2012年07月31日

内面を見る鏡と外を見る眼鏡

石屋さんが 素敵
モールに入っている ストーンマーケット

きらきら きれい。 女子ならきっとみんなわかる。


そこで 「四次元を見る鏡」を買おうかと思って行った。



どんなのかっていうと、イメージは直径3センチ超えのパチンコ玉
大きければ大きいほど、たぶん良い。
で、表面は、なにも柄がなくて、つるつるじゃなきゃだめ。


で、あたりまえだけど、 無かった。



あたりまえなんだけど・・・無かった。




昔、ベアリングメーカーに 知り合いがいたので
どうしよう、今からその知人に相談してベアリングの玉を
一個売ってもらおうかと変な思考までしてしまった。

ああ、ステンレスの鋼球でもいいかなぁ。


というか、誰かくれるなら、今からでも欲しいです。




という事で、手に入らなかった。



クリスマスの飾りでもいいかもしれないんだけど
たぶん表面のひずみが大きくて よく映らない。うん、四次元が。



しかたがないので、



一番目に入った きらきらのものを手に取った。



キュービックジルコニアのでっかいのだった。
ブリリアントカットされて虹色に輝いてる。


昔、石屋さんには置いてなかったものだ。

だって、あまりにも、ダイヤモンドに似てる。


他の、半奇石とは、あまりにも、輝きが違う。



でも、すごくほしくなっちゃったので、20%OFFセールだったし、一個買った。
17mm径で、1500円くらいだったかな??

そしたら、隣にあった 正二十面体の 水晶と 目があった。

「私も連れてって」と言った。


あたしは、正二十面体水晶を、
「自分の外を見る眼鏡」だと感じて、買って帰る事にした。


キュービックジルコニアは
「自分の内面を見る鏡」かな、と思った。


自分の中にある 「愛」を映して、周囲に反射して輝かせて
キュービックジルコニアみたいに きらきら綺麗になりたいと思った。
今も、いつも思っている。できてるかな、むずかしいな。

机の上の良く見える所に置いて、いつも手にとって見ている。


正二十面体水晶は、ちょっと やきもちやき みたいなんだ。

こうやって書くと あとあとまで残っちゃうけど・・・
ごめんね、そんなこと書いて。


あんまり、眼鏡にして、外を見ないからかな、
でもたまに、ぎゅっと てのひらに 握ってるよ。
どっちもかわいい 鏡 たち。


posted by 辰多みか at 00:02 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。