2012年11月30日

扇風機の羽根を留めてるネジは逆ネジ

会社の保全のおっちゃんと、逆ネジ(左ネジ)について話をしていた時。


あたし「扇風機の羽根をとめてるネジも逆ネジだよね〜」
おっちゃん「?」
あたし「えっ? 回転でゆるまないように、逆になってるじゃん」
あたし「掃除する時にはずすよね。」
おっちゃん「あ〜、ヤマハのバイクの右側ミラーも逆ネジになってるんだよ。」
あたし「?」
おっちゃん「あれはね、転倒した時にしまる力が働いてねじ切れるのを防ぐために、逆にしてあるんだよ。」
おっちゃん「はっはっは(笑)」


逆ネジの話は終わった。

あたしの頭の中
(バイクなんてあたし知らんしなー。)
(ていうか、バイクミラーの逆ネジってあんまり意味が無いような気がする)
(ネジ切れる前に、ポッキリかグンニャリじゃ・・・?)
(ああ、転倒した時じゃなくて、走行中の風の抵抗に対して、
 ではないだろうか? あ、そうでもないか。)

(・・・おっちゃん、扇風機の事、知らなかったんだな)
(保全で・・・?)
(ああ、扇風機掃除は、奥さんがやってるんだなー?)
(・・・もしかしたら、一度も扇風機の掃除をしたことが無い家庭かも・・・?)
(いやいや、そんなハズは・・・)
(はずさずに、ふいてるだけなんだろうか)
(はずして洗っちゃったほうが綺麗になるのに)
(せんぷうき持ってないとか?)

たかが逆ネジで、いろいろ考えた。


posted by 辰多みか at 00:02 | 機械工学・道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。