2014年04月12日

その人の8割の部分を全力で信じる

あたしはね、
ひねくれもので、
弱い心を強い態度で守ってる腰抜けで、
こんなあたしを誘ってくれるなんてウソじゃないか、とか、
ほらやっぱりあたしは仲間はずれだな、とか、

考えがちで。


ずっと昔は、いつもいつもそう考えてて、
臆病で挙動不審で、

30才すぎてもそれは変わらなくて、
結局、仲間うちから仲間はずれにされてるんじゃないかと思い込み、
はずされるなら自分から抜けよう、とか、早まってばかりで、
ほかにもいろいろあって心身ともに弱り果てた。

弱り果てたら、悟りの世界まで突き抜けちゃった。
それは40才くらいの時。


けど、
そんなプロセスを経た今のあたしでも、
仲間うちの誘いは、半信半疑の所が、まだある。

あたしが行ったら、迷惑じゃないかな〜とかさ、
主催者にあまり好かれてないっぽいので(ホラここが思い込みだ)
主催者以外の仲間に声を掛けられても、躊躇する時がある。

で・も。
やっぱり、信用することに、したよ!
ここからが、今までのあたしと、違う所だ。

今までは、その人の話を、100%信用するか、0%、まったく信用しないか、
の、どちらか一方だったんだけど、

あたしは、これから、その人の話の80%を、100%信用する事に、したんだ。

わかるかな?

その人が、あたしに対して良く思ってくれてる部分に対して
100%信用するの。
その人の中には、あたしに対して良く思えない所も、もちろん、有るんだ。
それは比率でいうとだいたい20%なんだよ。
だから、良く思えない20%以外の、80%を、全面的に信用するんだ。
あたしに話を振ってくれた事だけで、
あたしに関心を持ってくれてるんだもの、
そこを、100%信頼すればいい。
そうするとね、どうなるかというとね、
オドオドしなくてすむんだよ。
会う時に、
「え〜、あたしなんかが来ても良かったのかなぁ〜・・・」なんて
弱弱しい卑屈な笑顔で、行かなくても、よくなるんだよ。

「会えて嬉しい!」100%その気持ちで、
晴れやかな笑顔で会っていいんだよ。
だからそうすることにしたんだ。
すごく気が楽になるよ。





posted by 辰多みか at 15:23 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

片づけの神と拭き掃除の神。

昨日、ふいにやってきた片づけの神様。
きのうの日記では、そのお方は"神"ではないよ、と書いたけど・・・

あたしは悟りの一瞥をする前までは、
片づけの神とか、拭き掃除の神とかが、
いると思ってたんだ。

それらが本当に居る、と、バカみたいに盲信して、
信仰してたんじゃなくて、
発想の転換のコツっていうか、
ネガティブをポジティブに変えるワザ、みたいな感じで、
自分自身に、思い込ませて、いたの。
ある種の、引き寄せの法則みたいな、ワザを使ってたんだ。

その、拭き掃除の神がやってくるのは、
「牛乳をこぼしちゃった時」
「冷蔵庫内の液体物を、こぼしちゃった時」
などの気分が落ち込むシチュエーションの時。

今朝も、冷蔵庫内の液体がいつのまにかこぼれていて、
「ありゃ!」と思ったとたんに、拭き掃除の神がやってきた。

神は〜、
やさしく〜、
「ここ、もともと汚れてるからネッ、そろそろ拭き掃除のタイミングだよ♪」って、
ニコニコしながら癒しのささやきで、教えてくれたの。

そう、
神様が、「拭きなさいよ〜」って、導いてくれてるんだ〜♡と、
思えると、
腹が立たないの。
「そっか、冷蔵庫を拭こう拭こうと思ってたんだ。今やらなきゃね〜、ありがとう神様。」
と、感謝まで、沸いてきちゃうのよ。
このワザは、20年くらい使っている。
だから、いくら牛乳をこぼそうと、
こどもがおしっこもらそうと、
ぜんぜん腹が立たない。
ムカッっとこない。

「床が綺麗になってよかった〜」って、素直に思えちゃう。

片づけの神も拭き掃除の神も、
本当の神ではないけれど、
悟りの世界を見るまでもなく、
心おだやかに、人生をすごしたい人には、
使えるワザだと思う。


posted by 辰多みか at 14:49 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

デジタルという事ではなくて

アナログという事でもなくて。
リアルな話。
この宇宙は 1と0 でできている。
だから、とてもシンプル。

けれど、0が、クセモノだから、
摩訶不思議な事が、つぎつぎ起こるんだ。
とてもとてもシンプルなのに、
とてもとても複雑なんだ。
posted by 辰多みか at 14:47 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。