2014年02月14日

犬が死んだ







死んじゃった。










うちのワンコじゃなくて






義弟クン家の、ワンコ。

今日の朝まではふたくちくらいごはん食べたんだって。

老衰の大往生だ。



もう、長くないね、と、みんなで話していた。
今日はたまたまバレンタインなので、義弟クン家にチョコ持って寄ったんだ。
眠っているみたいだった。
とても穏やかな顔で。
仕事で全員出はらった家の庭の小屋で、
誰にも看取られず、
いっぴきでいったそうだ。
でも幸せそうな顔だった。

飼い主は泣いてないのに、
あたしだけ、うわうわなってしまった。
今も思い出してうわうわなる。
胸が。
胸からなんか出そう。
これは何だ。
胸から突き破って出れないので、
目から出るんだ。
そうだ、目には穴が開いてるもんな。
だから、目から出るんだ。
心がじゃぶじゃぶする。
ぐらんぐらん水面が揺れる。
これは何だ。

あたしはドラマや映画を見ても、よく泣いていた。
胸が、揺さぶられる。
旦那のおばあさんのお葬式でも、あたしだけ嗚咽して泣いていた。
その家の家族は誰一人泣いてないのに。
100才の大往生だから皆すがすがしかったのに。
まるで嫌味みたいに、泣いていた。
だって止められない。
花輪に飾ってある、果物を見て、
今、こんなにたくさん、おいしそうな果物をあげるのなら、
もっと、本人が食べられるうちに、存分にあげれば良かったのに。
そう思ったら、何かがこみ上げてきた。

ワンコは、
ただの、よそのうちのワンコなのに。
(ワンコごめん)
幸せだったんだねー。
よぼよぼのおじいさんになっても可愛がってもらったねー。
だってあなた笑ってるもの。
「かわいそう」でもない。
「さびしい」でもない。
こみ上げてくる。
この想いはどこから来るのだろう。

魂は死なない、と、わかってるのに、
この想いはどこから来るのだろう。





posted by 辰多みか at 21:58 | 日記 | 更新情報をチェックする

箇条書きはいらない

箇条書きはいらない。
リアルな体験談がほしい。

とっちらかってもまとまらなくっても、
温度を感じる体験談が欲しい。

「悟り系」ブログを、とあるキーワードで見つけて、
(キーワードはその時々でいろいろ)
そのあと読むのは、その検索で見つけた記事と、「悟りの体験」の記事。
この人はホンモノ(ちゃんと一瞥や悟りを体験している人)と感じたら、
ブログの、一番最初のページを見る。
プロフィールページを、見る。
「体験談」を探す。
書いてない事も、ままある。
最初じゃなくて、途中にある事もある。
カテゴリーになってる時もある。
とにかく、その人が、
痛んで苦しんでもがいた軌跡を、さがす。
その他の御託は、どうでもいい。
天使とか高次の存在とか天からキラキラとか、そんなのはもっとどうでもいい。
あたし以外の人には必要かもしれないけど、
あたしにとっては、心底どうでもいい。

(特に、対談形式は、あたしの脳の判断能力のせいなのか、
ぜんぜん読めないので、そういう形式の有名ブログも
たくさんあるけど、まったく読まない、というか、読めない。
その傾向が顕著なのは「神との対話」の本が、あたしは読めないのだ。せっかく3冊買ったのに。)

その体験談に、どんな結末があってもなくても、
あたしは"それ"を読みたい。
結末は、どれも同じなんだから、途中が知りたい。
さまよう。
一度、覚者の講演会に行った。
ブログに書いてない(と思うよ)、超強烈な体験談を、
あっさりさらっと、話してくれた。

それが聞きたかったの。
それが欲しくて、さまよってたわ。

覚者は、文字に、残さない。 みたい。
もったいぶってる? かっこわるい?
たしかに、恥ずかしいよネ。
あたしも自分の体験は、本当に、穴があったら入りたいほど、恥ずかしい。
(そしてその穴に転げ落ちて、アチラの世界に行ってしまった)

まああたしは自己満足なので、
他で埋められない欲求不満を自分が書く事で埋める。
箇条書きはいらないっていう、欲求。
誰かが、「欲しい」と思ってるなら。
だからこれからも、みっともないダサい恥部を晒していくわ。

主婦の恥部ブログ。


エロいか。



いやエロ要素まったくないから。
posted by 辰多みか at 15:34 | 悟り | 更新情報をチェックする

をちみづ


変若水

若水

をち水

おちみず

月夜見の持てるをち水

ツクヨミが持ってる おちみず


ich02.jpg




これ見ると、娘が「おちみずみたい・・・」と毎回言うよ。
なんだ、おちみずって。
(どうやら、とあるゲームが好きな(腐)女子の間では通じるそうだ)


若返る水らしい。秘薬らしい。



おち水違うもーん!

いちご水の素だもーん!


これは一年物の、コクが出て最高においしいやつだもん。
手間暇かけて、作ったのよ(アタクシが)。
佐藤雅子さんレシピのいちごシロップ。
このためだけに酒石酸を薬局に注文して手に入れた。
(薬局の人の話だと、毎年春先になると酒石酸を注文する人が
チラホラ現れるそうだ)
作ってる最中も、作った後も、うっとりできる魔法のシロップ。
レシピは、元祖・オリジナルの、この本からどうぞ→
「私の保存食ノート―いちごのシロップから梅干しまで」
(ぐぐってください)

ichi01.jpg



ich03.jpg


ヴァルスで割って飲む。
ヴァルスはフランスの炭酸水だ。
おいしいイチゴソーダができるよ。

・・・
バルス。
おちみずをバルスで割って飲む。

なんかたいへんなことがおきそうー。




若返りの水を滅びの呪文で割るーー。







いやなんにも起きないですけど。
おいしいだけ。





ツクヨミ様が持ってたをちみづって、赤じゃなくて透明な水だと思うなー。


posted by 辰多みか at 15:31 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。