2012年12月07日

神との対話

昨日、夜、本屋さんに行ったのは、

「神との対話」という本を買いに行くためだった。



ネットでいろいろ見ていた情報で・・・

たぶん、これに「答え」が出ていると思ったから。



行ってみたら、何冊もあって、

数字なし、A、B、365日の…とかいろいろあって、


裏表紙から見てみたら、数字なし、A、B で

三部作ぽかったので、


三冊買ってきた。

ものすごく厚い本だよ。辞書くらいあるよ。

いつ読み終わるのだろうか。




今朝、最初のから、20ページまで読んでみた。




そうだ、この本は、たぶん、全部「真実」だ。



そして、あたしは、もう、「このこと」を知っている。

この本を読むのは、「確認作業」だ。


そうか、あたしも、「見えた」時、書き記していれば良かったんだ。



最後まで読めば、もう一度、「悟りの世界で目を覚ます」ことができるのだろうか。


posted by 辰多みか at 00:00 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。