2014年04月06日

一瞥後の人へ、一瞥前の人へ

悟りの一瞥をすると、
同じ経験をした同志が、わかるようになるよね。
"神"について書かれている書物の、本物・偽物がわかるようになるよね。
悟りとは、神とは、真理とは、「こういうモノ」という、
感覚を伴った理解ができるよね。

そう、いろんな事が、できるようになる。
神に通じる力なので、
この事を、
昔の人は、
「神通力」と呼んだのではないかと、あたしは思う。

でも、
なんでもできる ようになるわけではない。
苦もなく、軽々と、できるように、なるわけでは、ない。

"できる"ように、なるのは、
「理解」だけ。
わかるようになる だけ。
「仕組み・知恵・叡智」が、一気に、自分の物になるだけ。

そう、頭の中でだけのこと。

その「仕組み・知恵・叡智」を、自分が今、リアリティを
持って生きている肉体のレベルで実践しようとすると、
もれなく、「苦」が付いてくる。

だから、悟りの一瞥をして、
それでも人生がうまくいかなくて苦しい人は、
「そういう道筋がふつう」だから、安心してね。

なにをすべきかは、わかってるはずだ。
「仕組み・知恵・叡智」から、伝わってるはずだ。
だから、「それ」を淡々とやればいい。
苦しいけど。



そしてね、まだ、悟りの一瞥をしてない人に対しては、
あたしのメッセージは、別角度からになる。
ぜんぜん別のメッセージになる。

悟りの一瞥をしていない人は、「安心」してはいけない。
上記↑を読んで安心してはいけない。
安心は、悟りからあなたを遠ざける。
ちょっと考えてみて。
あなたは安心する事で、もらってる「何か」があるはずだ。
欲しい「何か」が、あるはずだ。
悟りたいなら、その「何か」を、もらおうという魂胆を、見抜くこと。


あたしが、悟りを求める迷い人に言える事は、ただひとつ。
「死になよ」

ああ、早合点しないで。
自殺しな、と言ってるわけじゃないよ。
自我を無理矢理おしこめろ、と、言ってるわけでもないよ。

死ぬ気になったら、
本当に死ぬ気になったら、
これも、できるはずだ。
「それをやったら私らしくない。」
「それを認めたら私が私でなくなってしまう。」
「そんなの言うなんてありえない。」
それらを、死ぬ気で、やるの。
捨て身で、やるの。
だって、死ぬ気、あるんでしょ?
悟るって、生きたまま死ぬって事だよ。

あなたらしくない事を、やりましょう。ホラ。
「おかあさんありがとう」って、口が裂けても言えない一言を伝える。
「おとうさんだいすき」って、鳥肌を立てながら、言う。
「おとうさんおかあさん、私を大事に育ててくれてありがとう」って、
腑に落ちない記憶の中から、「それ」に合致する記憶を、拾い集めてくるんだ。
旦那さん奥さん舅姑に「ありがとう。至らない私でごめん。」て言う。
子供に「あなたのためだと言ってきたけど、実は私のためだったよ。」と言う。
気に食わない周りの他人に、「本当にすまない。」と、言う。
認める。
おなかの中で握ってる手を離す。
ホラ。
やってごらん?
怖いよ?

悟りたいのだったら、
スピリチュアルに「安心」を求めてはいけない。
これが覚醒前・一瞥前のあなたに、言えること。
悟りに興味ないのだったら、いっぱい安心してもらって大丈夫。
スピリチュアルメッセージには、そういう役目もある。

悟りの一瞥をしたあとはじめて、
あたしが、
「死ね」って、
突き放した意味が、わかるよ。




posted by 辰多みか at 17:14 | 悟り | 更新情報をチェックする

私は知らない


るーと2 は、 いくつか 、言えますか?

√2 ね。

ひとよひとよにひとみごろ ね。

1.41421356… ね。

この数は、「無理数」と言って、
「…」の部分は、永遠に、続くの。


永遠に、続くの。


だから、誰も、知る事ができないの。

るーと2 という無理数は、確かに存在していて、
「…」の部分も、ちゃんともう既に決まっているんだけど、
だあれも、「…」の中の、次にくる数字を、予想できないの。

神様しか、そのサイコロを、振れないんだ。
というか、神様自身が、サイコロなのでね。

この「無理数」に対して、「私」が確実に知っている事は、
「私は小数点以下永遠に続く不規則な数の並びを、知らない」という事、だけ。

知りえない事柄の中で、ただひとつ、確実に知っていて確実に言えるのが、「私は知らない」という事、だけ。

これは、悟りで垣間見た「あれ」と、同じ。

永遠にサイコロは振られ続けるからね。


円周率もネイピア数も無理数だよ。
私たちは、絶対に、小数点以下の数の並びを知り得ない。
「永遠」が「私たち」に味方しない限り、知り得ない。

でも永遠の中に入ってしまうと、そんな事、どうでもよくなってしまうかもしれない。


posted by 辰多みか at 10:21 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

死ぬ準備

無気力だ。
やっぱりやる気がでない。
姑を悪者にして
仕事を悪者にして
正当化したかった自分の無気力だったけど、
それらの「原因」と思われる物を、取り去って、
「無気力」に真向から向かい合って、
見つめてみても、
やっぱりやる気が、出ない。
悟りの世界を見ても、
いや、見たから、
出ない。

あたしのやる気って、具体的に何なのかって白状しちゃうと、
「片づけする気」
そして、
「やりたい事をやる気」
そのふたつ。

片づけ以外のほかの家事は、バリバリやってる。
ルーチンワークに関しては。
料理は大好きみたいで(自覚がない)、
一日三食、弁当作り付きでも平気だし、
掃除は嫌いだけど、ほこりが目立てば
自動的に体が動くし、
一番好きな家事は、トイレ掃除で、
一日5回くらいやってる(あの〜、言っとくけど強迫観念じゃないからね。笑)
トイレは、使った時に、トイレットペーパーで、
便座の裏表を拭いておくと、いつも綺麗にしておけるんだよ。
洗剤も使わず一回につき一分もかからないし、
取り外しが簡単な最近のウォッシュレットだったら、
さっとはずして、便座と便器の隙間の水分を拭きとれば、
悪臭防止になる。
(ウチのトイレの自慢は、まったく匂わない事なのだ!)
おふろ掃除も大好き。
どちらかというと掃除機より水回り掃除の方が好きみたい。

なのに、
片づけが、
できない。

それでもいちおう、ギリギリ汚屋敷では無いレベルは保ってる(ハズ)。

あはは〜、去年、夏に、「片づける!」って宣言して
自分を追い込んだ事があったんだけど、
ソコ、今もまだ片付いていない(笑)。

片づけようと、手を伸ばすと・・・
頭の中に・・・
恐ろしい声が・・・するんだ。

それは姑の声。
姑の、口から出る声じゃなくて、
含みで強制してくる、心の声。
あたしの罪悪感を、ぐりぐり刺激してくる、声。
笑顔でね。
いいよいいよ〜と口では言いながらね。
ホントはいいよじゃないんだってさ。
モノを捨てては、いけないんだってさ。
笑顔で嫌味の応酬なんだよ。
捨てる事ができないあたしはどうすればいいの。
で、あたしは、想像でもうイライライライライラしてしまって、
いっこうに片づけが進まない。

それでも、そのイライラを押しのけて、
心の中をよ〜く見てみると・・・
やっぱり、「本当の片づけたくない理由」は、
姑のせいじゃ、ないんだ。
アラ〜?
姑に言われっぱなしなのは、事実、嫌だけど、
理由としては、姑の件は、二番目。
直接の理由では、ないらしい。


よ〜く観てみた答え。
   ↓
片づけは、死ぬ準備。


ああ、あたしの中では、

「片づけは死ぬ準備」なんだって。


だから嫌なんだって。




なんだそれ〜〜〜!





うすうす感づいてたけどさ。

綺麗に片づけちゃったら、あとは死ぬまでのおまけ人生だって。

片づけ終わったら、いつ迎えに来てもいいよ!って、
合図だからね!って、天に向けての宣言だって。

それで、「あたし」は、まだそれは「嫌」だと。

まだ、なにか執着したい物が、ある、と。



でね、あたしの中では、片づけが終わらないと、
好きな事をしちゃいけない、という、バカみたいな
自分縛りがあるのよ。

だから、「片づけ」も「好きなこと」も、どっちも、できないんだ。

できないように、しむけるんだ。

なんですかこれは。


そうだね、執着してるものが、あるんだね。
その正体も、掴んできてる。
3年くらい前から、ときたまその衝動に駆られるんだ。
でもそれを「やって」しまったら、
あたしは、今度こそ、この家にいられなくなるかもしれない。
(あっ、警察沙汰じゃないので、安心して!笑)

どれもやりたくない。
その衝動も片づけも好きな事も。
好きな事が「その衝動」の果てにあるのなら。
今はまだやりたくない。
「その衝動」は、宿題じゃ、ないんだけど、
できればやらずに済ませたいの。
くそぅ。



posted by 辰多みか at 10:20 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。