2012年09月27日

お金にまつわるトラウマ

あたしには トラウマがたくさんある。


人間関係とか いろいろあるんだけど、

絶対、すごい トラウマなんだろうな〜と 

あんまり考えなくても自分自身わかるのが

お金に対するトラウマ。



はっきり言う。




お金が嫌いだ。




嫌悪感・いやらしい・口に出すのは恥ずかしい事・人の縁を一発で切っちゃう物。



もし、お金が好き〜♪ って言ってる人がいたら、もしくは、会話のはしばしに、それが

見てとれる人がいたら、(いたらって仮定してるんだけど、仮定ではなく、本当に「いる」)



上記のような人なんだろうな、とすぐ頭に浮かぶ。

実際そうじゃなくても。ていうか実際そうじゃないんだろう。

該当者の人はごめんなさい。そうじゃないとは思う。でもあたしは、そんなあなたが嫌いだ。

これじゃあ、あたしはお金持ちにはなれないって、そういう人に出会って、はじめてわかった事でもあったんだけど。

やっぱり嫌いは嫌いだ。





最近、ものいりで、家族で、お金にまつわる会議をした。





あたしは、途中から おかしくなった。


なんと、インナーチャイルドが、出てきた。呼んでもないのに。


彼女は言った。「お金が無い、お金が無い、働いても働いても、お金が無いんだよおぉぉ」

言った というか うめいた。それで、泣きじゃくった。




前に聞いた、地の底から響くような声だった。


実際、お金が、ないという事ではない。

貯金してある。計画的に十分に。その貯蓄をどう使うか、そういった話しだったのに。



家族は、すぐに言った。「(精神)病院に行った方がいい」

当然だ。さぞびっくりしただろう。


なきじゃくっていた(はずの)あたしは、



「(精神)病院は行かない」 きっぱり言った。泣いてたはずなのに、声も震えず、冷静だった。涙が出てなかった。

「あたしはこれから自分が(精神的に)どうすればいいかはわかっている。

  頭はわかっているけど、なかなか心がついてこない。

  これはあたしが乗り越えることだから。乗り越え方は わかっているから。

  もうじき 乗り越えるから。」



なんとか話し合いは、無事すんで、あたしは寝ることにした。

寝る直前、またさっきの お金に対する インナーチャイルドが出てきた。

声は出ず、頭の中、想像の中だけだった。





彼女は こう言いながら 出てきた。



「こわい、こわい、こわい、こわい・・・・・」




あたしは お金が嫌いだけど、(そのトラウマの理由も充分わかっているけど)

「怖い」だなんて 思ってもなかった・・・・



それで、もっとちゃんと、インナーチャイルドの癒しワークを、やろうと思ったの。

本当のあたしの声を 聞こうと思ったの。


posted by 辰多みか at 00:03 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。