない。
まあそれだけだ。
posted by 辰多みか at 23:25 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

最短シュタイナー問題


「回転対称性の自発的破れ」
回転対称性は、破れる。

回転対称性を持っているものが、ず〜っと、
回転対称でいられるっていうのは、許されてない。
それはこの世界の創造主が決めた事。
創造主って、つまり神ね。

一番わかりやすい、その事例の事を、
「最短シュタイナー問題」という。

説明しましょう。
絵を描かないから、
文字で書くから、
想像してみてね。

正方形が、あるよ。



↑正方形。

正方形って、90°回転させても、180°回転させても、回転させる前と同じ形の、正方形。
そんなの、あたりまえだよね〜。
このことを、回転対称性が有る というの。

じゃあ、4つの頂点から、線を出して、
一番短く、つなげる事ができるかな?

どうやったら一番短くつなげられる?
4つの頂点を、× のように、つなげちゃったらどうだろう?
でも実は、その形より、短くつなげられるやり方がある。
それは、キャラメル包みみたいな形に、つなぐの。
わかるかな〜

>-< こんなふうにつなぐの。

この、頂点から出る線の角度は、30° ね。

これがどうして最短の長さなのか、三角関数をつかえばすぐにわかるよ。
正方形の一辺を、「1」とすると、
 × の場合は、√2+√2 だから、ひとよひとよにひとみごろたす
 ひとよひとよにひとみごろ で、2.8284…だね。
>-< の場合は、ちょっとややこしいかな? 計算は簡単だから大丈夫。
 30°の直角三角形は、斜辺を2とすると、残りの辺は、1と√3 という
 決まりがあるので、それを使って算出する。めんどくさいけどがんばって。
 すると線の長さは、1+√3なの。いちたすひとなみにおごれや で、2.732…だね。
 だからこっちの方が、短い。
ということは、正方形の4頂点を結ぶ最短の線は、
棒が横向きの - こういう場合もあるし、
棒が縦向きの | こういう場合もあるってことだ。

これって、90°回転させたら、元と同じ形にはならない。
4頂点を結ぶ最短の線は、回転対称性を持っていない。
これが回転対称性の自発的破れ。

最短シュタイナー問題の計算はめんどうだけど、目で、一発で見る方法がある。
それは、せっけん液を使うの。
むか〜し、秋山仁先生が、NHK教育でやっていた。
これは自然界にも自然に存在してて、蜂の巣なんかもそうだよ。
一番材料を節約できるから、あの形。

ふしぎだなー。
なぜこんな簡単な事が、美しい対称性を持たないのだろう。
宇宙はもしかしたら平坦じゃないのかもしれない?
果てがないのだから、きっと、平坦じゃ、ないよなー。
本当に不思議だ。
posted by 辰多みか at 17:04 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。