2014年02月11日

回る回る二つの独楽…!

これは前記事で書いた「ガラスの仮面」の中のとあるセリフです・・・


(今回ガラスの仮面は関係ない)


(あ、ちなみに独楽って、コマって読むからね)


前〜に、

心の底から「どうでもいい」って思ったら、
あたしがあたしに重なった、話を書いた
「あたし」と「あたし」 イコール、
「あたし」と「アタイ」

そう、「あたし」と「アタイ」は、回る回るふたつのコマで、
ふだんは、接触したら、反発しあっている。

「あたし」は、一番表にある、意識できるあたしの心で、
「アタイ」は、無意識下の、あたしの心。

「あたし」は世界の中心に位置できる価値のある存在なので、
一番低い所で、安定して回っているのだ。
(ベーゴマやベイブレードのバトルフィールド(床)を思い出してください)

その周りを、「アタイ」が回る。
「あたし」とひとつになりたいのに、接触すると、はじかれる。
あー、ていうか「あたし」と同じように、世界の中心に位置できる価値のある存在 に、なりたいんだ。
一番低い所で、回りたい。

だから、片思いみたいに、近づいてははじかれ近づいてははじかれするのだ。
ジッ ジッ と、音を立ててはじかれながら、半透明の「アタイ」が、「あたし」とひとつになれる機会を待ち望んでいる。

「あたし」が、目の前の状況に、心底「どうでもいい」と思った時、
「アタイ」は「あたし」に、ぴったり重なる。
それはもう、小気味いいくらい。
「カチッ」と。
音を立てて。

「あたし」は自分のデフォルトである「アタイ」以外になりたくて
常に、どこかにいる「幻の私」を追い求める。
それを、心底「どうでもいい」と思うと、「アタイ」が、重なる。
心底、どうでもいいと、思った時だけ。

その時、あたしははじめて、2本の足で立っている自分を感じた。

ぶれない、

「私」が、

二本の足で、立っている。

なんて素敵なの。



な〜んだ、今まで、片足だったんだ。

だって「あたし」は半身だし、「アタイ」も半身。
足が一本ずつしか、無い。

コマだからね。

独楽だから。


なんだそうだったんだー。




で、すぐに。

またぶれちゃう。

「どうでもいい」が維持できなくなると、

また「アタイ」は「あたし」からはじかれる。

つま弾きにされちゃう。
悲しいね。
寂しいね。
「アタイ」の泣き叫ぶ声が聞こえる。




・・・

だから

常に、

「どうでもいい」と

思えればいい。

それがきっと「サレンダー」

腰のひけてない、

怖くない、

サレンダー。





んでもやっぱなかなかできないから苦しいわ。





※リンク先を読んでみて気が付いたんだけど、
リンク先の元記事では、「アタイ」が芯で、「あたし」がぶれている。
そう、コマの場合は、どちらも衝撃ではじかれて、一番低い所の
取りあいになるから、どちらも、ぶれるんだね。
まあ、あたしが書いた事は、比喩で、イメージだから。
感じて。
感じ取って。


posted by 辰多みか at 23:51 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

美内すずえ先生とスピリチュアル

「ガラスの仮面」が好き。
美内すずえ先生の。
もはや説明もいらないだろうけど、
少女マンガ界の傑作。

美内先生は、
「神」がお好きみたい。
今、ほとんど最終章あたりで、「紅天女」という劇をやる寸前なんだけど、
この、紅天女は、とってもスピリチュアルなの。
だって神だもん。
しかも、先生は「アマテラス」という漫画も書いている。
こちらは、今、連載途中で止まっている。
こちらの方は、バリバリスピリチュアル。

あたしは、美内先生に、今のところ、悟りを感じない。
マンガ自体は、30年以上の長期連載中なので、
あたしはその間に、悟りの世界を見たため、それ以降は、
あたしの悟りセンサーに照らし合わせつつ読んでいるんだけど、
どうも、今いち、感じない。

神を演じるには、主人公のマヤは、悟らなければ
いけないんだろうけど、どうも今の所、マヤは悟れるのか、
先生が悟りの描写ができるのか、予想ができかねるのだ。
マヤが悟る必要性が、無いみたいだし〜?
(必要性といえば、紅天女をやるためだけ)
どちらかといえば、ライバルの亜弓さんの方が悟りに近いかもしれなくて、
もし亜弓さんが悟れば、間違いなく、この紅天女勝負は、亜弓さんの勝ちだ。

でも、どうもいまいち、感じ取れない。
美内先生自身は、本当に、何年も前からスピリチュアル好きらしいのだけど。
ただの、先人の知識のコピーなのだろうか。
だから、連載が進まないのだろうか。

うーん。
どうでもいいけど、はやく先生自身が、おお〜きい悟りを開いて、
せめてあたしが死ぬまでに、最終回を描いてほしいわ!
なんだかんだ言っても、めちゃくちゃ面白くて、大好きなので!






恐ろしい子・・・!





白目




posted by 辰多みか at 23:40 | 悟り | 更新情報をチェックする

本当に欲しかったもの

ほんの

ささいなこと。


さっきお風呂に入って、

ちょっとぬるかったので、熱くするボタンを押した。


(うちはオール電化なので)
お湯が熱くなると、ピー音が4回鳴る。
うるさいんだけど、これだけ消音設定ができないので、
しかたなく鳴らしている。

お湯が熱くなってピーピー鳴った。
お風呂場だけじゃなくて、居間でも鳴る設定なの。

すると、ドカドカ足音がして、
居間にいた旦那サマが扉の向こうから声を掛けてくる。
いつもは居間にいないんだけど、今夜はたまたま居間で仕事をしていたんだ。
(自営業なので家中どこででも仕事ができる)
「なんか音、鳴らした〜?」


 なんか、音、鳴らしたぁ?

↑これをどう聞くであろうか?
どう解釈するであろうか?

どう解釈して、どう答える?
熱くしたから音が鳴ったんだよ。と、あたしは答える?
そこに何を含む?
ボタンを押すと勝手に鳴る仕組みなの!と、怒る?
怒るのは「鳴ったら悪いの?私は悪くないけど!」と言いたいから。
その下には「私を悪者にしないで。されると悲しい。」という思いが下敷きになってる。
自分で自分の事を「すぐに悪く思われる私」と思っているからだ。

いつものあたしは、そう解釈しがちだけど、今日は違った。

彼が言った真の意味は、こうだ。
「だいじょうぶか?呼び出しボタンを押したか?」である。
ちなみに呼び出しボタンは音色が同じで、ピーの長さが倍。
はっきり言って、紛らわしい。
あたしは…「熱くしたから音が鳴ったんだよ。」と、冷静に、答えていた。
そこに、怒りは、無かった。
彼は、「あっそう。」と行って、さっさと居間に戻って行った。
彼はな〜んにも怒ってないし、無事を確認したら、すぐ次、だ。

あたしはお湯に浸かってぼーっとしてたけど、
「あっ、見に来てくれてありがとうと言えばよかったわ」と、思った。
「ありがとねッ」とか「ごめんねっ」って。
ドカドカいう足音を思い出して、愛を感じた。
あたしのために、動いてくれた。
あたしが、動かす。周りを。
あたしのために、周りの人に、時間を使ってもらう。
あたしの事が憎い相手でさえも、その人の人生の貴重な時間を、あたしに思い巡らすために使ってくれる。
しかも憎しみの呪縛という、憎しみを持つ本人自身を縛り上げる罠に、みずからかかってくれさえして。
これは、愛 だ と思った。

そうだ、赤ちゃんの時。

こうだった。

あたしの世界は、

こうだった。


あたしが動けば、

世界が動く。

世界が答えてれる。

それはまぎれもなく、愛で、

相手の憎しみでさえ、愛で、

あたしが赤ちゃんの時、欲しかったのは、これだった。


泣けば、

来る。


泣けば、

来る。


ただそれだけのこと。


「泣く」のに、なんにも意味はない。
「来る」のにも、なんにも意味はない。
良い・悪いが、ない。

ただ愛だけがある。

愛してるっていう形の愛と、
欲しいっていう形の愛と、
嫌いっていう形の愛と、
アナタは迷惑っていう形の愛と、
どうでもいいよ(なげやり)っていう形の愛と、
どうでもいいよ(赦し)っていう形の愛。

あたしは、今、赤ちゃんから、やりなおしているんだ。
愛でできた世界を経験しなおすために。
いま起きた、ほんの ささいな事を、
これから積み重ね、積み重ね、

赤ちゃんのあたしが、欲しかったものを、大人のあたしと一緒に、集めていく。




今、ここまで来た。
待たせたね、あたし。




posted by 辰多みか at 23:39 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

禅病@

禅病の症状。
・頭痛
・喘息のように咳き込む
・胸痛
・心痛
・額に冷や汗をかく
・冷えのぼせ
・神経過敏
・幻覚
(↑ネットで拾ってきました…)

白隠サンが、罹った、病気(?)
悟りを開いた後に、かかった、びょうき。


これってさー。
「自律神経失調症」だよね。
まさに身近に居るから、わかるわ!
病気というより、症状なの。
神経症状。

「神経症」、「自律神経失調症」
常に交感神経が優位になってしまい、
体が、どんな刺激に対しても、「戦闘態勢」で、
一言で言うと、「気が抜けない」状態になってるという事。

頭痛って書いてあるけど、つらい箇所は、首 だと思うよ!
うなじから、天頂にかけて。と、
首の左右の筋肉。
ここがものすごく、つらいらしい。
ふらふらタイプのめまいがして、
耳がボワーンとした感じ、またはキーンとなる。
口が勝手に突き出る。
そして、過呼吸になる。
気持ちが悪くて、冷や汗が出て、ふとんをかぶっていても
胸と背中が寒い。足に異常が無いのにしびれる。
のどになにか詰まっているような感じで、
まわりから見えるその立ち姿は、肩がギューッと上がってしまっているいかり肩。
身近にいるから、わかるよ。



なぜ、悟っても、白隠サンがこうなったかというと、、

やっぱり、一瞥後、苦しいからだ。

あたしは、こんな風にはなった事ないけど、
白隠サンは、一瞥した事で、ちょっと優越感を持ったんじゃないかと思う。
そして、「悟った。人より上に行った自分」を無理に保とうとしてたんじゃないかと思う。無意識に。
そう、無意識に。
無意識にそうするから、苦しい。
無意識に、というか、無意識「が」そうするから苦しい。
自分が、自分を、捕えられない。
そうだよ。
戦闘態勢なのは、「無意識の自分」
無視すると、吠える。
「いい人」だと思われたい。
無意識が醸し出す願い。

「神経症」が、禅病だったら、
禅病って、このパターン以外にももっと他のパターンがあるな。
たとえば、あたしの、「無気力」。

白隠サンのその後をもうちょっと調べてみるー。
Aに続くかも。

posted by 辰多みか at 11:26 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

フォトグラフィック・メモリー

テストの点数だけは良かった。
学生時代。

とっておきの秘策があったから。
とっておきっていうか・・・それしかなかったというか。

あたしは記憶形態が、特殊みたいだった。
大人になってから、同じような記憶方法ができる人を見つけた。
その方法には名前が付いていて、「フォトグラフィック・メモリー」というらしい。

名前どおり、
写真のように、記憶する。
テストの最中に、頭の中で、教科書を開くために。
それでも記憶は完璧ではなく、開いたページが空白の時がままあるので、
あたしは文字に色が付いて見えるから、それも併用して、体の感覚で覚えこむ。
目視と体感。
英単語の「意味」は、感覚でしか覚えない。
感覚には、色だけでなく、高い所、中くらいの所、とか、右とか左とかある。
ぎざぎざだとかすべすべとかもある。
だから、自分ではわかってても、人には説明できない。
あたしの説明を聞くと、みんな混乱する。

その、フォトグラフィック・メモリーができる人で、一番有名なのは、「裸の大将」だと思う。
んー、山下清画伯。
あたしはそこまですごくない。
完璧な記憶の保存可能期間も短いので、テスト前日しか教科書を見ない。

そんな便利そうな能力?なのに、副作用があった。
それは、記憶の上塗りができないという事。
強烈に記憶するので、修正が効かない。
だから、覚えるぞ、という時は、スイッチを切り替えるように、慎重にはじめた。
一度間違えると、取り返しがつかないから。
これはフォトグラフィックメモリーじゃなくて感覚記憶の方かもしれない。
上塗りができないので、苦手な記憶があった。
それは、「社会科」
社会の内容って、「これ」は、「誰のもの」で、「こういう名前になった。」が主。
さらにそれに、「○○○年に」が付く。
これが致命的に、覚えられない。
「これ」に対して、ひとつの名前しか覚えられない。
たとえば、日本。
倭は卑弥呼の国で、
のちに伊代の国で、
のちに大和になって?
ほらもう覚えられない。
もとはひとつのものだから。
最初のひとつしか、覚えられない。
だから、ふだんの生活でも、布団とか箸とか、パンツとかが、
誰の所有かが、まっっっったく、わからない。

ちょっとお恥ずかしい話だけど、まあ布団はいいけど、
箸とかパンツとか靴下を、、家族間(男性陣)で所有が変わったりするからだ。(ちょっとぼかして書いてみた)
一度所有が変わると、、、もう覚えられない。
だから、もうあきらめちゃう。
洗濯物たたむ時、毎回訊く。
便利そうなのに、不都合の方が多いらしい。
買い物のメモは、上塗り記憶の部類なので、覚えられないし。
だから、昔の勘違い記憶が、鮮明に残っていて、上塗りができないのだ。
昔っていうか、つい最近でも。
感覚を伴って、強烈に残る。
そのへんがクリアできないと、ちょっときついな。


posted by 辰多みか at 11:25 | 自分 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。