2012年08月02日

本当に人の心が読めないのか

あたしは


ASD(自閉症スペクトラム)だと思う、自分の事。

うん、その中でアスペルガー寄りと思う。


診断したわけじゃないけど。


家族にも認めてもらってて、身近な周りに、今のところ迷惑や、不都合が無いので

自覚程度で 良いと思う。

自分がそれで、悩んでいるわけではないし。


自分が、今の自分にたどり着く途中で、出会った言葉。



そんな ASD なんだけど、



人の心が読めないって 世間で言われてる。
空気が読めない とか。




あたしも、自分では コミュニケーションに難あり って思ってる。





でも、


人の心は




読めないわけじゃない。




むしろ、



感じすぎて 困るくらい。




その人がなにを思っているか、


わかる、というか、感じる。




なんで、心が読めない なんていわれるんだろう、て思ってた。




わかるよ、

相手が、


「この話の確信を突かないで」と思いながら、タテマエで話しているのが。


「私は本当はこうしてほしいんだけど、自分から言うのが 負け みたいだから、察して」
と思ってるのが。



なのに、なんで、心が読めないなんていうんだろう。




ある日、意を決して、相手に言った。

「本当は、こう思っているんでしょう、なら、なぜ、はっきりと言わないの?」


相手は言った。

「そんな事、思った事もない。」

話は、別の、うわっつらの事を話している時だ。

タテマエでしか、相手は話さない。本音を言ってほしいのに。





結局、その時は、結論が出なかった。

どちらも、引かなかった。




そのあとも、あたしは考えた。


なんで、本心が見えるのに、
相手は、その本心を隠そうとするのだろう。





ある時、気が付いた。



心を読む というのは、



本心を隠そうとしている事を尊重しろ、という事だと。






目の前に、薄いベールが見える。
相手の事を知りたいのに、とても邪魔だ。



その中に、相手の本音が透けて見える。


あたしは相手の心が見えないわけじゃない、確かに見える。


うん、薄い皮をかぶった、ほおづきみたいに見える。





それを、読めと。



今まであたしは勘違いしてたんだ、たぶん。

中に見える、本音を読んでは いけないんだ。




読むべきものは、


薄いベールの方だったんだ。





それが、心を読むって事だ。


空気を読む って事だ。



ああ、みんなには、ベールが空気に見えるのか。





そういうこと。


自分がASDだと思う人は、

目の前にある ベールを読んでください。

ベールがよく見えない人は、いっぽ、後ろへさがってください。




ASDの距離感がおかしいって事は、たぶん、こういうことだ。

これは、コミュニケーション術で、対処法であって、
本当に大事なのは、相手を尊重する 心のあり方 なんだけどね。

とりあえずの、対処法だ。


posted by 辰多みか at 00:03 | 自分 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。