2012年12月01日

生命力20%OFF

なぜゲームでは、生命力ぽい事を、HP というのだろう・・・

HPって「ヒットポイント」 なのに・・・


ていうか、ゲームやんないから、よく知らないんだけど。




あたしの、リアル生命力が、100%から80%まで低下した時の感じを今でも覚えている。


20%が、無くなったわけなんだけど、その原因は病気ではない。



妊娠・出産した事だ。



それも、二人目の時だ。




ひとりめ、つわりがひどかった。体重は、すれすれ40Kg。もうちょっとで30キロ代、まで落ちた。

仕事はしてたけど、つらかった。逆子で帝王切開だった。良く泣き、手のかかる子だった。


が、その時のあたしは、生命力バッチリ、100%以上あったのだと思う。

自分の体はなんともなかった。




そして、ふたりめ、またつわりがひどく、今度はひとりめの後太ったので、

最低体重になっても、45Kgだった。専業主婦で仕事はなく、最初の帝王切開の影響で、

逆子ではなかったけど、帝王切開だった。泣くには泣いたが、手がかからない。

ふたりめの育児って、余裕だ〜と思った。

実際、育児の大変さは、ひとりめの40%くらいだと思った。



けれども、けれど・・・

2か月経ったある日。



体が疲れてるように思えないのに、目のまわりは、ものもらいでいっぱいで、

さらに、視野が狭くなってくる。80%くらいしか見えてないような気がした。

4つ目のものもらいができた時、赤ちゃんをだっこして、目医者さんに行った。

視界が狭い事も告げた。



そうしたら、女医さんはおっしゃった。



「・・・あなたは疲れているのよ」


あたしは、疲れている自覚は、全く無いのに・・・?



そのあと、友達の家に寄る予定になっていた。

友達の家について、ひといきついた時。

むしょうに寝転びたくなって、「ごめんね、寝転ぶね」そう言って、あかちゃんと一緒に

寝転んだまま、あたしは、動けなくなってしまった。



なんだこれ〜

自分が疲れているのがわからない(麻痺してる)ほど、疲れていたんだ。



そのあと、しばらく、家でゆっくり寝たり起きたりの生活をしていた。

目医者に行く前は、ガーデニングとかもしていたのにね。(生後1〜2カ月で)

ゆっくり疲れは回復してきたけど、


「生命力」そのものが足りないみたいだ。そして、それは、休息をとっても

復活してこない事に気がついた。





「生命力が足りない感じ」は、


そのあともずっと続いた。




「20% 足りないな。」


ずっと、そう感じていた。


その20%は、こどもに、そのまま、移行したんだ。




たぶん、ひとりめの時は、


あたしの生命力は、140%くらいあって、


そのうち、30%が、こどもに移行したんだと思う。


それで、110%でふたりめを出産したあたしは、


ひとりめと同じ 30%をこどもに与えて、


それで、80%になったのだと思う。


思うっていうか、そう感じる。




だから、さんにんめ欲しいな、て思ってたけど、


80%-30%だから、


たぶんあたしの生命力は、50%になるから、



どうしよう〜



て、その後ずっと考えていたんだ。




そんな事で悩むなんて、信じられないかもしれないけど、

ほんとうにそう感じるんだから、しかたがない。



「生命力」て何かな、と思うけど、


あたしはそれは、

目に見える所では、「血液」で、

100%以上に蓄えられるって所は、「肝臓」で、

まあ、ぶっちゃけ、「鉄分」かな、と思うんだけど。


「鉄分」だけではないような気もする。


posted by 辰多みか at 00:01 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。