2014年01月22日

超常現象 NHK BS

そういえばね、
NHK BSプレミアムの「超常現象」を二週連続で見たんだった。
リアルタイムでも見て、録画しても見たんだけど、
なぜか途中で寝てしまう!

第一回はそれでも何回かチャレンジして、ようやく最後まで見た。
だけど第二回は、どうしてもナポレオンズの人が出てきてから後、
巨大な人形が燃えて倒れる所まで、寝てしまう。
はっ!と気付くと、棒人形がメラメラ燃えて倒れる所。
なぜだろう〜、なぜ見れないのだろう〜。
ものすごく期待して見るのに。

あべちゃんが出てきてちょっぴりドラマ仕立て。
オープニングの音楽は「神の数式」と同じ人だし、CGの神々しさは
神の数式にひけをとらないのに、なぜ寝てしまうのだろう。
だから、まだ第二回は最後まで見ていないの。

第一回の感想はね…
いろいろな超常現象が、脳科学で説明できる、が、
それだけでは解明できないという事も事実、としめくくっていた。
うん、それでいい。
前世の話では、あたしは前世は信じるけれど、
息子の生まれ変わりを話すお母さんの目が…
んっ?て感じだった。
あたしは前世はあると思ってるので、信じたいんだけど、
不安定さを感じさせる事例は、出さなくてもよかったかもと思った。
(番組の真剣な取り組みであるがゆえに)

第二回はね…
途中までしか見てないけどね、
ユリ・ゲラーに代表されるスプーン曲げは、
あたしは、瞬間的な力わざじゃないかと、20才すぎてから
思っているので、どの瞬間に力を入れるのか、
目を皿のようにして見ちゃった。
んーとね、超能力を否定してるんじゃなくて、
瞬間的な力わざ、それができるって事がいわゆる超能力なんじゃないかと思うのよ。
だってあの状態で力を入れられるなんて人間離れしてる。
昔、日本の超能力少年清田くんだったか、スプーンを曲げる時は、
スプーンと友達になる、と言ってた気がする。
あたしは、「そうか〜ラジオみたいに周波数を合わせるのか〜。
幽霊を見る時もきっとそうなんだな。」と、
まだ、波長という言葉が浸透してない頃、すごく感心した覚えがある。
波長を合わせて力技で曲げてると、思うのよ。
まあ、曲げてあるスプーンをつかうトリックも、あるとは思うけどさ。

あたしは水晶透視をやりはじめたからこう思うんだけど「透視」は、あると思うな〜。
いつも見れるんではなくて何回かに一回の確率で「見れる」んじゃないかな。
これはあたし自身がもうちょっと実験的にやってみたいわ。

あとは…寝てしまうのでまだ見ていない。
はやく見なくっちゃ。
眠くなるのは、高次元の話 だからだそうだよ〜(笑)。






posted by 辰多みか at 23:51 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

走馬灯

死ぬ時に見る という伝説の「走馬灯」
あたしは過去に、2回見た。

あっお盆の時に、くるくる回ってる飾りみたいの(本来の走馬灯)じゃないからね。

一度目は、転落した時。
二度目は、悟りの世界を見た時。

一度目は、肉体的に「死」の危険があった。
二度目は、精神的に「死」んだ。

だからやっぱり走馬灯って、死ぬ時に見るんだね。
(死んだ後の人にはインタビューできないから、
生きたまま死にそうになった人の体験談しか聞けないんだけどね)

一度目。
小学生の時。
あたしは家で妹と近所のともだち数人で、おにごっこをしていた。
さわり鬼。
鬼の手が伸びてきて、あたしは触られないように窓にもたれかかろうと、
体をぐーっと後ろに倒したんだ。
そしたら、そこに、窓はなかった。
窓は、開いていた。
うしろむきに、落ちた。
平屋だったから、一階の窓だけど、
落ちた。

いっしゅん。

ふわっと体が浮いて、あたしは空気中に存在していた。
「ああっ」と思ったけど、何もできない。
下は砂利。
とにかく頭だけは打たないようにしなきゃ。
体を丸めて…
そう思ったら、時間がものすごいスローモーションになって、
下に落ちるまでが、10分くらいに感じた。
その間見たのは、自分が生まれてから今の瞬間までの事。
結局映像を見ながら、腰から落ちた。
そんなに高い所ではなかったので、ケガはしなかった。
でも、
今のは何だったんだろう、と、子供ながらに思った。
それが「走馬灯現象」とよばれる現象だというのを知ったのは、
それから少し後の事。
人間は危機的状況に陥ると、過去の記憶の中から、
その状況に最適な対処方法をサーチして探すそうだ。
それが走馬灯現象の、脳科学的な説明。
それを、どこかで読んだ。
ああそうか〜と納得した。

2度目は、悟りの世界を見た時。
あたしは、自分が自分で思ってた以上に
とても腹黒いのだという事に、気付いてしまった。
そのきっかけの記憶は、その頃起こった出来事だったんだけど、
気づきがあった瞬間、生まれてからそれまでの記憶が、
自動的に猛スピードで全再生された感じだった。
そして、あたしの「腹黒」に合致する記憶を、ものすごいスピードで
サーチして、レ点を付けるみたいに「一致」「一致」「一致」って、
数え上げて行ったんだ。
全部終わって。
恥ずかしかった。
猛烈に、恥ずかしかった。
ぐるん、と、勢いが付きすぎてあっちの世界まで行った。
そこは言葉で表せない、全部有る、なにも分離してない世界。
それを見た時「あたし」は死んでいた。
腹黒いあたしもまっしろなあたしも。
ただ、肉体のあたしだけが、車の窓から、過ぎていく湖面を見ていた。

それが、走馬灯を見た時。
2度目に見た時、死んだ腹黒いあたしとまっしろいあたしは、
もう、すぐ数分後に、バーンと生き返ったんだけどね。
この時至福体験とかする人もいるみたいだけど、あたしはそんなのなかった。
すべては「愛」でできている、という事はわかったけど。

ただ、恥ずかしかった。

だから、本当に肉体的に死んでしまって、閻魔さまと一緒に、自分の人生の
走馬灯を見る時さぁ〜、

みんなさー。

・・・

ものすごく恥ずかしいと思うよ。

閻魔さま、こっち、チラチラ見るよ。
カーッと、顔から火が出てるアナタを、チラチラ見ると思うよ。
アナタは、
(こっち見んな!)
とか思っちゃうかもしれないけど、それが閻魔さまの仕事だからさ。
閻魔さまは、たぶん舌を抜かないし、地獄にも落とさないと思うよ。
ただ、アナタを見守ってるだけだ。

ただし、自分の全人生を見てしまったアナタは、
あまりにも恥ずかしければ、言葉を失い(舌を抜かれ)、
ふらふらと罪の意識に染まった世界へ、ひとり歩いて行くのだ(地獄)。
そういう波動で、できてるから。

だから、やっぱり肉体的に生きてるうちに、走馬灯を見れると、いいね。
見るの、ものすごく苦しいけどね。

がんばって!


posted by 辰多みか at 21:47 | 悟り | 更新情報をチェックする

あたしを捕まえた。

響子さんの病名が出たので、
ネットで一日中、調べた。

その病名と、その原因。

ものすごく合致していて驚いたのが、依存性パーソナリティ障害の診断基準。
なんだこれ。
響子さんそのままじゃん。
あたしは、悟りの世界を見た時、心の仕組みを知ってしまったけど、
こんなふうに、心理学ではもう立派に分析されてるんだね。
今までじっくり見たことがなかったので、とても勉強になる。
読んでて何度も納得した。

「自分の手を汚さずに欲しい物を手に入れたい」響子さん。
「いい人」と思われたまま欲求が満たされるように操作する。
もしもその隠された欲求を指摘されたら、指摘した人が弱い者いじめをしているかのように振る舞う。
ずるい。
こすい。
せこい。
無責任。

いやだ!

やっぱりいやだ。
あんな人になりたくない。


一日中ネットを見ていた。

そしたら…

そしたら…

「あたし」を見つけてしまった。

びっくり。
驚愕。

あたしも響子さんの事、言えんわ。
あたしも人格障害だったわ。(←!)

受動攻撃性パーソナリティ障害 だったわ。

これだったんだ!

仕事ができなくなった のは、
これ だったんだ…
こういう「名前」が、ついていたんだ。

あらためて心理学の分析に感服。
こう、スッキリ書いてくれると、目がさめるようだわ。

あたしは悟りの世界を見た時にさ、
「腹黒い自分」を、見たんだ。
『モラハラをしたい私。
密かに復讐をしたい私。
正当な理由で正当に攻撃したい私。
まっしろ。私は、まっしろ。だから攻撃してもいい。』
そう思ってたのに気付いたんだ。
まっしろどころか、真っ黒 なのにね!

気付いた時のあまりの衝撃・あまりの恥ずかしさに、
自分の殻を突き破って、ぐるんとひっくり返ってあっちの世界に行っちゃったよ。

でも、仕事ができなくなったのは、悟りの世界を見てからだったから、
あたしはあたしをつかみきれていなかったのかもな。

今捕まえたぞー。
ああ…
はずかしぃ(// //)

人格障害は「難ありな性格」だから治らないとか書いてあるけど、
あたしは、自分にかかってる全部のブロックがはずれたら、
もしかしたら治る(というか発動・反応しなくなる)かも、と、思ったよ。

あたしがこの先はずすブロックは、
嫌な事を嫌と思ってもいい。
嫌と言ってもいい。
拒絶してもいい。

それが腑に落ちたら、障害は発動しなくなると思うの。







posted by 辰多みか at 16:20 | 自分 | 更新情報をチェックする

依存性パーソナリティ障害

響子さんの病名が出た。
正式に主治医から出た。
今、診断がついていて何年も治療(治る病気ではないので
対処療法)している脳の老化からくる病気の病名ではなくて、
心のやまい系。

こころ の やまい。
そしてその原因は 性格。
依存性パーソナリティ障害。

ほらね、あたしの言ったとおりじゃん。

あたしの言う事は間違っている!と、あたしに対して
猛反発・猛攻撃してきたくせに、

あたしの言ったとおりじゃん。

どうするの。
どうしてくれる。

謝りなよ、私が悪うございましたってさー。
謝りなよ、「みかさんが気のせいって言う」って、周囲に
涙目(嘘泣き)で訴えた事を。
気のせいなんて言ってないだろ!「精神から来てる症状だと思うよ」と言っただろ!
息苦しくなって冷や汗が出てアワアワした時にさ。
苦手な来客の目前で急に体調を崩して「今から病院につれていってぇ…」と弱弱しい声を出した事をさ。

謝れ。

とは、言わなかったし、思わなかった。
(あぁ、ちょっとだけ思ったかな。)

むか〜しブログに書いたとおり、響子さんが精神由来で
苦しい症状から抜け出せないのならば、あたしの復讐はとっくに済んでいる。
(ことわっておくけど、あたしが呪いをかけているわけではないよ)

人格障害だから、発症はあたしのせいではないし、
あたし以外の誰かでも、引き金になった可能性がある。
ていうか、あたしと出会う前からもう何十年も苦しんでる
症状だから、そもそもあたしは関係ない。
あたしはただのきっかけ。引き金。ストレッサー。

ほ〜ら。
自分をほったらかしにするから。
まだ見てない自分が、心の泥沼の中に埋もれているんでしょう。
窒息して「助けて。助けて。」って、言ってるよ?
あたしはその声が聞こえる。
でも、あたしには、どうする事もできない。
その子を助けてあげられるのは、響子さん、ただ一人しかいない。
早く気付いてあげて。
死ぬ間際に、走馬灯に映ったその子を見て、
後悔しても、
遅いよ?


posted by 辰多みか at 16:08 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。