2012年07月30日

ゼロって 存在意志。

カヴァリエリって人がいたんだって。



そう昨日読んだ微分積分の本に出てたよ。

ちなみにその本の題名は
「微分・積分を楽しむ本」愛蔵版 今野紀雄 PHP研究所

カヴァさんは「面とは無限の数の平行線を集めたものである。立体とは・・・」
と言ったんだって。
でも、線には 幅が無い 幅=ゼロ だからいくら集めたって 面にはならないから
「ゼロの極限値」という概念を生み出したんだって。

ゼロに限りなく近い、ある幅を持つ線 って考えたんだって。
そしたら、集めれば、面になるよね。
これは 微分積分の考え方だよね。
数学を実用に使う時便利な考え方だよね。
「ある幅を持つ線」て時点で、「有る」なんだから
「無い」ゼロとは違うよね。絶対。



あたしは、こう考える。ていうか 感じる。


うーん、線を集めても 面にはならない!
面を集めても(重ねても)立体にはならない!



ある空間で、 線が線でいられるのは、ゼロ で、空間の他の部分と区切られているから!

面が面でいられるのは 外側が ゼロ で 区切られているから! (もちろん立体方向は厚さゼロね)

立体が立体でいられるのは 外側が ゼロ で区切られているから!



ゼロが無いと 区切りがわからないよ。


輪郭部分が ゼロ だって言えるね。


もしかしたら、存在意志が ゼロ なのかも。



線の心の声「私はここに存在したい」から、ゼロで区切られて、線になってるのかも。

線がそうなら面も立体もそうだよ。立体がそうなら、三次元のあたしたちだって。

ゼロをまとって、存在してるんだよ。


あ、点もそうかな。
もう少しつっこんじゃうと 四次元も五次元もそれ以上もだよ。





それか自分の意志じゃなくて、誰かに、「存在しなさい」と言われて存在してるのかも。
「存在しなさい」じゃなくて「存在してもいいよ」かもしれないね。

誰に?



神様に。
ただひとりの神様に。


posted by 辰多みか at 00:02 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。