2014年02月10日

モーグルと馬の背とサレンダー

ソチ五輪のモーグル。
きのうがっつり見た。
上田愛子選手は残念だったけど、まあしかたがない。
すがすがしかったし。

いつもモーグルとかスキージャンプを見て思うのは、
「サレンダー」

ゆだねる と いうこと

1mmも疑問を持たない。
ほんのわずかでも 心に迷いがあると、腰が後ろにひける。
スキーの後ろに重心が乗ってしまうと、制御が効かなくなる。
だから、いくら怖くても、絶対に疑問を持ってはいけないのだ。
ジャンプとモーグルは、(他の、スノーボード等の競技でも)
「信じる事」を試される。
自転車に乗る事も、同じだな。

あたしは学生時代、常に体育が5のうち「2」で、
一番良くても、「3」で、
大人になったら、ぜ〜ったい、スポーツなんかやるもんか、と思っていた。
けれど入った会社は、スポーツマンばっかで、みんなスポーツ
大好きで輝いていて、「遊びに行く」のはスポーツがらみか、飲み会。
だから必然的に、あたしもやるようになった。
春はバレー、ボーリング、夏は海、テニス、富士登山、冬はスキー。
まあなんてあたしらしくない。(海は好きだったけど)
球技がまるでダメで、スキーなんてコントロールもできないと思っていた。
案の定、上手じゃなかった。
けど、なんか、冬は毎週、スキーに行った年もあった。
すごく下手なんだけど、
コツを覚えると、滑れる。
バカみたいに、リフトで上に登り、滑り降りてくる。
上に登り滑り降り。
上に登り滑り降り。
バカか。
いや〜ホント、バカだったわ。スキーバカ。
ちょうど、「私をスキーに連れてって」の数年前で、
うまく滑れるようになった頃、その映画が流行って、スキーブームに
なったので、鼻高々で行ったわ。
行きまくった。
連れてってくれる会社の人たちは、みんなスキーが上手で、
女子が少ない会社だから、スキー女子をとても可愛がってくれて、
スキー女子連は、複数のグループに顔を出して、そりゃもう、連れまわして(笑)もらったわ。
だから毎週行ってたんだけど。

スパルタのグループもあった(笑)。
つがいけに行ったら、馬の背に連れて行かれた。
まあ、わかってて行ったんだけど。
馬の背。
今のあたしだったら、たぶん、滑れん。
ものすごい狭い。
ものすごい斜面。
止まったら、二度と進めなくなりそうな場所。
そこを滑った。
な〜んにも考えなかった。
考えたら、滑れなくなる。下に降りられない。
誰にも助けてもらえない。
だから、なんにも考えない。
「怖い」って、考えない。
考えた時点で、負け。
「思考」がそのまま「体勢」に現れるのが面白かった。
だから常に突っ込んでいった。

そうだ、一度、「ハタ」と、なぜか立ち止まった事があった。
あたしの真後ろに、知らないおにいちゃんが滑ってきていて、
あたしが急に止まったもんだから、よけて転んで、大迷惑をかけてしまった。
その時、あ、うしろの事もちゃんと考えないと、と、学習したんだよな。
馬の背で。
遅すぎるだろ(笑)。
もっと初級コースで学習しないと(笑)。

だから、今もスキーを見るたびに、
あれが「サレンダー」の状態だったんだなーと思う。
すべてを信頼して、ゆだねる。

それが日常生活の「心」でもできるといいんだね。



あ、もうたぶん年齢的にスキーはやらないと思うけどね。





posted by 辰多みか at 16:23 | 悟り | 更新情報をチェックする

命のない食べ物

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」をチラ見する。
(がっつり見ではないということ)

この間「物を食べるのは命を奪うことだから、食べる事に拒否反応が出た」というのをやってた。
命を奪う戦争を体験したその人は食べ物を拒絶するので、栄養失調で死ぬ寸前になってしまった。
助かったのは、「牛乳」のおかげ。
「乳」は、命を奪った事による食物ではないから。

「どうぞお飲み」って、母が"出す"やつだね。
たしかに命は奪ってないわ。

それを見て、うちの旦那サマはちょっと考えて、
「ハチミツって、、命は無いよね〜?」と、少しドヤ顔で言ってきた。
たしかにそうだ。
ドヤ顔になるのもわかるわ(笑)。

「種は・・・だめだよね〜?油は?」
と言ってくるので、
「油は種をしぼるからダメでしょ。」と、あたしもドヤ顔で言った。
そうだな〜、他に何があるかな?
「果物」は、植物自身が「どうぞお食べ」って、差し出す物だけど、
種を残せば、命が無い食べ物 でいいのかな?

乳・ハチミツ・海水(塩)・果物 で、
もしかしたら人は生きていけるのかも。
ちょっと味気ないけどね〜。
posted by 辰多みか at 16:21 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

エア作曲家

きのう友達からメールが来た。
「佐村河内さんは、ゴールデンボンバーに入ってエア作曲家になればいいね!(・∀・)」

おぅ・・・
さすがあたしの友(笑)。
笑いにかけては、あたしも負けてらんねーぜ。
posted by 辰多みか at 16:20 | 日記 | 更新情報をチェックする

ヘボ ※閲覧注意※昆虫※



こんちゅうカテゴリー



うぇってなる人は注意




きのう、手作り五平餅を頂いた。
晩御飯にみんなで食べたの。

たまに、塗ってある味噌にヘボが入ってるのがあるのよ。
そのおうちのオリジナルなのかな。
(と思ってぐぐったら地域食だった!)

ヘボって 蜂のこと クロスズメバチ。

蜂の子

は ち の こ

つまりあれだ、うじむし 的な。あれ。

それが、すりつぶされて入ってる。
なめらかにすりつぶされてじゃなく、じゃっかんつぶつぶしてる。
しろいの。つぶつぶ。




・・・・・


・・・・・





うまいっ



おいしいです。
普通に。

うぇっとか、あたしはならない。大丈夫。
昆虫味はよくわからず、旨味的なものしか感じない。味噌が強いし。

もともとウチ(旦那サマの家系)は、猟師・漁師的に生き抜いてきて、
いろ〜んなモノを、嫁であるアタクシも頂いたので、耐性ができてるって事はある。
一度「フグ鍋」を食べた時は、いろんな意味で生きた心地がしなかったけど(笑)。
これがココに嫁に来る事への、適合テストかと思ったわ。
踏み絵的な。
だからまああたしは「食べ物」として、昆虫を出されても、食べられる部類の人。

ヘボって、生でも食べられるそうだ。
でも一度も生のをもらった事がない。
たぶん、高級食材。
いつでも食べられるわけではない、きっと。
あたしは、別に食べなくてもいいんだったら、食べないな〜。
そんな機会があったら、話のネタに、いっぴきくらいは食べてもいいかもしれないとは思う。





※ここから閲覧注意ですよ※



昔。
息子が赤ちゃんの頃。
隣の家の3才の女の子がよく遊びに来た。
息子は赤ちゃんだから、あたしと、遊びに。
正直、めんどうだったけど、
優しい近所のおばさんを演出したく、遊んでやった(笑)。
全力で、遊んだ。
どうせなら楽しまなきゃーって感じで。
なんでその子はウチに来てたのかって言うと、小さい子が好きなのと、
たぶん、お母さんが赤ちゃんにかかりきりなので、なにやら思う事があるんだろう。
(息子とおない年の赤ちゃんがいた)
いちおう、両家でおおざっぱな決め事をして、
おやつはどれくらいとか、何時から何時まで居ていいとか、ぼんやり決まっていた。
ある日、寒かったので、
「ココアでも飲む?」と聞いてみた。
もちろん子供は、好きだよね〜。
飲むと答えたので、二杯作って、ふたりで飲んだの。
いつも、ココアを作る時、なかなか、粉が溶けないの。
今回も溶けにくいな〜と思って、つぶが残ってるけどまあいいや、と飲んだ。
そしてその子はしばらく遊んで帰って行った。
カップを片づける時、
あたしは全部飲んであったけど、その子は、底につぶを残してあった。
ふっ と、見たら、
・・・
そのつぶが、動いている・・・!
ココアの茶色いつぶだと思ってたけど、
しろい、もぞもぞ した つぶつぶ。 
うわあぁ〜、カブトムシの幼虫型をした、2ミリくらいの小さい虫が、いっぱい。
うおぉぉぉぉぉ
あたし全部飲んじゃったわ!
あの子は、たぶん、あんまり飲んでない???(だったらいいけど!)
いーやーーーーと軽くパニックだった。
しばらくドキドキしてたけど、
体もなんともないので、
まあいいか(笑)と思って、バックレることにした。
ばっくれるって死語か(笑)。しらばっくれる。
誰にも言ってない。
アタシだけのひ・み・つ。
公開懺悔か。
ごめんネ、今元気に社会人になってるアナタ。

という事で、ココアに入ってる白い虫を飲んじゃっても、大丈夫です(笑)。
もちろんがぶ飲みする必要ないし、きっと栄養的に、今の現代社会では不必要。
ソイツの名前は、「タバコシバンムシ」というんだって。
漢字で書くと、「煙草死番虫」という恐ろしげな名前だけど、食べても恐ろしくないから。
あと、ココアとか小麦粉は、冷蔵庫で保存した方が、安全だよ(経験則)。
それ以降、ココアは、完全密封して冷蔵庫保存に徹してます。
posted by 辰多みか at 11:23 | ※閲覧注意※昆虫 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。