2014年01月25日

肉食

肉を食べると悟れないのか、とかさ。
そんなわけないじゃんね。
悟るのと、肉を食べるのは、まったく関連のない出来事だ。
肉を食べてても、悟る人は悟るし、
肉を我慢しても、悟る段階じゃない人は悟れない。

ていうか、悟りたいから肉を食べないなんて、そんな考えでは、
ぜ  っ  た  い  悟れない。
「期待・引き換え・取引」 なんて。
そんな見え透いた下心、宇宙の真理からはじかれるって。

だから無理にベジタリアンになる必要ないし、ばくばく好きなお肉を食べてもいいのよ。
好きな事を好きにできるようになるのが、悟りの効用なんだからさ。
あ、好きじゃなかったら、無理して食べることないのよ。

ただ、悟って「生」と「死」を知ってしまうと、食べる時に、無意識じゃなくなるかもしれないね。
何か、「肉食」について考察しながら食べる事が増えるだろうね。
あたしはお料理する時、頭の中が自動お話モードになって、
このブログに書くような事を、いっぱい考えながら
料理作ってるんだけど、(料理してるから書き留め
られないのがいつもすごく残念)肉を見ると、生と死の事を考えるよ。
でもできあがったら、おいしく食べちゃうのだ。

うちの舅サンは少年時代、戦争を行き抜いて自給自足で、
青年になってからは、趣味で狩猟をやったりして、
野生の物を山ほど捕って食べてきたし、戦後は犬も食べたらしい。
今でもたまにキジを拾ってきたり(!)してあたしも食べたけど、
そんなツワモノなのに「にわとり」が、食べられないの。
少年時代は、にわとりも食べてたし、ヤギも食べたりしたのに、
大人になってから、「にわとり」が食べられないの。

それは、トラウマがあるからなんだって。
毎日可愛がっていたニワトリちゃんが、ある晩、食卓に、出てきたんだって。
・・・
その気持ち、汲み取りたくないわー。
舅サンの気持ちに同化してしまったら、あたしもにわとりが食べられないカラダになってしまう。
だから、その昔話を聞く時、いつも「フーン」とちょっと上の空で聞くのだ。
昔は犬を食べるのが普通だったんだろうけど、
もし明日、ウチの可愛いワンコが食卓にこんがり出てきたら…
それはもう、
あれだね、
無理だね。

肉食かベジタリアンかって、
つまりは、そういう、
そういう感じの事だと思うよ。

生と死のことを、深く深〜く知ってしまうと、
たぶんもうお肉は、食べられなくなるのだ。
あたしはまだバクバク食べてるから、そうとう浅いな!



posted by 辰多みか at 00:07 | 悟り | 更新情報をチェックする

月の一日

月の「一日」ってね。
地球時間で30日くらい なんだって。
そうだよね、いつも地球に同じ面を向けてるんだから、
どこが影になってるか想像してみて。ほら、30日だよね。

太陽が月の地平線から昇って、月の地平線に沈むまで、地球時間15日。
そして次の朝が来るまで、地球時間15日。

すげー。
ものすごくよく眠れそうだね(違)。

で、いつも地球に同じ面を向けてるから(月の自転速度と公転速度が
同じなため)、月のとある地点では、地球は常に、ぜったい沈まないし、
こっちから見てフチにあたる地点では、地球がチラッチラッと見えるだけ所もあるんだよ。
地球がちょっと昇ってきて〜、そして天を横断しないで、またサ〜っと戻って沈む。
「月の裏のとある地点」なんて、「地球」が存在してることさえわからない。
月から見る「地球」と地球から見る「月」とで違うのは、「地球」は
常に月の空のだいたい同じ場所から動かず、「地球」がくるくる回ってるのが見える、という事だ。
月人(←!)が地動説を信じてない場合は、「欠けて、模様が変わるヘンな丸いヤツ」と思ってるだろうな。

posted by 辰多みか at 00:06 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

ママの語源

「まま」
赤ちゃんが生まれてから最初にしゃべる(といわれてる)言葉。


「まま」


一番最初に言う「まま」ってさ〜。
意味ないんだよ。



赤ちゃんを産んで、24時間つきっきりで一緒に居てみ?
そうすれば、わかる。
赤ちゃんが最初に発するのは、
「まままままま」とか「んまんまんまんま」とか「ぱぱぱぱぱ」とかの、ただの、音。

音が出るから、赤ちゃんは面白い。
面白いから、また音を出す。
自分から「出る」音が、面白い。
「まま」とも「ぱぱ」とも、言うよ。
言うけど、

決して、

「ママ」と、お母さんの事を呼んだわけではないし、
「パパ」と、お父さんの事を呼んだわけではない。

「ママって言った〜♡」とか、狂喜乱舞する必要ない。
だって言ってないし。

横から、舅・姑が、「マンマって言ってるのよ! おっぱいが欲しいのよ!」
とか、「マンマ食べたいね〜。もう離乳食にしたら?」と
とんちんかんな横入りしてきたって、構う事はない。
だって言ってないし。


ただ、口から音が出るのが面白くて、空気を、出してるの。

その「まま」が、本当にお母さんを意味する「ママ」に変わるのは、
もう数ヶ月先のおはなし。


世界各国、「ママ」って、お母さんの事だよね。
中国語でもそうだよ。
日本語だけは「ママ」は、ごはんの事だ。
それって、赤ちゃんは一番最初に「ママ」とお母さんの事を呼ぶだろう、
呼んでほしい、っていう、願望めいた空耳の具現化なの。
日本では、赤ちゃんは、一番最初におなかがすいたと訴えるだろう、
という、空耳なの。

「ママですよ〜」「まーま」が繰り返し繰り返し、繰り返されて、
赤ちゃんの脳に染み込んでいく。
だから赤ちゃんの方から先にママと言うのではなくて、
母からの刷り込みなんだよね。
一見、そう見えないけどね。

なぜそうあたしは断言するかというと、ウチでは、あたしは
自分の事を「ママですよ」とは言わなかったからだ。
おっぱいの事を「マンマですよ」とは、言わなかったからだ。
なのにムスコは、「まままままま」と、言った。
そして、楽しそうだった。
純粋に音を楽しんでいた。

その時、ああ、世界各国共通して「ママ」なのは、コレから来てるのか、と超納得したんだ。

だから言語学者さんは、学者である男の人の意見ばかりではなくて、
「母」の意見も、聞いてみたらいいと思うのよ。
特に赤ちゃん由来の語源についてはさ。

※ちなみに、あたしは一貫して「おかあさんですよ」と言い続けた。
ムスコは「おかあさん」と発音できず、一生懸命言おうとがんばる
ものの、おたーんん とか おかあん しか言えないで、
最終的により簡単な「かあか」に、なった(笑)。
幼稚園の時に姑に「かあかじゃないよ♪からすじゃないよ♪おかあさんだよ」と
フシを付けて言われ、一発で「おかあさん」になった。
あたしは若干ムッとしたけど、まあ、嫁は姑に何されてもムッとくるもんだからさ。

posted by 辰多みか at 00:05 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。