2012年10月03日

馬が通る道

こどもの頃のことで思い出したけど。


小学生のころ 日曜日だったか 木曜日だったか
毎週決まった曜日に

馬に乗ったおじさんがやってきた。

時は昭和50年代(1970年代)。所は、現・政令都市浜松市。


必ず、南の方から来て、

うちの横の畑ぞいの道を パカパカ歩いて、

北に向かっていく。
鳥打ちの鉄砲おじさんが出てきた方へ。

まだ当時 道は 舗装されてなかったなぁ。


馬が行く方は 工場地帯だったんだけど。


どっから来て どこへ行ったのか。


あまりにも 日常な光景だったから、
あんまり気にしてなかった。


posted by 辰多みか at 00:03 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。