2012年12月27日

素数のさざなみ

素数は、波でできている、というか、

波で出来た、結果が、素数。


波は、上下運動に見えるけど、

あたしたちが感知できない部分(上下波の水平線を、

水平線が点に見えるように、進む方向から見る)では、きっと円運動なんだよ。

そう、コイルみたいなの。コイルみたいなんだけど閉じてるの。

その円って、もしかしたら四次元球の影なのかもしれない。

だから、球なのかもしれないけど、


円だから、輪郭にゼロがあって、他の空間とは、連続してないの。



そんないろんな波、不連続な円が、干渉しあって、

ひとつの波になって、波の上下運動が、ゼロの横線(水平線)を

横切ってる部分が、素数。


それで、素数が現れる頻度には、確率もかかわってるんだよ、きっと。


ヒストグラムの、ハズレの点まで、考慮しなければいけないんだよ。

神様が決めた バラツキ 、それこそが、素数


なんじゃないの?



よくわかんないー


posted by 辰多みか at 00:02 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。